旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

東京都

おふろの王様 光が丘店(東京都板橋区赤塚新町) ※2018/6/30閉店

おふろの王様 光が丘店(東京都板橋区赤塚新町)昨年は定期借地権満了により、神奈川県内では湯乃市湘南ライフタウン店おふろの王様相模原店が閉店。スーパー銭湯ブームに乗って相次ぎ誕生した店舗も、サイクルが1周したと言うべきか、様々な事情もあろうが再契約しないという決断もある。そして、来る6/30をもって、おふろの王様光が丘店も閉店予定。同チェーン1号店であり、都内初のスーパー銭湯とも言われている。

おふろの王様 光が丘店(東京都板橋区赤塚新町)光が丘と聞けば大型団地を連想するが、周辺は戸建の住宅地。最寄りの駅も光が丘より地下鉄赤塚や成増のほうが断然便利。緑の多い環境に調和してか、派手な看板もなく、古さや流行を感じさせない佇まい。

建物は3階建で、1階に下足箱がずらりと並び、2階はフロント、食事処、ボディケア、3階は脱衣所と浴室。閉店までの謝恩料金第一弾として、会員カードの有無にかかわらず一律500円(〜5/31)。その影響もあってか、日が暮れる頃から客がひっきりなしにやって来る。

おふろの王様 光が丘店(東京都板橋区赤塚新町)決して広いとは言えない浴室空間に、多種多様な湯船を配置。深さや種類の異なるジャグジーなどを、パズルのように組み合わせた感も。人工炭酸泉は時代のニーズだろうか。一方で洗い場のシャワーは押しボタン式で、温度調整なしの古いタイプ。

サウナはざっと30人は座れそうな広さで、その半分以上が埋まっているのだから大人気と言えよう。水風呂は腰までの深さがあって、しかも16℃は高評価。室内と露天に椅子が数脚ずつ。サウナ後の客で早い者勝ち状態。

おふろの王様 光が丘店(東京都板橋区赤塚新町)漢方蒸風呂というスチームサウナには、真っ白な蒸気がもうもうと立ち込める。扉の外に座席配置表を張り出していても、いざ入ったらおろおろ。それでもヨモギの香りと、ぼんやりとした温かさでうとうとし、ハッと目覚めたら視界は晴れ、席が空くのを待っている人も。どっぷり日が暮れ、仕事帰りの客で露天風呂はごった返していた。言うまでもなく繁盛店。光が丘の客が近隣姉妹店の志木や東久留米に流れていくとは思えず、閉店はじつに惜しい。

おふろの王様 光が丘店(東京都板橋区赤塚新町)
おふろの王様 光が丘店(東京都板橋区赤塚新町)

おふろの王様 光が丘店
住所/東京都板橋区赤塚新町3-14-22 [地図]
電話/03-3938-0123
交通/東京メトロ有楽町線地下鉄赤塚駅より徒歩8分、成増駅より徒歩9分
     東武東上線下赤塚駅、成増駅どちらも徒歩11分
     国道254号線(川越街道)「赤塚新町3丁目」交差点より南へ70m
     ※無料駐車場90台分あり
料金/(平日)大人680円、小学生300円、幼児200円
     (休日)大人780円、小学生350円、幼児250円
     ※3歳以下は無料
時間/10:00〜25:00、年中無休

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)リーズナブルな料金設定のサウナ施設があると聞き、大森へ。この界隈はみづほの独擅場と言えるが、今回の目的地、リードイン大森は商店街の裏手にあって、こぎれいではあるが、こじんまりとした施設。看板もおとなしく、なかなかの穴場感が漂う。サウナ利用でも細かな料金設定があり、今回は3時間休憩にて。券売機でチケットを購入し、フロントで下足箱とロッカーの鍵を引き換える。

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)まずは地下1階の浴室へ。飾り気のない室内にジャグジー付きの湯船。だいぶ年季を感じさせるサウナは、テレビもない無音の空間。あるのは砂時計1つ。ドラム缶のようなストーブで、温度計は90℃を指す。バスタオルをマット代わりに敷いているが、それでは乱雑になってしまい、そこだけが減点材料。

水風呂はバスタブを利用したもので、かつてシャワーブースだった位置に、給水管を伸ばして設置。混合水栓の水量では冷たさを期待できるはずもなく。おまけに休憩用の椅子の1つもないし、いぶし銀のサウナを引き立たせる方法は何かないものか。

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)浴室に隣接して休憩室があり、リクライニングシートや喫煙所も。そして、缶ビール片手にコンビニ弁当やカップラーメンで食事を済ます姿。ちょっと出歩けば飲食店は無数にあるが、これもよくある光景だ。5階の休憩室は漫画図書館(1万冊以上)と、パソコンを並べてのインターネットコーナー。漫画喫茶を意識しながらも、お風呂やカプセルで優位を謳う。

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)カプセルを利用するつもりはなかったが、「利用しますよね?」と聞かれたら「そうですね」としか言いようがない。時間を持て余したことだし、せっかくだから横になってみる。とくに感動もない普通のカプセルだが、仮眠目的なら早々と潜り込むべきだったか。結局は時間ギリギリになって慌てて退館。サウナ目的で訪ねるなら休憩もせず1時間でじゅうぶんかもしれないし、しかし2時間や3時間のほうがお得な気もするし、この料金設定は悩ましい。

カプセルホテル リード・イン大森 ※男性専用
住所/東京都大田区大森北1-27-1 [地図]
電話/03-3298-2323
交通/JR京浜東北線 大森駅東口より徒歩4分
     京急 大森海岸駅より徒歩10分
料金/朝の休憩プラン1,900円(5:00〜10:00)
     リフレッシュプラン1,900円(10:00〜17:00)
     3時間休憩プラン1,500円(7:00〜24:00)
     入浴2時間休憩プラン1,100円(24時間)
     入浴1時間休憩プラン700円(5:00〜9:00・11:30〜22:00)
時間/24時間

ドシー五反田(東京都品川区東五反田) ※2018/4/20オープン

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)サウナはあるのに水風呂はない。その一点で賛否両論の話題となったドシー恵比寿。その2号店が4/20に、五反田東口にオープンした。恵比寿同様にここもカプセルホテルの改装物件で、もとはセントラルインと言ったそうな。カプセルホテルも競争の時代。豪華キャビンを売りにするか、はたまたサウナの付加価値を売りにするか。もちろん後者は大歓迎。ドシー五反田はサウナだけでも利用できる。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)東口から至近距離なのに、キャバクラや風俗案内所の客引きが凄まじい。そんな繁華街の角地に建つ、素っ気ないほどシンプルな外観が、ドシー五反田。1階はガラス張りで、内装を剥がしたままのコンクリ打ちっ放し。テーブルのようなものがフロント代わりで、台帳に名前と電話番号を記入する。料金を支払い、タオルの入ったバッグを受け取ったら、地下1階へ。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)ロッカーは縦長スチール製で、上下2段。恵比寿で評判の悪かった収納力も、ここでは安心。靴を入れるビニール袋もある。通路を挟んでサウナとウォームピラーがあって、奥にシャワーブース。バスタオルはフックに掛けておくのが賢いかも。どこもかしこも内装工事に着手する以前の状態かと。しかしこれで良しなのだろう。やらない美学もあるはずだ(理解は人それぞれ)。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)サウナ室からは斬新な発想しか感じない。階段状に5段のベンチを設け、下段の1〜2段目のみ2人掛け、上段は1人掛け。最上段は天井直下で、背の高い人は頭をぶつけそう。温度計は100℃を指していたけれど、そもそも中段に付いており、セルフロウリュのあとの最上段はやけどレベルの熱さ。温度計の数字が当てにならない逆パターン。

ドシー五反田(東京都品川区東五反田)ウォームピラーをわかりやすく言えば、打たせ水。水温10℃、15℃、20℃、常温の4ブースあるからお好みで。ずっと打たれていたいが、節水意識が働いてしまう。休憩用にベンチ1つ、さらに階段を上がると外気浴スペースとしてベンチ1つ。本来の用途は避難通路で、通りを行きかう人の会話が聞こえてくる。サウナにまつわる諸要素を現状に当て込んだ感があるけれど、(型にとらわれない)自由があって面白い。短時間の立ち寄りサウナに適している。

ドシー五反田 ※男性専用
住所/東京都品川区東五反田1-20-15 [地図]
電話/03-3447-5255
交通/JR山手線・東急池上線・都営浅草線 五反田駅より徒歩3分
料金/1,000円(1時間、以降1時間ごとに500円)
時間/13:00〜翌9:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ