旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

夏の甲子園2010/8

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

大阪の盆踊り

精華盆踊大会精華盆踊大会大阪なんばを歩いていたら、繁華街のど真ん中で盛大に盆踊りが行われていた。旧精華小学校を会場とし、昨年50年ぶりに復活したという「精華盆踊大会」だ。炭坑節やドンパン節といったおなじみの曲も流れるが、初めて間近で聞く河内音頭や泉州音頭の迫力、独特の節回しとテンポ、それに合わせて踊る人たちはかっこいい。全国的に「よさこいソーラン」が流行っているけど、むかしからある音頭や盆踊りこそ大切にしていくべきだろう。新しいイベントを立ち上げるのは簡単だが、50年ぶりに復活させたという心意気が素晴らしい。


♪河内音頭


♪泉州音頭

ミナミミナミ
ミナミミナミ
大阪の繁華街は看板がド派手!

東海大相模が甲子園決勝に進出!急遽観戦!

甲子園の決勝戦は、沖縄県代表・興南高校との対戦。我が母校東海大相模も33年ぶりの甲子園出場で、よくぞここまで勝ち進んでくれた!あと最後1勝すれば40年ぶりの頂点達成だ!とにもかくにも運命の決戦を現地で観戦したい。8/22(土)朝一番の新幹線に飛び乗った! …と言えばカッコいいんだろうけど、実際は起きられなくて朝2本目の新幹線(苦笑)。準決勝から引き続き滞在している友達にチケットを頼み、甲子園に到着したのは10時頃。試合開始まで3時間あるというのに、内外野とも大勢の客が詰め掛けていた!

東海大相模×興南東海大相模×興南
東海大相模×興南東海大相模×興南
東海大相模×興南東海大相模×興南

とくにやることもなく、炎天下で試合開始をじっと待つ。強烈な日差しにさらされ、肌はあっという間に真っ赤になった。元気なのは興南高校のアルプススタンドで、オレンジのメガホンが揺れ、選手がグラウンドに姿を見せると指笛がいっせいに鳴り響く。そのボルテージと陽気なリズムに、僕らは試合前からビビっていた。そして予定通り13時にプレーボール。先攻する東海大相模は、1番の渡辺くんが幸先よくヒットで出塁するが、4番大城卓くんが併殺打。続く2回は先頭の一二三くんがヒットで出塁するも、牽制球に戻れず攻撃終了。

東海大相模×興南東海大相模×興南
東海大相模×興南東海大相模×興南

東海大相模の先発はエースの一二三くん。興南は初回、ランナー3塁の場面でスクイズを仕掛けてくるも、うまく外してピンチをしのぐ。その後は両チームともランナーは出すものの、後が続かず投手戦になるかと思われた。しかし先制したのは興南だった。4回裏の興南は四球と連打で1点を得ると、ランナー3塁でまたもスクイズ失敗。三本間で狭殺するはずが、キャッチャー大城卓くんが暴投。これで緊張の糸が切れたか、興南の打線集中でこの回一挙7失点。四死球から失点するのは見慣れた光景だが、ここまで連打を浴びるとはいったい誰が予想していただろうか。次の5回にはさらに1失点、6回には3ランHRなどで5失点。興南スタンドは「ハイサイおじさん」「島唄」などのメロディにのせ、応援はさらにヒートアップ。ここは沖縄か!?というほど、異様な雰囲気に飲まれていた。

決勝戦の緊張感だろうか、攻守にちぐはぐなプレーが目立つ。とくにバッティング面では、興南のエース島袋くんを攻略することができず、ヒットでランナーを出すも、あと1本が出ない。これまでは「打たれたら倍返し」の意気で勝ち進んできたが、相手の格が一枚も二枚も上。わずかに得点させてもらったのは、7回表の伊地知くんのタイムリーによる1点のみ。目の前の現実をみて諦めムードに傾きつつあるところで、ようやく待ち望んでいた「喜びの歌」。1回だけだったけど、相模のスタンドがいちばん盛り上がったことは確かだ。

一二三くんは6回13失点で降板。もっと早く代えてやってもよさそうに思ったが、門馬監督なりの考えがあったのだろう。あとを継いだのは江川くんで7回8回を、ランナーを出しながらも無失点。とくに7回裏などは三振&3盗阻止のゲッツーに仕留めるなど、プロ野球でも滅多に見れないプレーに球場は沸いた。こんなプレーが序盤に出ていたら相模の流れになっていたかもしれないな、とあとになって思う。さすがに12点のビハインドは重かった。9回2死で最後は代打の宮崎くん。数球粘るもあえなく三振に倒れ、ゲームセット。

東海大相模×興南東海大相模×興南
東海大相模×興南東海大相模×興南
東海大相模×興南東海大相模×興南

東海1-13興南というスコアだったからか、不思議と悔しさはない。春夏連覇を遂げた興南高校おめでとう。東海大相模も甲子園の大舞台で、神奈川県代表としてよく戦ってくれた。キミ達のおかげで今年の夏は2度も甲子園で観戦することができ、いい思い出になりました。準優勝おめでとう!

東海大相模×興南東海大相模×興南東海大相模×興南

東海大相模のこれまでの戦い
2 回 戦:東海大相模 10-5 水城(茨城県)
3 回 戦:東海大相模 3-0 土岐商(岐阜県)
準々決勝:東海大相模 10-3 九州学院(熊本県)
準 決 勝:東海大相模 11-7 成田(千葉県)
決   勝:東海大相模 1-13 興南(沖縄県)

いざ甲子園へ!東海大相模10-5水城

母校・東海大相模が甲子園進出を決めた数日後、僕は高校の友達と居酒屋で会ったのだが、その席上で「8/11はやっぱり甲子園に応援に行くべきだろう」という話になった。今回のメンバーは3人。僕らは高校1年のときのセンバツで応援に来ているから、実に19年ぶりの甲子園だ。お互いに仕事をやりくりし、そして新幹線やホテルの手配は友達に託し、当日は新横浜駅で合流した。12時には新大阪着。大阪(梅田)から阪神電車に乗り換えたら、わずか10数分で甲子園駅に到着。駅を降りたら観戦土産を扱う店、タイガースのオフィシャルショップが並び、阪神高速の高架をくぐると目の前に甲子園球場。市街地からのアクセスの良さは抜群。プロ野球となれば阪神ファンが多数詰め掛ける理由がよくわかる。

甲子園球場甲子園球場甲子園球場

東海大相模と茨城県代表水城高校の対戦は第3試合。グッズショップなどを冷やかした僕らはとくにやることもない。「それじゃ第2試合の仙台育英×開星でも観るかー」ということになり、せっかくならばと外野席へ。プロ野球ならプラチナ級と言えるが、高校野球は無料で観戦できる。しかし、高校野球ファンと思われる観客で8割方埋まっていた。座席は背もたれのない長椅子タイプで、神宮球場よりも1席が小さい。しかもカンカン照りであったため、座席自体が熱く、タオルを下に敷かないと座っていられない。第2試合は開星が終盤に2点を勝ち越し、そのまま勝利するかと思われたのだが…。

僕らはアルプススタンドのチケットを購入したので、第2試合が最終回を迎えたところでいったん外へ。OBや父母会などですでに長蛇の列ができていた。第2試合はなかなか終わらない。携帯のワンセグ放送などで確認していた人の情報によると、最終回に仙台育英が追いつき、そして逆転したというのだ。しかも、試合終了と思われた瞬間にまさかの落球、その裏の開星の攻撃では再逆転のタイムリーかと思われた打球をダイビングキャッチ。ドラマチックな結末だ。しばらくして入場開始となるが、スタンドは超満員となり、ようやく席にありつけたのは開始の10分前だった。

東海大相模×水城東海大相模×水城
水城高校アルプススタンド東海大相模×水城

東海大相模の先発はエース一二三くん。サイドスローに転向して制球力が増したとはいうが、課題山積であることは県大会でも実証済み。この日も四球で出したランナーがボークと犠打で進塁し、そしてタイムリーをくらって1点先制されるという悪い流れ。守備の間は「我慢、我慢」と自らに言い聞かせるも、いつになったら良くなるの〜?そんな展開。毎回四死球でランナーを出すもんだから、水城高校はそのたびに犠打で送り、後続でタイムリーを狙う。セオリーどおりの固い野球だ。しかし点を取られたら取り返せばいい。1点でも多く点を取る野球、しかも上位下位関係なくフルスイングで打ちまくる野球、それが東海大相模の持ち味だ。

東海大相模アルプススタンド東海大相模アルプススタンド

初回に1点を先制されたその直後の2回表、染谷くん、伊地知くん、渡辺くん、伊集院くんにタイムリーが出て、一挙4得点! 3回裏は四球からタイムリーで1失点するも、4回表には伊集院くんのタイムリーでさらに2得点。しかしその裏に死球からタイムリーで1失点。この一連の流れでおわかりだろうか。なかなか大きくは突き放せないのだ。それでも6回表には相手送球エラーで1得点、7回表には一二三くん自らのタイムリーで1得点し、徐々に東海大相模が圧倒的優位に試合を進め、さらにこの試合いちばんの盛り上がりといえば、9回表に飛び出した一二三くんの左中間への2ランHR! これまで四死球8つと乱調のピッチングを帳消しにする、とまではいかないが、一瞬でも忘れさせてくれる素晴らしいダメ押し弾であった。一二三くんは4安打3打点。自己採点では「打つほうは100点、投げるほうは50点」。8回2/3を投げ、残り1アウトを背番号11の中島くんに託す。

東海大相模×水城いきなり四球、そして死球。そのあとタイムリー2発。試合を終わらす気がないのか?というくらい長く感じた時間だが、最後は空振りの三球三振で締め、10-5で東海大相模が勝利! 「悪いなりにも全員野球で打ち勝った」とでも言えばよいのだろうか。34年ぶりに夏の大会を勝利し、ホッとしたというのが本音。最後はアルプススタンド総立ちで校歌斉唱。東海大相模の強さはこんなもんじゃないと信じてる。試合を重ねるごとにもっと強さを見せ付け、頂点を目指してほしい。次の試合は16日の土岐商戦。絶対勝つぞ!東海大相模!


♪T・O・K・A・I 東海相模!


♪喜びの歌〜 さぁいま歌おう〜 勝利を導く○○ホームイン!
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ