旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

岐阜県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

東山ラジウム温泉(岐阜県中津川市蛭川)

中津川市蛭川(旧蛭川村)は花崗岩の産地で、蛭川石は多量のラジウムを含むとして温浴用製品にも使用されている。小石状の蛭川石が箱詰めされ、これを湯船に沈めておくと家庭でもラジウム温泉を楽しめる、というもの。スーパー銭湯でも使用しているところがあり、それで蛭川石を知ったのだが、ラジウム「温泉」の基準は満たさないとしてブームは鎮まった。しかし東濃地方はラジウム泉が多いとあって、今回ご紹介する東山ラジウム温泉があるのはは中津川市蛭川。のどかな農村地域に建つ1日4組限定の、小さな一軒宿だ。玄関先ではラジウム泉を飲泉することもでき、そこには「昭和26年の調査を得て〜」とある。建物は小綺麗で新しいが、創業は古いのだろうか。

東山ラジウム温泉(岐阜県中津川市蛭川)玄関を入って真正面のフロントで料金を支払い、ぐるりと裏側を回って浴室へ。旅館自体が小さいから浴室もそれなりの広さ。ラジウム泉の特徴を考えると、浴室は小さくて、しかも湯気が立ち込めているほうがいい。カラン3つと4帖ほどの湯船。源泉は7.6度(昭和41年分析)で、これを40度ほどに沸かしている。「温泉の供給量の不足を補うため、源泉水を加水しています(約毎分1リットル)」とあったが、これはどういう意味なのか。循環ろ過機使用で、なおかつ塩素消毒も。「気分が悪くなったり、目の痛みを感じたら窓を開け換気を行ってください」とも。においはちょっと気になったし、休日とあって客が多いせいか湯船には湯垢も。浴室自体は小奇麗なのだが。

「ラジウムの含有量が多いから良いのではなく、使い方や設備が重要」といった趣旨の文章があった。雰囲気からしてラジウム泉の効果うんぬんよりも、食事をしたり宿泊したりして寛ぐ施設なのかなぁという印象。女性が気に入る施設だと思う。

東山ラジウム温泉
源泉/東山温泉(放射能泉)
住所/岐阜県中津川市蛭川4600-355 [地図
電話/0573-45-2526
交通/中央道恵那ICより県道72号線経由で約10.5km
料金/大人500円、小人300円、幼児無料
時間/10:00〜20:00
    毎月第4水曜日定休(祝日の場合は翌日)

国民生活センター 報道発表資料:平成22年4月21日-pdf

東山ラジウム温泉の近くには、「湯之島ラジウム鉱泉保養所 ローソク温泉」という施設もある。こちらは昭和20年創業で、保養施設としての色合いが濃い。日帰り入浴は9:30〜15:00まで。大人1,160円(13:00から料金割引あり)。毎月1・21日定休(日曜・祝日の場合は営業)。

恵那ラヂウム温泉館(岐阜県恵那市大井町)

恵那ラヂウム温泉館(岐阜県恵那市大井町)放射能泉(ラジウム泉)について調べてみると、湯温が低いほど大量のラドンを含有できるということがわかった。恵那市にある「恵那ラヂウム温泉館」の源泉は13.5℃の冷鉱泉で、これを沸かして使用している。「ラヂウム」という名前が印象的で、以前から気になっていた施設。中央道恵那ICより恵那峡に向かう途中の、緑に囲まれた場所にある一軒宿だ。洒落た外観といい離れが建ち並ぶ客室といい、勝手に抱いていた想像とは違うが、浴室棟は鄙びた雰囲気だった。

恵那ラヂウム温泉館(岐阜県恵那市大井町)男性の脱衣所に隣接して待合所があるのだが、ここには昭和37年の成分分析表とともに、「ご案内」と称した看板が掲げられている。ちなみに最新の分析表はない。

「日本で七番目のエナラヂウム温泉は由緒あるもので、建久3年2月に発見され、落武者が傷の治療に用いて効果があることから次第に人々に知られるようになり、その後霧ヶ城の城主が薬師如来を祀ったことから薬師の霊泉と呼ばれ、不思議なほど身体をほぐし顔や体の肌を美しくいたし、特に若返り不老長寿によく効く薬師の霊泉ラヂウム温泉です」

恵那ラヂウム温泉館(岐阜県恵那市大井町)日本で7番目にラジウム含有量が多いと言いたいようだが、昭和37年当時と今とではだいぶ順位が異なるはず。とはいえ順位の問題ではなく、この看板は時代を超えて愛されてきた証だと評価したい。脱衣所には2か所の扉があって、いずれも浴室も薄暗く、年季を感じさせる。右手にある浴室のほうが広く、洗い場もある。半円形の湯船は真ん中で仕切られていて、それぞれ3〜4人が入浴できる大きさ。お湯は無色透明で、循環して使用しているようだが、湯垢と塩素臭が気になった。

恵那ラヂウム温泉館(岐阜県恵那市大井町)左手にある浴室は小さくて、洞窟状の湯船が1つあるのみ。しかも、ほかに客がいたら遠慮してしまいそうなほど小さい。こちらもお湯は40℃くらいだと思うのだが、中から水が注がれているので長湯ができる。ラジウム泉は皮膚呼吸のほか、吸気によっても取り入れられるため、洞窟状にしているのであろう。ほかに客が来ないか気にしながら入浴するようだが、個人的にはこちらの湯船を気に入った。

玄関先には「ヘルスセンター開設趣旨」という看板が掲げられていた。
「働く人々の為め廉価で施設を開放する」
「健康な心身の育成を願ひとする」
「健康相談所を設け健康相談に応ず」
「恵那ラヂウムの温浴を通じ原子力の平和利用を認識して戴く」
「セルフサービス(自分のことは自分で)するを立前とする」
「誰に気兼ねなく悠っくりと寛いで戴く」
「御家族連れ又は団体の慰安と保養を歓迎する」
「あなたの健康を守るヘルスセンターです」

恵那ラヂウム温泉館(岐阜県恵那市大井町)宿泊は1泊2食付で7,500円より、素泊まりは5,400円。鄙びた印象は浴室だけで、離れが建ち並ぶ庭などは散策してみたくもなった。ヘルスセンターというほど大衆的ではなく、新旧がうまく融合しているように感じた。(写真は浴室のある建物)


恵那ラヂウム温泉館
源泉/恵那峡温泉(単純放射能冷鉱泉)
住所/岐阜県恵那市大井町1685 [地図
電話/0573-25-2022
交通/中央道恵那ICより県道72号線経由で約2km
    ※無料駐車場30台分あり
料金/大人500円(小学生以上)、幼児250円
    ※ホームページに大人100円引きの割引クーポンあり
時間/10:00〜20:00

恵那峡恵那峡
恵那峡恵那峡
恵那峡は恵那市と中津川市を流れる木曽川の渓谷。

恵那市観光協会

鬼岩湯元館(岐阜県瑞浪市日吉町)

鬼岩湯元館(岐阜県瑞浪市日吉町)岐阜県温泉協会のホームページによれば、岐阜県内の源泉数は487で、うち17.2%の84源泉が放射能泉であるという(平成16年3月末現在)。国内のデータを検索して調べてみたところ、3659源泉のうち283源泉が放射能泉で、その割合は7.7%(だんべー,com ひとっぷろ前の温泉コラム)。全国的に見て放射能泉の割合が高いことは明らかだが、とりわけ多いのが東濃地方である。鬼岩温泉も放射能泉で知られる温泉地で、鬼岩公園の前には数軒のホテル・旅館が建っている。今回立ち寄ったのは「鬼岩湯元館」(旧小松屋)。国道には目立つ看板が掲げられ、そして玄関前には数多くの幟がはためいている。

鬼岩湯元館(岐阜県瑞浪市日吉町)鬼岩湯元館(岐阜県瑞浪市日吉町)

フロントで料金を支払い、浴室のある最上階の7階へ。エレベーターホールには、源泉掘削時に使用したロッドと掘削屑が展示されていた。地下1,630mから毎分90リットル湧出し、泉温は33.6℃。湯船での浴用には加温しているが、シャワーでは源泉そのままを使用している。「髪の毛がきれいになった」「白髪が減った」などという声が寄せられているという。2つの湯船が並んでいるが、片方は37℃、もう一方は41℃。湯船には近郊より産出された「石英片岩」が使用されており、遠赤外線とマイナスイオンの効果が期待できるという。

鬼岩湯元館(岐阜県瑞浪市日吉町)鬼岩湯元館(岐阜県瑞浪市日吉町)

さて、放射能泉といえば「ホルミシス効果」。低レベルの放射線は人体に有益であると言われている。鉱泉分析法指針によれば、温泉水1kg中にラドンを3ナノキュリー(=8.25マッヘ=111ベクレル)以上含有する場合に放射能泉というが、鬼岩湯元館のラドン濃度は61.8マッヘ。基準値を大きく上回り、療養泉(泉温25℃以上あるいは一定値以上の成分含有)でこの高濃度は「日本屈指」だと自称している。肌ざわりやにおい、色などで泉質を実感できるわけではないし、身体への効果も直ちに実感できるわけではない。ひとつ言えるのは、自然豊かなこの土地でのんびりと温泉につかれば、健康に良いことは間違いない。

鬼岩湯元館(岐阜県瑞浪市日吉町)ラドンは吸気と皮膚呼吸によって体内に摂取されるため、露天風呂などもってのほか。しかし、山の緑を眺めながらの入浴も気分上々だろう。あいにく調整中とのことで利用することはできなかったが。また、浴室内にはサウナを設けている。

鬼岩湯元館では長期療養者向け・低価格の別館を建設中で、今年10月完成予定だという。そのほか、ホームページには「10トンの岩石をくりぬいて作る家族露天風呂」「モンゴルの遊牧民の住所パオ(ゲル)の休憩所」「イスラエルの不思議な沈まない海 死海を体験できるプール」「陶芸教室(ろくろ・たたら)」「日本初の屋内温泉流水プール」と今後の予定が記されており、ますますの発展が見込まれる。

鬼岩湯元館
源泉/鬼岩温泉(単純放射能泉)
住所/岐阜県瑞浪市日吉町9499-13 [地図
電話/0120-515137
料金/大人900円
時間/11:00〜

鬼岩観光協会
岐阜県温泉協会

幸乃湯(岐阜県下呂市幸田)

幸乃湯(岐阜県下呂市幸田)下呂温泉といえば有馬や草津とともに日本三名湯として知られ、発見されたのは天暦年間とも延喜年間とも言われ、いずれにしても1000年の歴史を持つ。飛騨川(益田川)沿いに温泉街が広がり、日帰り入浴できる施設としては「クアガーデン露天風呂」や「白鷺の湯」が観光客に人気。もう5年前だがこの2軒は訪れているので(⇒記事)、今回は地元色の濃い「幸乃湯」を訪ねてみることにした。飛騨川の西岸、下呂温泉病院の並びに位置する。旅館の一部を宿泊客・外来客の共同浴場としているが、玄関は別に設けており、銭湯のような外観だ。

幸乃湯(岐阜県下呂市幸田)玄関をくぐると正面はフロントで、左右にロビーがある。左手は畳敷き、右手はソファ。脱衣所は10円ロッカーだったが、ゴールデンウィーク中とあって、なんと空がない。やむをえず脱衣カゴを使用した。サウナは入浴料に含まれており、脱衣所側に出入口あり(混雑していたので利用しなかったが)。脱衣所に突き出たつくりで打たせ湯、浴室内には円形の湯船が2つ並んでいる。手前はジャグジー風呂(ハイドロ風呂との表記)、奥は設備なしでお湯は熱め(飲泉も可)。ほかに水風呂もある。露天風呂は木づくりの湯船。ミニプールのような湯船もあったが、こちらにはお湯が張っていなかった。

地元客に増して観光客が多く、あまり寛ぐことができなかった。ぬるめの露天風呂やジャグジーに人が集中するけど、泉質をいちばん実感できるのは何の設備もない円形風呂。ちょっと熱めだったが、かけ流しで気持ちがいい。駅から近いので鉄道旅行の立ち寄り湯としてもおすすめだ。

幸乃湯(岐阜県下呂市幸田)

幸乃湯
源泉/下呂温泉(単純温泉)
住所/岐阜県下呂市幸田1144 [地図
電話/0576-25-2157
交通/JR高山本線下呂駅より徒歩5分
料金/大人350円、小学生150円、幼児70円
    家族風呂1,600円(1時間)
時間/10:00〜23:00、毎週火曜日定休(祝日の場合は翌日)

下呂温泉観光協会
下呂温泉旅館協同組合
岐阜県温泉協会

下呂温泉街下呂温泉街
下呂温泉街の昼と夜

温泉スタンド温泉スタンド
駅のすぐわきには温泉スタンドがある

下呂温泉噴泉池飛騨川の河原にある「噴泉池」(写真の左下)は、水着着用だが、無料で利用できる。

深山荘(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

深山荘(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)「新穂高の湯」が休止中とあって残念な思いをしたので、どこか近くの湯で楽しみたい。とは言いつつ、あてもなく新穂高ロープウェイ乗り場まで車を走らせいると、その途中に「深山荘」という旅館の看板が見えた。スノーシェッドから分岐するのでいったんは通り過ぎてしまったが、引き返して蒲田川の河原へと下りて行く。駐車場は登山者用と隣接。深山荘には50mほどの吊り橋を渡っていく。

山を背にして建つ一軒宿で、客室16室の素朴な佇まい。露天風呂は蒲田川の川べりにあって、橋からも入浴客の姿を確認することができた。なんと開放感のあるロケーションか。しかも500円で利用できるとは良心的過ぎる。

深山荘(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)深山荘(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

料金は旅館内のフロントで支払うが、露天風呂には旅館の外を歩いていく。脱衣所は棚のみなので、貴重品が心配なら玄関先のコインロッカーを利用のこと。大きな岩風呂が3つ、川に向かって段差をつけて並んでいるが、いちばん奥(川側)は混浴。女性客には湯浴み着を500円でレンタルしているし、水着もOK。脱衣所のすぐわきに小屋があったが、これは貯湯タンクだったようで、ここにいったん貯めたお湯を湯船に流している。真ん中が熱めだとご主人が言っていたが、大きな差は感じられなかった。強いて言えば川側の混浴湯船がいちばんぬるめかも。お湯は無色透明だが、かけ湯ではかすかに硫黄臭も感じられる。また、かけ湯と上段の湯船では白く細かい湯の花が、中段と混浴の湯船では糸くず状の湯の花が舞っていたが、源泉が異なるのだろうか。

深山荘(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)深山荘(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉)

露天風呂からの眺めは素晴らしい。増水時には冠水してしまうのでは?と心配になるほど、蒲田川は間近に流れている。四方を取り囲む山の眺めもいい。北アルプスの大自然が満喫できるこのロケーションは、はるばる訪れる価値ありだ。

深山荘
源泉/新穂高温泉(単純温泉)
住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉 [地図
電話/0578-89-2031
交通/JR高山本線高山駅よりバス1時間30分「深山荘前」停下車
    国道471号線「栃尾」交差点より県道475号線で約6.2km
料金/大人500円、子供300円
時間/8:00〜17:00、18:00〜22:00、不定休

新穂高温泉観光協会
奥飛騨温泉郷観光協会
岐阜県温泉協会
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ