旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

博多〜釜山2007/8

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

釜山の街あれこれ

いままで釜山の街の風景の紹介していなかったので、今回まとめてアップ。

国際市場ジャガルチにある国際市場。日常雑貨や洋服、家電品などの店が並び、アメ横みたいな雰囲気。“国際”色は感じられない。ラジオ(FM湘南ナパサ「よろず旅行研究所」)の中継をしようと公衆電話を探したが、いまどき韓国でも携帯が当たり前。歩き回ってやっとの思いで公衆電話をみつけたものの、今度はテレホンカードを買うためにコンビニを探す。国際電話用テレカはスクラッチ式。こすって出てきた番号をプッシュすると通話できる。

南浦洞フェリーターミナルの近く、南浦洞の街並み。銀行や商社などのビジネスビルが多い。左手の海沿いは魚市場のジャガルチ市場、右手には国際市場が広がる。ちなみに韓国では車は右側通行。みんなかなり飛ばす。





映画館の看板映画館の看板。アメリカと韓国の映画が半々くらい?タイトルがすべてハングルなので、意味がわからない。







西面ロッテ百貨店がある西面もなかなかの繁華街。だけど大通りから1本逸れるとこんな感じ。食堂の店先では鍋でスープを煮込んでいる。道の真ん中には屋台が並ぶ。






温泉洞温泉街らしくない温泉洞の街並み。地下鉄で郊外に向かうと、駅前はたいていこんな景色である。







釜山の地下鉄釜山の地下鉄。ホームの柵はあったりなかったりする。駅名はハングルと英語、そして番号表記。南浦洞など日本人がたくさん利用する駅だと、日本語によるアナウンスも流れる。





地下鉄の券売機地下鉄の券売機。1区間(10kmまで)1,100ウォン、2区間(10km以上)1,300ウォン。1日乗車券は3,500ウォン。券売機はハングル表記だが、右下のENGLISHボタンを押すと英語表記に切り替わる。

韓国のテレビ番組

セクシービリヤードキャンギャル対決








釜山滞在中は毎日深夜まで遊んでいたので、深夜番組しか見ていないのだが、その中でもいちばんくだらなかったのが、スポーツチャンネルでやっていた“セクシービリヤード対決”。所属する企業なのかチームなのか知らんがボディコンの衣装で対決する。マジ対決で、意外と上手い。韓国では儒教の教えのためか、テレビでのセクシーはこのへんがギリギリみたい。

トランクスのセットがお買い得真夜中は日本と同じく通販番組ばかり。扱う商品の多くは日本と一緒で、日用便利グッズや家電品、衣類だったりするのだが、“カニのケジャン○kg”というのは韓国ならでは。
1つの商品の説明を何度も繰り返し、その商品と一緒にモデルがポーズをとったりするのだが、いちばん笑えたのが、トランクスを両手に持ってゆらゆら踊りながらポーズをとるモデルたち。なんだかわけがわからない。

釜山での食part3

餃子、チヂミ、おでん、トッポキ ロッテ百貨店やファッションビルが建ち並ぶ「西面」エリアは釜山随一の繁華街なのだが、しゃれた街並みの通りにも昼間から屋台が出ていたりする。餃子、チヂミ、おでん、トッポキ。これらは定番メニューであるらしく、どの屋台もほとんど一緒。日本でもなじみのあるメニューだが、釜山っ子は小腹が減ったときのおやつ代わりに食べているようだ。


スルメを売る屋台釜山ではスルメを売る屋台もあちこちで見かけた。野球場でもビールのつまみとして丸々1枚を売っていたが、釜山っ子はスルメが好きなのであろうか。






うどんクッパ「うどんクッパ」というメニューに惹かれて注文してみたら、ソフト麺みたいなクッパが出てきた。この店ではクッパの食材としてもれなく素麺みたいな麺もついてくる。うどんクッパにしなければ良かったと思った。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ