旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

東京都

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)おふろの王様は、東京・神奈川・埼玉に10店舗を展開。このたび花小金井店を訪ねたことで、ようやく全店舗を制覇。花小金井という地名は、玉川上水の桜並木に由来するのだとか。江戸時代より花見の名所として賑わったが、いまは小金井公園。江戸東京たてもの園、スポーツ、バーベキューなど、多くの都民が憩う。おふろの王様花小金井店は、小金井公園の北に位置し、行楽ついでの立ち寄りにも便利だ。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

フロントでは料金支払いと同時に、精算用リストバンドを受け取る。岩盤浴も利用するなら、脱衣所の手前のカウンターにて受付。この店の自慢は、地下1,500mより湧出する茶褐色の温泉。平日とはいえ浴室は賑わっており、どの湯船も隙間に割って入るようだが、一番人気は温泉を使用した炭酸泉。露天の岩風呂は一部をかけ流しにしており、こちらも人気。

サウナですらも、気づけば四方を囲まれるほど。何の特徴もない遠赤外線ヒーターのサウナだが。そして、露天側のスチームサウナにいたっては、ドアを開けたら白みがった狭い空間に、立ち客の姿も。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)

階段を上がって2階は岩盤浴エリア。リクライニングシートの休憩室は、岩盤浴の利用客専用と誰でも利用可に分かれている。テレビ付きで寛げるが、階下の騒がしさがたまに気になる。それ以外にごろ寝できる広間を2か所設け、はたまた健康器具2種類を置いてみたり、女性専用のセルフエステコーナー(泥パック)を設けたりと他にはない特色も。個性の異なる岩盤浴3室とクールルーム。浴室の賑わいはよそに、岩盤浴は混み合うこともなく、マナーの良い客ばかりだから静かに過ごせる。対価に見合った内容と言えるかも。

おふろの王様 花小金井店(東京都小平市花小金井南町)食事処はフルサービスで客席も多い。休日などは家族づれで賑わうのだろう。一人用のカウンター席も2か所に設けている。隣接する休憩所が広くないせいか、平日でもごった返しており、やや騒がしい。しかし、これも活気あるスーパー銭湯ならではの光景と思えば微笑ましい。気兼ねなく過ごせる施設として地元に定着し、確固たる人気を築き上げているようだ。

おふろの王様 花小金井店
源泉/王様温泉花小金井の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都小平市花小金井南町3-9-10 [地図]
電話/042-452-2603
交通/西武新宿線花小金井駅より徒歩13分
     都道15号線(小金井街道)「鈴木町」交差点より鈴木街道を約1.1km
     ※無料大型駐車場あり
料金/(平日)大人960円、小学生400円、幼児300円、3歳以下無料
     (休日)大人1,160円、小学生500円、幼児400円、3歳以下無料
     ※岩盤浴は別途750円
時間/9:00〜24:00

観音湯(東京都渋谷区幡ヶ谷)

観音湯(東京都渋谷区幡ヶ谷)京王新線と甲州街道が並走する幡ヶ谷は、新宿からわずか2駅という好立地。若さを感じさせる飲食店と、昔ながらの商店が雑多に混在する。狭い路地を歩いた先に観音湯。町内清岸寺の幡ヶ谷聖観音に由来するのだろうか。夕暮れ時は客の出入りも多く、南口の仙石湯と合わせて、地域の憩いの湯。サウナ込み1,000円にちょっと戸惑いつつ、タオルセット大小と脱衣所ロッカーの鍵、そしてサウナ入室のための引っ掛け鍵を受け取る。

観音湯(東京都渋谷区幡ヶ谷)奥行きのある浴室の半分に20人弱の洗い場、もう半分に湯船が並ぶ。ミクロバイブラ、電気風呂、座湯ジャグジー、水風呂。さらに勝手口のような扉を開けると露天風呂も。屋根が半分覆い、高い塀に囲まれているけれど、都会では貴重か。

さて、看板にもあった北欧サウナとはどんな感じだろうか。入口には「サウナの無断利用は詐欺罪に当たり、警察に通報する」と、穏やかではない注意書き。室内はL字型2段のベンチを設け、8人ほどが座れる広さ。いわゆるボナサウナで、ヒーターが時おり音を立てて稼働する。テレビは無く、室温計は100℃を指し、12分計は止まったまま。

ペラペラのサウナマットが汗で湿ってくると、熱くてじっとは座っていられない。ボナサウナ特有の対流や、ベンチの板の隙間も関係するのか。そして、バスタオル腰巻が正解だったのか。水風呂は一人用のサイズ。銭湯なので浴室もロビーもゆったり寛ぐ感じではなく、隣駅のマルシンスパとコスパを比較するのは野暮な話だ。

観音湯
住所/東京都渋谷区幡ヶ谷2-46-7 [地図]
電話/03-3377-5349
交通/京王新線幡ヶ谷駅北口より徒歩3分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナセット1,000円
時間/13:30〜24:00、不定休

湊湯(東京都中央区湊)

湊湯(東京都中央区湊)湊という町名が表す通り、このあたりは江戸時代、舟運の荷上場だったという。現在は港町の面影などなく、ビルやマンションが建ち並ぶ、いわばウォーターフロント。この街の生活の一端を担うのが湊湯で、平安時代創建の鐵砲洲稲荷神社の北側に位置する。銭湯のイメージとはかけ離れた洒落た外観で、中をうかがい知ることができない真っ黒の入口扉。北品川の天神湯は姉妹店だが、そういえばあちらも入口がわかりにくかった。

湊湯(東京都中央区湊)「シンプル&スタイリッシュ」がコンセプトで、男女別の暖簾をくぐると「幻想的な光の回廊」、そして脱衣所へ。訪ねたのは開店の15時を過ぎた頃。決して広いとは言えない脱衣所に、客がごった返していた。近所に住むリタイア世代なのだろうか。日が暮れたらこんどは仕事帰りのビジネスマンが立ち寄るのだろう。浴室には数は少ないものの、シャンプーやボディソープ備え付け。ちなみに、サウナ利用だとバスタオルが付く。

湊湯(東京都中央区湊)浴室は男女週替わり。モダンな黒石タイプ、あたたかみのある木目調タイプらしいが、湯船で言えばシルク風呂かジェットバスか、サウナで言えばロッカーかコンフォートか。それが大きな違い。ロッキーサウナは山のように積み上げた石に、5分おきのロートロウリュあり。コンフォートサウナは遠赤外線ヒーター。サウナも水風呂も空き具合をうかがうような感じだし、銭湯ならではの忙しない感じ。繁盛しているのは良いことだけど、落ち着いた時間帯に利用したかった。

湊湯(東京都中央区湊)

湊湯
住所/東京都中央区湊1-6-2 [地図]
電話/03-3551-0667
交通/JR京葉線・東京メトロ日比谷線 八丁堀駅より徒歩5分
料金/大人460円、小学生180円、未就学児80円
     サウナは別途400円
時間/15:00〜24:30、毎週土曜日定休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ