旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

埼玉県

都幾川四季彩館(埼玉県ときがわ町別所)

都幾川四季彩館(埼玉県ときがわ町別所)埼玉県ときがわ町は、町内を流れる都幾川に由来し、その都幾川には「三波(さんば)渓谷」と呼ばれる景勝地がある。せり立った岸壁が続き、夏は緑、秋は紅葉に覆われ、川遊びやバーベキューが楽しめる。せせらぎを見下ろすようにして建つのが、ときがわ町営の日帰り温泉施設、都幾川四季彩館(都幾の湯)だ。町内にあった古民家を移築し、2006年7月にオープンしたという。

都幾川四季彩館(埼玉県ときがわ町別所)むかしの農家なのだろうか。古民家の定番とも言える田の字型の間取りだが、襖や天井を取り払い、広々とした空間。黒光りする柱や太い梁が印象的で、囲炉裏も設えている。受付には地元の名産品とともに、野菜の種の販売も。母屋の裏庭には足湯があって、目の前に広がる竹林の崖下には都幾川の流れ。そして、渡り廊下の先は温泉棟だ。

都幾川四季彩館(埼玉県ときがわ町別所)

都幾川四季彩館(埼玉県ときがわ町別所)木のお風呂、石のお風呂は男女週替わりで、それぞれ内湯と露天風呂が1つずつ。温泉は町内の温泉スタンドからの運び湯で、供給量不足を補うため、温泉1:水5の割合で加水している。ちなみに温泉スタンドは地下1,300mまで掘削。泉温20.5℃の冷鉱泉を沸かしているが、間伐材などを加工したペレットを燃料に使用。まさに自然との共生だ。

都幾川四季彩館(埼玉県ときがわ町別所)温泉に浸かるだけなら、1時間でも持て余してしまいそう。しかし、せっかく来て、ひとっ風呂だけではもったいない。休憩室として開放された畳敷きの大広間で、湯あがりのひと時をぼーっとして過ごしたい。ありがたいことにコーヒー1杯無料。埼玉県とは言えど、もっと遠い田舎を訪ねているかのよう。囲炉裏で焼いた川魚でも食べさせてくれたら最高なのだが。

都幾川四季彩館(埼玉県ときがわ町別所)


都幾川四季彩館
源泉/都幾の湯(ナトリウム−塩化物冷鉱泉)
住所/埼玉県比企郡ときがわ町大字別所556-1 [地図]
電話/0493-65-5515
交通/国道254号線「つきのわ駅入口」交差点より約10km
     ※無料駐車場あり
料金/大人820円、小中学生410円、未就学児無料(3時間)
     平日17時以降:大人520円、小中学生310円、未就学児無料
時間/10:00〜21:00(水曜日は10:00〜20:00)
     毎月第1水曜日定休(祝日の場合は第2水曜日)

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)松原団地駅という名前の響きも素敵だったが、いつの間にか獨協大学前駅へと変わっていた。都県境を越えて草加市へとやって来たが、湯屋処まつばらの入館料は平日大人550円。都内の銭湯でサウナ料金を払うより断然安く、駅徒歩5分の好立地にして駐車場無料。地元客のみならず、足立区あたりから都民も大挙して訪れるに違いない。

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)下足箱に靴を仕舞おうと、ふと見れば「鍵をかけないと靴がなくなります」と。「鍵を持っている人に所有権がある」「靴に記名がないと所有権の判別が難しい」などと穏やかでない。券売機でチケットを買い、フロントへ。物販コーナーには「監視カメラ作動中」とあちこちに。そして、階段を上がって2階浴室へ。禁止事項として、「湯屋処まつばらの許可なく、他の客に寄付を請い、物品を販売し、物品を配布すること」。こんな貼り紙は他所で見たことがないし、過去に何かトラブルでもあったのだろうか。

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)しかし雰囲気はいたって普通のスーパー銭湯。多少の年季を感じさせるが、客層とともに歩んでいる感じ。主軸はシニア世代で、平日の昼間とあってのんびりした空気感。ジャグジーやバイブラ湯などを総称した個性バスコーナーは、全体が1つの湯船。湯量を考えれば濾過機も相当な大きさか。替わり湯はぬるめで心地よく、背中合わせにある水風呂は19.5℃と、冷たさが好まれる昨今においても我が道を貫く。

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)

6段タワー型の高温サウナには遠赤ヒーターを2台置き、「健康増進のため」に90℃設定。大声での話を慎むよう、四方に注意書き。高温サウナの12分計が故障中ならば、スチームサウナは温度計の針が50℃を振り切っている。ぬるくて居心地悪いので数分で退室。好みは分かれるところ。

露天風呂は昇温装置が故障中。満身創痍な感じが否めないが、それでも38℃を指しているのだから、この夏は不感温度で良いのではないかと。記録的猛暑の夏には、むしろ水風呂感覚でも良いのかもしれないし。こうも暑いと、さっと汗を流せる風呂屋が近所にあったらありがたい。湯屋処まつばらは朝から晩まで年中無休。普段使いの銭湯だ。

湯屋処まつばら(埼玉県草加市栄町)

湯屋処まつばら
住所/埼玉県草加市栄町2-3-16 [地図]
電話/048-930-5526
交通/東武伊勢崎線獨協大学前駅より徒歩5分
     国道4号線・外環道草加IC「新善町」交差点より約2.6km
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人550円、小学生270円、幼児170円
     (休日)大人650円、小学生330円、幼児220円
時間/7:00〜24:00、年中無休

ふくの湯(埼玉県川口市元郷)

ふくの湯(埼玉県川口市元郷)ビルやマンションに建て替え、銭湯のイメージを覆す大型店舗も多々あるが、川口元郷のふくの湯は喩えるなら公民館の風情。塔屋に大きく「ゆ」の文字を掲げているけれど、洒落っ気なくいかつい印象。エントランスには下足箱だけあって、殺風景な階段で3階へ(エレベーターもある)。広いフロアにフロントがあり、券売機でチケットを購入。サウナ利用ならロッカーと引っ掛け鍵をもらう。

ふくの湯(埼玉県川口市元郷)脱衣所内に階段があって、上にはサウナ利用客専用の休憩室とロッカーがある。といってもダラダラと寛げる環境ではなく、テーブルに1個ずつ灰皿を置いたタバコ臭い空間。そこで服を脱ぎ、裸で階段を下りて浴室へ。一般的な銭湯と比べれば2倍くらいありそうな広さで、湯船の数も種類も多い。打たせ湯は一本の筋ではなく、お湯が滝のごとく豪快に落ちてくる。ジャグジーからはざあざあとお湯があふれ落ちる。この銭湯全体では、ものすごい量のお湯を使用しているはずだ。

ふくの湯(埼玉県川口市元郷)さらに階段を上がっていくと、屋上には露天岩風呂があって、立ち上がって塀越しには元郷の住宅地を眺める。サウナは浴室内に遠赤100℃でテレビ付きの、いかにも銭湯らしい空間。さらに水風呂。しかし、ふくの湯はそれだけにあらず。屋上露天にもこじんまりとしたサウナ小屋があるのだ。こちらは石積みストーブの90℃でテレビなし。そして、サウナを出るとすぐさま水風呂。露天なのだから爽快感は抜群。都内からたった1駅で開放的な露天風呂を楽しめるし、平日なら140円の加算で2種類のサウナを満喫できる。軽食コーナーもあるし、喩えるならミニスーパー銭湯の寛ぎだ。

ふくの湯
住所/埼玉県川口市元郷5-19-10 [地図]
電話/048-223-3246
交通/埼玉高速鉄道川口元郷駅より徒歩12分
     またはJR川口駅よりバス「元郷五丁目南」停下車すぐ
     国道122号線(岩槻街道)「本町ロータリー」交差点より約1.2km
     ※無料駐車場50台分あり
料金/大人430円、中人180円、小人70円
     サウナは別途平日140円、休日340円
時間/12:00〜24:00(休日は9:00〜24:00)、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ