旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

愛知県

半田天然温泉 ごんぎつねの湯(愛知県半田市平和町)

半田天然温泉 ごんぎつねの湯(愛知県半田市平和町)ごんぎつねの湯とは一風変わった店名だが、童話作家・新美南吉の代表作にちなむ。愛知県半田市は新美南吉の故郷で、市内には記念館も。それにしてもこのごんぎつねの湯、広域地図で見ると半田中央ICのすぐ近く。ロードサイド店舗かと思いきや、実際は住宅地のどん詰まり。周囲はのんびりした田舎風情で、名湯の予感に心が躍る。

半田天然温泉 ごんぎつねの湯(愛知県半田市平和町)受付では店員さんと常連客が談笑中。人見知りの一見客からしたら、初っ端から緊張する光景。浴室でもそんな光景はたびたびあって、ざっくばらんな雰囲気が見て取れる。

この手の店舗では、サウナはおまけだし、実際にそう。定員4名の狭い空間だが、さっと内湯に浸かった後とはいえ、噴き出す汗は尋常な量ではない。水風呂もおまけ程度の狭さだが、温泉が熱くて、このあと何度も利用することになる。

半田天然温泉 ごんぎつねの湯(愛知県半田市平和町)露天風呂は手作り感にあふれていて、大きな湯船に橋を渡して2つに区切り、さらに一角を寝湯にしていたり、洞窟風呂や打たせ湯があったり。源泉自体は無色透明だが、成分が酸化して湯船の縁や通路など赤茶けてしまっている。強塩味の温泉は保温性が高く、長湯すればのぼせてしまいそう。さらに、滝つぼの湯では高さ3.5mの落差を利用し、源泉59.1℃を冷ましているのだとか。それでもじゅうぶん熱く、44〜45℃で管理しているとはいうが、ここまで熱い温泉は滅多に出会えない。あつ湯好きにはたまらないはずだ。
(露天風呂の写真は公式サイトより転載)

背後のなだらかな傾斜も含めて敷地は広く、日本庭園を意識しているようだ。開放感もあるし、吹き抜ける風も気持ちがいい。知多弁というのかおじいさん達の会話が耳に心地よく、旅情に浸れること間違いない。

半田天然温泉 ごんぎつねの湯(愛知県半田市平和町)

ごんぎつねの湯
源泉/ごんぎつねの湯(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/愛知県半田市平和町5-73 [地図]
電話/0569-27-8878
交通/国道247号線「出口町」交差点より約2.7km
     知多半島道路・知多横断道路 半田中央ICより約250m
     ※無料駐車場あり
料金/大人800円、子供400円、幼児200円、3歳以下無料
時間/10:00〜22:30、毎月第2・4月曜日定休(祝日の場合は翌日)

丸屋玉ノ湯(愛知県東海市元浜町)

丸屋玉ノ湯(愛知県東海市元浜町)名古屋市の南となり、知多半島の付け根に位置する東海市。「東海地方を代表するスケールの大きい名である」ことなどから市名に選ばれたという。臨海部には新日鐵住金や大同特殊鋼などが工場を構え、鉄鋼の街として名をはせる。東海市民の憩いの湯といえば、丸屋玉ノ湯。典型的なスーパー銭湯の佇まいとサイズ感。庭に鯉が泳ぐ和風テイスト。

3A48B52C-E9E5-43EE-8080-EC551A293C94スーパー銭湯でも朝の開店前には行列ができたりするが、この店は朝得もあるから尚更か。雨模様なのも、スーパー銭湯が混み合う要因。平日なのに館内では外部業者の催事が行われ、ドコモショップによるスマホ教室の告知も。日頃から高い集客力を誇っていると見た。とはいえ、浴室はよくあるスーパー銭湯の雰囲気。オープン15周年と知れば納得だが、その割にはきれい。洗い場の鏡に近隣企業の広告を添えているあたり、銭湯の懐かしさも。室内には温泉を使用した湯船のほか、ジャグジーや電気風呂など。

タワーサウナは広々約50名収容。迷いなく最上段と決めているが、7段もあると階段を上っているよう。遠赤ヒーターで100℃を超えるセッティングも意外と珍しく、昼間の客の大半は下段に集中。その方がテレビが近いし。水風呂17℃も合格点。

丸屋玉ノ湯(愛知県東海市元浜町)

温泉を楽しむなら露天風呂。和の趣を感じさせる庭園風。「100坪の敷地に広がる東海地区最大級」が謳い文句だが、東海地方ではなく、東海地区と言っているから誇張ではない。壺湯や寝湯もあるが、ここに来たなら源泉かけ流しを堪能したい。ちなみに源泉は地下800mから湧出し、その量は毎分140リットル。小さな湯船は上手に使っているからこそ。テレビを観ながらの炭酸泉もよいが、遠征の風呂めぐりでちょっと湯疲れ。

丸屋玉ノ湯(愛知県東海市元浜町)プラス500円の「満喫プラン」は後から知ったが、岩盤浴とロウリュサウナ(セルフロウリュ可)を満喫するほどの余力もなく。休憩所はあまり広くないが、漫画2,300冊(微妙でリアルな数字)やキッズコーナーも。セルフ方式の食事処は、その名もずばり本家さぬきや。外部委託とはいえ、たいていは「丸屋亭」とか「玉ノ湯庵」といった母店に即した名前を付けるものだが。気取った雰囲気でないから利用しやすく、地域に支持されているのだろう。

丸屋玉ノ湯
源泉/天然温泉 丸屋玉ノ湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/愛知県東海市元浜町12-7 [地図]
電話/0562-39-4126
交通/名鉄常滑線尾張横須賀駅より徒歩8分
     国道247号(西知多産業道路)横須賀ICより約1.5km
     ※無料駐車場190台分あり
料金/大人750円、シルバー700円、小人300円、幼児100円
     ※シルバーは60歳以上、小人は12歳未満、幼児は3歳〜6歳
     ※朝得550円(9:00〜10:00)、夜得350円(22:30〜24:00)
     ※満喫プランは別途500円
時間/9:00〜24:00、毎月第1火曜日定休(1月・5月・8月は除く)

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)東海地方の空の玄関口といえば、セントレアこと中部国際空港。海上に浮かぶ空港(人工島)を臨む、知多半島側は常滑市りんくう町。開港に合わせて開発が進み、その中心がイオンモール常滑。東海3県最大の敷地規模を誇り、年間約850万人が来館するという。その敷地の一角にあるのが、常滑温泉マーゴの湯。ちょっと変わった名前は、1号店のある岐阜県関市の名刀孫六に因んでいるという。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)独立して店舗を構えており、屋外型テーマパーク(ワンダーフォレストきゅりお)を隔てて、その向こうにあるイオンモールまで歩けば5分ほど。そんなにかからないかもしれないけれど、気持ち的に。ちょうどよく真ん中に車を置けば便利なのだろうけど、休日など繁忙日は駐車場もいっぱいになってしまうのだとか。おそるべしイオンモールの集客力。それに加えて、夏はモール裏手のりんくうビーチも海水浴客で賑わうという。(写真はモール内にあった世界最大級の招き猫)

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)マーゴの湯は3階がフロント。下足箱の鍵にバーコードが付いており、フロントで入館料金を登録。館内での飲食など含め、すべて退館時に精算する。浴室は2階にあって、ならば1階は下足箱以外に何があったのかと。おそらく機械室や配管が通っているのだろうけど。

もうすぐ3周年を迎える店とあって、館内はいまどきだし、綺麗だし、浴室などよくまとまっている印象。立地や施設の充実ぶりでも集客できるのに、レギュラー&毎月のイベントも多彩で、頭が下がる思い。天空の湯(アジアンリゾート風)、潮風の湯(和風)と名付けられた浴室は、毎週水曜日に男女入れ替え。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)訪ねた日は男湯が天空の湯。どちらも湯船のラインナップは変わらないようで、まず室内のメインはシルク湯。露天に面した窓を大きく開け放っていたので、半露天のように風が通り抜ける。さっと浸かったあとは、露天風呂へ。炭酸泉のまわりのデッキや、眺める植栽がアジアンリゾートを意識しているのだろう。ほかにジェットバス、硫黄の湯ときて、地元常滑焼の壺湯。スーパー銭湯の壺湯=常滑焼といっても過言でないほど、高いシェア率を誇っている。調べてみると、常滑焼の歴史は平安末期と古く、壺といえば常滑なのかもしれない。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)

さらに、露天にはサウナ室もある。惜しくもロウリュには間に合わず、しかし終わった直後の高温多湿のむわっと感。石積みのヒーターを囲んでコの字にベンチ2段を設け、通常時でも90℃のしっかりとした熱さ。水風呂がすぐとなり、つまり屋外にあるのはポイント高し。水温は17℃を切っており、海辺の風に吹かれながらの外気浴もいい感じ。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)食事はカウンター注文のセルフ方式。スーパー銭湯らしく、家族でも利用しやすい品揃えにして、味噌煮込みうどんやきしめんといったご当地メニューも。休憩室はごろ寝スペースに、地域最大級の漫画14,000冊。入館料のみで楽しめるとあって、漫画好きなら一日過ごせてしまうかも。プラス300円支払えば、リラックスルームを使用できる。テレビ付きのリクライニングシートで惰眠をむさぼるもよし、半個室のボックス(下の写真。公式サイトより転載)にこもるもよし。なによりここは大人のみの空間。館内着でくつろげる。

常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)ところで、名前は常滑温泉だが、実際には温泉が湧出しているわけでも運んできているわけでもない。東海地方以西ではこの表記にも寛大な気がする。そもそも温泉であるか否かではなく、地元客やふらっと立ち寄った客が、お湯に癒され、館内で寛げるかどうか。買い物や行楽ついで、仕事帰り(夜割あり)、何の予定もない休日など、家族あるいはひとりで。さまざまなシーンで楽しめる。

常滑温泉 マーゴの湯
住所/愛知県常滑市りんくう町2-20-3 イオンモール常滑 [地図]
電話/0569-38-0126
交通/名鉄空港線 りんくう常滑駅より徒歩10分
     名鉄常滑線 常滑駅より徒歩14分
     国道247号線「原松町」交差点より約1.8km
     知多横断道路「りんくうIC」降りてすぐ
     ※駐車場約4,000台分あり(6時間無料)
料金/(平日)大人800円、小人400円
     (休日)大人900円、小人450円
    リラックスルーム利用料300円(中学生以上・館内着レンタルあり)
時間/10:00〜24:00、年中無休

ロウリュは、4の付く日と毎週金曜日に開催
4の付く日:男湯11:30/14:30/19:30/21:30、女湯11:00/14:00/19:00/21:00
毎週金曜日:男湯19:30/21:30、女湯19:00/21:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ