旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

愛知県

サウナ&カプセルホテル ウェルビー栄店(愛知県名古屋市中区栄)

IMG_0487名古屋のサウナ施設はレベルが高いと聞いていたが、いざ名古屋を訪ねるとなると、どの店を訪ねようかと悩む。そのなかでも「ウェルビー」は名古屋市内に3店舗(栄店、名駅店、今池店)、福岡市に1店舗を展開するサウナ業界の雄。繁華街のど真ん中にある栄店が王道だろうと、期待に胸ふくらませて現地へ。カジュアルにライトアップされた外観は、実に品がよく、客の質も良さそう。

IMG_0494カプセル利用客とサウナ利用客とではエントランスが異なるのでもたもたしていたら、ロウリュのタイミングを逃してしまったが、それでも大丈夫。なんと深夜1時まで1時間おき、1日11回開催だし、金曜日は朝7時と9時にも。それでもタイミングが合わないという人はセルフロウリュをやればよい。といったわけで、サウナ好き(ロウリュ好き)にはたまらなく魅力的な店なのだ。

翌朝までの利用だったので、入館時に深夜料金込みの3,300円を支払い、ロッカーの鍵と館内着を受け取る。浴室の入口にはタオルとサウナパンツ(任意)がある。また、給水器のほかに、冷たい麦茶やおしぼりのサービスがあるとは、さっそくレベルの高さを実感。

IMG_0488サウナは大小2室。ロウリュを開催しているのは大きなサウナ室で、室内は99℃と熱さもじゅうぶん。中央にサウナストーブを据え、その左右にゆったりと席を設けている。一角は足元が湯船に開口しており、サウナにいながらにして足湯もできるが逆上せに注意だ。また、5人分くらいだが寝られるスペースもある。

「ストレッチロウリュ」と名付けられたロウリュは、まず始めにスタッフに倣って1分間のストレッチを行うというもの。肩や首周りがほぐれたら、スタッフがサウナストーンにアロマ水を掛けていく。

IMG_0491ロウリュは2回体験したが、1回目のときはたらい1杯を空にしたと思ったら、すかさず水風呂から汲んでもう1杯。タオルで回旋したのちに、一人一人に熱波を送ってくれるが、熱いを通り越してヒリヒリとした痛みが。2回目のときのスタッフはタオルを「パン!」「パン!」と大きく鳴らしながら、全身のバネを使って力強く扇いでくれた。最強熱波師の称号を贈りたい。

IMG_0497セルフロウリュのサウナは室温68℃とぬるめだが、5〜6人程度の広さしかなく、水蒸気を発生させるとかなり熱く感じる。ほかに客がいるときは気を遣うべきだろう。水風呂は14℃とかなり冷たいので、苦手な方はクールルームがおすすめ。ポスターには−5℃とあったが、客の出入りがあるため実際は5℃くらい。白樺の枝葉を束ねたヴィヒタもある。

IMG_0492湯船は寝湯ジャグジーと立ちジェットが各2人分、備長炭風呂では「美人酒風呂」の入浴剤を使用しており、ほのかな香りを楽しみつつ、身体もぽかぽか温まる。

食事処は浴室と同じく2階。豊富なメニューで、料金もリーズナブル。休憩室は3階にあって、リクライニングシートには充電用コンセントあり。インターネットスペースはブース型。漫画ルームや麻雀室もある。一人で訪ねてもよし、仲間どうしで訪ねてもよし、これなら夜も退屈知らずだ。カプセルの利用は4,220円より。名古屋の夜はヘタなビジネスホテルよりも、サウナで過ごすほうがよっぽどいい。

サウナ&カプセルホテルウェルビー栄店(愛知県名古屋市中区栄)

サウナ&カプセルホテル ウェルビー栄店 ※男性専用
住所/愛知県名古屋市中区栄3-13-12 [地図]
電話/052-262-1126
交通/地下鉄東山線・名城線栄駅8番出口より徒歩5分
     地下鉄名城線矢場町駅6番出口より徒歩5分
     名鉄瀬戸線栄町駅より徒歩10分
料金/2,570円
     ※深夜料金730円(0:00〜6:00)
     (60分サウナ)1,540円
時間/24時間、年中無休

小京都の湯(愛知県西尾市下町)

小京都の湯(愛知県西尾市下町)全国に「小京都」と呼ばれる街は49あるようだ。全国京都会議の加盟基準としては、ゝ都に似た自然や景観、京都との歴史的つながり、E租的な産業と芸能がある、という3項目の1つ以上を満たせば良いらしい。愛知県西尾市は西尾城6万石の城下町として古くから栄え、昔ながらの街並みも残っているというが、到着したのは日がどっぷりと暮れた頃。

単に「小京都の湯」と言えば漠然とした響きでしかないが、愛知県内においては西尾市の温浴施設としてピンとくるのだろう。カーナビの指示に従って岡崎ICより現地に向かうが、その距離の遠いこと。市内中心部の大型ショッピングモール「おしろタウンシャオ」の敷地内にあって、建物は隣接しているが、件のシャオは20時で営業終了と、いかにも地方都市っぽい。

小京都の湯(愛知県西尾市下町)シャオの裏手にあるため思いのほかひっそりとしているが、小京都の湯の名に相応しく、館内に「和」の雰囲気を打ち出したスーパー銭湯。フロント前には物販商品が所狭しと並べられ、食事処をちらりと眺め、2階の浴室へ。男湯には「都の湯」、女湯には「京の湯」の暖簾が下がっていた。館内には琴の演奏がBGMで流れている。

脱衣所は広くとっているが、浴室は意外とこじんまり。室内の半分を洗い場が占め、壁側はコの字型、それに島列のカランが並ぶ。内湯には白湯とジェットバス(2基)しかないため、多少の物足りなさも。

露天風呂も人工温泉の岩風呂(下呂温泉)とその一部を浅くした寝湯、壺湯の2つだけ。岩風呂はゆとりがあって良かったし、人工温泉はほかの湯船に比べれば温まるような気がする。うたた寝スペースには囲碁や将棋のセットがあり、昼間は常連たちの憩いの場となっているのだろう。

小京都の湯(愛知県西尾市下町)小京都の湯(愛知県西尾市下町)

さて、小京都の湯といえば、愛知県内ではロウリュで知られているようだ。11時から1時間おきに開催。競合する近隣他店と交流戦も行われている。ロッキーサウナは88℃、サウナ室内の角、しかも奥まった位置にサウナストーブがあるため扇ぎにくそう。アロマ水をかけてタオルでの回旋〜熱波2発を2セットで、おかわりは熱波4発。サウナ室は広くないので、後ろの客が熱波を受ける際に、前の客は立ち上がって場所をよけてあげるという暗黙のルール。常連率が高いと見た。

水風呂もスーパー銭湯にしてはキンキンに冷えている。サウナと水風呂にかける情熱は、通をも唸らせるだろう。

小京都の湯
住所/愛知県西尾市下町八幡下34-1 [地図]
電話/0563-64-0026
交通/名鉄西尾線西尾駅より徒歩19分
     または西尾駅よりバス「西尾文化会館北」「歴史公園西」「御城下」下車
     国道23号線(岡崎BP)安城西尾インターより県道12号線経由で約5.5km
     ※無料駐車場有あり
料金/(平日)大人780円、小人380円
     (休日)大人830円、小人430円
時間/10:00〜24:00、不定休

祥楽の湯一宮店(愛知県一宮市大和町)

祥楽の湯一宮店(愛知県一宮市大和町)モーニングの聖地としての呼び声高い愛知県一宮市。コーヒー1杯頼んだら、トーストやらサラダやら至れり尽くせりの品々が付いてくる。このサービスの進化系といえば、スーパー銭湯「祥楽の湯」だ。

朝風呂営業している施設は珍しくないが、ここはなんと、入浴するとモーニングが無料(休日100円)で食べられるのだ。

祥楽の湯一宮店(愛知県一宮市大和町)名古屋市内の渋滞と通り雨ですっかり遅くなってしまったが、9時頃で駐車場はかなり埋まっていた。券売機で入浴券を購入し、フロントに提出したら、「モーニングはご利用されますか?」と。利用しない客もたまにはいるのだろうか。モーニングのクーポンを貰い、まずは入浴。

浴室は2階にあって、脱衣所からして広々としている。湯船はジャグジーやイベント湯がひとまとまりになって室内中央に配置。洗い場はL字型に並んでおり、室内全体を見渡すことができ、浴室もゆとりある広さを感じる。露天風呂は炭酸泉にしており、尾張地方最大級の広さを自称する。湯船の種類や数を売りにする施設が多いなか、こちらは1つ1つの「ゆとり」で勝負する潔さ。

スーパー銭湯にしてはサウナ室も広く、ロウリュも男性は1日5回行われている。今回は時間の都合で体験できなかったが。水風呂もしっかりと冷たく、サウナ目的でも満足できるだろう。

祥楽の湯一宮店(愛知県一宮市大和町)モーニング終了の10:30が近づくと、ご丁寧に館内アナウンスが流れる。内容はシンプルに感じるが、何と言っても無料である(そもそも一宮市内の喫茶店が過剰サービスなのだ)。入館料自体もリーズナブルゆえ、果たして利益が上がっているものかと余計な心配をしてしまう。

かつての「ポカリの泉」を引き継ぎ、平成23年3月にリニューアルオープンした施設だが、チェーン店の名におごらず、しっかりと地元客から愛されている。単にコストパフォーマンスではなく、実は明るくさわやかな接客も魅力のひとつだろう。

祥楽の湯一宮店(愛知県一宮市大和町)

祥楽の湯一宮店
住所/愛知県一宮市毛受字一本松31 [地図]
電話/0586-64-9261
交通/名鉄尾西線観音寺駅より徒歩15分
     国道155号線「住吉1丁目」交差点より約750m
料金/大人550円、小人220円(小学生)、幼児100円(小学生未満)
時間/7:00〜25:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ