旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

栃木県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

不動の湯(栃木県那須塩原市塩原) ※2015/6/1閉鎖

不動の湯(栃木県那須塩原市塩原)不動の湯(栃木県那須塩原市塩原)不動の湯(栃木県那須塩原市塩原)

塩原温泉郷福渡温泉の露天風呂は「岩の湯」のほかにもう1ヶ所ある。福渡不動吊橋を渡り、たもとにある岩の湯を背にして川沿いを歩いていく。しばらくすると「森林浴コース」となって木立ちの中の遊歩道となる。吊橋から400mほどだろうか。丸太を組んだログハウスの建物(正確には三方を囲っただけの脱衣所)が見えたら、そこが「不動の湯」だ。岩の湯と同じくステンレスの筒(料金箱)に200円を入れる。

不動の湯(栃木県那須塩原市塩原)湯船は1つだけ。ひょうたんのような形をしており、法面に設けられた木筒から勢いよくお湯が注がれている。湯船では抹茶色に茶色を混ぜたような色をしており、濁りはないが、湯船の底には湯の花が沈んでいる。鉄サビに似たにおいもあって、岩の湯とわずかしか離れていないのに個性は異なるのが面白い。やや温めなので、のんびり長湯するのもよいだろう。

ここも混浴で、水着やバスタオル巻きは不可。遊歩道の突き当たりにあるため、時間帯とタイミングによっては女性も利用しやすいか。少し離れたところに「不動乃足湯」もあるので、そちらを利用するのも手だが(6:30〜21:00・無料)。箒川の支流に面し、立ち上がれば岩場の水の流れ。渓谷と森林浴が両方楽しめるし、ひっそりとしたロケーションが素晴らしい。

不動の湯
源泉/福渡温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/栃木県那須塩原市塩原 [地図
電話/0287-32-4000(塩原温泉観光協会)
交通/東北道西那須野塩原ICより国道400号線で約13km
料金/200円
時間/6:30〜21:00

塩原温泉旅館組合

(追記-2015/5/31)
風紀を乱す行為が多発しているため、2015/6/1より不動の湯は無期限閉鎖となった。
→塩原温泉情報:5月31日 不動の湯閉鎖のお知らせ


岩の湯(栃木県那須塩原市塩原)

塩原渓谷歩道塩原温泉郷は那須塩原市内を流れる箒川沿いに点在し、泉質の異なる11の温泉地の総称。1200年以上の歴史を持ち、田山花袋は『温泉めぐり』(1918)で塩原十一湯を「温泉郷」として記した。「私の考えでは、箱根、塩原、この二つが都会の人たちの行って浴するのに最も適したものであろうと思う」とある。箒川と国道400号線は並行しているが、観光客にとって東の起点は東北道西那須野塩原IC。西の起点は国道121号線の上三依で、東西に抜けようとするとその距離は約27km。広範囲に点在するので、湯めぐりは綿密な計画のもとで楽しみたい。

塩原温泉郷での日帰り入浴はホテルや旅館を利用することとなるが、福渡温泉と古町温泉に3ヶ所の混浴露天風呂、新湯温泉に3ヶ所の共同浴場がある。いずれも地元の人たちが管理する施設だが、100円〜300円の安さで利用できるとあって観光客の人気を集めている。今回は露天風呂だけを回ってきたので、順番に紹介したいと思う。

福渡温泉福渡温泉福渡温泉
福渡温泉福渡温泉岩の湯(栃木県那須塩原市塩原)

福渡(ふくわた)温泉は、塩原温泉郷のうち東から2番目に位置する。その手前の大網温泉は湯守田中屋の1軒しかなく、実質的に福渡はいちばん最初に目にする温泉街だと言える。といっても宿泊施設は大小10軒ほど。国道400号線沿いの福渡橋のすぐそばに無料駐車場(ガソリンスタンド隣)があるので、そこに車を置き、川沿いの遊歩道を東に歩いていく。しばらくすると公衆トイレの隣に「泡の湯」と消えかかったペンキで記された小屋があるが、ここはかつて共同浴場だったのだろうか。さらに行くと箒川の対岸、福渡不動吊橋のたもとに「岩の湯」がある。ちなみに対岸には民家がないため、岩の湯とその先の不動の湯の開放時間外は吊橋が閉門となる。

岩の湯(栃木県那須塩原市塩原)脱衣スペースというべきか、簡単な棚があって、そこと大きな岩のところは対岸や橋を渡る人の視線から隠れるようになっている。2つある湯船も手前は完全に岩陰になっているものの、奥は穏やかに流れる箒川を眺めながらの開放感。混浴だが水着やタオル巻き不可(塩原の露天風呂では共通事項)なので、女性には厳しいかもしれないが、湯船が2つあるだけマシかも。時間やタイミング次第か。

温泉は岩間を通したパイプから注がれているほか、湯船の底からも湧いている。やや緑色に濁っており、あふれたお湯は川に流れていく。手前の湯船のほうが温め。奥はやや熱めなので、対岸から見られることを覚悟で湯冷ましするような人ばかり。それを含めての開放感をぜひ体験してほしい。

岩の湯
源泉/福渡温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/栃木県那須塩原市塩原 [地図
電話/0287-32-4000(塩原温泉観光協会)
交通/東北道西那須野塩原ICより国道400号線で約13km
料金/200円
時間/6:30〜21:00

塩原温泉旅館組合

温泉めぐり (岩波文庫)
温泉めぐり (岩波文庫)
クチコミを見る

湯の家旅館(栃木県日光市湯元)

湯ノ湖東照宮よりいろは坂を経て、中禅寺湖、戦場ヶ原。日光の見どころはいろいろあるが、温泉なら中善寺湖畔よりさらに足を伸ばして奥日光の湯元温泉がおすすめ。湯ノ湖の北岸に20数軒のホテルや旅館が建ち並び、歓楽街的な要素はないが、通好みの温泉街だと言える。背後には白根山、金精山、温泉ヶ岳がそびえ、金精峠を経て群馬県と県境をなすロケーションだ。

温泉の歴史は古く、788年に日光山輪王寺を建立した勝道上人が発見したという。それに所縁があるのは日光山湯元温泉寺で、もとは温泉ヶ岳にあったが、現在は温泉街の一画に位置する。全国でも珍しい入浴できるお寺で、目当てはここだったが、残念ながら冬期閉鎖中(今年は4/28より再開)。

温泉街には共同浴場や日帰り施設はないが、ホテルや旅館の多くは日帰り入浴を受け付けている。栃木県には温泉施設のネットワークとして「とちぎにごり湯の会」があり、入浴料金が割り引きになるガイドブックも発行している。この会は、,砲瓦蠹鬚任△襪海函温度を下げるための加水以外はしないこと。3櫃盈しの湯船があること。以上の条件を満たした施設が会員であるから、栃木県の温泉めぐりには必携の一冊と言えるだろう。

湯の家旅館(栃木県日光市湯元)今回訪れたのは、温泉街の入口に建つ湯の家旅館。日帰り入浴は朝9時から受け付けているが、午前中は掃除や雑務で忙しそう。「業務連絡〜。ふとん屋さんが来ました〜」という館内放送が流れたり、浴室掃除の時間をわざわざずらしてくれたり。フロントのおばちゃんも気さくな応対で、お得意様スタンプカードを作ってくれたし(有効期限なし)、また日光湯元を訪ねた際には立ち寄らなければなるまい。

DSCN8121多くの宿が温泉寺近くの源泉地から温泉を引いているが、湯の家旅館は自家源泉も2本持っている。その湧出量は毎分380リットル位とのことで、湯船からはざあざあとお湯があふれ続けている。温度の異なる3ヶ所の湯口から注がれており、お湯はやや青みがかった乳白色。さして熱くもなかったが、窓は明かり取りのためで、室内には湯気が充満。「熱くて入れないでしょうから」と、おばちゃんがホースをカランから繋ぎ、水を出しっ放しにして去っていったが、12〜13帖ほどの湯船では気休めにもならない。露天風呂があればよいが、日帰り入浴600円で、しかも「にごり湯の会」のガイドブックによる割引で半額の300円。それでこの泉質と湯量を味わえれば贅沢すぎる話だろう。

湯の家旅館
源泉/日光湯元温泉
     (含硫黄−ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/栃木県日光市湯元2512 [地図
電話/0288-62-2431
交通/JR日光線・東武日光線日光駅よりバス約1時間24分「湖畔前」停徒歩1分
     日光駅より国道120号線で約30km
料金/600円
時間/9:00〜18:00

奥日光湯元温泉旅館協同組合
とちぎにごり湯の会



日光山湯元温泉寺日光山湯元温泉寺日光山湯元温泉寺

日光山 湯元温泉寺
住所/栃木県日光市湯元
電話/0288-55-0013(中禅寺湖立木観音)
交通/JR日光線・東武日光線日光駅よりバス約1時間26分「湯元温泉」停徒歩2分
料金/大人500円、小人300円(4歳〜小学生)
時間/9:00〜16:00(1時間以内)
     ※4月中旬〜11月下旬のみ受け付け
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ