旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

栃木県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)

那須湯本は「那須七湯」の中心的温泉街で、大小のホテル、旅館が点在している。日帰り温泉施設としては「鹿の湯」(⇒記事)が有名。しかし今回は「那須の珍湯」を自称する老松温泉喜楽旅館を訪ねた。

詳細は、
那須の珍湯!?そこには衝撃的な光景が… : いかす温泉天国
(まぼろしチャンネル)にて。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
那須街道の郵便局にさしかかるカーブの手前「旭橋」が進入路。看板が目印。しばらく行くと、使われず放置された建物がある。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
ガラクタとともに首だけの人形も捨てられている。不気味なこと極まりない。そして、こんどは「那須の珍湯」の石碑。お金の使い方を間違えているとしか言いようがない。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
そこから先は未舗装の道。駐車場は石碑のところに適当に。やがて旅館の建物が見えてきた。旅館と自宅は向かい合って建っている。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
左が旅館。右が自宅。どちらも相当の年季が入っている。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
旅館の痛み具合は凄まじかった。自然災害!?重機で解体途中!?なぜこうなった…。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
いちおう営業はしていた。

老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)老松温泉喜楽旅館(栃木県那須町湯本)
浴室はまともだった。湯治場的な雰囲気がいい。那須湯本が引いているわけではなく独自の源泉だという。白濁した硫黄泉。

老松温泉喜楽旅館
源泉/老松温泉(泉質不明)
住所/栃木県那須郡那須町湯本181 [地図
電話/0287-76-2235
交通/那須街道(県道17号線)旭橋より約400m
料金/大人500円、小人300円(0歳〜10歳)
     ※45分以内
時間/8:00〜20:00、年中無休

詳細は、
那須の珍湯!?そこには衝撃的な光景が… : いかす温泉天国
(まぼろしチャンネル)にて。

薬師の湯共同浴場・河原薬研の湯(栃木県日光市湯西川)

湯西川温泉は「平家の落人」の里に開けた温泉地。交通の基点となる湯西川温泉駅(道の駅湯西川)からは、湯西川沿いをひたすら西に行くのだが、ゆるいカーブの連続。日がどっぷり暮れた時間に訪れたのだが、建設中の湯西川ダムは照明が煌々と輝いているが、その先は真っ暗な道が続く。付け替え県道も建設が進んでおり、完成後は温泉街へのアクセスも楽になるだろうけど、現状としては「平家はよくもここまで逃げ延びたな」というくらい、山深さを感じさせる距離だ。県道沿いに大小の旅館、ホテルが建ち並ぶが、夜はひと気もなく静まり返っていた。
※県道の付け替えは完了済み。2012/4/18訪問



薬師の湯(栃木県日光市湯西川)薬師の湯共同浴場

目指すべき共同浴場は、湯西川でも1、2と言われる有名旅館「本家伴久」の近く。はたご松屋の角を湯西川のほうへと曲がる。湯前橋の手前にあるのが共同浴場「薬師の湯」だ。路地から下がったところにある古びた木造の建物だが、現地に目立つ看板はないため、間近に立たないとそこが共同浴場だとは気づかない。サッシ戸を開けるとすぐ目の前に脱衣スペースがあり、数段下ると湯船がある。備品としては、棚とカゴ(寄贈者の名前が書いてある)、ベンチ、洗面器、石鹸置きがあるのみ。地元住民によって管理されており、観光客は200円以上の寸志を料金箱に入れる。

薬師の湯(栃木県日光市湯西川)薬師の湯(栃木県日光市湯西川)「川辺にあり、強雨や台風などで増水のたびに、戸、羽目の取り外し、取り付け、浴場内の清掃を行っています」。窓の外はすぐ川に面し、床面と湯船には河原の岩がそのまま活かされている。源泉はホースでそのまま湯船に投入しており、高温なので水をちょろちょろと加えている。無色透明のお湯で、小さな湯船からは常にあふれている。この素朴で鄙びた風情は、外の温泉街とは明らかに一線を画している。窓ガラスの落書きだけがちょっと残念。ちなみにこの共同浴場は混浴。女性には勇気が要るかもしれないが、夜通し開いているので、機会があったら訪れてみてほしい。

薬師の湯
源泉/湯西川温泉(単純温泉)
住所/栃木県日光市湯西川[地図
交通/野岩鉄道湯西川温泉駅よりバス約35分「本家伴久前」停徒歩1分
     国道121号線より県道249号線で約14km
料金/寸志(200円以上)
時間/24時間(ただし水曜日・土曜日の5:00〜8:00は清掃時間)

薬師の湯(栃木県日光市湯西川)薬師の湯(栃木県日光市湯西川)
薬師の湯(栃木県日光市湯西川)薬師の湯(栃木県日光市湯西川)
※写真追加(2012/4/26)



河原薬研の湯(栃木県日光市湯西川)河原薬研の湯

湯前橋を渡って対岸にあるのが、無料の露天風呂「河原薬研の湯」だ。さきほどの薬師の湯の混浴が中級レベルだとしたら、ここの混浴ははるかに上級レベル。橋の斜め下の岩場にあって、夜だと真っ暗で人影もないが、昼間は観光客が頻繁に往来するだろうから丸見え状態なのだ。橋の真下をくぐり、ごろごろとした岩場を過ぎると露天風呂がある。脱衣スペースはないため、適当な場所で服を脱ぎ着するが、平らな場所はわずかしかない。自然の岩を活かして湯船としており、真ん中が深くくぼんでいる。薬ひきの道具(=薬研)から名づけられたようだ。すぐそばに川が流れ、正面に薬師の湯、明るく照明が灯るのは萬久旅館を眺める。橋のほうを振り返ると、数棟の古民家が建ち並んでいる。素晴らしき開放的なロケーションだ。すぐ近くの金井旅館が無料で開放しており、利用に際してはくれぐれも節度と良識を。なにしろ貴重な経験となることは間違いない。

河原薬研の湯
料金/無料
時間/24時間

河原薬研の湯(栃木県日光市湯西川)河原薬研の湯(栃木県日光市湯西川)
河原薬研の湯(栃木県日光市湯西川)河原薬研の湯(栃木県日光市湯西川)
※写真追加(2012/4/26)

ゆらり湯の路(湯西川・川俣・奥鬼怒温泉観光協会)
日光市観光情報(日光市役所)
湯西川温泉のホームページ

ニューサンピア栃木・華ゆらり(栃木県鹿沼市栃窪)

ニューサンピア栃木・鹿沼温泉華ゆらり(栃木県鹿沼市栃窪)栃木県鹿沼市にあるニューサンピア栃木は、郊外型リゾートの雰囲気を感じさせるホテルで、体育館、テニスコート、多目的グランドといったスポーツ施設、屋外プール(夏季のみ営業)のほか、日帰り温泉施設「華ゆらり」を併設している。もとは「ウェルサンピア栃木(栃木厚生年金休暇センター)」という名前だったが、ケービー食品が運営を引き継ぎ、昨年12月1日にグランドオープンした。鹿沼市東部に位置し、鹿沼や隣接する宇都宮の市街地までは車でひとっ走りの距離だが、周囲には林や田園地帯が広がっている。それでも栃木県の中心に位置することから、当施設では県内全域の観光スポットへのアクセスの良さを強調するが、果たしてそれが利用の動機となりうるかは未知数。低料金の宿泊プランは魅力だが。

広大な敷地のなかに、3階建地下1階の建物がある。かつての運営母体が社会保険庁の関連財団であるだけに、「建物には無駄に金をかけたなぁ」というのが第一印象。地下1階に温泉施設と体育館、地上階はすべて宿泊施設となっているが、1階はラウンジとレストラン、2階は会議や研修などに使用する宴会場、3階に50室の客室がある。施設としての正面玄関は1階にあるが、駐車場からの入館すると地下1階。入口には「鹿沼温泉華ゆらり」の幟も立つが、温泉施設の受付までの通路は殺風景で、しかも休憩室やロビーなどを見ても閑散としている。今回は宿泊で訪れたので、空いているぶんには構わないのだが。もちろん宿泊者の温泉施設利用は無料で、通常の営業時間以外に夜は24時まで、朝は6時から8時までの入浴も可能だ。

男湯は浴室に入るといきなりの下りスロープ。バリアフリーのつもりだろうが、滑りそうでびっくりした。スロープの壁の裏側には円形のハーブバスがあって、独自にブレンドしたものを袋詰めにして使用している。週替わりで、訪れたときはレモングラス・ペパーミント。お湯自体が人肌程度にぬるいのだが、ミントの効果で余計に涼しく感じられた。だが、この湯船は温泉ではなく地下水を使用。もうひとつ地下水使用なのがマッサージバス(ジャグジー)で、そもそもこれらは温泉である必要がないのだ。

温泉の湯船といえば、広々としたメインの湯船と檜風呂、そして露天風呂。メインの湯船は加温・循環・消毒を行っているが、露天風呂はこれにプラスして加水も。どちらも若干の塩素臭が漂う。露天風呂から見えるのは手入れされた植栽とその向こう側の林だが、奥行きがあるぶん開放的な感じがする。露天スペースにゆとりがあるのに、湯船を1つしか設けなかったのが良かったのかも。夜の景色はつまらないので、夕方以降ずっと林をライトアップしていれば良いのに、と思う。檜風呂では加温もせず源泉そのままをかけ流しで提供しているので、泉質を肌で感じることができる。といっても泉温が40.5℃なので、湯船では人肌程度。ついつい長湯になってしまう。わずかに白みがかったお湯は、若干のとろみがありつつもさらさらの肌ざわりだ。

ほかにミストサウナがあり、温泉施設としてはひと通りの設備を揃えている。夕方は利用者が少なかったのだが、営業時間の終わりが近づくにつれてまずまずの客入り。宿泊者よりも地元客ばかりで、夕食後のひとっ風呂に訪れている様子。

さて、宿泊施設としてのニューサンピア栃木はというと、平日だったからか宿泊客は少なく、夕食時のレストランはたった3組というありさま。朝食バイキングも5組ほどのために料理を用意しているのか、閑散としちゃってしょうがない。運営母体が食品会社であるため食事を重要視しているものと思うが、「独自の流通ルートで仕入れた世界中の新鮮な海の幸を取り揃えております」とのこと。海なし県の栃木では海の幸もご馳走か。神奈川から訪れるにあたっては、山の幸、とくに田舎料理を味わいたかったが。宴会場がワンフロアを占めているという事情から、地域の企業や団体の利用は多いものと思うし、そういった利用に頼る部分も大きいのではないかと思う。再スタートを切ったばかりで、これからネット予約などの整備やサービスの充実も図られることだろう。今度の賑わいに期待したい。

ニューサンピア栃木 華ゆらり
源泉/鹿沼温泉(単純温泉)
住所/栃木県鹿沼市栃窪1255 [地図
電話/0289-65-1131
交通/JR日光線鹿沼駅よりバス8分、東武日光線新鹿沼駅よりバス20分
     いずれも「休暇センター」停下車
     東北自動車道鹿沼ICより約8km(約15分)、宇都宮ICより約12km(約20分)
料金/大人500円、子供300円(3歳〜小学生)
時間/10:00〜22:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ