旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

最新の話題(温泉・銭湯)

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

熱い想いに涙する「おふろ甲子園」とはいったい何ぞや

おふろ甲子園「おふろ業界から日本を元気に!」を合い言葉に、4回目の開催を迎えることとなったおふろ甲子園。全国42店舗がエントリーし、覆面調査員による審査を経て、勝ち進んだ6店舗が一堂に会しての決勝大会。壇上では制限時間17分を使い、自店の魅力、具体的な取り組み、熱い想いを観客にぶつける。

これまでブログでは公にしていなかったが、温浴業界の端くれにいるので、とても興味があったこの大会。たまたま休みが合ったので、当日券5,000円はちと高いが自分への投資を兼ね、どんなものかと文京シビックホールへ。

おふろ甲子園「どうせ業界関係者だけでしょ」と思っていたが、大変失礼しました。入場口には長蛇の列。おそらくは温浴業界のファンなのだろう。知り合いに会うたび挨拶を済ませ、会場外は和やかな空気であるものの、開演時間がいざ迫ると一気に緊張感に包まれる。オープニングアクトは、おふろdeアフロ。そして泣かせるオープニングムービー。審査員は「サウナ王」でおなじみ、温浴コンサルタントの太田広さんほか。

決勝大会に進出した店舗は、プレゼン順に、信州健康ランド(塩尻市)、秋山温泉(上野原市)、源泉湯燈屋(甲府市)、天然温泉満天の湯(横浜市)、天然温泉なごみの湯(苫小牧市)、石和健康ランド(笛吹市)。

おふろ甲子園各店舗で抱える悩みや改善点はさまざま。接客スキルやコミュニケーションだったり、作業効率だったり。それに対してどう取り組んだか、結果としてどう変わったか。トップバッターの信州健康ランドからして迫力は凄まじく、かと思えば秋山温泉は壇上で感極まっている。各店舗の取り組みから学ぶことは多く、そして多くの感動を得た。繁盛店はいずれも今回の大会テーマ「輝き」のごとく、スタッフ一人一人の輝きを重視しているし、そうでなければお客様満足には繋がらない。

おふろ甲子園各店舗のプレゼンが終わったら、来場者はコインで投票する。その結果、栄えある優勝に輝いたのは、甲府市の源泉湯燈屋。「あったかい」を見える化すべく、コミュニケーションアイテムとして「ニコニコカード」を使用。たくさん「ありがとう」を伝えたスタッフを表彰している。燈屋に限らず、繁盛店だからといって決して難しい取り組みをしているわけでなく、すぐにでも真似して取り入れてみたいと思わせるアイデアばかり。

横のつながりが薄く、ともすれば競合ばかり意識してしまうが、業界全体が高め合って活性化できれば、結果として日本が元気になる。朧気ながらおふろ甲子園が果たす意義を実感した。

横浜スタジアム周辺のお風呂屋さん

横浜スタジアム

野球観戦と風呂めぐりは相性がいい。その理由を自分なりに考えてみたところ、―媽茲篏口は夜風が肌寒いから、試合後はひとっ風呂浴びたい。⊃寝討肋し暑いから、試合後はひとっ風呂浴びたい。デーゲームの夜はどうせ暇だから、ひとっ風呂浴びたい。い燭泙砲△訖道劵押璽爐瞭は張り切って、合間にひとっ風呂浴びたい。ナ親休みの人は昼間どうせ暇だから、試合前にひとっ風呂浴びたい。Σ燭につけてひとっ風呂浴びたい。

パッと思いつくだけでもこんなに理由がある。そこで今回は、横浜スタジアム周辺のお風呂屋さん(銭湯・スパ・サウナ)を紹介したい。横浜の一等地にあるハマスタは、お風呂屋さんも充実。徒歩圏内にこれだけ選べるなんて、他球場にはない魅力だ。We☆YOKOHAMA No.1!!


伊勢佐木町方面
(関内駅北口から大通り公園を西へ)

スパ ニュージャパン
広々としたサウナで汗を流すならここ。平日昼3時間はナイター前におすすめ。リクライニングシートの休憩室と仮眠室もあるから宿代わりにも。
交通/ハマスタ12分、伊勢佐木長者町駅2分
料金/通常1,550円、60分1,240円、平日昼3時間1,300円、深夜追加1,550円
時間/24時間、年中無休

弁天湯
大通り公園沿いだから迷う心配なし。普通の銭湯。
交通/ハマスタ13分、伊勢佐木長者町駅2分
料金/470円
時間/15:30〜24:30、毎月10日・11日・20日・30日定休

カプセルネット グランカスタマ 伊勢佐木町店
ボロサウナが閉店し、カプセルホテルへとおしゃれにリニューアル。サウナがないのが惜しい。カプセルは女性利用も可。
交通/ハマスタ15分、伊勢佐木長者町駅4分
料金/ラウンジ60分500円、3時間900円
時間/24時間、年中無休

ソプラティコ横浜関内
ここもサウナからのリニューアル。ボウリング、カラオケ、ビリヤードなどもあり、ビル全体がレジャー空間。仮眠室で朝まで滞在可。
交通/ハマスタ16分、伊勢佐木長者町駅6分
料金/平日2,000円・休日2,300円、1時間パック800円など
時間/浴室は11:00〜翌9:00(日祝は20:00まで)、年中無休

ビジネスイン ニューシティー(男性専用)
カプセルホテルの大浴場。サウナ2室。リクライニングシートの休憩室、仮眠室、コミックコーナーなどあり。
交通/ハマスタ15分、日ノ出町駅3分
料金/デイタイム・ナイトパックともに2,160円、90分1,260円など
時間/24時間、年中無休

永楽湯
レトロな味わいの温泉銭湯。
交通/ハマスタ15分、伊勢佐木長者町駅6分
料金/470円、サウナは別途100円
時間/15:30〜24:00、毎月6・16・25日定休

利世館
イセザキモール裏手の温泉銭湯。
交通/ハマスタ17分、伊勢佐木長者町駅8分
料金/470円
時間/15:00〜24:30、毎月7日・17日・18日・27日定休

石川町方面
(ハマスタから中華街を通過して南へ)

恵びす温泉
せっかくならサウナセットで。古いサウナ2室と大きな水風呂あり。銭湯なのに営業時間が長いのはありがたい。
交通/ハマスタ9分、石川町駅3分
料金/470円、サウナセット720円
時間/11:00〜25:00、年中無休

小山湯
普通のマンション銭湯、中華街や元町散策にも便利。
交通/ハマスタ12分、石川町駅3分
料金/470円
時間/11:00〜23:30、年中無休


今年も懲りずに大サウナ博へ行ってみた。

ネッパッパーと叫びながらスクワットしたあの日から1年。今年の大サウナ博はプロレス会場ではなく、横浜鶴見のファンタジースパおふろの国で開催された。パンフレットの見出しには「温浴バタフライ宣言」「熱波道プロレス」と相変わらず意味不明だが、あわよくばサウナに入れるのではないかと期待。

大サウナ博2016

結論から言えば、小雨の降りしきるなか屋外駐車場でイベントは行われたし、プロレスのリングも設営されていた。隙あらばサウナで温まろうと考えていたが、余分な休憩時間もなく、時間通りにスケジュールは進行。まずは4チームが競うサウナマットダンスコンテストから。

大サウナ博2016大サウナ博2016
大サウナ博2016大サウナ博2016

さらに、日本サウナ審議会ではパネリストがサウナや水風呂についての思いを語り、協賛企業の宣伝を兼ねた上野さんのサウナホット川柳、温浴業界内の功績を讃える日本おふろ大賞授賞式と続く。ひとつ勉強になったことといえば、洋風施設でよく見るライオンの吐水口の話。中世ヨーロッパではライオンは水の守り神で、日本(中国)では龍がこれに相当するとのこと。



ここまでのところ温浴業界人の文化祭のノリだったが、いよいよOFR48のライブが始まるとなれば、違った客層の顔ぶれもちらほら。結成5周年にして来春には初ベストアルバムが発売されるというから、ファンは大喜びだ。



そして、いよいよ熱波道プロレスが旗揚げされた。熱波とプロレスの関係性がいまいちわからないのだが、おふろの国を拠点として活動する井上勝正氏を筆頭に、店舗では松田慶三選手や米山香織選手も熱波師を務めているというから、深く考えるのも野暮か。ちなみにプロ熱波師の大森熱狼さんも堂々と写真に収まっているが、「今日は出番なしです」と駐車場誘導係を立派に務めていた。

大サウナ博2016大サウナ博2016

熱波道プロレスは(当たり前なのかもしれないが)マジ対決だった。ふだんプロレスを観る趣味がないのだが、目の前だと迫力がある。アブドーラ小林選手にいたっては、猛毒カニの攻撃で顔から流血しているし、なぜか干物男との対戦にすり替わってしまうし。
「プロレスでは負けたよ。次はサウナで決着をつけよう」
「俺たちのリングはサウナだ。サウナで会おう」
意味を理解するには時間がかかるのかもしれない。



大サウナ博も感動の(!?)フィナーレへ。パネッパー!パネッパー!のハイテンションには付いていかれず。それにしても、こんな奇抜なイベントをよくぞ思いつくものだ。しかも川向こうのラクスパに見せつけてやるとの如く。怒涛の5時間が過ぎ、ようやくサウナへとありつけた。

カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ