旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

兵庫県

有馬温泉金の湯・銀の湯(神戸市北区有馬町)

有馬温泉神戸市北区にある有馬温泉は、六甲山の北方の山あいに位置し、「関西の奥座敷」として親しまれてきた温泉地である。日本書紀には舒明天皇が631年に滞在したことが記されているが、有馬の湯が知られるようになったのは、奈良時代の僧・行基が温泉寺を建立してから。鎌倉時代には仁西という僧が12の宿坊を開き、その後、豊臣秀吉に愛された。江戸時代の温泉番付では西の大関として名を馳せるなど、古くから有馬は名湯として名高く、有馬千軒と言われるほどの賑わいをみせた。

有馬温泉というと…
「日本三名泉」…有馬温泉、草津温泉(群馬)、下呂温泉(岐阜)
「日本三古湯」…有馬温泉、道後温泉(愛媛)、白浜温泉(和歌山)
「日本三大薬泉」…有馬温泉、草津温泉(群馬)、松之山温泉(新潟)

有馬温泉むかしのCMでおなじみの「兵衛向陽閣」など、大型観光ホテルは温泉街の外側に並び、坂が多くて道の狭い中心部は、土産物店など情緒ある商家が建ち並ぶ。7か所ある泉源からは湯煙が上がっているが、こららの泉源は「金泉源」と「銀泉源」に分けられる。金泉は有馬で古くから親しまれてきた鉄分を含む茶色の高温泉。銀泉は温泉街を上りきった炭酸泉源に湧く、無色透明の冷泉。有馬温泉では外湯として「金の湯」(金泉)、「銀の湯」(銀泉)の2ヶ所があり、観光客も数多く訪れていた。

有馬温泉金の湯「金の湯」は神戸市営の温泉施設で、かつてあった有馬温泉会館を改築し、2002年にオープンした。温泉街の中心地にあり、足湯と飲泉場を併設しているので、多くの人で賑わっていた。外湯というと温泉地における共同浴場を指すことが一般的だが、ゆったりとしたホールや数多くのカランが並ぶさまは、日帰り温泉施設と言ったほうがふさわしい。源泉は有明1号・2号と天神泉の混合泉で、81.0℃〜94.8℃とまさに熱湯。「あつ湯」と「ぬる湯」の2つの湯船があり、いずれも酸化した鉄分によってお湯は茶色く濁っており、透明度はまったくない。タオルをお湯に浸さないように注意していても、身体を拭いたあとには茶色になってしまう。「ぬる湯」といっても浴槽は42℃、「あつ湯」は浴槽44℃とさらに熱く、塩分濃度も高いためジリジリ感がすごい。さすがに「ぬる湯」のほうに人が集まっていた。湯量が豊富なため、お湯はすべて掛け流し。

有馬温泉銀の湯「銀の湯」も神戸市営の温泉施設で、2001年にオープンした。炭酸泉源にほど近い場所にある。金泉が主流であった有馬において、わずかな距離の違いであるのに炭酸ガスを含んだ冷鉱泉は、かつて毒水と信じられていたが、飲料水として使用されたのは明治8年のこと。砂糖を入れてサイダーとして飲まれていた。銀の湯で使用している源泉は、炭酸泉とラジウム泉の混合泉。金の湯ほどの混雑ではなかったが、泉質の違いを確かめるため、はしごする人が多いようだ。半円状の湯船が1つ、ほかに打たせ湯とスチームサウナがある。湯温が低いため加温しており、また循環処理(掛け流し併用)も行っているため、炭酸泉といってもシュワシュワした感触はない。金の湯同様、塩素消毒を行っているのだが、多少の臭いを感じるのは泉質のためだろう。お湯は無色透明で、温泉施設としては可も不可もなくといった印象。金の湯ほどのインパクトは感じないが、ぜひその違いを実感して欲しい。銀の湯⇒金の湯の順番で入浴するといいかも。

有馬温泉 金の湯
源泉/有馬温泉(有明1号・2号、天神泉の混合泉)
     含鉄−ナトリウム−塩化物・強塩温泉
住所/神戸市北区有馬町833 [地図
電話/078-904-0680
交通/神戸電鉄有馬温泉駅より徒歩5分
料金/大人650円、小人340円(小学生)、幼児140円(3歳未満は無料)
     ※金の湯・銀の湯の共通券:850円
時間/8:00〜22:00、第2・4火曜日と1/1は定休

有馬温泉 銀の湯
源泉/有馬温泉(ラジウム泉・炭酸泉の混合泉)
     単純二酸化炭素泉、単純放射能泉
住所/神戸市北区有馬町1039-1 [地図
電話/078-904-0256
交通/神戸電鉄有馬温泉駅より徒歩10分
料金/大人550円、小人290円(小学生)、幼児120円(3歳未満は無料)
     ※金の湯・銀の湯の共通券:850円
時間/9:00〜21:00、第1・3火曜日と1/1は定休

有馬温泉観光協会
有馬温泉旅館協同組合

有馬温泉金の湯・銀の湯パンフレット

有馬温泉パンフレット

城崎温泉(兵庫県豊岡市城崎町)

城崎温泉街志賀直哉の『城崎にて』で知られる兵庫県の城崎温泉は、関西圏を代表する温泉地である。飛鳥時代にコウノトリが傷を癒したとされ、さらに奈良時代には温泉寺の開祖・道智上人が「まんだら湯」を発見したのだという。文献にその名が記されたのは平安時代で、以来1300年の歴史を持つ。江戸時代の温泉番付には西の関脇として名をつらねるなど名湯として知られ(西の大関は有馬、東の大関は草津、関脇は那須)、その当時から遊技場や飲食店が賑わいを見せていたという。志賀直哉のほかにも島崎藤村や与謝野寛・晶子、泉鏡花など、多くの文豪が城崎を訪れている。温泉街のあちこちに文学碑、そして作品を紹介する城崎文芸館がある。

城崎温泉街城崎温泉駅前から旅館や飲食店などが軒をつらね、地蔵湯のある地蔵橋から大谿川沿いに温泉街が続いている。川べりには柳並木、途中から桜並木となる。かつて城崎には内湯を備えた旅館がなく、外湯(共同浴場)の温泉街として栄えた経緯から、いまでも浴衣姿で外湯めぐりを楽しむ宿泊客が多い。ちなみに7軒ある外湯はいずれも宿泊客の利用は無料。鴻の湯あるいは温泉寺あたりまでが温泉街で、駅からだと1.5kmほどの距離。特筆すべきは、スマートボールや射的など昔ながらの遊技場がこの範囲に7軒もあり、夜遅くまで賑わっている。



外湯(共同浴場)の紹介(駅から近い順にご紹介します)

さとの湯(城崎温泉)さとの湯
城崎温泉駅に併設する施設として平成12年にオープンした。和風・洋風の大浴場は男女日替わり。ジェットバスやバイブラバス、サウナなどを備え、それぞれに露天風呂もある。
料金/大人800円、小人400円
時間/7:00〜23:00、第2・4木曜日定休

地蔵湯(城崎温泉)地蔵湯
モダンな外観は和風灯篭を、六角形の窓は玄武洞をイメージしたという。名前の由来はこの泉源から地蔵尊が出たことから。以来、庭園にはその地蔵尊を祀っている。平成4年に新築された。
料金/大人600円、小人300円
時間/7:00〜23:00、第1・3水曜日定休

柳湯(城崎温泉)柳湯
中国の名勝西湖から移植した柳の木の下から湯が湧き出たから柳湯という。現在の建物は平成16年に新築された。お湯の温度は高めであるのが特徴で、開湯と閉湯は太鼓の音で知らせるのだという。
料金/大人600円、小人300円
時間/15:00〜23:00、毎週金曜日定休

一の湯(城崎温泉)一の湯
平成11年に建て替えした建物は、以前の外観の面影を残し、歌舞伎座のような風格をもつ。かつては新湯といったが、江戸中期に温泉医学者・香川修徳がこの湯を天下一と賞したことから「一の湯」の名がついた。
料金/大人600円、小人300円
時間/7:00〜23:00、第2・4火曜日定休

御所の湯御所の湯
文永4年(1267)に後堀河天皇の御姉・安嘉門院が入湯したことが名前の由来。平成17年に四所神社の隣に移転し、新築された。京都御所を模した「御池庭」がある。
料金/大人800円、小人400円
時間/7:00〜23:00、第1・3木曜日定休

まんだら湯まんだら湯
養老4年(720)に温泉寺の開祖・道智小人の曼荼羅一千日祈願によって湧き出したという仏縁にちなんで名づけられた。現在の建物は平成13年に新築されたが、むかしから唐破風様式の建物であったという。
料金/大人600円、小人300円
時間/15:00〜23:00、毎週月曜日定休

鴻の湯鴻の湯
いまから1400年前にコウノトリが傷を癒したことから発見されたと伝えられている。温泉街のいちばん奥にあり、施設前には有料駐車場がある。平成3年に新築された。
料金/大人600円、小人300円
時間/7:00〜23:00、第1・3火曜日定休

いずれも宿泊しない外来客の料金設定。小人は1歳〜小学生。
各施設の定休日は城崎温泉観光協会豊岡市役所温泉課のホームページで確認を。



(入浴したところ)

地蔵湯
内風呂のみの施設で、浴室の中央に楕円形でかなり大きく、深さのある湯船。端のほうにはジャグジーの噴射口がある。お湯は熱めで、無色透明。かすかな塩素臭がちょっと残念だ。湯船を囲むようにして三方の壁際にカランが並び、もう一方の壁際には四角柱の玄武岩がオブジェのように数多く並べられ、なんだか庭園風。城崎温泉の外湯はそれぞれに内風呂+αがあるようだが、地蔵湯の場合は+αが打たせ湯。浴室の隅にスペースが設けられていたが、利用する人は誰もおらず。モダンな外観だけに期待していたのだが、浴室についてはとくに感動することもなし。それでも多くの客で賑わっていた。

一の湯
温泉街の中ほどにありライトアップされた外観が美しい。7軒ある外湯のうち、いちばん人気があるのではないだろうか。ひっきりなしに客が出入りしていた。奥行きのある浴室には大きな湯船があり、隅のほうにジャグジーあり。城崎温泉は源泉を混合泉で供給しているので、お湯の感じは地蔵湯と同様。カランもたくさんある。裏山に面しており、窓の外には石積み擁壁。浴室の奥にある扉を開けると、そこは洞窟風呂。平成11年に建て替えした際、裏山を利用して造られた。岩盤を削ったのであろうが、天井も高く、5帖程度だが広さも申し分ない。スチーム効果もあり、内風呂につかるより、はるかに高い満足度を得られるはず。




城崎温泉
源泉/城崎温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/兵庫県豊岡市城崎町 [地図]
電話/0796-32-3663(城崎温泉観光協会)
交通/JR山陰本線城崎温泉駅下車

城崎温泉観光協会
豊岡市役所温泉課
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ