旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

東京都

湊湯(東京都中央区湊)

湊湯(東京都中央区湊)湊という町名が表す通り、このあたりは江戸時代、舟運の荷上場だったという。現在は港町の面影などなく、ビルやマンションが建ち並ぶ、いわばウォーターフロント。この街の生活の一端を担うのが湊湯で、平安時代創建の鐵砲洲稲荷神社の北側に位置する。銭湯のイメージとはかけ離れた洒落た外観で、中をうかがい知ることができない真っ黒の入口扉。北品川の天神湯は姉妹店だが、そういえばあちらも入口がわかりにくかった。

湊湯(東京都中央区湊)「シンプル&スタイリッシュ」がコンセプトで、男女別の暖簾をくぐると「幻想的な光の回廊」、そして脱衣所へ。訪ねたのは開店の15時を過ぎた頃。決して広いとは言えない脱衣所に、客がごった返していた。近所に住むリタイア世代なのだろうか。日が暮れたらこんどは仕事帰りのビジネスマンが立ち寄るのだろう。浴室には数は少ないものの、シャンプーやボディソープ備え付け。ちなみに、サウナ利用だとバスタオルが付く。

湊湯(東京都中央区湊)浴室は男女週替わり。モダンな黒石タイプ、あたたかみのある木目調タイプらしいが、湯船で言えばシルク風呂かジェットバスか、サウナで言えばロッカーかコンフォートか。それが大きな違い。ロッキーサウナは山のように積み上げた石に、5分おきのロートロウリュあり。コンフォートサウナは遠赤外線ヒーター。サウナも水風呂も空き具合をうかがうような感じだし、銭湯ならではの忙しない感じ。繁盛しているのは良いことだけど、落ち着いた時間帯に利用したかった。

湊湯(東京都中央区湊)

湊湯
住所/東京都中央区湊1-6-2 [地図]
電話/03-3551-0667
交通/JR京葉線・東京メトロ日比谷線 八丁堀駅より徒歩5分
料金/大人460円、小学生180円、未就学児80円
     サウナは別途400円
時間/15:00〜24:30、毎週土曜日定休

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢) ※2019/6/15リニューアルオープン

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)両国国技館や江戸東京博物館などで知られ、多くの観光客が訪れる地で、都市型・滞在型スパといえば両国江戸遊。疲れを癒すもよし、翌朝まで営業しているので宿代わりにも。それなりの料金はするし、12歳未満利用不可だから、ハイソサエティな大人向けの施設だと言える。オープンから20年以上を経過しており、このたびコワーキングスペースの新設など、増改築を伴う大規模リニューアルを行った。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)大江戸線両国駅から錦糸町方面に伸びる「北斎通り」。この地で生まれた浮世絵師・葛飾北斎にちなむ。江戸遊は北斎通りに面して建ち、モダンな外壁が印象的。お隣の錦糸町と比べて街は穏やかで、江戸遊の館内もゆったりとした空気感。下足箱の鍵にICタグが付いており、受付後はそのまま精算用バンドとして使用する、最近よく見るシステム。入館料にはタオルセット、館内着、岩盤浴セットが含まれている。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)受付の際には「岩盤浴も利用しますか?」と訊かれたが、利用しないと割引になるのかは不明。ビルは5フロアからなり、階の移動はエレベーターか階段にて。1階がフロントと物販コーナー、2階が男性浴室、3階が食事処と一部休憩スペース、4階が女性浴室、5階が岩盤浴とボディケア。コワーキングスペースは2階と4階にそれぞれあるため、カップルでの利用には不向き。共用スペースとして新設しなかった理由はのちほど。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)長時間滞在をコンセプトにしており、数多くのロッカーのわりに、(平日の昼間ということもあって)浴室は空いていた。まず目に飛び込んでくるのは、壁に描かれた葛飾北斎の代表作、富嶽三十六景「神奈川波浪裏」。ほかに江戸を連想させるものはなく、浴室内にはジャグジー、あつ湯、炭酸泉。上空をわずかに見上げる露天エリアには薬湯と、寝湯のシルクバス。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)サウナは2室あって、約90℃のフィンランドサウナでは、ikiストーブがジュワっと頻繁に音を立てる。スタッフによるロウリュも15時・17時・19時の1日3回開催。一生懸命タオルで扇いでくれる。ベンチ下の照明が青、赤、黄色とグラデーションのように変わっていくさまがおしゃれだ。中温サウナはボナサームで70℃前後。冷たい水風呂でシャキッとしたあと、ベンチ1つしかなくては様子をうかがうよう。

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)岩盤浴は3室あるが、ラドン岩盤浴のみ別途1,000円。ほか2室については収容人数にも限りがあるため、休日のみ予約制のようだ。温度、湿度、床暖房とも設定が低いのか、ちょっと物足りない印象。その代わりゆっくり寝ていられるけれど。休憩スペースとして椅子を並べて置いてあるだけで、もうちょっと何とかならんのかという印象も。(浴室、サウナ、岩盤浴の写真は公式サイトより転載)

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)館内着に袖を通し、コワーキングスペースへ。「湯work」と名前も洒落ており、目の前に広がるのは浴室そのもの。湯船やシャワーブースでどう過ごすかは使う人次第。サウナの電源はさすがに入っていないが、おじさんグループの在室中は熱気でやや曇っているようにも見えた。せっかくパソコンを持参したのに、ほかにコワーキングしている人はおらず。わざわざ浴室に見立てて造作したのかと思いきや、リニューアル前の浴室をそのまま転用。かつての脱衣所はリクライニングシートの休憩室に。(商店建築 -Designer's Showcase)

両国湯屋 江戸遊(東京都墨田区亀沢)二八蕎麦や天ぷらを売りとした食事処は、上品な雰囲気とそれに見合った価格設定。施設全体としても綺麗で新しく、お湯に浸かったりするだけでなく、日がな一日のんびり過ごしたい人におすすめ。とりわけ、ワンランク上の快適性だったり、静かな空間を求める人には最適な環境。都市型かつ大人の隠れ家スパといった印象だ。



両国湯屋 江戸遊
住所/東京都墨田区亀沢1-5-8 [地図]
電話/03-3621-2611
交通/都営地下鉄大江戸線 両国駅 A3・A4出口より徒歩1分
     JR総武線 両国駅東口より徒歩5分
料金/大人2,700円、中人2,000円(12歳以上18歳未満)
時間/11:00〜翌9:00、年中無休

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原) ※2019/3/1リニューアルオープン

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原)リニューアルによって日の目を浴びる銭湯もある。大田区の益の湯はこのたびのリニューアルによって、屋号を「COCOFURO ますの湯」とし、看板もかわいらしく若々しいデザインへ。蒲田から池上線で4つ目、久が原駅前という立地も魅力的で、なんと朝6時から営業。リニューアルの話題を機にますの湯を知り、遠方から訪ねてくる客も多いはずだ。

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原)券売機でチケットを購入してフロントへ。こじんまりとしたロビーや脱衣所もきれいに改装済み。浴室は手前に洗い場、奥に湯船が2つ。黒湯の温泉は熱めに沸かし、炭酸泉はぬるめに。温度にメリハリがあるし、ジャグジーなどを設けなかったのはいまどきの主流。サウナの利用は無料で、真新しい木の香りがする小空間。身体に優しいボナサウナで、テレビもなく砂時計が2つあるだけ。

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原)洗い場の半分を潰し(島列の半分と壁側のカランを撤去)、椅子やベンチを設け、くつろぎスペースに転換。つぼ湯の源泉水風呂はサウナ後にしゃきっと、温泉との温冷交互浴にも持ってこい。ペンキ絵やタイル絵といった銭湯ならではの装飾はないが、グレーとカーキの空間が目にも優しく、落ち着いた気分へと誘う。

COCOFORO ますの湯(東京都大田区南久が原)稲城天然温泉 季乃彩佐倉天然温泉 澄流など人気スーパー銭湯を手掛ける楽久屋の再生銭湯1号店。町の銭湯とスーパー銭湯の境界線なんて所詮は曖昧なもの。地元に根ざした銭湯の魅力を活かしつつ、いろいろと削ぎ落とし、最小限のアイテムにこだわりを。次世代を見据え、スタイリッシュで心地よい空間へと生まれ変わった。

COCOFURO ますの湯(東京銭湯マップ)
益の湯(大田浴場連合会)→改装前の店内の様子も

COCOFORO ますの湯
源泉/温泉法の温泉(重炭酸そうだに該当)
住所/東京都大田区南久が原2-1-23 [地図]
電話/03-6410-4797
交通/東急池上線久が原駅より徒歩1分
料金/大人460円、小学生以下180円、未就学児80円
時間/6:00〜24:00、3月・6月・9月・12月の第2木曜日定休

※浴室の写真は東京銭湯マップより転載
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ