旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

最新の話題(温泉・銭湯)

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

今年も懲りずに大サウナ博へ行ってみた。

ネッパッパーと叫びながらスクワットしたあの日から1年。今年の大サウナ博はプロレス会場ではなく、横浜鶴見のファンタジースパおふろの国で開催された。パンフレットの見出しには「温浴バタフライ宣言」「熱波道プロレス」と相変わらず意味不明だが、あわよくばサウナに入れるのではないかと期待。

大サウナ博2016

結論から言えば、小雨の降りしきるなか屋外駐車場でイベントは行われたし、プロレスのリングも設営されていた。隙あらばサウナで温まろうと考えていたが、余分な休憩時間もなく、時間通りにスケジュールは進行。まずは4チームが競うサウナマットダンスコンテストから。

大サウナ博2016大サウナ博2016
大サウナ博2016大サウナ博2016

さらに、日本サウナ審議会ではパネリストがサウナや水風呂についての思いを語り、協賛企業の宣伝を兼ねた上野さんのサウナホット川柳、温浴業界内の功績を讃える日本おふろ大賞授賞式と続く。ひとつ勉強になったことといえば、洋風施設でよく見るライオンの吐水口の話。中世ヨーロッパではライオンは水の守り神で、日本(中国)では龍がこれに相当するとのこと。



ここまでのところ温浴業界人の文化祭のノリだったが、いよいよOFR48のライブが始まるとなれば、違った客層の顔ぶれもちらほら。結成5周年にして来春には初ベストアルバムが発売されるというから、ファンは大喜びだ。



そして、いよいよ熱波道プロレスが旗揚げされた。熱波とプロレスの関係性がいまいちわからないのだが、おふろの国を拠点として活動する井上勝正氏を筆頭に、店舗では松田慶三選手や米山香織選手も熱波師を務めているというから、深く考えるのも野暮か。ちなみにプロ熱波師の大森熱狼さんも堂々と写真に収まっているが、「今日は出番なしです」と駐車場誘導係を立派に務めていた。

大サウナ博2016大サウナ博2016

熱波道プロレスは(当たり前なのかもしれないが)マジ対決だった。ふだんプロレスを観る趣味がないのだが、目の前だと迫力がある。アブドーラ小林選手にいたっては、猛毒カニの攻撃で顔から流血しているし、なぜか干物男との対戦にすり替わってしまうし。
「プロレスでは負けたよ。次はサウナで決着をつけよう」
「俺たちのリングはサウナだ。サウナで会おう」
意味を理解するには時間がかかるのかもしれない。



大サウナ博も感動の(!?)フィナーレへ。パネッパー!パネッパー!のハイテンションには付いていかれず。それにしても、こんな奇抜なイベントをよくぞ思いつくものだ。しかも川向こうのラクスパに見せつけてやるとの如く。怒涛の5時間が過ぎ、ようやくサウナへとありつけた。

サイタマ健康ランド⇒おふろcafe bivouacへの改装前後を比較してみた

2か月余りの改装工事を経て9/10にオープンした、熊谷市の「おふろcafe bivouac (ビバーク)」。訪問時の様子は前回の記事にて紹介した通りだが、今回は「サイタマ健康ランド」時代からどう変わったのか、写真の比較によって検証してみたい。

サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac
サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac
サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac
まずは外観から。健康ランド特有の電飾看板は、シックだが地味なものへと一新。車ならカーナビに目的地をセットするだろうから、昔のようにど派手である必要はない。

サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac
1階ロビーには衣類や雑貨の物販品がわずかに並ぶだけで閑散とし、まるで有効活用されていなかったが、おしゃれ空間へと生まれ変わった。在館者がいちばん多くの時間を過ごす場所だろう。

サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac
2階のレストランから休憩スペースに至る通路。正確に言えば写真の向きは逆。空いた場所にゲーム機を並べる発想が健康ランド。長時間没頭する人もたまに見かけるが、何をしに来たんだろうかと思う。

サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac
サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac
和と洋、昭和と平成、田舎と都会を感じさせるレストランの雰囲気。レバニラ定食はすごいボリュームだったが、たいして安くはなかった。

サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac
休憩スペースに変化はなかった。

サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac(埼玉県熊谷市久保島)
館内マップは180度反転。ビバークでは個室宴会場の存在は消されているが、今後どのように活用していくのだろうか。

サイタマ健康ランドおふろcafe bivouac
リーフレットの見せ方にも大きな違いが。ペラ1枚に凝縮させるこれまでのやり方と、オープンを告知するのみの潔さ。

昔ながらの健康ランドが次々と廃業に追い込まれていくなか、ビバークはリノベーションによって見事に生まれ変わった。資金力はもちろんのこと、斬新なアイデアと決断力がなければ、このたびのオープンは実現しなかっただろう。

鶴巻温泉弘法の里湯に足湯が誕生 ※2016/3/30〜

鶴巻温泉・足湯鶴巻温泉・足湯

鶴巻温泉の日帰り温泉施設「弘法の里湯」敷地内で建設が進められていた足湯は、いよいよ本日オープンする。13時に竣工式(テープカット)が行われたあと、一般に開放するという。

足湯の隣には温泉スタンドも設置され、どちらも無料で利用できる。ただし利用は弘法の里湯営業日の10:00〜17:00に限る(月曜定休・祝日の場合は翌日休)。鶴巻温泉駅前の市有源泉より引き湯。

鶴巻温泉で「足湯」の新設工事が開始。誘客効果は見込めるのか!?

昨年4月に新設された鶴巻温泉駅前の「手湯」は、利用する観光客の姿など見たことがなく、地元のお年寄りの憩いの場にただ何となく存在している状況で、案の定市民の税金をドブに捨てたと言わざるを得ない。しかしその結果をじゅうぶんに精査せず、そして反省を踏まえることもなく、既定路線のごとく今度は「足湯」の新設工事が始まった。完成は4月を予定。

鶴巻温泉・足湯
鶴巻温泉・足湯

場所は市営の弘法の里湯敷地内。手湯に比べれば利用価値は高いだろうが、果たして足湯目当てに鶴巻温泉を訪れる人などいようか。甚だ疑問である。

そもそも足湯の利用料金を取るのか知らんが、無料だとすれば源泉と燃料費、管理費の無駄遣い。有料だとすれば図々しい。ハイキングで訪れる観光客はいままで通りに弘法の里湯を利用し、乱暴な言い方だが金を落としてほしい。となれば、弘法の里湯の2階休憩室の経済価値を高めることや、究極の話をすれば駅前の広大な空き地(現在は駐車場)を何とかし、町全体の活性化や魅力向上を図るべく議論していただきたい。

インフラを整備し、待っていれば客が来るなど素人の考え。いまどき手湯、足湯など時代遅れも甚だしく、いったいどのような青写真を描いているものか関係各所に問うてみたい。

鶴巻温泉・足湯


(参考)
鶴巻温泉駅前に「手湯」設置。これぞ税金の無駄遣い。
鶴巻温泉源泉活用の具体的な取組みに関する報告書(PDF)

ロックフェイスサウナ「イズネス」の自動ロウリュがパネスゲー!

ファンタジースパ おふろの国(横浜市鶴見区下末吉)鶴見区のファンタジースパ おふろの国では、新型ロックフェイスサウナ「イズネス(Isness)」の導入に伴い、11月16日にサウナ着火式・ロウリュ始め式が行われた。一見してまともな文章に思うかもしれないが、そもそも着火式とは何なのか。制御盤のスイッチを入れたら作動しそうなものを、わざわざ式典を催すとは、こちらまでおめでたい気持ちになってくる。

ところでこの式典に際して、サウナブロガーを無料招待との情報を知ってはいたが、あいにく休みが合わず。参加したサウナブロガーとは誰なのか、検索しても記事がヒットしないのはどういうわけか。もやもやが多すぎる。

サウナメーカー・メトスのロックフェイスサウナ「イズネス(Isness)」は、ガス遠赤式ながら、ロウリュを可能としたもの。サウナヒーターの前面には香花石がびっしりと積み上げられ、時間制御によって水が注がれる。手掛けによるロウリュにも対応でき、それでいてガスを熱源としているからランニングコストは電気式の約半分。最近のトレンドはikiサウナだが、リニューアルによる入れ替えならイズネスのニーズも高まってくるのだろう。

メトスisness

おふろの国では1時間に1回(毎時30分)の間隔で自動ロウリュを行っている。ちなみに、同時期に導入した保土ヶ谷区の天然温泉満天の湯でも1時間おき(毎時00分)の自動ロウリュだ。

おふろの国には浴室内に2つのサウナ室がある。ひとつは約90℃のガス式高温サウナで、バケツの中の熱した石にアロマ水をかけて行うロウリュ(ハマ熱波)を開催している。もうひとつが60℃設定の中温アロマサウナで、室内には天然ヒノキ精油の香りが漂っている。イズネスを導入したのは後者のほう。通常時はまったり心地よい温度で、じんわりと発汗。サウナが苦手な人でも楽しめるはずだ。

ファンタジースパ おふろの国(横浜市鶴見区下末吉)そして、待ちに待った自動ロウリュが始まる。スポットライトがイズネスを照らし、しばし焦らされたあと、ヒーター上部から水がジャーっと注がれる。そして水が一気に石へと伝わり、ジュワーっという音とともに蒸気が噴き出し、間髪入れずに熱気が襲ってくる。

この動作を5分間のうちに3度繰り返すが、2度目、3度目になるにつれ、とくに最上段は熱気が充満するから、顔を覆いたくなる熱さになる。たいした水の量でもないのに、効率的な熱さを実現できるのは自動ロウリュならではか。まったりした心地よさから一気に爆発し、体感温度は100℃以上だ。シックなフォルムに似合わず、熱気はワイルド。「ハマ熱波」で言うところのパネスゲー!

1時間おきの自動ロウリュを待ち切れず、何度もサウナに入り、仕上げには高温サウナ室でのハマ熱波。最上段に陣取り、おかわりも満喫したら、ひさしぶりに目の前が真っ暗になるほどのぼせてしまった。こまめな水分補給と、外気浴や水風呂でのクールダウンは欠かさずに。

【蒸熱サウナイズネス・初ロウリュ式式典】昨日休館日に設置いたしました、ロウリュサウナイズネスの始動式典をサウナーアブラトシオさん、広告代理店の皆様、熱波師代表・大森熱狼さん、株式会社メトス・平瀬様、他大勢のサウナー熱波師をお迎えしてテープカットがおこなわれました。なお、サウナ設備のテープカットがおこなわれるのは初ではないかとのことです。

Posted by ファンタジースパ おふろの国 on 2015年11月16日


明日は寒くなるらしいですねー。蒸熱メンズサウナ【イズネス】この蒸気があなたを包みます。きゅっっと暖まり布団に入りましょう。

Posted by ファンタジースパ おふろの国 on 2015年12月16日


メトス

ファンタジースパ おふろの国
ブログ記事(2008/12/13)
株式会社メトス

(イズネスの写真はメトスホームページより転載)
(イズネス着火式の動画はおふろの国フェイスブックページより貼り付け)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ