旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

千葉県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

隠れ湯の宿 川の家(千葉県大多喜町葛藤)

漫画家つげ義春は鄙びた鉱泉宿を好み、若かりし頃は全国各地を旅している。その旅のなかでも、”年金暮らしの下見”を兼ねて訪ねたのが養老渓谷。房総半島の中央に位置し、新緑や紅葉の渓谷散策もさることながら、黒褐色の温泉人気も高い。現在10軒の宿が養老渓谷温泉郷として点在し、このうち1軒だけぽつりと離れているのが川の家だ。

隠れ湯の宿 川の家(千葉県大多喜町葛藤)

渓谷めぐりのメインアクセスとなる県道81号線から細い道へと折れる。素掘りのトンネルは昼間でも薄暗く、ゴツゴツとした岩肌と鬱蒼とした雰囲気が不安をかき立てる。やがて見える光の先は養老川の渓谷だ。川の家は断崖絶壁の川べりに建つ。建物の土台はH鋼で支えられ、よく見ると一部は空中にせり出している。


この続きは、いかす温泉天国(まぼろしチャンネル)にて
「No.19 川べりの鄙び宿に、侘しい洞窟温泉」



隠れ湯の宿 川の家
源泉/養老温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/千葉県夷隈郡大多喜町葛藤932 [地図]
電話/ 0470-85-0021
交通/小港鉄道養老渓谷駅より徒歩25分
料金/日帰り入浴1,000円
時間/日帰り入浴11:00〜14:30

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)やまとの湯八千代店としてオープンし、玉光湯ひじりのね八千代店を経て、2014年6月より八千代ほっこり湯に。これほどまでに運営会社に恵まれなかった店も珍しい。八千代台の駅から近く、それでいて大型駐車場を持っているのだから、立地の良さは申し分ない。スーパー銭湯としてはひと昔前のサイズ感だが、商圏に見合っているのだろう。仕事帰りや買い物ついでに、朝風呂に、家族づれでもお一人様でも、ふらっと立ち寄れる気軽さが魅力だ。

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)館内の様子はインドアビューで公開しているが、そのメリットは何だろうか。館内の奥まで見渡せるような空間を食事処、ボディケア、休憩スペースと簡単にゾーン分けしているだけだから、初めて訪ねる人でも迷うことがない。入館も食事処も券売機でチケットを購入し、下足箱も脱衣所ロッカーも100円リターン式。ここまでスーパー銭湯に対するおおよそのイメージ通りだが、強いて言うなら物販コーナーの豊富な品揃え。よほど売り上げ好調と見た。



大きな湯船にはジャグジーやバイブラ湯など配列よく並べ、別に人工炭酸泉も設けている。轟音とともに大量の蒸気を発生するスチーム塩サウナ、「県内最大級」が売り文句のからっからに乾いたドライサウナ、ゆったりとした水風呂が浴室内のすべて。洗い場のカランは押しボタン式で、島列はお湯だけ(しかもシャワーヘッド固定)、壁列では壁伝いに給水配管が通っている。手元で温度調整できる混合栓が主流の昨今、改装物件だなぁと実感する瞬間だった。

八千代ほっこり湯(千葉県八千代市八千代台南)

天然温泉を謳っているけれど、露天風呂でのみ使用している温泉は、遠く離れた湯河原からの運び湯。直線距離でも100km以上あり、しかもタンクローリーでの限られた運搬量だから、可能な限り循環使用しているのだろう。湯河原温泉本来の泉質や鮮度はいかがなものか。八千代ほっこり湯の運営会社は、昨年12月に佐倉天然温泉澄流をオープンしており、ゆくゆくは切り替えも検討するのだろうか。

八千代ほっこり湯
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/千葉県八千代市八千代台南1-8-1 [地図]
電話/047-484-1126
交通/京成本線八千代台駅東口より徒歩4分
     駐車場180台分あり(入浴利用で4時間無料)
料金/(平日)大人600円、小人300円、幼児150円
     (休日)大人700円、小人350円、幼児150円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳以上
時間/7:00〜24:00、偶数月第3木曜日定休

クアパレス(千葉県船橋市薬円台)

クアパレス(千葉県船橋市薬円台)電車を乗り継ぎはるばる2時間かけて訪ねたのは、船橋市のクアパレスという銭湯。入浴料に対して約3倍の電車代。冷静に考えたら無駄遣いもいいところだが、それと引き換えにしてでも訪ねるべき価値と感動がクアパレスにはあった。習志野駅より団地や戸建ての平凡な住宅地の中に、突如として異彩を放つ建物。軒上と玄関先にヴィーナス像が出迎え、奥に目をやれば何やらゴテゴテと西洋趣味の装飾品の数々。下足箱ですら視界に馴染みすぎて戸惑う。

クアパレス(千葉県船橋市薬円台)お風呂とサウナのレジャーランド「ベルサイゆ」とは言いえて妙。ゴージャスな装飾やアンティークの品々はロビーやフロント、さらに脱衣所や浴室までも。この店には何体のヴィーナス像があるのだろうか。猫や犬の置き物、金のライオンなど所狭しと並び、シャンデリアにステンドグラスと贅の限りを尽くした内装。クアパレスとモンシャトーを擁する船橋市ってすごいな。

クアパレス(千葉県船橋市薬円台)浴室の洗い場の鏡はアンティークなフレーム付きで、もちろんカランの装飾も抜かりない。ちなみにシャンプーやボディソープを備え付けがあり、サウナ利用ならレンタルのフェイスタオルが付く。

大きな湯船はジャグジーやジェットがあちこちでブクブクし、湯気が上がり、お湯は白んでいる。高機能濾過装置を導入しており「お湯は清潔です」。そう書いてなければ心配になるほどの客入りの良さだ。さらには、岩盤タイルを貼り付けた替わり湯(岩盤泉)、薬宝湯または宝寿湯を使用した薬湯。深/浅の2段ある水風呂はライオンの口から吐水し、スポット照明は赤黄緑とほのかに変化する。

クアパレス(千葉県船橋市薬円台)サウナは中温と高温の2室あるから、別料金を支払っても利用する価値はある。どちらの部屋にもテレビと外部スピーカーを設け、中温室にいたっては大型テレビの下に小型を3台並べるこだわりぶり。この日は映画(シュレック)を爆音上映していたから、いつも以上に心臓ばくばく。(サウナ室の写真は公式サイトより転載)

浴室にも大型テレビを設けており、サウナ室から出た後も水風呂や湯船で続きが観られる。ついでに言うと脱衣所にテレビ3台、喫煙所に1台、ロビーに1台と、こんなに多い銭湯を他に知らない。ゴージャスな雰囲気ばかりを注目してしまいがちだが、サウナは通をも虜にし、数多くのジャグジーは客を飽きさせない。銭湯の斜陽化はここでは無縁だ。

クアパレス
住所/千葉県船橋市薬円台4-20-9 [地図]
電話/047-466-3313
交通/新京成線習志野駅より徒歩7分
     国道296号線(成田街道)「郷土資料館前」交差点より約450m
     ※無料駐車場20台分あり
料金/大人430円(サウナ付き620円)、小学生170円、小学生未満70円
時間/15:00〜24:30(休日は14:00〜24:30)、不定休

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)千葉県に遠征する際は深夜に車を走らせ、早朝に目的地に到着するのがいつものパターンだが、今回は仮眠を兼ねて津田沼のカプセルホテルファミーに立ち寄った。なにしろ早朝4時からカプセルでの仮眠休憩が可能で、最大5時間、たったの1,000円とはありがたい。ちなみにサウナだけなら700円とあまり割安感はないが、出勤前の朝風呂ならぬ朝サウナ(もちろん湯船もある)にも便利だ。

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)津田沼駅北口より徒歩1分の好立地で、ゲームセンターや風俗店などがテナントに入る雑居ビルの5階。まだ夜も明けきらぬというのに客引きしてきたのはどの店なのだろうか。洒落っ気のないスチールドアより入店すると、まずは台帳に名前を記入。カプセルの空きを確認して「○番の下足箱に靴を入れてください」と。ロッカー番号、カプセル番号とイコールになる仕組みだ。さっそくロッカーで館内着に着替え、休憩室を素通りして浴室へ。

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)浴室は温・冷の湯船2つに洗い場3人分、そして狭いサウナ室(定員3人)といたってシンプル。入浴剤を使用しているのがせめてものサービスで、この日はよもぎの湯。サウナは湿気たにおいがするし、水風呂もたいして冷たくはないから、サウナ好きには不満に感じるかもしれない。休憩室にはテレビに向いて座椅子がいくつか並ぶ。喫煙所も兼ねており、朝っぱらからカップラーメンを食べている人がいたりと、自由な空間だ。

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)カプセルは58室。パンフレットの「テレビ・照明付!」の表記には、当然すぎるだろうと突っ込みたくもなる。最近ではスタイリッシュなカプセル(キャビンベッドなどと言ったりもするが)が増えているなか、ここは昔ながらのカプセルだから特筆すべきこともない。ちょっと仮眠するつもりが5時間ギリギリまで爆睡してしまい、もちろんコストパフォーマンスは申し分なし。ここまで文字や写真で紹介したことが、すべてインドアビューで見られるとは時代も進歩したものだ。



カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)

カプセルホテル ファミー ※男性専用
住所/千葉県船橋市前原西2-15-1 [地図]
電話/047-472-3333
交通/JR総武線津田沼駅北口より徒歩1分
     新京成線新津田沼駅南口より徒歩5分
料金/宿泊3,000円(15:00〜翌10:00)
     仮眠1,000円(4:00〜24:00のうち5時間、最終受付19:00)
     サウナのみ700円(4:00〜10:00、12:00〜25:45)
時間/24時間、年中無休

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井) ※2016/12/20オープン

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)今年5月末をもって惜しまれつつも閉店したグランローザ潮の湯だが、長い沈黙の時を経て、12/20に「のだ温泉ほのか」としてグランドオープンした。ほのかは北海道内で6店舗を展開する温浴チェーンで、道外では千葉蘇我店(湯の郷ほのか)に続く2店舗目。グランローザは岩盤浴に特化した施設だったから、これをどう活かし、どう変わったのか非常に興味深い。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)外観にはど派手な「ほのか」のネオンが輝く。贅沢なほど広々としたロビーは相変わらずだ。入館料には「湯着」が含まれており、これを着て岩盤浴を利用できるし、もちろん館内着にしても良い。個人的には濡れて冷たくなった服は嫌だし、風邪をひいてしまいそうだ。タオルは持参したものを使うとして、となれば岩盤浴の大判タオルだ。

「身長以上の大きさのタオルはお持ちですか?」とマニュアル通りの質問を投げかけられるも、はたしてどの程度の人が持参してくるのか、逆に問いたい。ましてやオープン2日目だ。そういえば蘇我店でも同じ質問をされたなぁと思い出しながらも、追加料金は100円。それでも入浴プラス岩盤浴で1,300円ならば良心的。ICタグ付きのロッカーキーに登録し、飲食代金などと合わせて全て後払い。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)

浴室の設備仕様はさすがにいじりようがなく、昔のままでほっとする。源泉使用で「琥珀の湯」と名の付いた湯船は、以前のまま加水した合わせ湯だろうか、琥珀というより透明。ほかにジャグジーと水風呂、高温サウナではいまのところロウリュの開催予定なし。浴室内が閑散とし、静まり返っているのは宣伝不足で客が少ないせいか。いや、グランローザ時代もそうだった気もする。

露天風呂にはテレビが設けられ、源泉使用の岩風呂に客は集中していた。「潮の湯」の名を残したことに敬意を表したい。デッキチェアもテレビの方を向き、新たに壷湯も2つ新設。また、入浴剤を使用したイベント湯は美白の湯となった。肝心の温泉はといえば、地下1,310mから湧出し、泉温46.7℃は千葉県1位、湧出量毎分450リットルは6位。塩分を多く含む淡黄色の湯だ。

789FFEFB-9F32-4C5D-91B7-EA055CF7AA31岩盤浴はかつて脱衣所から直接出入りしたが、改装によって出入口は男女共通の1か所に。通路に岩塩を敷きつめることはやめたが、岩盤浴というよりむしろ岩塩浴(入口にもそう書いてあった)。大きく分けると温度の異なる2室とクールルームがある。

さすがに39℃では汗もほとんどかかずに熟睡。それならばと50℃でうとうとしていたら突然の館内放送。19時より岩盤浴サウナでロウリュを開催します、と。おしゃべりしながらソフトな熱波で楽しませてくれるのだが、さすがに15分以上は長すぎてぐったり。とはいえ、ぜひ定期開催を願いたい。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)さらに2階にも岩盤浴を新設したから驚いた。こちらはいずれも床はタイル張りで、高温室(確か60℃)、女性専用室、ホットヨガ室の計3室。リクライニングシートの休憩室もあり、他所と比較すればこれだけでもじゅうぶんな内容だ。ホットヨガはモニターの映像を見ながら行うが、最近の流行りのツボを押さえたのはさすがだ。あいにくの貸切状態が惜しいが、いずれファンも定着するだろう。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)温浴チェーンは数あれど「ほのか」で良かったと言えば、わくわくする食事メニューだ。北海海鮮丼、成吉思汗、知床鶏といった北海道の味もあり、料金設定は比較的リーズナブル。広すぎる室内には、6人掛けのテーブルがずらりと並ぶし、カウンター席や畳席もある。夜ピークを避けたつもりが、客がまばらで寂しすぎた。壁にいくつもテレビを据え付けているが、各チャンネルを見せてくれなくて結構だし、ほのかほどテレビの多い店は他にない。

のだ温泉ほのか(千葉県野田市花井)多くのリクライニングシートが並び、畳敷きの仮眠室、PCコーナー、無料Wi-Fiなど、この上なく充実。キッズスペースやゲームコーナーもあるが、メインターゲットは若年〜中年の独りないし少人数だろう。休憩スパースや岩盤浴のを利用するとなれば長時間滞在は必至だし、そもそも風呂だけの利用なら(例えば仕事帰り)、同じ野田市内の 野天風呂湯の郷七光台温泉を訪ねた方が安いし気楽だ。岩盤浴ありきで他所と差別化するのも否定しないが、夜間割引を設定するなどして時間で区切るか、はたまた入浴と岩盤浴で料金を分離するか、検討の余地はいかがなものか。

のだ温泉ほのか
源泉/花井温泉(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/千葉県野田市花井1-1-2 [地図]
電話/04-7123-4126
交通/東武野田線野田市駅または梅郷駅より徒歩15分
     国道16号線「野田市駅入口」交差点より約750m
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人1,200円、子供400円、幼児無料
     (休日)大人1,400円、子供500円、幼児無料
     ※大人は中学生以上(湯着付き)、子供は3歳〜小学生(館内着付き)
時間/9:00〜25:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ