旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

東京都

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢) ※2019/6/15リニューアルオープン

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)両国国技館や江戸東京博物館などで知られ、多くの観光客が訪れる地で、都市型・滞在型スパといえば両国江戸遊。疲れを癒すもよし、翌朝まで営業しているので宿代わりにも。それなりの料金はするし、12歳未満利用不可だから、ハイソサエティな大人向けの施設だと言える。オープンから20年以上を経過しており、このたびコワーキングスペースの新設など、増改築を伴う大規模リニューアルを行った。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)大江戸線両国駅から錦糸町方面に伸びる「北斎通り」。この地で生まれた浮世絵師・葛飾北斎にちなむ。江戸遊は北斎通りに面して建ち、モダンな外壁が印象的。お隣の錦糸町と比べて街は穏やかで、江戸遊の館内もゆったりとした空気感。下足箱の鍵にICタグが付いており、受付後はそのまま精算用バンドとして使用する、最近よく見るシステム。入館料にはタオルセット、館内着、岩盤浴セットが含まれている。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)受付の際には「岩盤浴も利用しますか?」と訊かれたが、利用しないと割引になるのかは不明。ビルは5フロアからなり、階の移動はエレベーターか階段にて。1階がフロントと物販コーナー、2階が男性浴室、3階が食事処と一部休憩スペース、4階が女性浴室、5階が岩盤浴とボディケア。コワーキングスペースは2階と4階にそれぞれあるため、カップルでの利用には不向き。共用スペースとして新設しなかった理由はのちほど。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)長時間滞在をコンセプトにしており、数多くのロッカーのわりに、(平日の昼間ということもあって)浴室は空いていた。まず目に飛び込んでくるのは、壁に描かれた葛飾北斎の代表作、富嶽三十六景「神奈川波浪裏」。ほかに江戸を連想させるものはなく、浴室内にはジャグジー、あつ湯、炭酸泉。上空をわずかに見上げる露天エリアには薬湯と、寝湯のシルクバス。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)サウナは2室あって、約90℃のフィンランドサウナでは、ikiストーブがジュワっと頻繁に音を立てる。スタッフによるロウリュも15時・17時・19時の1日3回開催。一生懸命タオルで扇いでくれる。ベンチ下の照明が青、赤、黄色とグラデーションのように変わっていくさまがおしゃれだ。中温サウナはボナサームで70℃前後。冷たい水風呂でシャキッとしたあと、ベンチ1つしかなくては様子をうかがうよう。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)岩盤浴は3室あるが、ラドン岩盤浴のみ別途1,000円。ほか2室については収容人数にも限りがあるため、休日のみ予約制のようだ。温度、湿度、床暖房とも設定が低いのか、ちょっと物足りない印象。その代わりゆっくり寝ていられるけれど。休憩スペースとして椅子を並べて置いてあるだけで、もうちょっと何とかならんのかという印象も。(浴室、サウナ、岩盤浴の写真は公式サイトより転載)

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)館内着に袖を通し、コワーキングスペースへ。「湯work」と名前も洒落ており、目の前に広がるのは浴室そのもの。湯船やシャワーブースでどう過ごすかは使う人次第。サウナの電源はさすがに入っていないが、おじさんグループの在室中は熱気でやや曇っているようにも見えた。せっかくパソコンを持参したのに、ほかにコワーキングしている人はおらず。わざわざ浴室に見立てて造作したのかと思いきや、リニューアル前の浴室をそのまま転用。かつての脱衣所はリクライニングシートの休憩室に。(商店建築 -Designer's Showcase)

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)二八蕎麦や天ぷらを売りとした食事処は、上品な雰囲気とそれに見合った価格設定。施設全体としても綺麗で新しく、お湯に浸かったりするだけでなく、日がな一日のんびり過ごしたい人におすすめ。とりわけ、ワンランク上の快適性だったり、静かな空間を求める人には最適な環境。都市型かつ大人の隠れ家スパといった印象だ。



両国湯屋 江戸遊
住所/東京都墨田区亀沢1-5-8 [地図]
電話/03-3621-2611
交通/都営地下鉄大江戸線 両国駅 A3・A4出口より徒歩1分
     JR総武線 両国駅東口より徒歩5分
料金/大人2,700円、中人2,000円(12歳以上18歳未満)
時間/11:00〜翌9:00、年中無休

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原) ※2019/3/1リニューアルオープン

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原)リニューアルによって日の目を浴びる銭湯もある。大田区の益の湯はこのたびのリニューアルによって、屋号を「COCOFURO ますの湯」とし、看板もかわいらしく若々しいデザインへ。蒲田から池上線で4つ目、久が原駅前という立地も魅力的で、なんと朝6時から営業。リニューアルの話題を機にますの湯を知り、遠方から訪ねてくる客も多いはずだ。

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原)券売機でチケットを購入してフロントへ。こじんまりとしたロビーや脱衣所もきれいに改装済み。浴室は手前に洗い場、奥に湯船が2つ。黒湯の温泉は熱めに沸かし、炭酸泉はぬるめに。温度にメリハリがあるし、ジャグジーなどを設けなかったのはいまどきの主流。サウナの利用は無料で、真新しい木の香りがする小空間。身体に優しいボナサウナで、テレビもなく砂時計が2つあるだけ。

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原)洗い場の半分を潰し(島列の半分と壁側のカランを撤去)、椅子やベンチを設け、くつろぎスペースに転換。つぼ湯の源泉水風呂はサウナ後にしゃきっと、温泉との温冷交互浴にも持ってこい。ペンキ絵やタイル絵といった銭湯ならではの装飾はないが、グレーとカーキの空間が目にも優しく、落ち着いた気分へと誘う。

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原)稲城天然温泉 季乃彩佐倉天然温泉 澄流など人気スーパー銭湯を手掛ける楽久屋の再生銭湯1号店。町の銭湯とスーパー銭湯の境界線なんて所詮は曖昧なもの。地元に根ざした銭湯の魅力を活かしつつ、いろいろと削ぎ落とし、最小限のアイテムにこだわりを。次世代を見据え、スタイリッシュで心地よい空間へと生まれ変わった。

COCOFURO ますの湯(東京銭湯マップ)
益の湯(大田浴場連合会)→改装前の店内の様子も

COCOFORO ますの湯
源泉/温泉法の温泉(重炭酸そうだに該当)
住所/東京都大田区南久が原2-1-23 [地図]
電話/03-6410-4797
交通/東急池上線久が原駅より徒歩1分
料金/大人460円、小学生以下180円、未就学児80円
時間/6:00〜24:00、3月・6月・9月・12月の第2木曜日定休

※浴室の写真は東京銭湯マップより転載

RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町) ※2019/3/1オープン

RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)千代田区との賃貸借契約満了に伴い、昨年9月30日に惜しまれつつ閉店した神田江戸遊。その後の事業者公募によって極楽湯の運営が決定し、設備機器の大規模修繕や館内改装がなされた。そして今月1日に「RAKU SPA 1010 神田」として新たなオープンを切ることに。同社の上位ブランド「RAKU SPA」といえば、鶴見や名古屋など大型店が見せ場。限られたビルの空間でどう実現するのか、これは見ものだ。

RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)公衆浴場(460円)としての利用形態はもちろん残しつつ、サウナ付きコース、館内フル利用の10時間コースを設定。下足箱の鍵がそのままリストバンドとなり、フロントで入館登録。脱衣所ロッカーは好きな箇所を使用するが、せせこましくて混雑していた。場所柄、仕事帰りのひとっ風呂で立ち寄る客が多いのか、江戸遊の頃と同じく相変わらずの盛況ぶり。

RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)

浴室のレイアウトは変えようもなく、炭酸泉と替わり湯、水風呂の3つ。窓ガラスには御茶ノ水や霞が関を描いた錦絵図。入館時にフロントで渡された緑色のタオルが、サウナ利用の証し。ベンチをL字型に設けた10人ほどの小空間で、常に5〜6人が出たり入ったり。それでも約90℃はキープしており、水風呂17℃台とともに万人受けするセッティング。

RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)風呂あがりには2階レストランに立ち寄ってみたが、随分とあか抜けた雰囲気に様変わり。おしゃれな洋食メニューをメインに、アルコールも充実。スーパー銭湯の飲食よりも格段にハイレベルだし、価格も良心的。神田や御茶ノ水界隈なら飲食店に困らないだろうけど、知らない店に飛び込むくらいならば、こちらでの食事をおすすめしたい。

RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)そして、RAKU SPAコースの専用フロアは4階(女性専用で地下1階にも)。ここは館内着で利用する。限られた広さをコワーキングスペース、くつろぎスペースと分けているが、その区切りも曖昧にして、いくつものコンセプトが隣り合っている。きっちり仕事をこなすならシンプルなデスクで、コミック5,000冊のライブラリーはリビング感覚で。ハンモックに揺られてみたり、ごろ寝してだらだらしたり、テレビ付きのリクライニングシートも約10席。自分好みのスペースがきっとあるはず。

RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)運営会社が変わると、館内の雰囲気はこうも変わるものかと。もちろん最近の流行も反映しているが、コンパクトながらラクスパの世界観は存分に楽しめる。さながら都会の遊び場といった感覚で、仕事帰りにふらっと立ち寄れるのが魅力だと思うし、むしろ休日に10時間フルで過ごすのもありかと。極楽湯の手腕には脱帽する思いだ。

RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)
RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)RAKU SPA 1010 神田(東京都千代田区神田淡路町)



RAKU SPA 1010 神田
住所/東京都千代田区神田淡路町2-9-9 [地図]
電話/03-5207-2683
交通/JR中央線・総武線 御茶ノ水駅聖橋口より徒歩5分
     地下鉄 新御茶ノ水駅・淡路町駅・小川町駅より各徒歩5分
     JR・地下鉄 神田駅より徒歩10分
料金/銭湯コース(3時間) 大人460円、中人180円、小人80円
     サウナコース(3時間)890円
     RAKU SPAコース(10時間)1,460円 深夜割増1,200円(24時以降)
時間/11:00〜翌8:00(銭湯・サウナコースは24時〜翌5時まで利用不可)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ