旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

千葉県

サウナ・カプセルイン クレスト松戸(千葉県松戸市本町)

サウナ・カプセルイン クレスト松戸(千葉県松戸市本町)常磐線で足立区、葛飾区を経て、江戸川を渡ると千葉県松戸市。東京駅や上野駅から30分足らず、都心のベッドタウンと言えるだろう。裏を返せば、上野まで出ればサウナの名店はいくつもあるから、クレスト松戸に泊まるには思い切りが要る。松戸駅西口ペディストリアンデッキからも見える好立地。いざ訪ねてみれば、ただいまキャンペーンにつき、カプセル3,080円だという。

サウナ・カプセルイン クレスト松戸(千葉県松戸市本町)サウナ店というより、フロントの対応はホテル寄り。ロッカー室は3階にあって、一般カプセルも同じフロア。館内着に着替えたら、浴室のある5階へ。宿泊客は棚を、サウナだけの客はロッカーを使用する。それにしても脱衣所はがらーんとした印象。ウォーターサーバーで水素水を提供しているのが、クレストのこだわり。ちょっと健康になった気がする。

サウナ・カプセルイン クレスト松戸(千葉県松戸市本町)夜も遅かったせいか、浴室はほぼ貸し切り状態。デジャヴかと思うくらい、よくある浴室風景。サウナブームにいまいち便乗できていないのか、宿泊客の風呂ニーズにウエイトを置いているのか、すべてが平均点。しかし、ナノウォーターを使用するなど、こだわりポイントが他所とは異なる。サウナは「ウォーターセレモニー」というオートロウリュを備えているが、通常時でもポタポタと滴り落ちており、これが功を奏してなかなかの湿度を保つ。ウォーターセレモニー時は刺激を伴う熱さ。

サウナ・カプセルイン クレスト松戸(千葉県松戸市本町)ゆったりとして堂々たるサウナ室の雰囲気だが、そろそろ板を張り替えた方が良いのではないかとか、香太くんを置いたら良いのではとか、ひとりだと色々考えされられる。水風呂は上部の窓が開いており、涼しい風が下りてくる。露天風呂は二股ラジウム温泉で、塀越しに松戸の駅前繁華街を眺める。なんとなく上野の北欧みたいだなと。ほかに塩サウナや入浴剤を使用したぬる湯があったり。

サウナ・カプセルイン クレスト松戸(千葉県松戸市本町)今回はスタンダードカプセルを利用したが、リクライニングで夜を明かす客も多数。きれいだし快適に過ごせそうだ。隣接する食事処も玄人好みの落ち着いた雰囲気。サウナ目当てでクレスト松戸を訪ねたという話題はあまり聞かないけれど、単にサウナや水風呂というだけでなく、すべてひっくるめてのんびり過ごしたい方、カプセルホテルが好きでたまらないという方にはお薦めしたい。

サウナ・カプセルイン クレスト松戸(千葉県松戸市本町)

サウナ・カプセルイン クレスト松戸
住所/千葉県松戸市本町19-18
電話/047-367-2681
交通/JR常磐線松戸駅西口より徒歩1分
料金/60分コース1,080円(受付24時間)
     180分コース1,480円(受付5時〜21時)
     サービスコース1,680円(受付5時〜16時、利用は深夜24時まで)
     レギュラーコース1,880円
     (受付10時〜翌5時、C.O.10時、24時以降1,100円追加)
時間/24時間営業

みのりの湯 柏健康センター(千葉県柏市十余二)

みのりの湯 柏健康センター(千葉県柏市十余二)年に数回やってくる健康ランドで大衆演劇を観たい衝動。それを平日でも叶えてくれるのが「みのりの湯 柏健康センター」だ。柏駅西口より無料送迎バスで10分ほど。大型駐車場を備え、看板の大きさからして建物の巨大さがわかる。休憩室も利用するならば通常入館で。入館料はちょっと高いが、メンズデーやレディースデーもあるので、イベントカレンダーをチェックすべし。というわけで、館内着とタオルのセットを受け取り、まずは浴室へ。

みのりの湯 柏健康センター(千葉県柏市十余二)

薄茶褐色の温泉もよいが、健康ランドといえば薬湯。揉みほぐされて黄土色になり、皮膚には多少の刺激が。ほかにジェットバス、電気風呂、水風呂。露天には壺湯、替わり湯は実施していなかったかおそらく温泉。

みのりの湯 柏健康センター(千葉県柏市十余二)「地域初オートロウリュ導入」と館内ポスターはもちろん、放送でも案内がある。スタジアムサウナと名付けた室内は、L字型にベンチを設け、年季を経て飴色に。石積みのストーブの上の円錐から一筋に水が落とされ、その上の円筒に取り付けられたファンから延々と風が吹き続ける。水蒸気があまり上がらないせいか、ファンが回ったところで熱気むんむんにはならないし、願わくばスタッフによるロウリュの開催を。

みのりの湯 柏健康センター(千葉県柏市十余二)大衆演劇は基本的に毎日、昼夜の2回公演。食事処に隣接して専用劇場があり、ほかの健康ランドより席数が少ないとはいえ、平日昼公演で大入りはすごい。1月は劇団暁で「お島子守唄」、つづいて舞踊ショー。館内では催事業者による特売も行われており、衣料品や雑貨類が飛ぶように売れていた。ひさしぶりに健康ランドらしい光景を見た気がする。

食事処は1階と2階の両方にあって、雰囲気もメニューも似たり寄ったり。「湯の泉」健康センターにも似ているような気がするし、これぞ健康ランドの王道なのか。たらふく食べて、ちょっと横になろうかと。休憩室にはリクライニングシートがずらりと並び、ちょっとのつもりが爆睡してしまい、思いがけず長居してしまった。

みのりの湯 柏健康センター(千葉県柏市十余二)



みのりの湯 柏健康センター
源泉/柏天然温泉みのりの湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/千葉県柏市十余二249 [地図]
電話/04-7145-8910
交通/JR常磐線・東武野田線 柏駅西口より送迎バスあり
     柏駅西口または柏の葉キャンパス駅東口よりバス「庚塚」停下車
     国道16号線「十余二」交差点より約200m
     ※無料駐車場250台分あり
料金/(平日)大人1,900円、子供950円
     (休日)大人2,100円、子供1,050円
     ナイトサービス(平日17:00〜25:00):大人1,100円、子供550円
     朝風呂(4:00〜7:00、タオルセット付き):大人680円、子供340円
     深夜割増料金(深夜1時以降加算):大人1,600円、子供1,000円
     入浴のみ(小タオル付き):大人1,100円、子供890円
     ※館内レストラン・2階は不要不可
     ヒーリングゾーン:平日1,000円、休日1,100円
時間/10:00〜翌8:30、年中無休


みのりの湯 柏健康センター(千葉県柏市十余二)

華の湯(千葉県成田市公津の杜)

華の湯(千葉県成田市公津の杜)成田市は空港と関連企業の税収で潤っており、働き盛り世代も多いことから、住みよさランキング上位なのだとか(昨年の1位は隣の印西市)。京成成田駅のひとつ手前の公津の杜は、平成初頭より開発が進められたニュータウンで、戸建住宅などが整然と建ち並ぶ。華の湯は駅徒歩圏にあるスーパー銭湯。市内では龍泉の湯、近郊では酒々井温泉湯楽の里成田空港温泉空の湯など競合店が増えたけど、市街地からのアクセスの良さや気軽さが魅力だ。

華の湯(千葉県成田市公津の杜)券売機でチケットを購入し、フロントに提示。下足箱の鍵はポケットに、脱衣所ロッカーは100円返却式。スーパー銭湯はこの方式が当たり前だったが、最新施設を利用するにつれ逆に新鮮。脱衣所から隣接する屋外喫煙所も最近では珍しい。浴室は広々として、各浴槽を四角いパズルのように配置。もっとも大きいのはトルマリン風呂か。庭を眺めるようにして2面に窓を設け、室内はまぶしいほとに明るい。

男女日替わりで和、洋のコンセプト。この日は和の湯で、浴室内はどう違うのかわからないが、露天風呂の紅葉が和の風情。人工温泉は時折しかやらないのだろうか、広々とした湯船を持て余していた。テレビを見ながらの人工炭酸泉のほうが人気。

華の湯(千葉県成田市公津の杜)

サウナは2室あって、洋の湯ではオートロウリュのイズネスを設置しているようだ。和の湯は遠赤外線ヒーター2基を設置し、低い段差で足を伸ばしてのゆったり空間。寝ながらテレビを見る客もいたり。円窓の間接照明と、壁の板目が和室の雰囲気で、せっかくなら畳敷きにしてしまえば良いのに。もうひとつは塩サウナで、そして水風呂。

華の湯(千葉県成田市公津の杜)平日の昼間に訪ねたせいか、客はまばらで、年齢層は高め。ベンチで横になって寝ている姿もちらほら。昼ピークの食事処も混み合うことなく、ランチプランを終了したりとどうしたものか。ショーケースに並ぶ手作り惣菜が寂しく、もっと攻めの姿勢があってよいかと。既存のごろ寝コーナーに加えて、休憩スペースを昨年新設。こたつがあってほっこりするが、大衆的な雰囲気とお値打ち感でこのまま突き進むのだろうか。

華の湯
住所/千葉県成田市公津の杜2-40-1 [地図]
電話/0476-28-2444
交通/京成線公津の杜駅より徒歩8分
     国道464号線(宗吾街道)「日赤成田病院前」交差点より約150m
     国道51号線(成田街道)「不動橋」交差点より約500m
     ※無料駐車場
料金/大人840円、子供420円、幼児100円
     ※大人は中学生以上、子供は4歳〜11歳、幼児は3歳以下
     ※岩盤浴は女性専用500円
時間/10:00〜25:00、年中無休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ