旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

三浦市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン

クアーズミサキ(三浦市天神町)

クアーズMISAKI(三浦市天神町)三浦半島のほぼ南西端に、三浦市唯一の銭湯「クアーズミサキ」はある。京急久里浜線の終着駅・三崎口よりもずっと南に位置するため、バスか車でのアクセスとなり、銭湯めぐりには正直言って不便な場所だ。三崎漁港や油壺マリンパークまで遠くはないが、観光ついでに訪れる客がどれだけいるのかは疑問。県道より奥に引っ込んだところに建ち、周囲は戸建が建ち並ぶ住宅街。1階に銭湯、その上に2階建の住宅が建つ面白い構造で、平成2年に建て替えたようだ。

風除室のような玄関を入ると、自販機でチケットを購入する。サウナを別途料金とする銭湯は多いが、こちらではセットで大人1,000円。なんて強気な料金設定なのであろうか、もしかしたらサウナを利用して欲しくないのであろうか、そんなことすら考えた。もちろんそんな金を払ってまでサウナを利用したくはないので、いつも通り入浴のみ450円。フロントに券を渡し、脱衣所へ。

脱衣所には3か所に分かれてロッカーが設置してあるが、室内中央のいちばんいい場所にサウナ利用者専用ロッカー。奥まった場所に常連さん用の月極ロッカー、そして入口側のわずかな数が一般客用のロッカー。明らかに待遇の善し悪しで、一般客用にいたっては鍵が付いていないので、使用中かそうでないかは開けてみないとわからないという有り様。幸い常連さんが空いているロッカーを教えてくれたが、そんな親切がなかったら途方に暮れていたことだろう。ちなみにロッカーはスチール製で、グレーの業務用的な感じ。脱衣所内にはサウナ利用者専用の休憩所もあり、サウナ料金を払ったかどうかの格差はすさまじい。

浴室は広々としており、壁側にはカランが横一列に並び、通路を隔てて湯船が配置されている。小さいが、かけ湯用にお湯が貯めてあるのは珍しい。湯船は入口側からまず古代檜風呂。備長炭を入れることに気配りの良さを感じるが、なぜかいつも空いていた。そしてジャグジー、電気風呂とあり、いちばん人気は水風呂。何の入浴剤だか忘れたが、黄緑色をした薬湯もあった。湯船の裏側には2m×10mのプールもあり、サウナ利用者専用のようだが、別途200円との看板もある。海水でないところで泳ぎたいという思いがあるのだろうか、しかし誰も利用せずとは勿体無い。

平日の昼間だというのに、客はおじさんばかり10人ほど。皆さん日に焼けていてガタイがよく、漁師のように見えるのは気のせいか。サウナ利用者は意外と多いようで、乾式と湿式のサウナと水風呂を水風呂を行ったり来たりしている。「サウナと水風呂の往復でキリがないよ」「夕食まで3時間くらい入っちゃうね」などという尋常じゃない会話も聞こえてくる。常連衆の社交場と化しており、昼間から賑やかだ。同じ神奈川県でも文化圏が違うため、方言がきつくて聞き取れない。

湯上りにロビーで寛いでいたら、温泉の分析表が掲示してあることに気づいた。地下100mから湧出し、源泉は18.6℃とのこと。井戸水を分析してみたら温泉に該当した、ということなのであろう。温泉らしさはまったく感じなかったし、ひょっとしたら温泉であることを知らない常連さんも多いのではないだろうか。スーパー銭湯的なお楽しみ要素が強く、町のレジャースポットといった雰囲気の銭湯だった。

クアーズミサキ(神奈川県浴場組合)

クアーズミサキ
源泉/三浦温泉(温泉法の温泉)
住所/三浦市天神町7-11 [地図]
電話/046-881-4171
交通/京急久里浜線三崎口駅よりバス「天神町」停徒歩2分
     三崎街道(県道26号線)を天神町の信号で西へ約100m
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナセットは大人1,000円、小人500円
時間/14:00〜23:00、毎週木曜日定休

ホテル京急油壺観潮荘(三浦市三崎町)

ホテル京急油壺観潮荘(三浦市三崎町)油壺は三浦半島の南西端に位置し、北側に小網代湾、南側に油壺湾や諸磯湾の入り江が広がる風光明媚な地区。観光スポットとしては油壺マリンパークや荒井浜・胴網海水浴場、ヨットハーバーがあり、ホテルなども数軒点在する。そのうちの1軒が「ホテル京急油壺観潮荘」で、マリンパークのすぐ手前にある。

2階建の素っ気ない外観は、ひと昔前の国民宿舎みたいな感じ。建物の左側半分には館内外から利用できる割合大きな土産物店が入っており、マリンパーク帰りの客などを当てにしているのは明らかだ。かと思えば1階には畳敷きの大広間があり、風呂上りと思われる客で賑やか。ホテルというよりは健康ランド的な雰囲気すら感じさせる。

日帰り入浴は、大広間前にある100円返却式の下駄箱でスリッパに履き替え、地下1階の受付にて脱衣所の鍵と引き換えてもらう。地下といっても高台に建っているため、ここが地上面であるようだ。内湯は6帖ほどの大きさで、竹炭がカゴに入って浮かんでいる。露天風呂に面した側はガラス張りで、小網代湾を正面に望む。高台にあるためか露天風呂はもっと開放的で、清々しい風が吹く。対岸に民家が数軒あるだけで、穏やかな海が広がっている。

露天風呂は城ヶ島京急ホテル同様、京急の子会社が提供する海洋深層水風呂。岩風呂風の湯船は6〜7帖の大きさで、手前にバイブラ湯、奥に寝湯が4人分のスペースで区切られている。寝湯といっても中途半端に低い座湯みたいなものだし、しかも濃い塩分のせいで身体が浮いてしまう。しかし丸太でできた枕の肩越しからお湯が流れてくるので、意外と気持ちがいい。腰掛けて海を眺めながらの半身浴もまた良し。そしてそのわきに樽風呂があり、そのまわりが足湯スペース。樽風呂は海洋深層水ではないが、同じ温度?だとしたらいかに海洋深層水が温まるかを実感できる。ほかに高温サウナがあったが、女湯は浴室内にミストサウナがあるようだ。露天風呂はスペースが限られている中でうまく配置していると思う。唯一欠点を挙げるなら、ポンプアップのモーターらしき高周波音がうるさいことか。

ホテルの大浴場のわりには、宿泊者ではないと思われるおじさん達(つまり日帰り入浴客)が多く、しかも見るからに常連客の振る舞い。地元の人たちが10枚綴り7,500円の回数券で訪れているのではないだろうか。これならスーパー銭湯的な感覚で利用することができる。しかもホテルなのに20時まで利用できるので、仕事帰りでもじゅうぶん間に合う。ちなみにこちらの施設でも3月いっぱいで海洋深層水の使用が終わってしまうのだが、聞くところによると「その後は水深100m程度の海洋水を使用する」とのこと。いずれ公式発表があるだろうから、またここで紹介したい。

ホテル京急油壺観潮荘
住所/三浦市三崎町小網代1152 [地図
電話/046-881-5211
交通/京浜急行久里浜線三崎口よりバス15分「油壺」停徒歩5分
     国道134号線「引橋」交差点より県道26号線
     「油つぼ入口」交差点より油壺マリンパーク方面へ
     ※無料駐車場70台分あり
料金/大人1,000円、小学生500円
     ※ホームページに200円引きの割引クーポンあり
時間/11:00〜20:00、年中無休

油壺の名の起こりについて調べてみると、下記の2つの説が有力であるようだ。
「永正13年(1516年)新井城(今の油壺一帯)を最後の居城として立てこもった三浦一族は、北条早雲の大軍を相手に 3年間にわたる奮戦も空しく、全滅しました。多くの将兵が自刃、討ち死または油壺湾へ投身したと伝えられ、そのため湾 一面が血汐で染まり、まるで油を流したような状態になったので後世「油壺」といわれるようになりました」(京急油壺マリンパーク
「油壺湾の深い湾入は、北の小網代湾とともにリアス式海岸の好例で、湾内は風がなく、油を入れた壺のようであるのが地名のおこりといわれる」(油壺-Yahoo!百科事典
油壺マリンパークは戦前の海軍潜水学校、戦後の三崎水産高校の跡地に建てられた水族館で、昭和43年にオープンした。

城ヶ島京急ホテル(三浦市三崎町)

城ヶ島は三浦半島南端に位置する周囲長約4km、面積0.99k屬両さな島。三浦市街より有料の城ヶ島大橋(全長575m)で渡る。灯台や県立公園などが見どころで、島の東〜南部にはハイキングコースが設けられている。まぐろで有名な三崎港は対岸にあるため、島の北部には漁港的な雰囲気が広がっている。

城ヶ島京急ホテル(三浦市三崎町)長津呂崎
神社神社

城ヶ島京急ホテルは島の西部にあり、灯台を背にした海岸沿いに建っている。名前のとおり、京急系列の観光ホテルである。路線バスの終点(折返し所)の隣にホテルの駐車場があり、海産物や土産物を売る店が軒を連ねる路地を歩いていく。途中の看板に従って道を折れると海岸へと出るが、そこは灘ヶ崎や長津呂崎という名の岩礁地帯。波によって削られた珍しい景色が広がる。断層の割れ目らしき天然の洞窟にはお社があり、天女の羽衣が描かれた鳥居が見事。しかしホテルへの道としてはあまりにも寂しい風景だ。

城ヶ島京急ホテル(三浦市三崎町)「雲母の湯」という名の大浴場は、フロントの斜め後方にある。脱衣所は100円返却式ロッカーか脱衣籠を使用する。L字型に2面がガラス張りの浴室は、遠くに三崎の漁港があるせいか片方の窓は下半分が曇りガラス、もう一方の窓は露天風呂とその先に海を望む。大理石仕上げの湯船は浴室の形に合わせてL字型。かなり広々としている。こちらは水道水を使用しているので、温まる程度にして露天風呂へと移動。

露天スペースには4帖ほどの湯船と、そのわきに足湯が設けられている。西側を向いており、相模湾の雄大な海と眼下には波に侵食された岩場を一望する。晴れた日ならば真正面に富士山が見えるようだ。湯船につかると植栽しか見えないのだが、目の前が開けているので開放感がある。お湯は京急の子会社が提供する海洋深層水を使用しており、油壺の沖合い5km、水深330mから汲み上げているという。循環しているがかけ流しで、舐めてみると苦くてしょっぱい。かなりの塩分を含んでいるようで、身体が軽くて浮いてしまうほど。なめらかさが体にまとわりつく。温度は人肌程度のぬるさ。一度つかると出るのが嫌になってしまうほどだが、あとから入ってきたおじさんは「寒いなぁ。これじゃ風邪ひいちまうよ」と言い残し、早々と去ってしまった。風呂から出たら「シャワーやかけ湯で塩分を洗い流してください」とのこと。もったいない気がするが、あとでベタベタしてしまう。

再び内湯につかると温度差で身体がぽかぽかする。海洋深層水は提供する子会社の業績低迷により、3月いっぱいで利用をやめてしまう。その後も日帰り入浴の営業を続けるようだが、どう変わってしまうのか。玄関先には足湯もあるが、こちらは200円。足湯なのに…?と思う。

城ヶ島京急ホテル
住所/三浦市三崎町城ヶ島693 [地図]
電話/046-881-5151
交通/京浜急行久里浜線三崎口駅よりバス30分「城ヶ島」停徒歩5分
     国道134号線「引橋」交差点より県道26号線経由で城ヶ島大橋を渡る
料金/大人1,000円、小学生500円
     ※ホームページに200円引きの割引クーポンあり
時間/11:00〜18:00、年中無休

城ヶ島大橋は有料(半島→城ヶ島の通行時のみ)
普通車5ナンバー100円、3ナンバー150円。
島民は無料。歩行者・自転車は無料。
また、8:00〜19:00(11/1〜2/28は〜18:00)以外の時間は無料。

三浦市観光案内-城ヶ島散策(三浦市観光協会)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ