旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

兵庫県

神戸クアハウス(神戸市中央区二宮町)

神戸クアハウス(神戸市中央区二宮町)神戸のような大都市においしい水を連想しないが、「六甲のおいしい水」の六甲山系が神戸にあると知れば納得だろう。そしていま神戸を代表するブランドが「神戸ウォーター 布引の水」で、神戸クアハウスには水汲み場を設けている。ポリタンクをいくつも持参する人、また入浴で訪ねる人は後を絶たない。資源に恵まれた土地とはいえ、神戸の玄関口・三ノ宮駅からわずか700mの距離でありながら、この光景が日常的とは驚かされる。

神戸クアハウス(神戸市中央区二宮町)神戸クアハウスは、サウナ好きによく知られた施設。目当ては水風呂の爽快感だ。館内にも水汲み場があって興奮するが、空のペットボトルを持参するか、さもなくばフロントで神戸ウォーターを購入するか。フロントで入館受付を済ませ、まずは3階へ。カプセル客と入浴客とでは脱衣所が異なり、矢印に従えばよいが、スキップフロアの構造なのか、初見泣かせでもある。しかも裸になってから、こんどは階段を5階へ。ちなみに女性は別の動線にて上下移動。

神戸クアハウス(神戸市中央区二宮町)浴室に入ると硫化水素のような甘い香り。かけ湯のすぐ裏側が薬湯で、袋詰めされた入浴剤が浮いている。ジェットバスやバイブラ湯もあって、これだけでもクアハウスたる要件を満たしているような。サウナ室は横並びにベンチを設け、浴室側はガラス張り。そしてガラスの外にテレビを設置している。遠赤ヒーターから遠い側にも扉があって、こちらは「ねころびサウナ」と名付けられ、床にマットが敷いてある。

神戸クアハウス(神戸市中央区二宮町)東のしきじ、西のクアハウス。サウナの良さではしきじに軍配が上がるけど、水風呂の良さではクアハウス。聖地として崇められ、多くの巡礼客で賑わうしきじに対し、人気といえどクアハウスはさほどでもない。しきじは滝だが、クアハウスは打たせ水。天井の配管から絶えず落下し、かけ流し状態。冷たすぎずぬるすぎずで、サウナとの相性は良く、湯船との温冷交代浴もおすすめだ。

温泉も2本湧いており、無色透明の硼酸泉(地下1,006m)と薄茶色の重曹泉(地下727m)。湯船を分けているから、泉質の違いも楽しめる。硼酸泉は飲泉することもでき、飲み水(=神戸ウォーター)もしかりだが、空のペットボトルがあったら便利。無かったら両手ですくって飲むしかない。男湯には屋上に露天風呂があって、ここでも硼酸泉を使用。外気浴も屋上にて。浴室の外は板張りなのにいつも濡れておらず、これは利用客のマナーが良い証拠。皆しっかりと身体を拭いている。気持ちも身なりもととのって、おいしい水で身体も浄化され。健康と美容を実感できる施設だ。

神戸クアハウス(神戸市中央区二宮町)

神戸クアハウス(神戸市中央区二宮町)



神戸クアハウス
源泉/硼酸泉(単純温泉)、重曹泉(温泉法の温泉)
住所/神戸市中央区二宮町3‐10‐15 [地図]
電話/078‐222‐3755
交通/JR・阪急・阪神 三ノ宮駅より徒歩8分
     JR山陽新幹線・神戸市営地下鉄 新神戸駅より徒歩12分
料金/大人990円、小人490円(4歳〜小学生)
時間/24時間、年中無休

Asahi カプセル&サウナ(神戸市兵庫区新開地)

Asahi カプセル&サウナ(神戸市兵庫区新開地)駅前ロータリーに面したレインボー本八幡、地下鉄地上出口に面した六本木ミナミなど、駅前立地の優位性は言うまでもないが、アサヒサウナを超える利便性は他にないはず。なにしろ建物の一部に駅の出口を設けているのだから。地上に出る階段の踊り場の時点で、館内着の客をチラ見。なぜならレストランの扉を開けて換気しているから。神戸有数の繁華街・新開地において、お洒落さの欠片もない、衝撃的な光景に心躍らないはずがない。

Asahi カプセル&サウナ(神戸市兵庫区新開地)

Asahi カプセル&サウナ(神戸市兵庫区新開地)建物はひと目で大型店だとわかるし、大きく掲げたリニューアルの文字に心が躍る。それなのに、だ。下足箱のあたりは薄暗くて錆び付いているし、フロントは事務的な対応だし、薄っぺらな縦長ロッカーにはバッグが納まらない。全館リニューアルなどひとことも言ってないし、そこかしこに老舗の風格も漂う。地下1階のロッカー室で館内着に着替えたあとは、螺旋階段でさらに地下へ。下った先はまるで大衆食堂の雰囲気。

Asahi カプセル&サウナ(神戸市兵庫区新開地)

Asahi カプセル&サウナ(神戸市兵庫区新開地)1浴室の看板どおりに進むと、ピンク、水色、黄色のタオルが平積みされ、どれを使うべきか悩ませる。浴室は地下2階なので給排気のファンがうるさく回る。客がまばらにしかおらず、静まり返っているせいでもあるが。広々としたサウナ室は床まできれいにマットが敷き詰められ、ドアの開く音に驚いたのか、寝ていたおじいさんが慌てて身体を起こした。こじんまりとした水風呂は冷たさも優しく、おじいさんは椅子でととのうでもなく、まどろんでいた。

Asahi カプセル&サウナ(神戸市兵庫区新開地)

食べたり飲んだり、4時間もあれば満喫できるはず。ショーケースには出来合いのおかずが並んでいたりと、まるで川崎ビッグのよう。ビールも焼酎も190円と超破格値で、どこで利益を取っているのか不思議。風呂上がりに即食事ができるのは便利だが、ひと眠りするのに2階まで移動するのは億劫。しかしここがリニューアルの本丸。リクライニングシート(なぜ2か所あるのか)と、ごろ寝、漫画2,000冊(中途半端!)からなる自由気ままな空間。ダラダラしてばかりいられない人にとって、殺風景なワークコーナーは、仕事がはかどること間違いなし。神戸サウナや神戸クアハウスばかりがちやほやされるけど、自称「秘密基地」の実力は伊達じゃない。

Asahi カプセル&サウナ(神戸市兵庫区新開地)

Asahi カプセル&サウナ ※男性専用
住所/神戸市兵庫区新開地3-4-11 [地図]
電話/078-512-4126
交通/神戸高速線 新開地駅東7番出口直結
     市営地下鉄 湊川公園駅より徒歩8分
     JR神戸線 神戸駅より徒歩10分
料金/4時間コース 1,100円(12:00〜23:00)、1,700円(23:00〜5:00)
     一般コース 2,100円(12:00〜23:00) ※23時以降は深夜料金600円加算
     ナイトコース 2,700円(12:00〜翌10:00)
     早朝コース 1,400円(5:00〜10:00)
時間/24時間

有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区有馬町)

有馬温泉有馬温泉は道後温泉や南紀白浜温泉と並ぶ日本三古湯にして、江戸時代の温泉番付では最高位、西の大関に格付けされた日本を代表する温泉地。大阪から約60分、神戸から約30分とアクセスがよく、首都圏で言えば箱根や熱海に行くような感覚。有馬温泉駅を降りるとホテルや旅館が建ち並び、歴史ある温泉街の風情を満喫できる。

有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区有馬町)有馬温泉唯一の温泉テーマパークといえば、有馬温泉太閤の湯。もとは有馬ヘルスセンター(1962年開業)と言い、やがて併設する有馬ビューホテル日帰り温泉に。そして、大改装を経て今日に至る。テレビCMでもおなじみ、有馬兵衛の紅葉閣の裏手、急坂を登った先にあり、駅徒歩圏ながらも送迎バスに乗りたい距離感だ。

有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区有馬町)有馬温泉で日帰り利用できる施設となると、金の湯、銀の湯だが、この2軒と比べると太閤の湯はべらぼうに高い。立ち寄り気分ではなく、長時間滞在の目的を持って訪ねたい。そして、ニフティ温泉のクーポンがおすすめ。それでも平日1,900円なので、観光地プライスと考えるか、それ相当の規模と設備を有しているので半日ないし1日過ごすつもりで訪ねるか。

有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区有馬町)フロントで受付を済ませたら館内着を選び、ロッカーで着替えてから移動する。浴室には銀泉、金銀合わせ湯の2つの大きな湯船をメインとし、茶室をイメージしたという「黄金の蒸し風呂」も。金泉と銀泉の源泉を使用しており、金色の内装がむわっと幻想的。銀泉は泉質の放射能泉に加えて、オーストリア・バドガスタインのラジウム鉱石によって含有量を高めているという。

有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区有馬町)

サウナ室はコロナウイルス対策として、外に掲示されている座席配置図の札をひっくり返して入室する。床にはゲルマニウム、壁には桜島溶岩を使用し、中央にはパワークリスタル(水晶)を設置。10分おきのオートロウリュはしっかり熱い。銀泉の水風呂もしっかりと冷たく、サウナ好きは納得できるのではなかろうか。

有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区有馬町)

露天風呂は3階にあって、「太閤の岩風呂」を5世紀ぶりに復元したのだとか。店名にもなっている太閤とは豊臣秀吉のことで、有馬温泉を愛し、湯治で9回も訪ねているという。岩風呂はこの施設で唯一の金泉かけ流し。空気に触れることで鉄分が酸化して、金色(茶褐色)に濁ったもの。強塩泉のためよく温まり、のぼせてしまいそう。ほかには炭酸泉やハーブ湯などがある。

有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区有馬町)

有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区有馬町)今回は利用しなかったが、館内には岩盤浴が3か所あり、うち1か所は無料。そもそも離れて点在している点と、それぞれの違いや利用方法についてやや不親切。実際の利用率はどうか知らんが、有馬温泉まで来て岩盤浴三昧の観光客も少ないと思うし、裏を返せば岩盤浴目当ての客はじっくり楽しめるのかも。館内の広さで言えばフードコート形式の食事処、リクライニングシートの休憩室など、平日は広さを持て余している印象。

日帰りで有馬を訪ねた客にとって、温泉や街歩きが目当てなら、リーズナブルな金の湯、銀の湯をおすすめする。太閤の湯はゆっくりと滞在したい人に向いているのではないかと。

有馬温泉 太閤の湯(神戸市北区有馬町)



有馬温泉 太閤の湯
源泉/有馬温泉
     金泉(含鉄−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
     銀泉(単純放射能泉)
住所/兵庫県神戸市北区有馬町池の尻292-2 [地図]
電話/078-904-2291
交通/神戸電鉄有馬線 有馬温泉駅より徒歩10分
     中国自動車道西宮北ICより約5km
     ※駐車場は4時間まで無料
料金/(平日)大人2,400円、小人1,200円、幼児400円
     (休日)大人2,600円、小人1,300円、幼児500円
     ※消費税と入湯税75円別途。小人は小学生、幼児は3〜5歳
時間/10:00〜23:00

※黄金の蒸し風呂、サウナ、太閤の岩風呂の写真は公式サイトより転載
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ