旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

埼玉県

熊谷温泉 湯楽の里(埼玉県熊谷市月見町)

熊谷温泉 湯楽の里(埼玉県熊谷市月見町)ヒートアイランド現象やフェーン現象により、「日本一暑い街」として知られるのが熊谷市。埼玉県北部最大の都市であり、古くは中山道熊谷宿、鉄道や国道に取って代わった現在でも、交通の要衝として賑わいを見せている。熊谷温泉湯楽の里は、大型スーパーや焼肉、回転寿司チェーンなどが集合する一角にあり、店舗のすぐ裏手を新幹線と秩父鉄道が通っている。買い物ついでの利用には便利だし、会員を対象とした食事あるいは岩盤浴の割安プランを打ち出し、集客に結び付けている。

熊谷温泉 湯楽の里(埼玉県熊谷市月見町)湯楽の里としては初期の誕生(2002年開店)で、店内のつくりや雰囲気からも見て取れる。平日の午前中はやはり年配客の利用が多い。熊谷市内にはおふろcafe bivouac(ビバーク)花湯スパリゾートといった若者人気の競争相手もあって、低価格路線と回転率が鍵となるのかもしれない。ひと世代前のスーパー銭湯の流行りともいえるが、アトラクション風呂は数多くあって、サウナも2室。タワーサウナの内装に年季を感じるが、香太くんがいい仕事をしていた。

熊谷温泉 湯楽の里(埼玉県熊谷市月見町)
(露天風呂の写真は公式サイトより転載)

露天岩風呂などで温泉を使用しており、地下1,385mから湧出しているという。ほんのり淡黄褐色で、座湯や寝ころび湯もよいが、泉温33.3℃ならば加温しない湯船があってよいのかも。日本一暑い街ならば需要があるだろうし。むしろ酷暑の夏に「あつ湯」に浸かるのも一興だが。

熊谷温泉 湯楽の里(埼玉県熊谷市月見町)今回は利用しなかったが、岩盤浴は2階にあって、近隣店舗を意識してかフリードリンクや漫画コーナー、リクライニングシートも。1階食事処の奥にもリクライニングシートの休憩室はあって、こちらは風呂のみ客でも利用できる。食事メニューもバラエティ豊富だし、風呂だけでも岩盤浴を付けても、リーズナブルに長時間過ごせるのはこの店舗の魅力。この湯楽の里を含め、好みや気分でその日の過ごし方が選べる熊谷市って、じつに贅沢だ。

熊谷温泉 湯楽の里(埼玉県熊谷市月見町)

熊谷温泉 湯楽の里
源泉/熊谷温泉(単純温泉)
住所/埼玉県熊谷市月見町2-1-65 [地図]
電話/048-525-4126
交通/秩父鉄道石原駅より徒歩10分
     JR高崎線熊谷駅よりバス「堤公園入口」停すぐ
     国道17号線・国道407号線「本石2丁目」交差点より約1.6km
     ※大型無料駐車場あり
料金/(平日)大人790円、こども420円
     (休日)大人840円、こども470円
      岩盤浴は別途420円
時間/9:00〜25:00、年に数回メンテナンス休館あり

上尾天然温泉 日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町) ※2019/11/26オープン

日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)郊外立地で大型駐車場を備えているとはいえ、すべての客が車で訪れるとは限らないのだから、せめて近くに路線バスが通っていれば。上尾駅より日々喜の湯方面に至る市内循環バスは、1日数本。アクセスにかなり難あり(10分ちょっと歩けば東武バスが通っていたし、なぜ公式サイトに掲載しないか)。電車の遅延でバスには乗れず、仕方なく約3.5kmの道のりを歩いていくことに。途中で雨に降られたし、最悪の気分。

日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)もとは「湯の道利久 上尾店」といい、わずか6年の短命で閉店。新たな運営会社のもと、約3か月の改装期間を経て、昨年11月26日(イイフロの日)に「日々喜の湯」として営業再開。岩盤浴エリアが充実したらしいけど、フロントや館内においても宣伝が不十分で、平日に至っては利用客も少なそう。岩盤浴3室のほか、ロウリュサウナ(毎週日曜日12時・16時・20時開催)、リクライニングシートの専用休憩室などを持て余している。そもそも岩盤浴着を販売して、持ち込み(自宅で洗濯)などという料金形態はほかで聞いたことがない。



上尾天然温泉 日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)下足箱や脱衣所ロッカーは数が多すぎて、集客目標を見誤っているのか、かえってがらーんとした印象を与えているような気も。脱衣所からは左右に扉があって、浴室と露天風呂に通じている。築7年とあって全体的にきれい。

浴室内には円形で深めの炭酸泉や白湯、ジェットバス、サウナと水風呂。サウナは円形ストーブが2基もあることだし、もっと流行を意識したらよろしいかと。

露天風呂は広々として開放感あり。大小2つが隣接した岩風呂をメインに、壺湯2つ、檜風呂、寝湯とひと通りの湯船が揃っている。茶褐色の温泉は塩分を多く含み、じんわりとよく温まる。雨に降られたからなおさら。近郊には花咲の湯さいたま清河寺温泉といった泉質自慢の人気店もあるし、実はレベルの高い地域なのだ。

上尾天然温泉 日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)露天風呂でうとうとしてしまったので、1階の畳敷き休憩室でしばし寝直す。上尾まで来ると休憩室でも悠々と寛げるのがいい。残念ながら食事メニューにはそそられるものがなく、昼ピークですら客はまばら。平日はこんなものと割り切っているのか、それともオープンして2か月で苦戦の最中か。スーパー銭湯らしくもっと賑わいがほしい。

上尾天然温泉 日々喜の湯(埼玉県上尾市中分町)せっかくの岩盤浴エリアを活かすべく、セット料金を基本にするとか、ランチ付きプランを打ち出すとか、滞在客を増やすべく大きな一手を打ってもよいのかと。消費増税で値上げした店舗が多いなか、それと逆行するように先月入館料を値下げしたが、そもそも料金を見合った(それ以上の)サービスを提供すればよいわけで。まだまだ伸びしろはありすぎる。

上尾天然温泉 日々喜の湯
源泉/上尾天然温泉 日々喜の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県上尾市中分2-180-1 [地図]
電話/048-780-0026
交通/国道17号線(上尾道路)「小敷谷東」交差点より約1.7km
     国道17号線(中山道)「久保」交差点より約3km
     JR上尾駅西口よりバス「大久保」停徒歩11分   
     または市内循環バス利用(平方丸山公園線・大石領家北上尾線)
     ※無料駐車場200台分あり
料金/(平日)大人700円、小人350円
     (休日)大人800円、小人400円
     岩盤浴販売2,500円、持ち込み150円、レンタル350円
時間/9:00〜24:00、年中無休

グリーンサウナ(埼玉県川口市西川口)

グリーンサウナ(埼玉県川口市西川口)西川口といえば昔から風俗タウンとして有名だけど、最近はチャイナタウン化が進んでいるのだとか(東洋経済ONLINE)。駅前通りから一本入ると赤い看板ばかりで、まるで異空間。その一角にあるのがグリーンサウナで、平塚市に同じ名前の店舗があるけれど、こちらはアカスリやマッサージとのセットが基本の「韓国式サウナ」(看板にそう書いてある)。

サウナだけの利用もできるようだし、数少ないながらサウナイキタイのサ活も上がっているが、フロントではやはり「アカスリもできますよ」と。今回は丁重にお断りし、使い古しのタオルセットとロッカーキーを受け取る。先客は1人しかおらず、しかもアカスリを受けている最中。まるで銭湯か、いやそれよりも狭くてパッとしない浴室。主浴槽と水風呂の2つが並び、ハングルで何やら書いてある。およそ5分の2を占めるのはアカスリブース。

サウナについて特筆すべきこともなく、テレビもないし、どうやら先客のアカスリも終わったらしく、浴室内はひたすら無音。水風呂はものすごく温くて、温度計は22℃を指している。蛇口をひねればものすごい冷たい水が出てくるが、無人の浴室でそれは悪いような気がして。1セットで帰りたくなったが、ぐっと我慢してもう1セット。

グリーンサウナ(埼玉県川口市西川口)

浴室から出ると水着のアカスリ嬢と出くわし、脱衣所から出るとミニスカのマッサージ嬢と出くわし、見てはいけないものを見てしまった気持ちに。インターネットを検索すると、過去の情報ではあるが、ピンクとのグレーゾーンな感じもするし、こんどは奮発して確認すべきだろうか。ついでに、東口のひかりサウナも気になるところだ。

グリーンサウナ
住所/埼玉県川口市西川口1-22-7 [地図]
電話/048-256-3339
交通/JR京浜東北線西川口駅西口より徒歩3分
料金/グリーンコース10,000円(60分)、ゆっくりコース15,000円(90分)
     入浴のみ1,000円
時間/12:00〜25:00
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ