旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

福島県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

弥五島温泉 郷の湯(福島県下郷町弥五島)

弥五島温泉 郷の湯(福島県下郷町弥五島)会津若松市の南に位置し、大内宿や塔のへつり、湯野上温泉などで知られる下郷町。弥五島温泉郷の湯は、弥五島集落の国道121号線沿いにあり、会津鉄道弥五島駅からも徒歩3分の好立地。「源泉かけ流し 入浴料330円」の看板に惹かれて立ち寄ってみた。

共同浴場並みの料金のわりに、建物はまだ真新しく、券売機でチケットを購入してフロントへ。ボディソープやシャンプーの備え付けはないので、持参していなければ購入すべし。脱衣所ではカゴを使用するが、無料の貴重品ボックスもある。

浴室には湯船1つ、露天には小さな岩風呂1つ。サウナもなければジャグジーもない。温泉は無色透明で肌ざわりが良く、パンフレットによれば「融雪用の地下水を掘ったところ、思いがけず湯脈を当ててしまった」とのこと。カエルの合唱を聞きながら、ぬるめの湯でのんびりと。

弥五島温泉 郷の湯(福島県下郷町弥五島)弥五島温泉 郷の湯(福島県下郷町弥五島)弥五島温泉 郷の湯(福島県下郷町弥五島)
(写真は弥五島温泉 郷の湯公式サイトより転載)

わずかな広さだが休憩コーナーもあるし、温泉入浴剤やオリジナルTシャツなども販売している。温泉湧出の当初は工事用の小屋を利用し、次第に利用者が増えたため建て替えたという。地域に愛され、そして観光ついでの客が訪れるのは、決して入浴料の安さだけではないだろう。素朴で明るい雰囲気に名湯発見の思いだ。

弥五島温泉 郷の湯(福島県下郷町弥五島)

弥五島温泉 郷の湯
源泉/弥五島温泉(単純温泉)
住所/福島県南会津郡下郷町大字弥五島字和田563 [地図]
電話/0241-67-4710
交通/会津鉄道弥五島駅より徒歩3分
     国道121号線沿い(会津若松市街より車で約40分)
     ※無料駐車場25台分あり
料金/大人330円(小学生以上)、幼児200円(小学生以下)
時間/10:00〜21:00、毎月第1・3水曜日定休

富士の湯(福島県会津若松市駅前町)

富士の湯(福島県会津若松市駅前町)法事でひさしぶりに会津若松を訪ねた。市内近郊には東山、芦ノ牧といった温泉街もあるが、夜通し走った寝不足を解消すべく立ち寄ったのは、駅至近の富士の湯という日帰り温泉施設。入館料400円、駐車場無料、仮眠室ありと驚きの三拍子だ。駅至近といえども、裏通りのような雰囲気なのはいかにも地方都市。建物はかなり大きく、日頃訪ねるスーパー銭湯の比じゃない。

富士の湯(福島県会津若松市駅前町)今回は仮眠室を利用すべく、やすらぎセット280円(館内着&タオル)も付け、まずは浴室へ。木の湯、石の湯は男女週替わりで、この日は木の湯が男湯。まったく気づかなかったが、一部の湯船では縁に木を使用していたらしい。

今年は節目のオープン10周年。この間に露天風呂を増設しているらしく、浴室を出ると、露天風呂、通路と段差を経てさらに露天風呂と、やや無理やり感も。露天風呂はほぼ屋根に覆われており、冬場の寒さや降雪対策なのだろうか。浴室内には温泉を使用した湯船、薬湯、腰掛け湯、水風呂2つ。サウナも2つあって、カラカラのドライサウナと温泉スチームサウナ。

富士の湯(福島県会津若松市駅前町)

炭酸泉は露天風呂の寝湯で使用しており、入浴剤のイベント湯でもある。ローズ&サンダルウッドの湯だったが、酸っぱい匂いに我慢できず。岩風呂では水車を眺めながらの入浴。新設の露天風呂には黄金風呂や真珠風呂、信楽焼風呂など一人用の湯船がずらりと並ぶ。地元経営者の協力のもと、壁には国内各地の景勝地の写真パネルを並べて掲げている。露天の開放感はあまりなし。いずれの湯船も概ね1〜2℃熱めなのは土地柄なのだろうか。つぼ湯2つをぬる湯にしていたが、むしろ冷たくて驚いた。

富士の湯(福島県会津若松市駅前町)そして仮眠室へ。畳敷きの部屋で、廊下を挟んで男女別。実質的には4人ほどが横になれる広さしかなく、しかも間近にゲームコーナーという最悪の環境。2階にはボディケア、カットサロン、カラオケルームなどがあり、3階には和風レストランも。「祝膳、法事、各種宴会のご予約承ります」と言うけれど、健康ランド感覚の利用も多いのだろう。祝膳や法事には安っぽいかなと思うが。今回は利用しなかったが、岩盤浴は驚きの190円(50分)。

駅前のフジグランドホテル系列とあって、館内は大型観光ホテルに似た雰囲気。宿泊客には富士の湯の無料券が付くのだとか。温泉風情はないけれど、市内観光で疲れた身体を癒したい、帰路に就くまでにひとっ風呂したい、といった欲求はじゅうぶん満たしてくれる。ついつい長風呂、長居になりそうだが。

富士の湯(福島県会津若松市駅前町)

富士の湯
源泉/ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉
住所/福島県会津若松市駅前町2-13 [地図]
電話/0242-32-1126
交通/JR磐越西線・只見線会津若松駅より徒歩3分
     ※無料駐車場350台分あり
料金/大人400円、小人150円(小学生)、幼児90円
     岩盤浴は別途190円(50分)
時間/10:00〜24:00、年中無休

さはこの湯温泉保養所(福島県いわき市常磐湯本町)

さはこの湯温泉保養所(福島県いわき市常磐湯本町)いわき湯本温泉(旧常磐湯本温泉)の開湯は古く、奈良時代まで遡るという。かつてはこの地は「佐波古」と呼ばれ、のちに三箱、そして現在の三函に引き継がれている。「三箱の御湯」と呼ばれていた頃は、道後温泉、有馬温泉とともに日本の三古泉として知られ、さらに江戸時代には浜街道唯一の温泉宿場町として、年間2万人の湯治客や遊客で賑わったという。明治に入ると常磐炭鉱の石炭採掘で一時は温泉の湧出が止まってしまったが、現在は地下50mの泉源から毎分5,000リットルの豊富な湯量が湧出し、各施設へと配湯されている。いわき湯本温泉の名が全国に知られるようになったのは「スパリゾートハワイアンズ」(旧常磐ハワイアンセンター)の功績だろう。現在は年間35万人の観光客が訪れるという。

温泉街は湯本駅の北西に開けており、旅館組合加盟の宿は28軒、共同浴場は「上の湯」「みゆきの湯」「さはこの湯」の3軒。このうち、観光客でも手軽に入浴できる施設として人気が高いのが「さはこの湯」だ。平成7年10月のオープンで、純和風の建物は江戸末期の建築様式を再現しているのだという。とはいえ館内は典型的な公共施設の雰囲気で、建物の規模こそ大きいけれど、浴室は1階フロアの半分だけ。2階は湯本温泉の歴史を紹介する資料展示コーナー、3階は大広間。あとの予定があったので長居しなかったが、「保養所」の名の通り、日がな一日過ごす人もいるのだろう。

券売機でチケットを購入して受付に提出。貴重品はホールにある暗証番号式のボックスへ。おばちゃんに使い方を教えてもらったが、同じように尋ねる人は多いだろうなぁ。もっとシンプルなものにすれば良かったのに。浴室は「幸福の湯(桧風呂)」「宝の湯(岩風呂)」と名づけられ、男女日替わりとなる。どちらも内風呂のみ。訪れた日は男湯が幸福の湯で、浴室内には8角形の湯船ともう1つ小さな湯船があった。パンフレットには小さいほうが「熱湯」だと書いてあるが、個人的にはあまりその差がわからず。福島県だと飯坂温泉の共同浴場などは尋常じゃないほどの熱湯だったが、さはこの湯はちょっと熱めという程度。源泉は59.7℃で放流式。お湯は無色透明だが、浴室内にも硫黄臭が漂うので、温泉気分はいやが上にも盛り上がる。泉質はいい。しかし、窓の外にすばらしい景色が広がっているわけでもなく、湯船がすごく大きいわけでもなく、明るい雰囲気でもなく、かといって鄙びてもいない。可も不可もなくといった印象だが、昼間なのに客の出入りが絶えないのは、入浴料金の安さに魅力があるのだろう。いわき湯本温泉はスパリゾートハワイアンズだけじゃない。せっかく訪れたなら温泉場を散策し、共同浴場の雰囲気を味わってみてほしい。

さはこの湯温泉保養所
源泉/いわき湯本温泉(含硫黄−ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/福島県いわき市常磐湯本町三函176-1 [地図
電話/0246-43-0385
交通/JR常磐線湯本駅より徒歩10分
     国道6号線(常磐浜街道)「湯本跨線橋東」交差点より温泉街へ。
     無料駐車場は3ヶ所にあり普通車合計61台分あり
料金/大人200円、小人100円
     休憩:大人710円、小人510円(10:00〜16:00)
     ※小人とは3歳以上小学生以下
時間/8:00〜10:00、毎月第3火曜日定休(祝日の場合は翌日)

いわき湯本温泉旅館協同組合
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ