旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

東京都

喜多の湯(東京都清瀬市元町)

喜多の湯(東京都清瀬市元町)7月を待たずに梅雨明けするとは最速記録らしいが、酷暑の夏は準備を待たずにやって来た。こうなると湯船やサウナよりも、頭の中はただ一つ、水風呂のことだけ。清瀬市の喜多の湯では井戸水を軟水化して使用、水風呂では井戸水原水かけ流しだという。最近では水にこだわる銭湯も多く、設備投資に頭は下がるが、それも最新銭湯ではなく、昔ながらの宮造りという意外性。浴室は毎週土曜日に男女が入れ替わり、炭酸泉、絹の湯のどちらかが楽しめる。

昭和40年代に市内7軒あった銭湯も、現在3軒を残すのみ。そのなかでも、喜多の湯は昭和35年創業だが、よく手入れされており、とにかく綺麗の一言に尽きる。番台から改装されたフロントでは、まず下足箱の鍵を預ける。そして、ロッカーの鍵と(今回はサウナも利用するので)引っ掛け鍵とバスタオルを受け取る。

訪ねた日は男湯に絹の湯。マイクロバブルのいわゆるシルク風呂だ。ほかにジャグジーや電気風呂の湯船もあって、見上げれば中島盛夫師によって描かれたペンキ絵。テーマは清瀬から眺めた富士山。別料金のサウナは終始貸切で、ベンチ2段に最大8人のこじんまり感。遠赤ヒーターで温度計は91℃を指す。室内にはJ-WAVEが流れており、サウナで聴くラジオもなかなか良いなと。

そして、これまたこじんまりとした水風呂は19℃とごく一般的だが、井戸水かけ流し×常時吐水でほどよい冷たさ。こちらも他に利用者がおらず、ひとりじっくりと堪能。真夏はいつまでも水風呂に浸かっていたい。

喜多の湯
住所/東京都清瀬市元町1-7-7 [地図]
電話/042-493-0123
交通/西武池袋線清瀬駅北口より徒歩4分
     ※無料駐車場10台分あり
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナ料金込み700円
時間/15:30〜22:00、毎週金曜日と毎月第3木曜日定休

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)成増と聞けば営団成増。あえて東武東上線ではなく、営団地下鉄で。といっても営団の名をいまだに留めるのはヒルトップの公式サイトのみ。双方の駅は至近距離にあり、ホテルヒルトップは切通しの東上線を見下ろす立地。地勢的には緩やかに起伏しているのだろうけど、丘の上という印象は特になく。「長期滞在型家具調度品付」の看板を掲げており、ビジネス旅館の感覚か。

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)建物は2棟が隣接しており、サウナやカプセルがあるのは線路側のほう。受付は4階にあって、サウナ料金を支払いとともに、ロッカーの鍵、館内着、タオルを受け取る。ウエスタン扉の向こうにロッカーが並ぶも、扉の裏側には「ここから裸で出ないでください」と。ホテルの受付も兼ねており、女性の宿泊客もここに立ち寄るため。ウエスタン扉だと服を脱ぐのでさえ緊張してしまう。

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)ホテルの大浴場というよりは、勝手知ったるサウナ店の雰囲気。年季が入っているわりに綺麗で、昼間なら明るい日差しが入ってくる。そして昼間でも絶えず客がいて、サウナと水風呂をひたすら繰り返していた。おそらくは地元客なのだろう。池袋まで行かずとも、というご近所サウナの気軽さなのだろう。サウナは100℃、水風呂は20℃と決してハードではないが、郊外店はこのくらいがちょうどいい。(サウナの写真は公式サイトより転載)

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増休憩室にはリクライニングシートと仮眠用マットもあり、隣接してレストランも。静かで薄暗く、居心地が良すぎて、穴場感すら漂う。サウナ利用だと最大180分だが、ひと眠りしたら延長料金が発生しそうだし(そもそも延長料金設定があるのか不明だが)、たった200円しか変わらないのに、90分コースにしたことを後悔した。サウナは24時間利用できるから、深夜にふらっと立ち寄ることもできる。わざわざ成増に行く用事もそうそうないが。

ホテルヒルトップ ※サウナは男性専用
住所/東京都板橋区成増2-12-13 [地図]
電話/03-3977-2511
交通/東武東上線 成増駅より徒歩1分
     東京メトロ有楽町線 地下鉄成増駅より徒歩2分
料金/180分1,500円、90分1,300円、60分1,000円(税別)
時間/24時間(金曜日10:00〜13:00は入浴不可)

小川バスマンション(東京都練馬区田柄)

小川バスマンション(東京都練馬区田柄)スーパー銭湯の開店、閉店と聞けばすぐさま駆けつけたい派だが、先日訪ねたのはおふろの王様光が丘店(6月末閉店予定)。定期借地権満了とやむを得ない事情にせよ、なかなかの繁盛ぶりだから惜しい。閉店で行き場をなくした客を、近隣の銭湯は受け皿として呼び込むことができるか。調べてみると、地下鉄赤塚駅のすぐ近くに「小川バスマンション」という銭湯があった。

小川バスマンション(東京都練馬区田柄)銭湯の屋号も様々だが、安直すぎて興味をそそられる。しかし、地図を頼りに現地を訪ねてみれば、そこにあるのは喜久の湯。マンションの入口には「小川バスマンション」と表札も出ているのだが。

いつものように初めて訪ねる銭湯ではスタンプを押してもらう。どうやら「小川バスマンション」が正式のようだ。もとは喜久の湯か。メトロと呼ばずに営団地下鉄と呼ぶみたいな。地下鉄赤塚と呼ばずに営団赤塚と呼ぶみたいな。もはやどうでも良くなってきた。

小川バスマンション(東京都練馬区田柄)サウナの利用も申し出ると、「今日はもう終わった」と。さらには「やらない日もあるし、壊れたらやめようと思ってる」とも。ガス代だけで〇万くらいかかるし、さらにサウナで〇万かかるのだと、聞いてもいないのに光熱費事情を教えてくれた。ちなみにサウナは別途300円。決して安くはないが、利用者負担でペイするとしても、一定の収入が見込めなければ計算が成り立たない。

真っ暗なサウナ室の隣に水風呂。増築部分はぬる湯で、入浴剤なのかやや濁り。この2つを何度も往復。ほかにジャグジーや電気風呂も。駅至近でアクセス良好。王様の客が流れつくことを祈りたい。

小川バスマンション
住所/東京都練馬区田柄2-32-20 [地図]
電話/03-3939-0639
交通/東京メトロ有楽町線・副都心線 地下鉄赤塚駅4番出口より徒歩1分
     東武東上線 下赤塚駅南口より徒歩3分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
      ※サウナは別途300円
時間/15:30〜23:30、毎週金曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ