旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

東京都

杉並湯(東京都杉並区梅里)

IMG_7373いまは面影もないが、かつて青梅街道に整備された杉並木が、杉並区の由来だという。その青梅街道と五日市街道が交差するのが新高円寺。「新」とは付くけれど、高円寺の賑わいと比較すれば、そこは地下鉄の駅周辺。なんとなく駅の出口があって、ちょっと歩けば住宅地。そして、住宅地の一画にあるのが杉並湯。杉並区を代表しても良さそうな名前だけど、なんとも控え目な雰囲気。

杉並湯(東京都杉並区梅里)フロントにある小さな籠から、ロッカーの鍵を自分で選ぶシステム。何番でもいいや適当に選んだのに、どうしてタイミング悪く左右の客とかち合うのか。サウナは別途200円で、貸し出しはバスタオルのみ。販売タオルは260円。ボディソープやシャンプーの備え付けはないので、合計すれば1,000円超え。手ぶら派は気をつけるべし。

富士山を描いたペンキ絵はところどころ剥げているし、お湯はやや熱めでのぼせそう。「半身浴は間違っている」といった内容の記事のコピーを配布しているが、何を主張するか信じるかは人それぞれ。寝湯と座湯のジェットと、深湯のバイブラがあって、そもそも半身浴に適した感じではないし。



スリムな遠赤ヒーターのサウナで、定員6名。12分計はおろか砂時計もなく、窓越しに柱の掛時計を確認するスタイル。サウナマットの代わりにバスタオルが敷かれ、室内にはジャズのBGMが流れる。ひとしきり汗を流し、さて…と思ったら水風呂がないし。戸惑いのあまり、なぜかまた熱いお湯に浸かり、冷たいシャワーを浴びてまたサウナへ。のぼせるかと思った。

杉並湯(東京銭湯マップ)
杉並湯(杉並浴場組合)

杉並湯
住所/東京都杉並区梅里1-13-7 [地図]
電話/03-3312-1221
交通/東京メトロ丸ノ内線 新高円寺駅より徒歩3分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナは別途200円
時間/15:45〜24:00、毎週月曜日定休

金春湯(東京都品川区大崎)

金春湯(東京都品川区大崎)山手線徒歩圏といったら憧れの住宅事情だろうけど、大崎駅西口なら夢が叶うかも。ちょっと歩くと戸建が建ち並ぶ庶民派風情。地勢的には高台で細い路地もあったりするから、大規模な街並み整備を免れたのか。百段坂に由来するのが百反通りで、その通りに面して建つのが金春湯。マンションの1階に、銭湯とコインランドリーを構えている。創業は昭和27年だという。

金春湯(東京都品川区大崎)サウナは別途300円で、手提げバッグの中には敷きマット。入浴用のタオルを忘れてきてしまったが、ありがたいことに無料で貸してくださった。ボディソープやシャンプーは浴室備え付けだし、手ぶらで行けるのはありがたい。サウナ室横にはフックがあって、手提げバッグごと引っ掛けておく。

浴室の右半分に洗い場、左半分に高温浴2つ+水風呂という配置。ジャグジーをわずかに設けているだけで、細かく仕切ったりしていないから、ゆったりとした湯船で手足を伸ばして浸かれるのが魅力。自動調整とあったが絶妙な湯加減。うとうとしてしまった。

金春湯(東京都品川区大崎)ボナサームのほどよき熱さ・湿度を保ったサウナと、冷たすぎない水風呂。こじんまりとしたサウナ室は、清潔できれいな木目の空間。テレビもないし、BGMもない。浴室はグレーと水色のタイルの、やや無機質な空間にも映る。メディアが取り上げたくなるようなビジュアル要素は全くないが、とかくここ最近はSNSでの話題をよく見かける。ふだん使いのちょうどよさ、常連にも一見客にも心地よさがあるからだろう。

金春湯(東京都品川区大崎)ロビーは畳敷きの小空間。オリジナルのTシャツやサウナハット、こどもの絵本やおもちゃなどがあって、銭湯では珍しくクラフトビールの販売も。風呂あがりの家族づれに至っては、自宅のリビングのように寛いでいる。この和やかな雰囲気が金春湯最大の魅力であって、誰かに伝えたいという思いが、新たな客へと繋がっていくのだろう。



金春湯
住所/東京都品川区大崎3-18-8 [地図]
電話/03-3492-4150
交通/JR大崎駅西口より徒歩8分
     都営地下鉄戸越駅、東急戸越銀座駅より徒歩8分
料金/大人460円、中学生300円、小学生180円、未就学児80円
     サウナは別途300円
時間/15:30〜24:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

池袋ロイヤルホテル(東京都豊島区池袋)

池袋ロイヤルホテル(東京都豊島区)池袋といえば東のレスタ、西のプラザ。そんな話題ばかり。安さが売りのオアシスはいつの間にか一時休業しているし(復活あるのか!?)。そこにきて、ふと思い出したのが、池袋ロイヤルホテルの存在。派手な看板が目印だけど、なんとなく近寄りがたい。宿泊ならばガールズバーの客引きを避けて、もしくは細い裏通りから。サウナだけの利用ならば、薄暗い階段を上がっていく。いずれにせよ勇気が要る。

池袋ロイヤルホテル(東京都豊島区)フロントで料金を支払い、ロッカーの鍵を受け取る。すぐ傍の棚には館内着とタオルが積まれているが、ロッカーの中に入っているという。初心者トラップはこれに留まらず、次は謎だらけのロッカー室。022、24、2029、番号なし、×、30、36、…といった具合に並んでおり、自分のロッカーを見つけるだけで、なぜこんなに苦労させられるか。

館内着に袖を通し、休憩室の横を通り抜けるとエレベーターが3基。奥がサウナ客専用で、2階と11階が直通。その間のフロアは、ボタンを押せないようにガムテープを貼る斬新なアイデア。そして、ドアが開くと男女の暖簾。館内着を仕舞っておく棚があって、洗面台の横は「休止中」の貼り紙とともに消灯された謎の部屋。休憩室のようだ。

池袋ロイヤルホテル(東京都豊島区)階段を上がると、クアハウスならぬ「クワハウス」。レイアウトをだいぶ変更しているようで、案内図を見ても辻褄が合わない。本来あったはずのサウナ室や水風呂は倉庫と化し、ジャクジーは作動しておらず、檜風呂は水風呂に。浴室やサウナ室の扉はきちんと閉まらず、やっつけ仕事の手書きの貼り紙。洗い場には誰がいつ使ったのかわからないナイロンタオル。そもそもフェイスタオルやバスタオルなんて、洗濯しすぎてゴワゴワしている。

池袋ロイヤルホテル(東京都豊島区)くたびれかけたサウナ室は、穏やかな設定にしているのか、はたまた年季を経て性能を発揮できないのか、汗をかくのは顔だけ。手足が温まるよりも先に、無音の空間に飽きてしまう。水風呂は特筆すべきこともなく、長所を挙げれば大都会池袋で外気浴を楽しめること。発泡スチロールのプランターが山積みとなって放置されたさまを、目の前に眺めながら。

池袋ロイヤルホテル(東京都豊島区)池袋ロイヤルホテル(東京都豊島区)
(サウナと浴室の写真は公式サイトより転載)

浴室内外にいくつか湯船が並んでいるが、どの湯船の縁にも誰かしらが、何をするでもなくただ腰掛けている。ぼんやりと客を観察するようでもあり、もしかして休憩室が夜間閉鎖の理由と関係あるのかと。竣工当初は都市型リゾートとして一世を風靡したかもしれないが、いまや時代に取り残された感も。

池袋ロイヤルホテル(東京都豊島区)それでも池袋駅至近という立地の魅力か、ちらほらと客はやって来る。いろいろおかしな光景に戸惑う様子もなく、おそらくわかっていて来るのだろう。風呂やサウナが目的でないとしたら、何を求めているのだろうか。女湯はどんな雰囲気なのだろうか。泊まり客や外国人観光客はどのような感想を抱くだろうか。気になることは山ほどあるが、わかりたい気持ちにはあまりならない。

池袋ロイヤルホテル
住所/東京都豊島区池袋2-41-7 [地図]
電話/03-5396-0333
交通/池袋駅西口より徒歩4分
料金/3時間1,300円(延長は1時間ごとに250円)
     一般コース1,800円(5:00〜22:00)
     ナイトコース2,700円(20:00〜10:00・朝食付き)
時間/24時間
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ