旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

福島県

郡山湯処 まねきの湯(福島県郡山市向河原町)

郡山湯処まねきの湯(福島県郡山市向河原町)郡山市は南東北随一の商業都市。繁華街は駅の西側に広がり、一方の東側はいまだ発展途上。駅徒歩圏には広大な敷地を持つショッピングセンターもあるが、やはり車社会のようだ。平日だし夜も遅かったせいか、SC自体が閑散としており、まねきの湯もまたしかり。ドン・キホーテやラウンドワンといった若者向けの大型店舗と並んで建つが、いまいち呼び込めていない様子。週末はどうなのか気になるところ。

郡山湯処まねきの湯(福島県郡山市向河原町)地方都市の大型スーパー銭湯の気軽さだが、お風呂以外の館内設備は充実しており、しかも入館料金は平日600円(休日700円)とリーズナブル。その代わりタオルや館内着などはすべて追加料金。今回は翌朝までの滞在目的で訪ねたが、朝6時から7時までの1時間は精算不可。よって深夜料金を加算した金額を先払い。営業時間の表記自体がちょっとややこしい。

郡山湯処まねきの湯(福島県郡山市向河原町)館内には有名無名を問わず、芸能人のサイン色紙がべたべたと。ややミーハーな印象。脱衣所のロッカーは100円リターン式だが、裸になってから小銭がないことに気づき、たまたま通りかかった清掃スタッフの親切対応に感謝。浴室はがらーんと広く、そして薄暗く、BGMもないから静かすぎた。湯船はバラエティーに富んでいるも、深さを替えているだけだったりして、実際の系統数は多くない。

郡山湯処まねきの湯(福島県郡山市向河原町)

フレキシブルホースを後付けした炭酸泉、トルマリンや麦飯石などが沈む岩盤鉱石風呂、テレビの映りの悪いリラクゼーションバス、一段高くなっただけの展望露天風呂など。店舗がオープンしたのは6年前なのに、流行の変化に合わせて改修しているようだし、スーパー銭湯だから工夫している感じも見て取れる。しかし、12月より「天然温泉に生まれ変わりました」とあって、おそらくは地下水の成分を分析した結果かと。

郡山湯処まねきの湯(福島県郡山市向河原町)サウナは中温と高温の2室。高温サウナは石積みのヒーターを囲んでコの字型にベンチを設け、15名程度を収容。施設規模のわりに広くないのが惜しい。ついでに言えば、薄暗い室内に小さな文字のPOPは読めやしない。テレビもなく無音の空間に、時おりジュワッとオートロウリュが立ち上る。その間隔は2分30秒おきだが、ほんのり加湿する程度。

スタッフによるロウリュも1日5回開催しており、挨拶もそこそこにいきなり始まり、何かを説明するわけでもなく、やけどレベルに熱くして、うちわで扇いでおしまい。驚くほど雑なロウリュだったが、近隣に競争相手がないから独自路線を突っ走れるのか。

郡山湯処まねきの湯(福島県郡山市向河原町)食事処の利用客はドリンクバー無料。館内のどこかに書いてあっただろうか、スタッフからも案内がなく残念。ラストオーダー22:30も早いが、その30分前にはすでにノーゲス。地方都市の夜は早い。隣接する休憩スペースは現代感覚をかなり意識した雰囲気。だらだらと過ごすにはもってこいだし、入館料だけで時間制限なく利用できるのだからコスパは高い。本棚にはずらりと漫画本が並ぶ。しかしここも客はまばらで、クッションなど散らかり放題。販売品の服や何かの景品(?)が雑多に放置され、宴のあとなのか片付けが面倒なだけなのか。

郡山湯処まねきの湯(福島県郡山市向河原町)まねきの湯を手掛けるコシダカの本業は、カラオケボックスの「まねきねこ」。フィットネスの「カーブス」を傘下に持つ。それにしては企業内の相乗効果やエンタメ要素はあまり感じられず。たとえば、宴会場の稼働率よりカラオケボックスのほうが強みを活かせるし、エアロバイク以外のフィットネス器具を設置すれば、カーブスのノウハウを活かせるはず。

郡山湯処まねきの湯(福島県郡山市向河原町)そこにきて本格的なのはキッズコーナーの作り込み。「混雑時は15分交替」とかそこまで賑わうのか。こども無料は最大の呼び込み術だし、かなり太っ腹でファミリー層にとってはコスパ高すぎ。リラックスルームは雑魚寝だし寒くてよく眠れなかったけど、朝まで過ごして2,000円。詰まる所、スーパー銭湯は庶民の娯楽だし、昨年の「@nifty温泉」ランキングで福島県1位(東北エリア3位)とは、御見逸れしました。

郡山湯処 まねきの湯
源泉/不明
住所/福島県郡山市向河原町4-40 [地図]
電話/024-941-4126
交通/JR郡山駅中央口より徒歩14分
     福島県道17号線(旧国道4号線)「大町」交差点より約1.1km
     ※無料大型駐車場あり
料金/平日大人600円、休日大人700円
     ※小学生以下のこどもは無料
     朝風呂(受付7時〜11時、利用は13時まで):大人430円
     深夜営業(25時〜9時):深夜料金加算1,410円、入浴のみ90分870円
     ※深夜25時以降の入館は 024-941-4126 に電話
時間/7:00〜25:00、深夜営業25:00〜翌9:00
     ※6:00〜7:00は精算不可

いわき湯本温泉 みゆきの湯(福島県いわき市常磐湯本町)

いわき湯本温泉 みゆきの湯(福島県いわき市常磐湯本町)観光客の絶えない箱根湯本を見慣れているせいか、いわき市の湯本駅前の寂しさには戸惑った。温泉風情といえば駅内外にある足湯くらいで、平日のせいか観光客をまず見かけない。温泉街が駅から少し離れているにしても、駅前から歓迎ムードは欲しい。温泉街とはまた少し離れたところにスパリゾートハワイアンズがあって、抜群の集客力を誇っているだけに、便乗した賑わいがほしい。(写真は湯本駅前の足湯)

いわき湯本温泉 みゆきの湯(福島県いわき市常磐湯本町)いわき湯本温泉の日帰り温泉施設としては「さはこの湯」が有名だけど、駅から徒歩圏なら「みゆきの湯」をおすすめしたい。なんと言っても魅力は250円というリーズナブルな入浴料金。券売機でチケットを購入する。フロントというか、むしろ受付。気さくなおばちゃんが座っている。日帰り温泉施設というか、むしろ共同浴場のような雰囲気だ。

いわき湯本温泉 みゆきの湯(福島県いわき市常磐湯本町)脱衣所には鍵付きロッカーとカゴが半々。浴室にシャンプーやボディソープは備え付けておらず(ミニサイズを購入可能)、ちょっとした湯治場気分だが、洗い場のカランは現代風にシャワー付きの混合水栓。そして湯船が2つあるだけと、実にシンプルだ。大きい方は42℃、小さい方は44℃で、いずれも源泉かけ流し。無色透明だが無数の湯花が舞う。源泉は常磐湯本温泉の共同配管で、いわき市、湯本財産区、常磐興産が出資する。湯本駅のすぐ近くに揚湯場があった。こうした設備はなかなか見れないので、(フェンス越しだが)ぜひ立ち寄ってみてほしい。

いわき湯本温泉 みゆきの湯(ぐるっといわき)

いわき湯本温泉 みゆきの湯
源泉/常磐湯本温泉(含硫黄ーナトリウムー塩化物・硫酸塩泉)
住所/福島県いわき市常磐湯本町天王崎1-8 [地図]
電話/0246-43-1526
交通/JR常磐線湯本駅より徒歩2分
     国道6号線「上関」交差点より約650m
     ※近隣のコインパーキングを利用のこと
料金/大人250円、小人120円
     ※大人は12歳以上、小人は6歳以上12歳未満(6歳未満無料)
時間/10:00〜22:00、毎月第3木曜日定休(祝日の場合は翌日)

キャビネットホテル ワウズ(福島県郡山市中町)

キャビネットホテル ワウズ(福島県郡山市中町)カプセルをキャビンと呼んだりする風潮の先に生まれた、「キャビネットホテル」という新しい概念。スタイリッシュなデザインを前面に打ち出し、リーズナブルな宿泊料金で客を呼ぶ。このところ競争が激化するカプセルホテル業界にあって、この流れは地方都市にも広がりを見せている。そして、郡山市にこの夏誕生したのが、キャビネットホテルワウズ(WOW!S)。駅徒歩5分の好立地が魅力。

キャビネットホテル ワウズ(福島県郡山市中町)繁華街でありながら、近隣には総合病院やデパートもあるから夜も静かだし安全。女性専用フロア(専用浴場あり)も設けている。驚くべきは、最低ランクで2,200円という低料金。もちろんこれはカプセル利用だが、共用ラウンジもあるし、寝るだけと割り切れば安いほうがよいに決まってる。しかしながら、ビジネスホテルのような客室もあるし、要するに財布の中身と相談して選べばよい。

キャビネットホテル ワウズ(福島県郡山市中町)受付を済ませ、ロッカーの鍵を受け取る。館内着を利用するなら別途100円。そして、指定されたカプセルは4階とのこと。ロッカー室で館内着に袖を通し、カプセルをまずは確認。昔ながらのユニットカプセルではなく、簡単に言えば四角い箱。やたらと広さを感じるのは、カプセルの中にテレビがないから。テレビを観たかったらラウンジにて。カプセルは寝るだけのシンプルな空間。

キャビネットホテル ワウズ(福島県郡山市中町)エレベーターで再び1階へ。さらに階段を下って地下の浴室へ。フェイスタオルとバスタオルは脱衣所にある。1坪ほどのユニットバスタブが2つ並んでいるのは、その方が施工が容易だったのか、費用か安いのか。サウナ室も2室あって、それぞれキャパは小さいのだが、石積みの中温(80℃)、ボナの高温(90℃)というこだわりよう。どちらも真新しくてきれい。

キャビネットホテル ワウズ(福島県郡山市中町)小さな水風呂は蛇口の水の冷たさに頼るばかりだが、寝る前なら優しい感じが心地よい。唯一の不満はカミソリなど有料であったり、洗面台に化粧水がなかったりと、その分のコストが宿泊費に反映されていると思えば仕方ないのか。ちなみに郡山市にカプセルホテルはワウズただ1軒。サウナで差別化を図る必要はまるでないのに2室も作ってしまうとは、おそらくこの運営会社にサウナ好きがいらっしゃるのだろう。

キャビネットホテル ワウズ(福島県郡山市中町)

キャビネットホテル ワウズ
住所/福島県郡山市中町18-5 [地図]
電話/024-926-0872
交通/JR郡山駅中央口より徒歩5分
料金/入浴のみ700円、宿泊2,200円より
時間/入浴のみ17:00〜翌9:00(サウナは男性浴室のみ17:00〜24:00)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ