旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

東京都

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)上野がサウナの激戦区とはいえ、3時間1,100円はどの店と戦っているのか。さらに値下げして800円とは驚いた。たとえば、スーパー銭湯が別料金としているタオルレンタルや館内着を差し引いたら、と考えてほしい。安かろう悪かろうでも仕方ないかと思いつつ、エレベーターで4階へ。

券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵を貰い、靴をしまったら鍵を預け、ロッカーの鍵を貰う。受付には中国系のおねえさん。日本語の発音は怪しいが、英語は堪能。流行りのインバウンド対策か。

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)カプセル客が多いのか、多くのスーツケースをひとまとめにした保管場所も。サウナ客専用のロッカーは全体の4分の1ほど。夕方から風呂に入っているのは、くたびれたおじさん数名。浴室の雰囲気もよくある昭和のオジサウナ。天照温泉という名の人工ラジウム泉にはジャグジーとバイブラを設け、もうひとつは水風呂。デジタル表示が壊れたのか「18℃」の紙を貼っている。おそらく設定温度で、体感はそれ以上。わずかに開いた窓の隙間から山手線などを眺め、時おり心地よい風が入ってくる。

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)サウナ室はベンチをコの字に設け、奥だけ3段、ほか2段。しばらくしてからどっと汗が噴き出す。ロウリュウを1日5回開催し、アロマの残り香はいつまでも立ち込めているが、客が少なく扉の開閉が少ないことに加え、単純に言えば排気口がふさがれていた。

やがてロウリュウの開催となり、担当はアジア系のおにいさん。ポロシャツにジーンズ、さらに靴下を履いてくるとは普段着感覚か。バシャっと適当にやるもんだから、自分までアロマ水をかけられるし、間近で扇がれてるのにタオルの風が届かない。うちわが棚の上にあるじゃないか。わずか2分で終了した。

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)休憩室はソファタイプのリクライニングシート。快適すぎて動けない。テレビを観ながらみんなが笑う、いい空間。しかし、嫌煙家にはつらいかも。わずかに仕切った飲食コーナーでカップラーメンを食べるくらいなら、退館して(カプセルなら外出して)通りを歩いたほうがいい。飲食店は無数にある。上野と御徒町の中間に位置し、庶民の財布にやさしく、いつでも気軽に立ち寄れる。格安パラダイスかここは。

カプセル&サウナ ニューセンチュリー ※男性専用
住所/東京都台東区上野6-9-7 [地図]
電話/03-3839-2444
交通/JR御徒町駅北口より徒歩3分、上野駅広小路口より徒歩3分
料金/サービスサウナ3時間以内800円(4:00〜23:00)
     カプセル休憩8時間以内1,800円(4:00〜20:00)
     深夜サウナ2,500円(21:00〜翌11:00)
時間/24時間、年中無休

改正湯(東京都大田区西蒲田)

改正湯(東京都大田区西蒲田)蒲田といえば日本工学院。西口に広大なキャンパスを構える国内有数の総合専門学校だ。立派な校舎に圧倒され、そして行き交う学生の姿を眺めつつ、その先の住宅地へと抜けていく。改正湯はいわゆるビル銭湯で、駐車場を半地下に設けているから、銭湯とコインランドリーは地盤面より高い。そのアプローチをバリアフリー改修し、高齢化社会に対応。

改正湯(東京都大田区西蒲田)フロントで料金を支払い、脱衣所へ。浴室はストリートビューでも見れるから細かく説明しないが、町の銭湯としてはごく普通のサイズ感なのに、お湯は趣向を凝らした全5種類。

温泉の湧く銭湯の多くは、温泉と白湯を半々にしているが、改正湯の場合はそれをさらに分割。温泉には人工炭酸泉と水風呂もあって3種類、白湯はシルク風呂とジャグジーの2種類。矩折りに仕切っているため1つ1つは2人が精一杯のサイズだから、「広い湯船で手足を伸ばして…」という方には向かないかも。



源泉名の女塚とは西蒲田の旧町名。昭和4年創業というからめでたく米寿。黒湯で炭酸泉とは最新の発想だが、黒湯特有のぬるっとした肌ざわりを堪能するなら水風呂だろう。温度計は30℃を指していたが、湯船で火照った身体にひんやりとしみ入る心地よさ。願わくば空いている時間帯に水風呂を独占したい。

改正湯(東京都大田区西蒲田)

改正湯
源泉/女塚温泉(ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉)
住所/東京都大田区西蒲田5-10-5 [地図]
電話/03-3731-7078
交通/JR京浜東北線蒲田駅西口より徒歩8分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜24:30、毎週金曜日定休

蒲田温泉(東京都大田区蒲田本町)

蒲田温泉(東京都大田区蒲田本町)大田区内に黒湯が湧く銭湯は数あれど、知名度で群を抜くのは蒲田温泉だ。蒲田郵便局の角をまっすぐ雑色方面へ。JRでも京急でも駅から1km足らずの距離。住宅地の中には不釣り合いなほどのド派手な看板が立ち、夜は煌々と灯る。玄関先には時に自転車が多数並び、お年寄りはベンチで茶飲み話。この光景にはいつも圧倒される。

蒲田温泉(東京都大田区蒲田本町)券売機は印字した紙ではなく、小さなプレートで、フロントに差し出す。浴室備え付けのボディソープとシャンプーは毎朝補充しているそうだが、昼14時に訪ねた時点ですでに半分以上は減っていた。いかに客が多いかは明らかだし、そもそも10時オープンはなかなか使い勝手が良い。

蒲田温泉(東京都大田区蒲田本町)奥行きが細長い浴室は、手前にサウナと水風呂、洗い場の先に湯船を4つ配置。真っ黒の温泉を湛えた湯船は、低温湯と高温湯に分かれている。温度計が表示してくれないが、低温湯とはいえ40℃ほどではないかと思うし、「打たせ湯」と名が付いたショルダーネックの装置は作動せず。「新3大熱い銭湯」とテレビでも紹介された高温湯も、しばらく浸かっていられるのだから42〜43℃ほどか。「あまり水で埋めないでください」とあったが、そもそも蛇口がなかった。夏場だから温度を下げているのだろうか。すべすべの肌ざわりを楽しみながらも、のぼせてしまいそう。(写真は蒲田温泉公式サイトより転載)

蒲田温泉(東京都大田区蒲田本町)バイブラと電気風呂は温泉ではなく、そのせいかおそらく同じ温度なのに熱さが身に応える。のぼせてしまいそうだから早々と切り上げ、サウナへ。狭い2段式だが、無料だから文句は言えない。身体が大きく太った人と同じタイミングとなり、見た目の圧迫感、そして余計に室内が熱く感じるから不思議。水風呂は並んで2人が限界で、太った人が半分以上あふれさせてくれるから、常時吐水、さらには蛇口も押しっぱなし。とはいえ温くて、湯船の客もこちらの様子をうかがっている。水風呂渋滞だ。(写真は蒲田温泉公式サイトより転載)

蒲田温泉(東京都大田区蒲田本町)2階の大広間では食事やカラオケが利用でき、さらには仮眠室があるようだ。いっぺん覗いてみたいが、あいにくの定休日(水曜日)だったり、この日もなぜか階段を上がれなくしていた。町の銭湯で宴会を催すなど想像しがたいが、「遠くの温泉より近くの温泉」とは言い得て妙で、地元憩いの場として賑わうなら理想形。健康ランドの元祖と言えるかも。ちなみに昭和12創業とのことで、今年は80年の節目。おめでたい。

蒲田温泉(大田浴場連合会)

蒲田温泉
源泉/蒲田温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉)
住所/東京都大田区蒲田本町2-23-2 [地図]
電話/03-3732-1126
交通/JR京浜東北線蒲田駅より徒歩12分、京急蒲田駅より徒歩12分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/10:00〜25:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ