いこいの村あしがら(大井町柳)神奈川県大井町は県の南西部に位置し、小田原市や松田町などと隣接する小さな町。東名高速を利用する人なら大井松田ICをご存知かもしれないが、県内でもどちらかと言えばマイナーな部類だと思う。町域の大部分が丘陵地で、「いこいの村あしがら」も西に足柄平野と箱根山地、北に丹沢山地を眺めるロケーション。正式には「財団法人あしがら勤労者いこいの村」と言い、勤労者の健康増進と自己啓発、福祉の向上を目的とした施設。具体的には、企業の研修や宿泊、レクリエーションなどに利用されている。そもそもは雇用保険を財源として全国に設置された施設で、いこいの村あしがらはオープンしてから20年ほど経つ。

いこいの村あしがら(大井町柳)この施設の大浴場「あしがら温泉里山の湯」は、大井町に唯一湧く温泉。フロントで入浴料金を支払い、レンタルのタオルセットを受け取ったら、客室が並ぶ廊下を突き当りまで。その途中には売店のほか、ゲームコーナーとカラオケといった娯楽施設もある。ちなみに湯上りの休憩は玄関ロビーにて。

いこいの村あしがらパンフレット

いこいの村あしがら(大井町柳)浴室内には内湯と小さなサウナのみで、L字型にカランが並んでいる。大きな湯船は屋外側が全面ガラス張りで、のどかな緑の景色を眺める。風光明媚というわけではないが、晴れた日には富士山を遠望するようだ。片隅がバイブラ湯とジャグジーになっているだけで、とくに楽しい湯船というわけではなく、宿泊施設の大浴場の典型といった感じ。肝心の泉質だが、カルシウム+メタケイ酸で「美肌の湯」を謳うけどよくわからない。無色透明で加温(泉温は16.5℃)・循環処理。消毒は塩素でなく銀イオン処理なので、鼻を突くにおいがないという点は良いけど。

遠方からの客ならのどかな里山風景に心和むかもしれないが、温泉だけを目的とするならちょっと物足りない。あと少し車を走らせれば箱根が控えているし。農業体験施設が現在建設中。テニスコートやプール(夏期のみ)などと合わせて、今後は広く一般の人に利用されるよう宣伝活動に力を注いだらよろしいかと思う。

いこいの村あしがら
源泉/あしがら温泉(源泉名:里山の湯、温泉法の温泉)
住所/足柄上郡大井町柳260 [地図
電話/0465-82-2381
交通/小田急線新松田駅よりバス23分「いこいの村」下車
     東名高速大井松田ICより約10分
     ※無料駐車場120台分あり
料金/大人700円、子供400円(4歳〜12歳)
     ※タオル(大・小)無料レンタル
時間/11:00〜14:00、18:30〜21:30
     毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日定休)

ハイツ&いこいの村