旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

千葉県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎) ※2017/6/1オープン

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)一昨年末の酒々井温泉湯楽の里、昨年末の佐倉染井野温泉澄流に続き、去る6/1には成田市に湯けむり天然秘湯龍泉の湯が新規オープンし、北総地域がにわかに活発だ。多くの施設では事前に情報を掴むのに、今回知ったのはオープン当日。公式サイトの公開はオープン数日経ってから。積極的に告知しないのは、秘湯感を煽る狙いか。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)現地を訪ねてみれば、県道成田安食バイパスからの取付道路は未整備。成田湯川駅方面への短縮道路は整備中。敷地内に小さな農産物直売店があるのみで、見渡す限り畑と田んぼ。街はずれもいいところだが、秘湯と呼ぶにはちょっと違和感。ちなみに龍泉の湯は、この地域にまつわる龍の伝説にちなむ。源泉は地下911mの掘削によるが、なるほど龍の恵みというわけか。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)入館したら券売機でチケットを購入。フロントに下足箱の鍵を預け、リストバンドを受け取る。裏側にバーコードは付いておらず、自販機や食事は現金精算。ロッカーは100円リターン方式。リストバンドは何も役割りを果たさない。フェイスタオルも購入したが、店の名前が地味にプリントされているだけ。スタッフは地元の主婦を集めたのか、スパ銭特有の若々しさはなく、平日とあってか客の年齢層も高め。現時点では惜しい点ばかりだ。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)浴室は湯船から建具上端までを黒タイル張りとし、その上は白木の板張り、天井は小屋組あらわし。どことなく佐倉染井野温泉澄流に似た雰囲気だ。室内にはジャグジーと温泉浴槽(一角に電気風呂あり)。幅2間の窓越しには露天のつぼ湯、その先に雑木林の緑を眺める。温泉は無色透明、泉質は強塩温泉なのに個性に乏しい。湧出量は毎分2,000リットルと記されていたが、それならば豪快にかけ流してほしいものだ。

露天風呂は炭酸泉、温泉浴槽、つぼ湯5つが並ぶ。植栽をふんだんに配し、庭石や石灯籠で和風庭園を思わせる。時おり飛行機のジェット音が聞こえるも、静かでのどかな雰囲気を満喫できる。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)

サウナ室にはikiストーブを設置し、温度計は85℃を指していた。サウナの熱さに慣れない人でも、無理なく発汗できる温湿のバランスの良さ。毎時00分と30分にはストーブにスポットが当たり、シャワー状に自動ロウリュが始まる。湿度がぐっと上がって発汗を促すも、もうちょっと水の量が多ければよいが。水風呂17.5℃だが、湯船が浅いぶん体感的には物足りず。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)ご家族やグループの湯あがりの待合いは和風庭園を眺めるロビーにて(3枚目の写真・外部デッキは喫煙所)。おひとり様なら2階のリクライニングシートで、テレビを見ながらのんびり過ごすもよし。遠路はるばるやって来たのだから、半日過ごすつもりでないと勿体ないかも。しかし、小さな子供づれには向かない店かもしれない。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市松崎)食事処は1階にあり、かまど飯専門店とは言うけれど、まさか選択肢が5つしかないとは。しかもいいお値段。固形燃料の火が消え、炊き上がるまで約20分。しかし炊けていないというアクシデントが連発。空調を気にしているが、そうではなく固形燃料のせい。スタッフのてんやわんやの光景を見ていると、夏休みの繁忙期が心配になる。しかし、パートの主婦たちが張り切ってこそ、ソフト面での強みを生み出しそう。伸びしろに期待したい。

湯けむり天然秘湯 龍泉の湯
源泉/松崎温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉県成田市松崎1249 [地図]
電話/0476-28-4126
交通/国道408号線「土屋」交差点より約1.8km
     ※無料駐車場180台分あり
料金/(平日)大人880円、小学生以下500円
     (休日)大人980円、小学生以下500円
時間/9:30〜24:00、月1回不定休

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)スーパー銭湯の名前もいろいろだが、「かずさのお風呂屋さん」は響きもよく、爽やかだ。まるで上総を代表するかのような長閑さも想像するが、木更津市内のなんてことはない高台の住宅地にある。外観からして年季を感じさせ、もちろん館内もしかり。スーパー銭湯特有の賑やかさ、あるいは和風テイストはなく、むしろ公共施設の払い下げ感。

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)入館したらまず下足箱がセオリーだが、鍵をかけなくても良いなら棚に仕舞う。入館料は受付にて現金払い。館内は洒落っ気ひとつなく、平日の昼下がりとあって閑散としている。客の年齢層も高めだ。脱衣所のロッカーはひと昔前のスチール製で、10円が必要。しかし返却されない。小銭も積もり積もって、新しいロッカーが買えますようにと願う。

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)浴室内にはジャグジーの類が並ぶも、ブクブクしているせいか塩素臭が気になる。スケールで白化し、何の湯船だか文字が読めない。露天では「小川のせせらぎ」を人工的に再現しているようだが、残念ながらせせらいでいるようには見えなかった。高い塀に囲まれ風情もないが、町のスーパー銭湯ならこんなもんか。とにかく大衆的で、いわば銭湯の拡大版。

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)サウナでは独自の文化をまざまざと見せつけられた。いわゆるタワーサウナというやつで、90℃のカラカラ仕様。ベンチの痛んだ箇所はDIY補修。それはさておき、客を見ていると面白い。マット4枚を最下段に並べて寝転ぶ人。はたまたマットをどかし、持参したバスタオルを敷く人。他所では滅多に見ない光景が、ここでは当然のように繰り広げられている。汗を流さず水風呂は当たり前。潜るのも当たり前。(露天風呂とサウナの写真はかずさのお風呂屋さん公式サイトより転載)

かずさのお風呂屋さん(千葉県木更津市清見台南)我が物顔の自由な客の振る舞いを目の当たりにすれば、ちょっと眉をひそめたくもなるが、かといってあちこち貼り紙づくしの店もつまらない。入浴やサウナのマナーの大半は、衛生管理やトラブル回避といった店の都合でもあるし、なによりも客が寛ぎ、満足しているのであればそれで良い。リラックスする場を提供することが、スーパー銭湯の本分。そんなことを考えた。

かずさのお風呂屋さん
住所/千葉県木更津市清見台南5-1-40 [地図]
電話/0438-97-2683
交通/JR内房線木更津駅よりバス「中央公園前」停徒歩1分
     国道16号線・410号線「長須賀」交差点より約1.9km
     ※無料駐車場200台分あり
料金/(平日)大人600円、小学生以下320円、幼児150円
     (休日)大人700円、小学生以下370円、幼児150円
時間/9:30〜24:30(休日は9:00〜24:30)
     毎月第3火曜日定休

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)房総四季の蔵は、観光客相手に地元の食事を提供し、農産物を販売するドライブイン感覚の複合型商業施設。敷地の一角には以前より足湯を設けていたようだが、昨年6月には新たに温浴棟(四季の湯)がオープンした。館山道君津IC至近にして市内中心部からもそう遠くなく、房総半島のドライブがてら立ち寄りたい施設だ。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)料金は地元と一般にざっくりと分かれる。気になるのは地元の範囲だが、君津市、木更津市、富津市、鴨川市だったか。鴨川市だけ離れているようだけど本社があるから、と丁寧に説明してくださったが、地元でないから位置関係がよくわからない。そして、君津市にありながらなぜバリ島をイメージしたのか、男湯は和風露天風呂、女湯はバリ風露天風呂のようだ。館内にはガムランのBGMが流れる。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)温浴施設としてはコンパクトな浴室だ。湯船1つ、足湯同様に黒褐色の鉱泉を使用しているのかと思いきや、いまだ利用許可申請中なのか、それとも何か理由があるのか温泉ではないようだ。大きく設けた窓の外には、植栽の緑が目にも鮮やか。露天の岩風呂は屋根付きだが、訪ねるなら晴れた日の昼間がいい。のんびりした雰囲気を満喫できれば、温泉か否かなど二の次だ。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)露天の一角にあるサウナ室もコンパクト。ベンチ2段にマットを3枚敷いただけ。もう3枚敷けば倍の人数が座れるのに。小型ストーブは輻射熱が弱く、温度計が指す90℃よりも楽に過ごせる。そしてよりクリアに聞こえるガムランの調べ。クールダウンしようにも、水風呂なのか、掛け水に使うべく溜めているのか悩んでしまう。浸かってみたところで水深はヘソの下。相客のおじいさんはザブンと潜っていたが、どうりで吐水しっ放しだったわけだ。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)四季の湯施設内にも食事処はあるが、そもそも平日とあってか閑散としており、隣接する和食レストランへ。こちらはなかなか賑わっていた。ランチの刺身定食はご飯のおかわり無料。そして無料の足湯の利用時間は10:00〜19:00、地下150mから湧出する冷鉱泉を使用している。時間に余裕がない方は足湯だけでもどうぞ。

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)
房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)

房総四季の蔵 四季の湯
住所/千葉県君津市三直170-1 [地図]
電話/0439-57-7011(房総四季の蔵)
交通/館山道君津IC至近
   ※無料駐車場187台分あり
料金/(平日)大人800円、小人400円
   (休日)大人900円、小人450円
   ※フェイスタオル付き、小人は小学生以下
   ※地元は平日大人600円・小人300円、休日大人700円・小人350円
時間/10:00〜24:00、年中無休

房総四季の蔵 四季の湯(千葉県君津市三直)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ