旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

東京都

東京天然温泉 古代の湯(東京都葛飾区奥戸)

東京天然温泉 古代の湯(東京都葛飾区奥戸)新小岩駅を降りるとまっすぐレインボーに向かってしまいがちだが、いつも気になる古代の湯の看板。そこから送迎バスが発着し、約10分ほどの距離にある。新小岩自動車学校やゴルフ練習場なども手掛けているようで、現地にも巨大看板が立つ。建物は大きすぎるがゆえ、夜だと写真映えしないが、老舗健康ランドといった雰囲気。フロントもなかなかの渋さを感じさせる。

東京天然温泉 古代の湯(東京都葛飾区奥戸)下足箱の1137(いいサウナ)を使おうかと思ったら鍵が抜けず。よほど使用頻度が高いのだろうか。料金の支払いを済ませ、ロッカーの鍵と一緒に渡されるのがリネンの引き換え券。階段を上がるとすぐに引き換えカウンター。タオルセットと館内着を受け取る。館内の案内や注意書きはすべて毛筆書き。大事な箇所は朱書きという、時代が止まっている感。タオルの持ち帰りご遠慮くださいといった文言はよく見るけど、犯罪うんぬんとは穏やかでない。

東京天然温泉 古代の湯(東京都葛飾区奥戸)浴室はがらーんとしたもので、まずは広々とした温泉浴槽。お湯は絶えず溢れ、オーバーフローの吸い込みが悪いのか、轟音が止まらない。循環しすぎか湯が古く(若干鼻をつく匂いも)、しかし塩分を多く含むため、長湯していたらのぼせそう。テレビ番組で、冷え性を改善する都内の温泉施設ランキングで堂々の1位に輝いたそうで。露天の岩風呂は3段になって、湯が落ちていく。室内では黄土色の温泉も、露天では茶褐色。岩風呂を大きく作りすぎたか、室内からの動線が悪いのはご愛嬌。

東京天然温泉 古代の湯(東京都葛飾区奥戸)浴室内には檜風呂、入浴剤を使用した替わり湯、小石を敷き詰めた歩行湯などもあるが、やや昔感覚なのは否めない。大型店だけあってサウナは3室あり、高温、中温、スチームという内容。高温サウナは円型で囲いをして石を積んでいるが、ネットの情報によれば熱源は稼働しておらず、実質は壁伝いに対流するボナサウナ。中温サウナはそろそろ板を張り替えた方が良さそう。高温サウナ以上に匂いが気になる。テレビがない代わりに、聞こえてくるのは温泉浴槽からの轟音。洞窟イメージな水風呂はちょっと温いし、キャンプ用の椅子は違和感しかない。

東京天然温泉 古代の湯(東京都葛飾区奥戸)休憩スペースは3階にあって、コードコーナーやキッズルーム、ゲームコーナー、仮眠室など。4階にはステージ付きの大広間や中宴会場などを備え、ゆとりある館内設計ではあるけれど、ラストオーダーが早いせいもあって、賑やかさは皆無。週末は歌謡ショーを開催しており、違った雰囲気が見られるのであろう。古代の湯は大人料金も平日の半分はキャンペーン料金だが、こどもは一端の料金設定。それに対して、近隣だと船堀のまねきの湯は毎日こども無料。集客の狙いを互いに牽制し合っているかのよう。どちらかと言えば古代の湯はシニア世代向けか。しかしながら、健康ランド級の大型施設ゆえ、幅広い世代で活気あふれる館内が理想的かと思う。

東京天然温泉 古代の湯(東京都葛飾区奥戸)
東京天然温泉 古代の湯(東京都葛飾区奥戸)

東京天然温泉 古代の湯
源泉/東京天然温泉 古代湯(含ヨウ素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/東京都葛飾区奥戸4-2-31 [地図]
電話/03-5654-2611
交通/JR総武線新小岩駅南口より無料送迎バス(10分おきに運行)
     または新小岩駅北口より徒歩18分
     環七通り(都道318号線)「奥戸陸橋下」交差点より約750m
     ※無料駐車場450台分あり
料金/大人2,634円、小人1,296円(0歳〜小学生)
     深夜割増料金1,620円(深夜1時間以降在館の場合)
時間/10:00〜翌8:00(深夜2時以降は入館不可)、年中無休

※露天風呂、サウナの写真は公式サイトより転載

ホテルファミーINN 錦糸町(東京都墨田区江東橋)

ホテルファミーINN 錦糸町(東京都墨田区江東橋)錦糸町駅南口を出て、すぐ右手に見える「サウナ」の看板。皆さん、気になりつつも素通りしているはず。ニューウイング楽天地の誘惑を振り払い、商店街を先へと進む。錦糸町が誇る最後の砦といえば、ホテルファミーイン(サウナファミー)だ。スチームサウナのみ。おそらく物足りないだろうし、そしたらサウナ錦糸町の高温カラカラへハシゴすれば良い。そんなことを考えながら入館すると、旅行客の片言訛りを日本人スタッフが相手して、ぼくの相手は片言訛りの中国人スタッフ。おそらく逆なら意思疎通がスムーズだったはず。

ホテルファミーINN 錦糸町(東京都墨田区江東橋)料金を支払い、タオルと館内着の入ったバッグ、ロッカーの鍵を受け取る。エレベーターで14階へ。メインはビジネスホテル(客室82室)だから、サウナの利用は宿泊客のチェックイン以降。訪ねたのは16時頃だったが、案の定貸し切り。高層階を感じさせるでもなく、この時間なら明るくこざっぱりとした室内。カラン4つと立ちシャワー1つ、湯船とスチームサウナ。誰もいないのをいいことに、スチームサウナで横になってみるも、天井から時おり熱湯が落ちてくる。イラっとするので、熱波師のごとくタオルで雨を降らす。

ホテルファミーINN 錦糸町(東京都墨田区江東橋)サウナ室の温度は53℃とスチームにしては頑張っている感あるけれど、いまいち温まらないし、いったん湯船へ。スチームサウナ特有のむわっと感で息苦しいし、水風呂がないから締まらない。それでも1,080円支払った元を取るべく、無理やり2セットこなす。

ガウンタイプの館内着に袖を通して休憩室でも、と思ったが、レストランの入口にはおばちゃんがさっきから座っている。いったいどういう理由だか。その後は予定通りのサウナ錦糸町。これにて錦糸町のサウナを完全制覇。達成感はとくになし。

ホテルファミーINN 錦糸町(東京都墨田区江東橋)

ファミーINN 錦糸町 ※サウナ付き大浴場の利用は男性のみ
住所/東京都墨田区江東橋2-17-4 [地図]
電話/03-3631-7155
交通/JR総武線・東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅より徒歩1分
料金/1,080円
時間/外来客の利用は15:00〜23:00

井草湯(東京都杉並区下井草)

井草湯(東京都杉並区下井草)滅多に乗らない西武新宿線。各駅停車で新宿から約20分、井荻駅で降りて井草湯へ。井荻は下井草と上井草に挟まれた駅で、この辺りの旧地名。字のごとく井草と荻窪の組み合わせで、いまは駅名だけに名を残す。環八が都心と郊外の分かれ目だと仮定すれば、環八は井荻駅を南北に貫くから郊外。住宅地が広がり、心なしか空も広い。

駅前から環八を南下すること徒歩5分。井草湯があるのは、早稲田通りと交差する清水三丁目交差点のほど近く。今年4月18日に建て替えオープンした銭湯で、らしくない外観だが、客はどんどん吸い込まれていく。地域コミュニティの場として役割を担っている様子。

井草湯(東京都杉並区下井草)券売機でチケットを購入し、フロントへ。サウナは別料金で、フェイスタオルとバスタオルのレンタルセットも付いてくる。ちなみにサウナは男湯にしかなく、バッグごと引っ掛けておくのが井草湯スタイル。ドアは引っ掛け鍵で開く。脱衣所のロッカーは100円リターン式。

たいていの銭湯は手前に洗い場、奥に湯船を配置するが、新しい銭湯ではセオリーにとらわれず、限られた空間の中での自由な発想。ジャグジー、水風呂、シルキー風呂のほか、浅いバイブラのこども風呂も。幼いうちから銭湯に親しんでもらおうとする、井草湯の未来志向がうかがえる。屋根が半分かかった露天風呂は炭酸泉としており、洗い場では軟水を使用するなど、最近のアイテムも積極的に採用。壁一面に花の紋様をデザインし、上品さを演出している。

コンフォートサウナは遠赤ヒーターに蒸発皿を設けたもので、80℃前後の室温(実際の表示は86℃)と、湿度25〜35%で快適性を追求する。トゲがなく、ソフトな熱さ。これ以上ハードなら疲れてしまうし、これ以下なら物足りない。普段使いの、近所の銭湯ならではのセッティングか。水風呂の冷たさ加減もちょうどいい。

ひと頃は洗練されたデザイナーズ銭湯がもてはやされたけど、こうした実用重視や日常感覚、未来志向に、銭湯の原点を見た思いがする。

いぐさ湯facebookページ
井草湯(杉並浴場組合)

井草湯
住所/東京都杉並区下井草5-3-15 [地図]
電話/03-6913-7226
交通/西武新宿線井荻駅より徒歩6分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナは別途440円(フェイスタオル・バスタオル付き)
時間/14:30〜22:30、毎週月曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ