旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

大和市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

桜湯(大和市大和東)

桜湯(大和市大和東)大和駅より北東の方角へ約500m、中央通りと国道467号線に挟まれた通りに桜湯はある。雑居ビルやマンション、住宅が混在する地域で、駅から近いわりに賑やかさはあまりない。コインランドリーを併設し、夜は「コミュニティー銭湯・遠赤外線サウナ」と書かれた電飾看板が明るく灯っている。交差点の角にあるので車でも見つけやすいし、斜向かいにはコインパーキングもある。

フロント式の銭湯で、通りに面した側にはソファとテレビが置かれ、ちょっとしたロビーになっている。脱衣所のロッカーは規模のわりにやたらと数が多く、マッサージチェアと体重計と灰皿、そして有線放送(?)で音楽が流れていた。

カランは左右の壁際と中央に6×4で24。いずれも固定式のシャワーつき。ほかに立ちシャワーが2つ。湯船は3帖ほどのバイブラ湯、2帖ほどの座湯ジャグジー、2帖弱の日替わり湯(紫色のラベンダー&ハーブだった)。一般的な銭湯の湯船よりも奥行きがちょっとだけ広く、お湯の量もたっぷり。42℃ほどの適温。浴室にはペンキ絵やタイル絵といった銭湯的なアートが一切なく、白いタイルでシンプルそのもの。外観もシンプルではあったが。

それでは桜湯に何を期待すれば良いのか? それはサウナである。ほとんどの銭湯が別料金(最低150円〜)を徴収するなか、なんと桜湯ではサウナがタダ。約2畳半と小さいながらもいちおう階段式で、最大で6人は利用可。といっても訪れたときは入れ替わりで5人しか客がおらず、寂しい感じではあったが。とりあえず1回は入っておく的なところを見ると、みんな常連か? 水風呂がないので、冷水でシャワーを浴び、もう一度サウナに入ったらじゅうぶん得した気分。

桜湯が地元にあったら間違いなく通うだろうな、と思う。せっかくあるホームページに「サウナ無料」と書いたなら、神奈川県の銭湯マニアはこぞって訪れるのではないだろうか。

桜湯
住所/大和市大和東3-5-6 [地図
電話/046-261-7705
交通/小田急江ノ島線・相鉄線大和駅より徒歩6分
料金/大人450円、中人180円、幼児80円
時間/15:00〜24:00、毎週水曜日定休

大和湯(大和市大和東)

大和湯(大和市大和東)大和湯(大和市大和東)

小田急、相鉄が交わる大和駅の北側出口(相鉄口)を出ると、すぐ目の前には大型手芸用品店のユザワヤがある。大和湯があるのはその隣、居酒屋の笑笑、白木屋が入るビルの1階。駅出口よりわずか50mの好立地。向かいには小田急高架下にオダキューOX(スーパー)もあり、まさに駅前繁華街の風景である。大和湯自体も電飾看板やタペストリーなどを店頭に賑やかに掲示している。自動ドアが開くと正面にフロントがあり、そのわきにはちょっとしたロビーがある。

脱衣所には壁一列にロッカーが並び、テーブルと丸椅子、体重計、洗濯機。そして水槽の中ではナマズ?が2匹と小さな熱帯魚が泳いでいた。訪れたのは平日19時頃だったが客は4〜5人で、脱衣所も浴室もわりとがらーんとしていた。駅前銭湯の場合、何時頃が混み合うのか、また客層など想像がつきにくい。

真っ白のタイル張りの浴室は明るくて清潔感があるものの、なんだか殺風景な感じもした。客が少なく静かだったから余計にそう感じたのかもしれないが。カランは壁際6、中央に6×2列の計18。すべてに固定式シャワーつき。そしてもう一方の壁際には立ちシャワーが4つ並ぶ。

湯船はまず2帖弱の日替わり湯。この日は真っ白の入浴剤の「濁り湯」だった。深めの浴槽で、44℃と温度はかなり高め。その隣には5帖分くらいのL字になった湯船がある。足の置く部分だけが深めになったジャグジー、電気風呂、バイブラ湯といった具合に分かれている。お湯の温度は適温。湯船の種類はどこにでもある感じだが、ひさしぶりに入った電気風呂は驚いた。「押す、揉む、たたく」の機能を備えた最新式で、つまり電極盤から流れる電気の強弱やリズムで身体をマッサージしてくれる。かなり気持ちが良いのだが、結局は電気風呂なのでビリビリがきついときもあるが、試してみる価値はある。

仕事や買い物帰りのひとっ風呂にはもってこいな立地である。風呂あがりに一杯やるなら同じビルの居酒屋に行くのもよし。これも駅前銭湯ならではの楽しみ方である。

大和湯
住所/大和市大和東1-2-7 [地図]
電話/046-263-6215
交通/小田急江ノ島線・相鉄線大和駅より徒歩1分
料金/大人430円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜24:00、毎週木曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ