旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

埼玉県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

草加健康センター(埼玉県草加市北谷)

草加健康センター(埼玉県草加市北谷)神奈川県の県央地区では絶大なる人気を誇る東名厚木健康センター相模健康センター。その姉妹店として、遠く離れた埼玉県には草加健康センターがある。神奈川県民にあまり知られていないと思うし、実際に訪ねたことがある人は少ないだろう。「遠くの温泉より近くの健康センター」とおなじみのキャッチフレーズだけど、草加の地はやはり遠かった。

草加健康センター(埼玉県草加市北谷)国道4号線(草加バイパス)には厚木や相模と似た巨大看板が立つ。しかし、国道に接しているわけでなく、看板より西へ650m、意外と距離があった。そして、厚木や相模と比べると地味でややコンパクト。フロントに掲示された料金表には、当然のようにWeb割の項目も。このところ全店挙げて何かしらのキャンペーンを行っているし、回数券の客も多いと聞く。定価の1,600円を支払う客はどの程度なのか。

浴室はフロントのすぐわきにあって、健康ランドのイメージからすると小ぶりかも。白湯、立ち湯ジェット、寝湯ジャグジー、人工炭酸泉の湯船が並ぶも、ここに来たら名物の薬湯にどっぷり浸かりたい。8種類の生薬を使用しており、身体の芯から温まるにつれ、肌はかーっと火照り、ヒリヒリとした刺激も。長湯せず、休憩をはさんで複数回入浴するのが良いらしい。

草加健康センター(埼玉県草加市北谷)しかし、サウナにも入らねばならぬ。横長の室内にはサウナストーブが2基。ベンチとの距離が近く、気合いの入った熱さだ。薬湯に浸かっているため、皮膚表面の熱さが増して耐えきれない。慌てて水風呂へ。屋外にあって、なおかつバイブラ付きの冷たさは尋常じゃない。なるほどサウナ通が唸るわけだ。

再び薬湯→サウナをキメようにも、こんどは汗が吹き出すよりも前に、ヒリヒリとした痛みが勝った。ちなみに男性サウナ室限定で、毎週火曜日と土日祝の19時にはロウリュを開催している。

草加健康センター(埼玉県草加市北谷)

効仙薬湯と草津の湯は二枚看板。どちらも「湯治に適した温度にしました」とあるけれど、お年寄り好みの湯加減。草津の湯は温度計が42.5℃を指している。こまめに休憩を取っても、のぼせてしまいそうだ。

草加健康センター(埼玉県草加市北谷)レストランは2階にもあるが、今回は1階の大広間で食事。週末ともなれば歌謡ショーが行われるのだろうけど、つくづく感じる健康ランドの平日と休日の料金格差問題。「平日は空いてるからいいでしょ」と言われることもあるが、健康ランドは多少の活気があった方がいい。そして、いま話題沸騰中の純烈を一度でいいから見てみたい。

リクライニングシートの休憩室、シアタールーム、仮眠室と充実しており、時間にゆとりがあれば一日湯治もよいだろう。館内には各種ボディケアのほか、ゲームコーナー、カラオケ、麻雀室、岩盤浴(女性専用)もあって、大衆娯楽が勢ぞろい。気の合う仲間とはもちろん、お一人様でも思う存分満喫したい。

草加健康センター(埼玉県草加市北谷)

草加健康センター
住所/埼玉県草加市北谷2-23-23 [地図]
電話/048-941-2619
交通/東武伊勢崎線草加駅西口よりバス「北谷2丁目」停徒歩2分
     (草加駅、松原団地駅、新越谷駅より無料送迎バスあり)
     国道4号線(草加BP)「北谷町」交差点より約650m
     ※無料大型駐車場あり
料金/大人1,800円、小学生500円、幼児300円、シニア1,450円
     ※大人は中学生以上、幼児は3歳以上、シニアは60歳以上
     ※深夜加算料金(3:00〜9:00)大人1,400円、小学生500円、幼児300円
     ※スーパーナイトタイム、夜得パックなど割引料金あり
時間/24時間、年中無休

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)所沢市街地より北に川越方面へ。所沢温泉湯楽の里は県道沿いにあるが、さほど交通量が多いわけでなく、どちらかと言えばのどかなロケーション。そんな周囲の環境とマッチするがごとく、生い茂る木々と和風の佇まいにしばし目を奪われる。立派な長屋門は駐輪場に、蔵はカットハウスに転用され、おそらくは立派なお屋敷の名残りだろう。

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)しかし館内は典型的かつ大衆的なスーパー銭湯の雰囲気で、大空間は仕切りもなく食事処の奥の方まで見渡せる。さっそく券売機でチケットを購入し、いざ浴室へ。ジャグジー各種が並び、腰掛湯、白湯、水風呂、人工炭酸泉。やけに広い高温タワーサウナ、価格高騰によりよもぎの使用中止となったスチームサウナ。よくある光景だから特筆すべきことはない。

所沢温泉 湯楽の里(埼玉県所沢市下富)

露天風呂では地下1,700mの大深度掘削により湧出した、無色透明の温泉を使用している。2つ並んだ岩風呂は源泉掛け流しと循環式。さらには壷湯と寝湯も。同じ所沢市内の施設ならば埼玉スポーツセンター天然温泉の方が、泉質、雰囲気ともに好みだが、こちらはぐるりと塀に囲まれているも木立を眺めながらの入浴。樹齢100年のけやき、かしの木とは立派なものだ。チェーン店だからと高をくくってはならぬ。

岩盤浴は今回利用しなかったが、35分間の入替制かつ予約制。個人的には時間に縛られたくないが、入館料と食事代もセットになった得々プランは魅力的(平日・会員限定)。客入りも良く、なにしろ回転が速いのは、地元の通い湯として定着している証だろう。ごろ寝できる休憩室もあるから、ゆっくりと過ごすこともできる。

所沢温泉 湯楽の里
源泉/湯楽の里所沢温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/埼玉県所沢市下富604 [地図]
電話/04-2943-0126
交通/西武新宿線新所沢駅または本川越駅よりバス「下富」停徒歩5分
     県道6号線(川越所沢線)「下富」交差点より約400m
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人740円、小学生以下410円
     (休日)大人870円、小学生以下460円
     ※岩盤浴は別途410円(予約制35分)
時間/9:00〜25:00、年中無休

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)ツイッターのタイムラインに頻繁に名前の出る、所沢のベッド&スパ。ウインズラジャ(閉店した戸塚の姉妹店)からSAUNA BARを経て、今年5月にオープンしたメンズサウナだ。ケロサウナ、地獄ロウリュ、強冷水風呂など、サウナ好きを惹きつけるワードに心が躍る。所沢駅東口より徒歩1分とアクセスも良く(池袋や新宿より30分前後)、都内のサウナー諸兄はいますぐ下り電車に飛び乗るべし。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)野球観戦以外では初めて訪ねた所沢。西武鉄道本社のある東口は、いわゆる駅裏だが、ひときわ洒落た雑居ビルの3〜4階にベッド&スパはある。「宿泊に求める最もシンプルなもの、それはベッドとお風呂。私たちはこの2つのエレメントにこだわることで、最上の空間を演出しました」と、コンセプトは立派だ。ちなみにキャビンベッドは96室。

今回はサウナ3時間利用。料金設定は都心並みだが、それだけ期待して良いということか。受付を済ませたら4階のロッカーへ。タオルや館内着はロッカーの中に準備されており、すぐ隣接して浴室があるから、サウナ店によくある「いったん着替えて」の手間はない。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)浴室に入ると、まずは不感温度バイブラ。人肌程度のぬるさとバイブラの刺激が心地よく、うとうとしてしまう。この湯船はいわゆるローマ風呂で、ドーム天井に古代神殿風の円柱が立つ。さらにジャグジーの吐水口はライオンなのだから、おのずとテンションが上がってしまう。

露天風呂にはよしずが掛けられ、ほんのり外気を感じるのみだが、耳を澄ませばかすかに聞こえる西武電車と(開かずの)踏切音。露天風呂うんぬんよりサウナ店で、しかも駅前店で外気浴できるとは素晴らしい。高温浴だけで3つもあればサウナ目的でない客も満足するだろうし、なにより1つ1つが個性的だ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)サウナは2室。フィンランドサウナは丸太小屋の雰囲気で、「木の宝石」と呼ばれるケロ材(樹齢200年以上の立ち枯れたパイン材)を使用しているのだとか。通路を挟んでベンチが向かい合い、テレビを観るには首が少々つらいが、手前上段はテレビに向いて背板が付いた特等席だ。

もう1室は、唐辛子エキスも使用した、ちょっと熱めのスチームサウナ。こちらでは毎週金曜日(時間は当日告知)に「地獄ロウリュ」が行われている。宣伝POPには「拷問」「苦行」の文字もあり、閻魔によってどのような修羅場が繰り広げられているものか、機会があったら参加してみたい。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)じっくりサウナを楽しんだら強冷水風呂へ。なんと驚きの13℃だ。最初は気合を入れて冷たさに挑むも、2回目、3回目は10秒と経たずに心が折れる。

最近は水風呂の水温だけを語り、冷たければ冷たいほど良しとするおかしな風潮が見受けられるが、深さや広さや設備などの条件によって、水温が同じでも体感は異なる。そして、ここを訪ねてあらためてわかったこと、それは自分は冷たすぎる水風呂よりも、(例えば20℃でもいいから)長く浸かっていたい、と。我慢の一瞬よりも長い快楽を求めたい。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)休憩スペースは3階に充実している。ゲームコーナーはトレーニングルームを兼ねており、エアロバイクやロデオボーイなどで鈍った身体に鞭を打つのも良し。喫煙所を兼ねた鉄道ビューラウンジは眼下に所沢駅を見下ろし、発着する西武電車を眺める。ご丁寧に時刻表を貼っているが、なにしろ本数は多い。そしてサウナといえば、リクライニングシートで過ごすまどろみのひととき。時間延長しようかすごく悩んだ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)レストランは深夜3時まで利用可。通路を隔てておしゃれなバーラウンジまである。4種類ある定食は1,000円で大盛り無料、味噌汁お代わり自由。「Wとんかつ」「からあげ祭り」など男心をくすぐる文字が並ぶ。ちょっと高めの入館料も、最後には満足感でいっぱい。岩盤浴(無料)は時間が無かったから、またこんど。いまどきの雰囲気で品が良く、なおかつ浴室や館内施設のどれをとっても丁寧に作りこまれている。とても中古物件の改装とは思えないほどに。野球ファンなら西武ドームの観戦と組み合わせて、最高の1日が過ごせるはずだ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)

ザ・ベッド&スパ所沢 ※男性専用
住所/埼玉県所沢市くすのき台1-13-1 [地図]
電話/04-2996-6677
交通/西武池袋線・新宿線所沢駅東口より徒歩1分
     車の場合は提携駐車場あり(ウインズ24パーキング)
料金/3時間1,800円、6時間2,300円、12時間3,300円
     朝得2時間900円(受付5:00〜9:00)
時間/24時間、年中無休

こだま温泉ファミリープラザ(埼玉県本庄市児玉町蛭川)

こだま温泉ファミリープラザ(埼玉県本庄市児玉町蛭川)平安後期から鎌倉時代に武家社会へと移行するなかで、関東では武蔵七党と呼ばれる武士集団が巨大勢力を誇った。そのなかでも最強最大と言われたのが児玉党で、埼玉県の旧児玉郡を本拠地とし、集団は児玉氏、やがて本庄氏が率いた。それが旧児玉町、本庄市の由来。そんな歴史にロマンを感じるが、いまはどこにでもありそうな田舎風景が広がる。

こだま温泉ファミリープラザ(埼玉県本庄市児玉町蛭川)こだま温泉の飾り気ない外観、ゆとりある館内、古ぼけた雰囲気からも田舎っぽさを感じる。今回は開店早々の朝風呂で訪ねたが、脱衣所と浴室以外はクローズしているため、館内全体はがらーんとしていた。浴室は洋風と和風が男女日替わりだが、パンフレットの写真を見比べる限りでは、どちらも特徴なく違いがわからず。しかし、驚くべきは脱衣所と浴室の広さだ。いったい何名収容するつもりか。1つ1つの湯船も大きく、お湯がざあざあ溢れている。

温泉は地下800mから毎分174リットル湧出し、循環かけ流しで使用。薄褐色でやや塩辛い。湯船ごとに温度に差をつければ良いものを、どれも温めの湯加減ながら、じんわり逆上せてしまいそうだ。年季が入っているせいか、打たせ湯だったはずが、いまは単なる足湯にしていたり。露天風呂の寝湯にすぐ隣接して、ごろ寝のデッキを設ける無理矢理感も。乾ききったサウナは突き刺す熱さに、痛さも覚える。

パンフレット

朝風呂の時間帯は小さな休憩室が利用可。マッサージチェアとロデオボーイに部屋を半分占領され、ごろ寝しても良さそうだが、朝からだらだら過ごす客はおらず。それにしても、ファミリープラザというウキウキなネーミングに一時代前のセンスを感じる。宴会場、カラオケルーム、ゲームコーナーもあるから、健康ランド感覚で訪ねる客も多いのだろう。貸切個室は11室もあるが、果たしてすべて埋まることがあるのか。年配客は満足しそうだが、週末や繁忙期はファミリーで賑わったりもするのだろう。孫をつれたおじいさんおばあさんの姿が目に浮かぶ。

こだま温泉ファミリープラザ
源泉/こだま温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県本庄市児玉町蛭川1051-6 [地図]
電話/0495-72-8880
交通/国道462号線沿い(蛭川交差点より約250m)
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人700円、子供300円
   (休日)大人800円、子供300円
   (朝風呂 受付6:00〜8:30)大人500円、子供300円
   (夜間割引 19:00〜)大人600円、子供300円
   (夜間割引 21:00〜)大人500円、子供300円
   ※子供は小学生以下
時間/6:00〜23:00

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)埼玉県神川町にはおふろcafe白寿の湯以外に日帰り温泉施設がもう1軒あって、それが「地域最大級1万坪のスパリゾート」を謳う、かんなの湯だ。2つの店の距離は4km足らず。人口わずか1万5千人の小さな町に何故?という疑問。調べてみると、かんなの湯はかつて「アカシアの湯」と言い、埼玉県が運営していたようだ。経営不振による閉鎖後は秩父市の土木建築会社を経て、現在は小江戸はつかり温泉七福の湯などを展開する本久が運営。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)

神流川のほとりにキャンプ場、農産物直売所、野球場、グランドゴルフ場などを備えた「神川ゆ〜ゆ〜ランド」の中にある。キャンプもハイシーズンなら賑わうだろうが、この時期の平日は広大な駐車場もがらーんとしていた。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)長時間滞在あるいは手ぶら派を意識した料金設定なのだろう。タオルセットのレンタル込みとはいえ、埼玉県のど田舎(失礼!)で入館料1,000円オーバーはいかがなものか。岩盤浴も利用するか迷ったが、その合計額は都市部の施設と比べて同等か割高だ。

館内には「ロウリュウ開催中」のポスターが目立つが、岩盤浴で平日5回、浴室サウナで平日6回とは気合いたっぷり。タイミングよく浴室での10時開催に間に合ったが、参加者わずか3名とは寂しい。サウナストーンにアロマ水をかけ、よいしょよいしょと5回うちわで扇ぐも、噴き出した汗が流れるよりも早く、たったの2〜3分で終了。

浴室内の中央にある円型湯船は、その名もずばり、源泉内湯。パンフレットによれば、「日本武尊が東征の際に創祀したと伝えられる金鑚神社の鎮座する神川町の地下1,500mから湧き出た源泉を汲み上げた天然温泉」と、歴史ロマンを無理やり絡める。無色透明、泉温26.6℃で個性なし。以前の運営会社によって登録商標もなされた「スパークリングシャワー湯」は、一般的にはシルク風呂と呼ばれるもの。ほかにジャグジーや電気風呂もある。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)

露天の広々とした炭酸泉ではテレビを眺めながらの入浴。つぼ湯は4つ並んでいる。それよりも気になるのは、やたらとゴージャスな外観の塩サウナだ。石積みで洞窟のように奥行きがあるのかと思えば、内部はいたって普通というギャップに驚く。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)休憩スペースとしてはリクライニングシート、畳敷きの仮眠室、食事処を兼ねた大広間(テーブル席)と選択肢があるのは嬉しい。大広間は喫茶メインなので、食事はメニューが少なすぎて頭を悩ますが、別にレストランも完備している。厨房も共通ならば、メニューの一部も共通。大広間はセルフ式なのに、レストランはフルサービスで、共通するメニューは同じ価格。それならばとメニューの品数の多いレストランを利用したが、隣接するこども広場のゲーム機がやかましい。

かんなの湯(埼玉県神川町小浜)神川ゆ〜ゆ〜ランドの諸施設を1日満喫するつもりなら、ついでの立ち寄りもおすすめしたい。家族づれでも楽しめるだろう。ただし、温泉好きなら白寿の湯の素晴らしさは言うまでもなく、岩盤浴が目当てなら都市部にほかの選択肢はたくさんある。スパリゾートというわりに、実際はどこにでもありそうなスーパー銭湯風情だし、せっかく神川町に来たのだからもっと田舎らしさがあっても良いのに。と、書き進めていたところ、10/7より新料金に改定。タオルセット無しとなり、さらに利用しやすくなった。

かんなの湯
源泉/神川温泉かんなの湯(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/埼玉県児玉郡神川町小浜1341 [地図]
電話/0495-77-5526
交通/国道462号線「新宿」交差点より県道22号線で約2.7km
料金/(平日)大人780円、小学生300円、未就学児無料
     (休日)大人880円、小学生350円、未就学児無料
     (夜割20:00〜)平日大人600円・休日大人650円
時間/9:00〜22:00(休日は23:00)、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ