旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

青森県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

蔦温泉旅館(青森県十和田市奥瀬)

蔦温泉(青森県十和田市)南八甲田連峰の東麓、八甲田樹海と呼ばれるブナ原生林の中に蔦温泉がある。周辺には蔦沼、長沼、菅沼、瓢箪沼など大小の7つの沼があり、蔦温泉を起点として1周約1時間の遊歩道が整備されている(蔦沼周辺マップ)。自然散策が好きな方には有名なのかもしれないが、この先を南下したところにある奥入瀬渓流と比べれば、訪れる観光客は少ない。しかしながら、静かな大自然が囲む立地に一軒だけ宿を構えるさまは、まさに秘湯といった感がある。

蔦温泉の開湯は古く、久安3年(1174)にはすでに湯小屋があったという。共同管理の湯治場から旅館になったのは、ちょうど100年前の明治42年(1909)。いまでも本館には、古きよき温泉宿の風情が存分に残っている。この旅館には「久安の湯」と「泉響の湯」という2つの浴室があり、どちらも改築を経ているが昔ながらの湯小屋の雰囲気が楽しめる。

蔦温泉旅館(青森県十和田市)蔦温泉旅館(青森県十和田市)蔦温泉旅館(青森県十和田市)

久安の湯は時間帯によって男女入れ替えで、9:00〜20:00は男性専用、それ以外は女性専用となる。浴室は天井が高く、すべてが木造。大部分を湯船が占め、ほかにかけ湯用の汲み湯枡があるのみ。無色透明の源泉は、湯船の底板の隙間から湧き出しており、時折り小さな気泡が浮かび上がってくる。分析表によると自然湧出で、その量は測定不可だという。贅沢なほどの量が湯船からあふれている。泉温は44.6℃とのことだから、湯船の中ではちょうど良いくらいの温度。薄暗い室内には湯気が立ち込めており、かなり鄙びた印象だ。壁の一角に設けた水槽には金魚や熱帯魚ではなく、付近の川魚を泳がせるセンスのよさ。飾り気の無さはさすがである。

泉響の湯は男女別に浴室が設けられている。久安の湯より新しいことは一目瞭然であるが、浴室の造りや雰囲気は似ている。床と腰高まではタイル張りだが、ほかはすべて木造。隅にシャワーブースもあるのだが、かけ湯には湯だまりのお湯を使う。あえてカランを設けなかったことには評価したい。湯船の大きさは久安の湯とほぼ同じで、こちらも足元から源泉が湧き出している。泉響という名前は、井上靖が蔦の雰囲気を「泉響颯颯」と詠んだことによる。「泉の音がそよ風に乗って聞こえてくる」といった意味なのだとか。

蔦温泉のペナント
懐かしのペナント。「昔の売れ残りですよ」と売店のおじさんは笑った。

酸ヶ湯温泉から蔦温泉への道酸ヶ湯温泉から蔦温泉への道蔦温泉から奥入瀬への道
(左・中)酸ヶ湯から蔦温泉への道。(右)蔦温泉から奥入瀬への道

蔦温泉旅館
源泉/蔦温泉
     (旧湯:ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉)
     (新湯:ナトリウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/青森県十和田市奥瀬字蔦野湯1 [地図
電話/0176-74-2311
交通/JR東北本線青森駅よりバス1時間43分「蔦温泉」停下車
     東北自動車道十和田ICより国道103号線で約1時間30分
料金/大人500円、小人(小学生)200円
時間/9:00〜16:00

蔦温泉旅館(日本秘湯を守る会)

酸ヶ湯温泉(青森市荒川)

酸ヶ湯温泉(青森市)酸ヶ湯温泉(青森市)酸ヶ湯温泉(青森市)

青森市中心街より南へ約30km、酸ヶ湯は八甲田山中の主峰大岳の西麓にある温泉だ。標高925mの高所であるため、そこに行くまでの道は5月初旬といえども、沿道には背丈以上の雪が残っていた。そして、旅館の建物のすぐ脇の斜面にもスキーヤーの姿。ぽつりと建つ一軒宿であるが、その規模は大きく、正面右側には蕎麦屋を併設している。広大な駐車場は連休中とあってほぼ満車。温泉を目当ての客に加え、ドライブイン的な感覚で立ち寄る客も多いようだ。

酸ヶ湯温泉といえば「千人風呂」である。下田河内温泉の金谷旅館や上諏訪温泉の片倉館など、「千人風呂」は全国各地にあるが、酸ヶ湯の千人風呂もまた素晴らしい。総ヒバ造りの大浴場は男女混浴で、湯治場の雰囲気が味わえる。JR東日本のポスターで記憶している方も多いことだろう。

その千人風呂が呼び物であるが、それに加えて男女別浴の「玉の湯」もある。券売機での支払い方に戸惑うが、入浴できるのはどちらか一方だという。「ちらっと覗いて、混浴が無理だと思ったら玉の湯へどうぞ」と番頭さん。せっかく来たのに千人風呂に入らないのはもったいないと思うが、断念して玉の湯に移動する女性も多いようだ。ちなみに酸ヶ湯では有志が「混浴を守る会」を結成し、マナー向上へと活動を行っている。

酸ヶ湯温泉の千人風呂

多くの客でごった返した脱衣所を抜けると、160帖あるという広い浴室にまず驚くはずだ。床から壁、天井に至るまですべてが木造で、射しこむ光と湯気によって一段とつやが出ている。温泉場としての歴史と都会にはない素朴さを感じさせてくれる。手前に「熱の湯」、奥に「四分六分」と名づけられた湯船があり、老若男女で和気藹々とした雰囲気だ。2つの湯船は小さな標識に従い、男性と女性が左右に分かれて入浴するようにと決められているが、間仕切りなどでの区分はない。圧倒的に男性が多いため、なんとなく越境しないようにとの努力目標にしか過ぎない。女性がこの状況に圧倒され、すぐに出て行ってしまうのも無理はない。ちなみに女性専用の時間帯もあるが、8:00〜9:00、20:00〜21:00の1日2回だけ。日帰り利用ならば、おのずと朝に限られてしまうが。

「熱の湯」と「四分六分」は泉源が異なるようだが、どちらも青みがかった乳白色のにごり湯。熱の湯は湯船の底から源泉が湧き出しており、新鮮なお湯が楽しめる。湯温は40〜42℃といった感じ。むしろ熱いのは四分六分だったりするからわけがわからない。こちらには飲泉せよとばかりにコップが置いてある。試しにひと口含んでみると、レモネードのような酸っぱさにビックリした。それもそのはず、pH1.9の強酸性なのだ。酸ヶ湯とは言い得て妙だが、もともとは「鹿湯」が訛ったのだという。その字のごとく、傷ついた鹿がこの湯で治したという由来による。

これらの湯船に千人が同時に入浴できるか?などはこの際どうでも良いことで、実際は湯船のふちに腰掛け、足だけつかっている人が多い。脱衣所の注意書きにもあったが、「入浴中は浴槽から出てひと休みなどしない」とのこと。「苦痛になったら腰湯・立湯・足湯、あるいは手湯ととにかく体の一部をお湯に入れる」とあるから、入浴も真剣勝負だ。「湯滝」に打たれるのも気持ちがいいし、ぬるい「冷の湯」で掛け湯するのも気分転換になっていい。

温泉として素晴らしいのはもちろんだが、大浴場の光景はじっくりと目に焼き付けておきたい。この広さ、そして渋い雰囲気はなかなか味わえるものではない。

酸ヶ湯温泉
源泉/酸ヶ湯温泉(酸性硫黄泉)
住所/青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50 [地図
電話/017-738-6400
交通/JR東北本線青森駅よりバス1時間12分「酸ヶ湯温泉」停下車
     青森自動車道青森中央ICより国道103号線で約40分
料金/大人600円(中学生以上)、小人300円(小学生)
     休憩付入浴(日帰りセンター8:00〜15:00):大人1,000円、小人500円
時間/大浴場7:00〜18:00、玉の湯9:00〜17:00

さんない温泉三内ヘルスセンター(青森市三内)

さんない温泉三内ヘルスセンター(青森市)東北自動車道は青森ICが終点で、国道7号線(青森環状バイパス)に直結しているが、その直結部分の北側に「さんない温泉三内ヘルスセンター」はある。バイパスには接道していないので、住宅街をかすめるように迂回して側道を入っていく。三内の地名が示すとおり、約800m東方には三内丸山遺跡が広がっている。ヘルスセンターとは言うけれど、大衆演劇を上演するような施設ではなく、ましてや健康ランド的な派手さもない。しかしながら大広間などの休憩室を備えており、地元客(とくに高齢者)の憩いの場として活用されているようだ。

料金区分のうち、入館とは入浴+休憩のこと。入浴のみなら大人390円だが、これは青森県の銭湯料金。したがって券売機に記載されている小人とは銭湯でいうところの「中人」(12歳未満)、同じく幼児は「小人」(6歳未満)となる。入館料金の記載と統一すべきではなかろうか。入浴のみといっても脱衣所のホールには、ソファやテレビ、自販機があり、じゅうぶん寛ぐことができる。

浴室はドーム状の屋根で、その広さといい、まるで体育館のようだ。ざっと見たところ2間×8間、つまり32帖ほどの大きな湯船が浴室のほとんどを占め、窓際にカランが一列に並んでいる。ボディソープやシャンプーの備え付けがないのは、銭湯として営業しているからなのか。温泉マニアの間で三内温泉の名が知れ渡っているのは、青森市内では珍しい硫黄泉であることだ。浴室の扉を開けた瞬間にわかるにおいと、まぶしいほどに緑がかった乳白色のお湯。地下750mから湧出しているという。湯船には2mほどの高さから滝のように注がれ、半端でない量がかけ流しされている。温泉の成分で湯船は白く変色し、側面は堆積して滑らかに盛り上がり、底はざらついている。しかし壁は茶色や黒、緑に変色しており、この温泉のすさまじさを感じずにはいられない。

46℃の源泉をそのまま投入しているので、湯温はちょっと熱め。湯船が大きくても皆じっとしてその場を動かず。むしろお湯に浸かるより、床で寝転がっているおじさんの方が多い。平日の朝9時の時点で、男湯には7〜8人の客。女湯はもっと賑やかだったようだ。湯上りはいつまでもじんわりとした温かさが残るが、多少の疲れも残る。床で寝転ぶ人が多いのはわかる気がするし、大広間で休憩しながらの湯治気分も納得がいく。青森市内にいながらにしてこの温泉体験ができるのは、とても貴重だ。地元客と温泉マニアだけの存在にしておくのは勿体無い。

さんない温泉三内ヘルスセンター
源泉/三内ヘルスセンター温泉(含硫黄−ナトリウム−塩化物泉)
住所/青森市三内字沢部306-1 [地図
電話/017-766-0185
交通/JR東北本線青森駅から徒歩10分の古川バス停より乗車し、「三内温泉前」停下車。
料金/(入館)大人800円、中人500円、小人300円、幼児200円
     (入浴)大人390円、小人150円、幼児60円
時間/8:30〜21:00

あおもり健康ランド(青森市新城平岡)

あおもり健康ランド(青森市)あおもり健康ランド(青森市)あおもり健康ランド(青森市)
あおもり健康ランド(青森市)あおもり健康ランド(青森市)あおもり健康ランド(青森市)

青森県で24時間営業の健康ランドは、青森市の「あおもり健康ランド」と八戸市の「はちのへゆーゆランド新八温泉」のみ。今回ご紹介するあおもり健康ランドは、東北道青森ICとJR青森駅のどちらも車で約15分、最寄りの新青森駅だと徒歩10分と利便性は高い。きらびやかな電飾が目印の典型的な健康ランドの外観で、1階に浴室とレストラン、2階に仮眠室やマッサージ、宴会場などがある。館内の案内図を見ると、1階奥にウォータースライダー付きのプールもあるようだ。しかし、テープを貼って文字を隠していたから、現在は営業中止ということか。それとも夏季のみの営業なのだろうか。

青森県は飲食店の店じまいが早く、しかも幹線道路沿いにファミレスを見かけることがない。「夕食は健康ランドで何とかなるだろ」と高をくくっていたが、レストランは21:30ですでに営業を終了していた。しかし、2階のドリンクカウンターで弁当を注文することが可能だという。普通の幕の内弁当だが609円と良心的な価格。予約しておいてあとで受け取るシステム。カウンター前の2階ホールは、テーブルが並んだ飲食スペースとなっており、元気なおじさんたちが酒盛りをしていた。ちなみに館内での飲食はリストバンドのバーコードでチェックし、退館時に精算するシステム(自販機のみ現金)。

館内着、タオル、バスタオルは入館時にフロントで渡される。浴室内にはナイロンタオル、カミソリ、歯ブラシの備え付けあり。女性の裸像が飾られたかけ湯に始まり、コエンザイムQ10のイベント湯、どくだみの寝湯ジャグジー、福泉湯という名の漢方薬湯、地元青森ヒバを使用した湯船、打たせ湯、あまり熱くない高温サウナ。種類豊富なのは健康ランドならでは。それに加えて温泉を使用した湯船である。半分はバイブラ湯となっており、循環式だがお湯はたっぷりなのであふれている。青森県は名湯が多いので、この温泉にたいした魅力はないが、無色透明で塩分が多い感じがする。露天風呂の湯船自体は大きくないが、大きな岩と3段の滝、植栽、灯籠を配した本格的庭園風呂の趣。塀に囲まれているのが残念だが、露天風呂にかける意気込みは伝わってくる。

そんな浴室にあって注目すべきは、無料で利用できる日焼けマシン。スーパー銭湯のカプセル型はたまに目にするが、こちらは3台並んだビーチチェアの上に大型照射機が据え付けてあり、1回で7分間利用できる。実際に利用していたのは、日焼けとは無縁な感じがするおじさん。夏の短い青森県民にとって日焼けは憧れかもしれないな、などと勝手に想像してみたり。

健康ランドの浴室というと煌々と明るいイメージがあるが、ここは間接照明がメインなのでなんだか薄暗い。すこし古びた印象も受けた。何よりも気になったのは、ガラガラだったということだ。2階の仮眠室もまたしかり。さすがにねぶたまつりの時は超満員になるというが、普段は地元客が中心だからかスペースの半分も埋まっていない。ちなみにリクライニングチェアの並ぶ仮眠室は、男女別のほか、兼用のスペースもある。2階フロアは間仕切りこそあるものの、ドアのない開放型空間となっており、飲食できるホールと男女兼用スペースに至ってはタバコもOK。世間の流れからして分煙化を図ったほうが良いのでは?と思うが。ゲームコーナー、カラオケボックス、土産物コーナーはとっくに終了していたから、夜の娯楽は多くない。しかし昼間は大衆演劇が1日2回公演で行われているほか、日曜日にはビンゴ大会などのイベントもある。庶民の憩いの場として利用価値は大きいようだ。

あおもり健康ランド
源泉/新城温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/青森市新城平岡404-1 [地図
電話/017-766-1000
交通/JR奥羽本線新青森駅より徒歩10分
     青森市街地より国道7号線(西バイパス)で弘前方面へ約15分
     ※無料駐車場300台分あり
     ※青森駅より無料送迎バスあり(平日2往復・休日4往復)
料金/大人1,785円、子供840円(3歳〜小学生)
     深夜割増料金840円(23:00〜翌5:00)
     ※5/2〜5、8/2〜7は深夜割増料金1,575円
時間/24時間営業
     ※レストランは10:45〜21:30

Weeklyサービス
毎日 朝風呂525円(6〜8時にチェックインし、9時までにチェックアウト)
毎週火曜日 シルバーデー  1,050円(60歳以上)
毎週水曜日 レディースデー  1,365円(中学生以上の女性)
毎週木曜日 メンズデー    1,365円(中学生以上の男性)
毎週金曜日 夫婦の日     2,310円(男女のカップル(大人)ペアで)

---

(追記-2011/7/19)
温泉施設の改修にともない、2011/6/1に再オープン。

新料金は、
(3時間入館)大人400円、子供160円、幼児無料 ※館内着なし
(1日入館)大人950円、子供600円、幼児無料 ※館内着つき
深夜割増料金(22:00〜5:00):大人・子供840円、幼児無料
※大人は中学生以上、子供は2歳〜小学生、幼児は2歳未満

不老ふ死温泉(青森県深浦町舮作)

不老ふ死温泉(青森県深浦町)不老ふ死温泉のある深浦町は青森県南西部にあり、秋田県とは県境を成す。日本海の海岸線に沿ってJR五能線と国道101号線が走るが、平坦なのは海岸線だけで、町域の9割を山地が占める。世界遺産として知られる白神山地は町の南部一帯に広がり、多くの登山者が訪れるが、ほかにも十二湖など自然景勝は多い。しかし何といっても温泉マニアの間では、深浦町イコール不老ふ死温泉ではないだろうか。

不老ふ死温泉(青森県深浦町)国道より海岸へとゆるい坂道を下りていくと、本館と新館の分岐点に歓迎看板が立っている。素朴な施設であることを勝手に想像していたが、実際はかなり立派なホテル。日帰り入浴の受付は本館で、料金を支払った証として手首にオレンジ色の巻いてもらう。露天風呂は海辺にあるので、無賃入浴も不可能ではないからだろう。「まずは大浴場(内風呂)から入浴するように」とのこと。脱衣所には棚と籠を利用するが、セイフティボックスもある。露天風呂には再び服を着て行く必要があるが、貴重品は預けたままにしておくとよいだろう。

不老ふ死温泉(青森県深浦町)大浴場には2つの湯船がある。1つは温泉を利用した大きな湯船で、もう1つは井戸水を沸かしたバイブラ湯。温泉は地下200mから湧く、透明度のない黄土色のお湯で、鉄分のにおいと塩分の苦味あり。一方の井戸水は無色透明。どちらもかなりの高温なので長くつかっていられないし、そもそも露天風呂がメインなので長湯している場合ではない。大浴場で身体を洗わずに露天風呂に向かう人や、なぜか裸にタオル1枚で露天風呂に向かう人がいるのだが、フロントで何を聞いていたのだろうか。いまさら急いでも仕方がないのに。

不老ふ死温泉(青森県深浦町)館内より海岸に下り、100mほどの通路の先に露天風呂がある。塀をはさんで左にあるのは混浴、右にあるのは女性専用の湯船。写真で見る限りではどちらもほぼ同じ大きさで、しかも混浴に男性ばかりとくれば男女別浴はやむなし。日帰り入浴の開始早々に訪れたのに、すでに7〜8人がのんびりとお湯につかっている。目の前には日本海が広がっており、遠くに水平線を眺める。風が強いためか、それとも岩場であるためか、遠くで波しぶきが立っているが、耳をすまして聞こえるのは潮騒のみ。湯船のふちを跨げば海なのだが、高低差がないため海と一体化した気分だ。なかなかの絶景だし、開放感だが、これを言葉で説明するのは難しい。

不老ふ死温泉(青森県深浦町)不老ふ死温泉のある「艫作」(へなし)という地名だが、「艫(舮)」とは船の船尾のことを指す。地名の由来は「昔朝鮮から船が漂着し、当所で破損した艦を作り直して帰ったという伝説による」そうだ(艫作埼灯台)。岩礁地帯であることに加え、強風が吹きぬける地形であることも関係しているのだろう。ホテル裏には発電用の風車も立っている。ちなみに露天風呂では脱衣籠の上に重石を置いておかないと風で飛ばされてしまう。ゴールデンウィーク中でも肌寒かったが、お湯はぬるめだったので長湯することができた。

不老不死温泉パンフレット

不老ふ死温泉
源泉/下黄金崎温泉(含鉄−ナトリウム−マグネシウム−塩化物強塩泉)
住所/青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15 [地図
電話/0173-74-3500
交通/JR五能線艫作駅より徒歩9分
     国道101号線より黄金崎方面へ約900m
料金/大人600円、子供300円
時間/8:00〜20:00(海辺の露天風呂は16:00まで)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ