旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

東京都

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)小田急沿線住民にとって池袋は未知の大都会。サンシャインシティですらまともにたどり着けないのだから、その隣のタイムズスパ・レスタはなおさらのこと。コインパーキングでお馴染みのタイムズが運営する「大人のスパ施設」で、18歳未満は入館不可。ビルの外観は素っ気ないものだが、エレベーターの扉が11階で開いたら、目の前に広がる高級感。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)中庭を眺めるゆったりとした空間は、まるでリゾートホテルのロビーのよう。アロマの香りが漂い、ヒーリング音楽が耳に心地よく(空間音響設計)、桜色のLED照明を使用するなど随所に上質なこだわりが。入館受付を済ませ、タオルと館内着のセットを受け取るも、教えてもらわなきゃ脱衣所の場所すらわからない。スタッフの説明も丁寧で、物腰もやわらか。素晴らしい。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)浴室内には2か所にジャグジー、季節の入浴剤を使用した白湯。窓を多く設けた明るい室内に、究極までにシンプルに計算され、美しささえ感じさせる湯船の配置。モノトーンの配色が目にも優しい。露天には円型のホワイトイオンバス(シルキーバス)と2つの釜風呂。池袋で露天風呂は贅沢だし、雑踏の一切を遮断した別世界がここにあった。大都会でバリバリ仕事するのは御免だが、ビジネスマンにとって最高の癒しとなるだろう。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)サウナ室と水風呂のコンディションは感動レベル。温度計は約90℃を指しており、個人的にはいちばんの好みかも。頭と足元では約10℃の温度差が生じ、頭ばかりのぼせて我慢できないのが常なのに、レスタのサウナは全身が均一に温まる。心なしか背中がよく温まるようにも。もしサウナが苦手だとしても、無理なく大量発汗できそうだ。サウナストーンの遠赤外線効果だけでなく、換気口による微妙な空気の流れ、壁タイルの輻射熱と調湿効果なども関係するのか。どこに座っても熱のよどみを感じることはなかった。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)水風呂は約16℃で、冷たさが全身をマイルドに包み込むのは、こちらも推測すると円型浴槽の対流に関係するのか。水風呂から上がって、室内の椅子に腰かけてみる。極限まで身体を冷やしたのに寒くならず、むしろ体内から温かさがよみがえる。体温と室温がイコールの状態で心地よい。もちろん、2セット目、3セット目も同じ状態。自分の身体にベストマッチするサウナを見つけた気分だ。毎時30分にはオートロウリュが作動し、平日は19時にアウフグースを開催(金曜・日曜は1日2回、土曜は3回)。せめてあと2〜3回は増やしてほしい。(サウナ室と水風呂の写真はタイムズスパ・レスタ公式サイトより転載)

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)レストランは1つ下の10階にある。窓の外には商業ビルが建ち並ぶが、夜のほうが景色としては良いのかも。メニューブックには洒落た料理の数々が載っており、場末の大衆サウナなら2食は行けちゃう金額。旬の食材の味を活かし、見た目にも良く、そして身体にも良さそう。悩みに悩んで魚介と春野菜のセイロ蒸しを注文。不味いわけがない。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)隣り合うのは、ボディケア利用客の専用ラウンジ。ここに座るのがステータスと捉える客もいるだろう。リラックスラウンジにはテレビ付きリクライニングシートが並び、男女共用で52席。ほかに有料ラウンジ(18席)、女性専用ラウンジ(30席)も。午睡のつもりが、薄暗い照明下では爆睡になってしまいそう。18歳未満を入館不可としているにせよ、客はみな上品な方々ばかりと見受けられる。店のコンセプトがしっかりしているから、おのずと客も選ばれるのだろうか。

高級スパゆえ敷居も高いが、1年にいっぺんは奮発して訪ねたい。自分に合った最高のサウナを楽しむためにも(と言いつつ好みは変わるかもしれないけれど)。各地方都市に名店あれど、ようやく東京No.1を見つけた気分だ。

タイムズスパ・レスタ
住所/東京都豊島区東池袋4-25-9 [地図]
電話/03-5979-8924
交通/東京メトロ有楽町線東池袋駅2番出口より徒歩3分
     JR・西武・東京メトロ池袋駅東口より徒歩8分
料金/平日2,750円、休日3,100円
     深夜割増料金500円/60分ごと(最大2,500円)
     スピード利用(90分)平日1,800円、休日2,150円
時間/11:30〜翌9:00、年中無休

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)野球観戦で東京ドームはしょっちゅう行くのに、スパラクーアを訪ねるのは今回が初めて。ライトスタンド裏手の商業ビル5階〜9階で営業している。巨人軍の庭で、かつ高級スパであるからしてエレベーターに乗る以前から緊張する。6階のフロントでは、横一列に並んだスタッフが一斉に手を挙げる。「左から2番目の受付にお進みください」と案内役も。まるで野球のチケットカウンターか、はたまた遊園地のアトラクション。こんな温浴施設は初めてだ。

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)タブレットで説明を受け、リストバンドを受け取る。脱衣所入口のカウンターでは館内着とタオルセットを受け取る。ロッカーは番号指定で、ICタグをタッチして開閉。ずらりと並んだロッカーのいちばん奥に浴室入口。大型施設すぎて気持ちが落ち着かない。

ジャグジーもいくつかあるが、メインは温泉を使用した大浴槽だ。地下1,700mより湧出し、薄っすらと茶褐色。塩分を多く含むため、乾燥するこの時期は若干ヒリヒリする。湯船が浅めなのは好みが問われるところだが、長く浸かりたいなら半身浴、あるいは寝湯で。

曲線を描いた湯船が印象的な室内から、さながら屋上庭園といった雰囲気の露天風呂へ。こちらはぬる湯、あつ湯の2つ。時折り聞こえてくるのは、悲鳴を乗せ、轟音とともに滑り落ちるジェットコースター。塀で完全に遮断せず、せっかくならチラ見でもと思うのだが、ラクーアならではのやかましさだ。

サウナは愛好者泣かせの個性的な3室。2回ずつ計6回セットも入ってしまったから、いくら時間があっても足りない。オールドログは約100℃で、山小屋をイメージした静かな小空間。スタジアムは階段状で最上段は約90℃、テレビを観ながら。村田や長野など巨人の選手のバットを入口に飾っている。ヴィルデンシュタインは約80℃で、ロウリュを1日5回開催している。

アロマ水をかけ、タオルで熱気を回旋するだけのシンプルな内容。だからこそ真価が問われる。満員の客を前にして、熱波師の腕の見せ所だ。この日16時の回では、最初の1杯目でわかった。「熱いやつが降りてくる」と。ひさびさに刺激の強いロウリュを味わった。2つある水風呂は、どちらかもっと冷たくてもよいと思った。

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)奮発して訪ねたので、少しでも得をしようとランチパックを利用。なかなか男一人じゃベトナム料理なんて食べる機会もないが、実質1,000円で堪能できるとはありがたい。ふと見渡せばカップル率も高いが、リクライニングシートの空きなど全く無くて、カップルが仲良く寛げないと思えば可哀想だが、これが人気店の現実。まったりしていないで風呂に入りなさいと言いたいが、風呂に入って食事したってせいぜい3時間くらいだから、ショートコースの料金設定があればよいのに。

パンフレットを見ると、8階〜9階のヒーリングバーデ(岩盤浴)をイチオシしているが、入館料と合わせ、さらに食事したら5,000円なんてあっという間。さすが東京はデートも高くつくなと若いカップルを心配する。WBCの試合前とあって、ここから隣の東京ドームへ向かう同志も多数。スーツ姿のサラリーマンも多く、さまざまな客が、さまざまな目的で訪ねるようだ。

東京ドーム天然温泉 スパラクーア(東京都文京区春日)

東京ドーム天然温泉 スパラクーア
源泉/小石川温泉(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/東京都文京区春日1-1-1 東京ドームシティLaQua5〜9F [地図]
電話/03-5800-9999
交通/東京メトロ丸の内線・南北線後楽園駅より徒歩1分
     都営地下鉄三田線春日駅より徒歩2分、三田線水道橋駅より徒歩3分
     JR中央線・総武線水道橋駅より徒歩6分
料金/大人2,634円、小学生以上18歳未満1,836円、小学生未満は入館不可
     深夜割増料金(1:00〜6:00)1,944円加算
     休日割増料金(土・日・祝・特定日)324円加算
     ヒーリングバーデは別途864円(11:00〜23:30)
時間/11:00〜翌9:00(18歳未満は11:00〜18:00)、年中無休  

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)上野界隈にはサウナ店が点在し、北欧プレジデントセンチュリーなど名前からして個性的。極めつけはダンディだ。ショートコースの料金設定がなく、いままで訪ねる機会を逸していたが、楽天などで格安クーポンを発見。我ながら賢い作戦だ。

ダンディズムを極めるべく、いざ上野へ。鈴本演芸場の並びにあって、パチンコ店などが入居するビルの3階〜8階で営業。中央通りに面し、上野駅、上野広小路駅、御徒町駅などがいずれも5分圏内だから、交通の便は抜群に良い。エレベーターホールのテレビでは店内紹介が流れており、色あせた映像はいつの時代かと。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)エレベーターを6階で降りると、すぐ目の前はフロントだ。ロッカー室やレストランも同じフロアにある。入館手続きを済ませたら、館内着に着替えて7階の浴室へ。二股温泉の新規導入を全館挙げてPRするが、人工温泉装置がかなり年季を経ているのは何故か。

浴室の天井は高く、一部はロフトのような構造。上から「アカスリどうですかー?」と呼び込みがしつこい。露天風呂はわずかな広さだけど、東京出張のサラリーマンには喜ばれているのかも。近隣のビル群を眺め、夜の灯りがまぶしい。窓ガラス越しにサウナ室のテレビが観えるのは素晴らしいアイデアだ。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)サウナはカラカラに乾いた熱さで、温度計は100℃以上を指しているが、体感はさほどでもない。浴室と露天の二方向を窓にしているから、熱逃げするのだろう。あまりしっくりこないから3セット目は手短に終わらせようと思っていたのに、テレビが面白くて気付けば12分計が2周半。ふだんは10分ないし頑張って15分なのに、そのときは噴き出した汗がやがて気化して、身体の熱を奪っていく不思議な感覚。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)思いがけず長時間をサウナ室で過ごし、慌ててレストランへ。和洋中と意外にメニュー豊富で、ステーキや焼き魚もある。サウナ店ならではといえば、オロナミンCとヤクルトをかけ合わせた「オロヤク」だろう。終電の時間が刻一刻と近づき、3階の休憩室(リクライニングシート・簡易マット)に立ち寄る暇はなく、結局は小走りで上野駅へ。駅に近いからありがたい。カプセルは3フロア・3ランクに分かれており、300円ずつの加算でランクアップとわかりやすい料金体系だ。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)

サウナ&カプセルホテル ダンディ ※男性専用
住所/東京都台東区上野2-6-11 エッグビル [地図]
電話/03-3839-8100
交通/地下鉄上野広小路駅、上野御徒町駅より徒歩1分
     JR御徒町駅、京成上野駅より徒歩3分
     地下鉄湯島駅より徒歩4分
     地下鉄仲御徒町駅、JR上野駅より徒歩5分
料金/早朝入浴1,000円 ※5:00〜12:00(最終受付10:00)
     普通入浴1,800円 ※10:00〜23:00
     深夜入浴2,800円 ※23:00〜翌10:00
時間/24時間、年中無休

国立温泉 湯楽の里(東京都国立市谷保)

国立温泉 湯楽の里(東京都国立市谷保)国分寺駅と立川駅の中間だから国立駅というのは有名な話。駅が開設され、駅前が学園都市として整備される以前は、甲州街道沿いの谷保がこの地域の中心だったという。いまでも国道20号線沿いのロードサイド店は活況を呈しており、「フレスポ国立南」も例に漏れず。食品スーパーとホームセンターを核としたショッピングモールで、広大な駐車場を持つ。その一角にあるのが国立温泉湯楽の里だ。

国立温泉 湯楽の里(東京都国立市谷保)1階に駐車場、2階に店舗を構える。まずは受付を済ませるが、入館料は後払い。リストバンドを受け取り、館内奥の脱衣所へ。ロッカーは好きな番号を使用する。

浴室内には人工炭酸泉と白湯、水風呂、そして2つのサウナ。高温サウナとスチーム塩サウナだ。特筆すべきこともなく、スーパー銭湯に付き物のジェットバスは露天に申し訳程度にあるのみ。うっすらとお湯を張った寝ころび湯もあるが、この店の魅力は、なんと言っても見晴らしの露天風呂だ。地下1,800mから湧出した温泉を唯一使用し、上の湯(かけ流し)と下の湯(加水循環)を左右に分けている。秩父や丹沢の山並みを眺め、時には富士山も遠望するという。いつか昼間に訪ねたいと思いながら、今回もまた漠然とした夕闇を眺めるが、都内にいながらにして視界が開けた開放感はなかなか無い。上の湯と下の湯はどちらも景色を向いて客は二列横隊に座る。同じく2011年にオープンした横須賀温泉とつくりは一緒だ。

国立温泉 湯楽の里(東京都国立市谷保)

待合いロビーをゆったりと設けているが、ひとり静かに過ごすならリクライニングシートにて。テレビ付き/無しの全54席、ブランケットや漫画本の棚もある。また、館内にはフリーWi-Fiも。平日の遅い時間は若い客層で賑わっており、さすがは学園都市だと思ったが、それだけじゃない。車なら立川、日野、多摩、府中など近隣都市からのアクセスも良く、のんびり過ごせる割安感。総合点で高評価を稼ぐ店だ。

国立温泉 湯楽の里
源泉/国立温泉湯楽の里(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都国立市谷保3143-1 フレスポ国立南 [地図]
電話/042-580-1726
交通/JR南武線矢川駅・多摩モノレール万願寺駅より徒歩15分
     国道20号線(日野BP)「石田大橋北」交差点より約400m
     ※共用の無料駐車場650台分あり
料金/(平日)大人820円、こども410円
     (休日)大人930円、こども510円
     ※こどもは0歳〜小学生
時間/9:00〜25:00、年中無休

生涯青春の湯 つるつる温泉(東京都日の出町大久野)

生涯青春の湯 つるつる温泉(東京都日の出町大久野)あきる野市と青梅市に挟まれた西多摩郡日の出町。圏央道のICくらいでしか見聞きしないマイナーな町で、豊かな大自然が町域の殆どを占める。つるつる温泉はこの町唯一の温泉施設で、せっかくなら町民の多く住む五日市線沿線にあれば良さそうなのに、秋川街道「つるつる温泉入口」交差点からは約6kmの道のり。機関車を模した路線バスも走っているようだが、それは途中にあるセメント工場までを結んでいた五日市線岩井支線に由来する。セメント工場から先はなだらかな山道が続く。

御岳山からのハイキング帰りの立ち寄りも多いのだろうか、それらしい服装もちらほら見るし、売店にも土産物の類いが多く並ぶ。地元法人に運営委託しているが、やたら広くて殺風景なロビーや畳敷き休憩室などに、町営施設であることが見て取れる。下足箱とロッカーの鍵を引き換え、浴室のある2階へ。

生涯青春の湯 つるつる温泉(東京都日の出町大久野)

生涯青春の湯(洋風)、美肌の湯(和風)の2つの浴室は男女日替わりで、この日は男性が美肌の湯。パンフレットを見る限りでは洋風・和風の違いが明確でないし、昨年のリニューアルでは洋風なのに檜風呂を設けるとか意味がわからない。浴室に入った途端に足が滑って、まさにつるつる温泉の名の如しだな、と。ちなみにpH9.9の高アルカリ泉だ。施設のオープンは1996年とあって、ひと昔前の雰囲気は否めないが、かえってそれが田舎風情を盛り立てる。

生涯青春の湯 つるつる温泉(東京都日の出町大久野)

温泉は地下1,500mから湧出。ぬるめの湯加減がよい。浴室内には大小2つの湯船が、露天には瓢箪の形をした湯船がある。温泉よりも衝撃を受けたのは冷たすぎる水風呂で、水道水を使用していると書いてあったが、温度計はなんと7℃を指していた。何かの間違いではないかと、サウナと水風呂を繰り返すが、3度目には心が折れた。山あいの施設で、しかも真冬とあって、外気浴も(ちょっとなら)気持ちよく、温泉好きのみならずサウナ好きも納得するだろうと思った次第。

生涯青春の湯 つるつる温泉(東京都日の出町大久野)ラストオーダーの館内放送に急かされ、大広間の食事処へ。閉館が20時だから、ラストオーダーは19時と早いのだ。名物は秋川牛の朴葉焼きやとろろの定食。こちらも期待通りの田舎風情だ。パノラマ食堂は昼間のみの営業なのか、こちらは景色が良さそうだ。気になる「ひので温泉音頭」はカセットテープ(100円)でしか販売しておらず残念だが、せっかくなら館内でも流せばよろしいのに。



生涯青春の湯 つるつる温泉
源泉/生涯青春の湯 ひので三ツ沢つるつる温泉(単純温泉)
住所/東京都西多摩郡日の出町大久野4718 [地図]
電話/042-597-1126
交通/JR五日市線武蔵五日市駅よりバス約20分「つるつる温泉」下車
     都道31号線(秋川街道)「つるつる温泉入口」交差点より約6.4km
     ※無料駐車場150台分あり
料金/大人820円(3時間)、小学生410円、未就学児無料
     平日18時以降は大人620円
時間/10:00〜20:00、毎月第3火曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ