旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

福島県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

月光温泉大浴場(福島県郡山市安積町笹川)

月光温泉大浴場(福島県郡山市安積町)郡山市にも最近は温浴施設の増えているようだが、昔からある施設といえば月光温泉だろう。小学校の頃に郡山市に住んでいて、ロードサイドで見かける「月光温泉」の看板は子供ながらに強烈なインパクトを感じたものである。いったいどんな温泉施設なのか? 野球観戦ついでにようやく訪れることができた。郡山市南部、国道4号線バイパスにほど近く、周囲は郊外住宅地といった印象。あらためて地図で確認すると、むかし住んでいた家からもじゅうぶん徒歩圏内だった。

インターネットで「月光温泉」と検索すると、トップに出てくるのは月光温泉クアハイム。宴会場を備えた大型施設で、基本的には日帰り利用がメインだが、客室にて宿泊することもできる。料金プランはさまざまだが、フリータイムだと健康ランド並みの料金(下記参照)。わりと近代的なクアハウスの向かいに、「大浴場」の看板を掲げた建物がある。ここが今回訪れた施設。どう考えてもクアハウスの浴室より小さそうだし、どう見ても共同浴場の佇まい。

月光温泉大浴場(福島県郡山市安積町)外観はさほどでもないが、室内には古びた印象を受けた。「新料金表(4月1日より)」なるものが掲げてあるが、これは何年前の4月1日なのか?と疑問に思えてくる。フロントというほどお洒落ではない受付のおばちゃんに料金を支払うが、お釣りの50円玉を切らしていると言う。「帰りに声掛けて」とのこと。そして「ごゆっくりどうぞ」なんて言うので、ピンときた。両替するのではなく、次の客が持ってくる50円玉を待っているのだな、と。奥には休憩室があるのだろうが、ここで1日過ごすとなると間を持て余しそうだ。脱衣所などはスチールのロッカーが錆びており、鍵なんて付いていない。全体的に昭和の雰囲気が漂っている。

月光温泉大浴場(福島県郡山市安積町)浴室には湯船1つとカラン5つでこじんまりとしている。湯船からは大量のお湯がかけ流されており、しかも熱湯であることに驚いた。源泉48℃がそのまま注がれているらしく、しかも毎分616リットルの豊富な湧出量だからこそ。お湯が冷める余地がなく、湯船につかろうにも気合いを入れなきゃならない。しかし贅沢な気分だ。クアハウスのサイトで「東北屈指の湯量」と謳っているのも納得だし、もっと注目されて然るべきだろう。客が誰もいなくなったのをいいことに、湯船のふちで寝そべってみる。こういう楽しみもこの風情があってこそである。しかしこの大浴場と向かいにあるクアハウスでは、すべてにおいて対照的過ぎるな、と。まぁ微笑ましい話だが。

月光温泉大浴場
源泉/月光温泉(あさかの泉:ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/福島県郡山市安積町笹川四角坦62-1 [地図
電話/024-945-9882
交通/JR東北本線・水郡線安積永盛駅より徒歩21分
     JR東北本線郡山駅よりバス「笹川変電所」停徒歩1分
     ほかバス便あり(詳細は月光温泉クアハイムのページで)
     東北自動車道郡山南ICより国道4号線あさか野バイパス経由で約5分
料金/(1回入浴)大人350円、小人200円、幼児100円
     (1日休憩)大人1,200円、小人500円、幼児300円 ※8:00〜17:00
     (半日休憩)大人750円、小人300円、幼児200円
時間/5:00〜24:00(女湯は6:00〜24:00)



月光温泉クアハイム
住所/福島県郡山市安積町笹川四角坦43-1 [地図]
電話/024-947-1126
料金/(フリータイム)大人1,680円、子供750円、幼児350円
     (4時間コース)大人1,050円、子供550円、幼児300円
     (2時間コース)大人750円、子供370円、幼児200円
     (1時間コース)大人500円、子供300円、幼児150円
     ※子供は小学生、幼児は3歳以上
     ※フリータイムの場合、大人は浴衣・タオル・バスタオルつき。
      子供はタオル・バスタオルつき。幼児はタオルつき
     ※フリータイル以外はタオル等有料
時間/日帰り利用は8:00〜24:00
月光温泉クアハイム(福島県郡山市安積町)

東洋健康センター(郡山市喜久田町字松ヶ作) ※2017/1/31閉店

東洋健康センター(郡山市喜久田町字松ヶ作)福島県郡山市にはオールナイト営業の健康ランドは1軒のみ。市内を東西に貫く国道49号線沿いにあって、東北道郡山ICから車で3分ほどの距離にある「東洋健康センター」だ。物流団地に接し、郊外型の立地ではあるが、大衆演劇(入館料のみで観劇可)を連日公演していることにより、幅広い客層で賑わっている。今回は開成山球場での野球観戦のあとに訪れたのだが、試合後に繁華街の居酒屋に立ち寄ったこともあり、入館は深夜1:50。土曜日だからか「本日休憩室混雑」の看板も出ており、ロビーのベンチで横になって寝ている人も。もし満室ならネットカフェにでも移動しようかと思っていたが、幸いにも休憩室にはいくつか空があった。深夜2時以降だと、深夜割増料金がかからず、しかも12時間利用できるという。いったいどういう料金体系になっているのかわからないが、ロビーで10分ほど待つことにした。

東洋健康センター(郡山市喜久田町字松ヶ作)フロントでは入館料金を支払い、館内着やタオル類が入ったバッグ、ロッカーの鍵を受け取る。浴室は1階にあって、14種類のお風呂(うち2種類のサウナ)がある。ゆったりとした室内の中央にはデッキチェアが並んでいるが、水平に横倒しして熟睡している人も。深夜の健康ランドでは珍しくない光景であるが。

薬湯などいくつかの湯船を除いて、地下1,200mから湧出する温泉を使用。無色透明のお湯に感じるのは塩素消毒のにおいだったりする。バイブラバスや白湯の大きな湯船のほか、寝湯ジャグジーと人肌程度のぬる湯があり、変り種としては薬湯と高麗人参風呂。薬湯は8種類の生薬をブレンドした、健康ランドでよく見る小袋入りのタイプ。泥のような色をしていて、独特のにおいとともに皮膚には若干の刺激がある。高麗人参風呂とは何かの液体に浸かった高麗人参(透明のケースに入っている)から、エキスがポタポタと落ちてくるいう仕掛け。湯船は2帖ほどの大きさがあるので、数滴ずつとは物足りない。しかし、この湯船がいちばん高温だったりするので、気分のリフレッシュにはよい。

東洋健康センター(郡山市喜久田町字松ヶ作)

露天スペースにあるのは、タイル張りの大きな湯船、落差2mほどの滝のある岩風呂、そこに通じる足ツボの歩行浴、1人用の五右衛門風呂。植栽や岩を配し、和風の趣でゆったりとしているが、とくに景色がよいわけではない。それよりなぜボイラー室の扉を閉めないのかが気になったが、これだけの大施設とあって設備機器も大掛かりだ。サウナは室内に2ヶ所あって、高温のスチームと、やや温度を抑え気味のドライタイプ。いずれもテレビつきだが、もうちょっとこだわりがあっても…という感じが否めない。全体的な感想としては「地方都市の健康ランド」の典型だなぁということ。もうちょっとレジャー要素を取り入れてもよいのではないだろうか。

東洋健康センター(郡山市喜久田町字松ヶ作)

ひと通りお風呂を満喫したら、すでに深夜2時半を回っていた。急いで寝床を確保したいところだが、男女別に分かれた仮眠室にはリクライニングシート(テレビあり/なし)、マットタイプが並んでいる。たくさんあるわけではないが、2〜3空いていた。毛布はフロントにて貸し出し。「利用は朝8時まで」とあったような気もするが、多くの人が気にせずに寝ていた。そのそばから掃除や片付けの作業が入るといった具合。

館内図

2階には仮眠室のほかに「えびす座」という大衆演劇場があって、月替わりで昼夜2回公演を行っている。昼の部は13時開演だというのに、芝居目当てのおばあちゃんたちは朝早くから来館している。この日は公演初日だったから余計に混雑していたのだろうか。1階大広間などで開演までの時間をのんびりと過ごすようだが、なかには持ち寄ったスイカやトマトを包丁で切って、分け合っているグループも。大衆演劇のほかにも、土日には歌謡ショーやカラオケ大会を行っており、地域の娯楽演芸場として親しまれているようだ。だから朝から駐車場は満車状態。おばあちゃんパワーはすごさにただただ圧倒。そんな健康ランドだった。

東洋健康センター
源泉/ふれあい温泉(単純温泉)
住所/郡山市喜久田町字松ヶ作15-1 [地図
電話/024-959-4126
交通/東北自動車道郡山ICより国道49号線を磐梯熱海方面へ約3分
     JR磐越西線喜久田駅から徒歩17分
     JR東北本線郡山駅から無料送迎バスあり(1日3便)
料金/大人2,085円、子供945円(小学生)、幼児525円(3歳以上)
     ※割増料金997円(12時間以上の利用、または深夜割増)
     ※館内着・バスタオル・フェイスタオルつき
     2時間コース:大人650円、子供250円(3歳以上)
     ※タオルレンタルは別途料金・えびす座の観劇は不可
時間/24時間営業、年中無休



(追記-2011/7/9)
3/11の東日本大震災による被害のため、長らく休業していましたが、7/7に営業再開となりました。

ホームページで確認したところ、入館料金が変更となっています。
大人1,885円、子供945円(小学生)、幼児525円(3歳以上)
割増料金1,050円(12時間以上の利用、または深夜割増)
※2時間コースについては変更なし

(追記-2017/1/13)
同業他社進出による客足の伸び悩み、施設の老朽化により1/31をもって閉店する。
オープンは1987年10月で、ピーク時には年間27万人、多い日には2000人の来店があったという。
閉店後に跡地は売却され、市内の企業が倉庫として活用する予定。
福島民友2017/1/12付の記事より

斉藤の湯 元湯 下の湯(福島県田村郡三春町)

斉藤の湯 元湯 下の湯(福島県田村郡三春町)前回は「斉藤の湯」の上の湯をご紹介したので、今回は下の湯である。両者の距離は200mほどしかなく、下の湯もまた大滝根川沿いに建つ、こじんまりとした旅館だ。上の湯では子供達が外で遊んでいたが、下の湯ではおばちゃんたちが玄関わきの居間で寛いでいた。宿の人が出迎えてくれるわけではなく、どうしたものかと思っていたら、「お金はあとで払えばいいんだよ」と浴衣姿でうろうろしていたおじさんが言う。宿の人はいないんですか?と聞くと、「いるよ、そこに」。おばちゃんのうちの1人だった。そして料金は先払いだった。適当な感じが田舎っぽくていい。

斉藤の湯 元湯 下の湯(福島県田村郡三春町)館内をぐるりと回りこむと浴室がある。そこに至るまでには大広間とテーブル席の休憩スペース。脱衣所は棚とカゴのほか、100円返却式のロッカーもある。浴室にはカラン3つと、「庄ノ湯」「亀ノ湯」と名づけられた2つの湯船がある。どちらも温泉としては「斉藤の湯」ということらしいが、お湯の色は異なる。透明ながらやや緑がかっているのは庄一が発見した源泉。薄茶色でやや緑がかっており、濁った感じがあるのは亀太郎が発見した源泉。名前は2人の頭文字から。亀ノ湯のほうが古く、発見したのは明治34年だという。

窓は曇りガラスなので外の景色はよくわからないが、一方は道路側を、もう一方は隣接する神社の裏手の崖に面している。2つのお湯を楽しめるので得した気分だが、加えて景色のよさを望むのは贅沢なのか…。入浴料金が安いため、時間に余裕があれば上の湯とセットで訪れたい。

斉藤の湯 元湯 下の湯
源泉/斉藤の湯(単純放射能冷鉱泉)
住所/福島県田村郡三春町斎藤字惣角地83-1 [地図]
電話/024-944-1158
交通/郡山駅前より国道4号線「若葉町」交差点〜県道57号線経由で約9.2km
料金/320円(1時間以内)
時間/7:30〜20:30
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ