旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

鎌倉市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

野田の湯(鎌倉市台)

野田の湯(鎌倉市台)野田の湯は湘南モノレールの富士見町駅が最寄りだが、大船駅からもじゅうぶんに歩ける距離にある。モノレールの軌道敷に沿って歩くこと約15分。ビッグマートというスーパーの隣、台郵便局の裏手にある。無骨な造りの建物で、上階はアパートになっているようだ。大きな看板を掲げており、通りからでもよく見える。

券売機でチケットを購入し、フロントで手渡す。小さな箱にはロッカーの鍵が入っており、好きな数字を選んで脱衣所へ。若い数字ならロッカーも端っこのほうかと思いきや意外とそうではなく、紛失した鍵の関係なのか、バラバラな箇所もあるし、「鍵を返してください」と張り紙された箇所もある。

大きな建物だと思ったが、そのわりに浴室は意外と小さかった。男湯は右側にカランが並んでおり、その数は16。すべてに固定式シャワーつき。浴室の入口には銭湯でしか見たことがない、緑色の簡易的な椅子が重ねて置いてある。桶はどこだ?と探してしまったが、浴室の奥に重ねて置いてあった。銭湯では珍しく木桶を使用している。なぜ別々に置いてあるのかちょっと謎だし、木桶が白いタイル壁と同化していて、眼が悪いのでわかりにくかった。

湯船は浴室の左側にまとまっている。日替わり湯は銭湯の定番「ラベンダー」で紫色のお湯。1畳半ほどの小さな湯船で、お湯は首までたっぷり。ほかに座湯ジャグジー、電気風呂、バイブラ湯に区切られた大きな湯船。銭湯では浴槽内部の壁面に鮮やかに光る照明が取り付けられているのをよく見るが、あれは何のためにあるのだろうか?バイブラ湯などの設備が作動していることの合図なのか、たいてい赤い照明だったりする。ここでは赤、黄色、黄緑に光り輝いていた。これらの湯船は42℃ほど。ほかに水風呂と別途料金のサウナがある。

開店約5分前に到着してしまったのだが、すでに2〜3人が並んでいた。地元住民でもないのに一番風呂というのは気が引けるので、周囲を散策して開店5分後に再訪(散策するところがなく時間をつぶせず…)。客は徐々に詰め掛け、結局30分ほどのうちにカランのほとんどが埋まってしまった。野田の湯に限ったことではないが、開店早々の賑わいというのはすごいな。

野田の湯(神奈川県浴場組合)

野田の湯
住所/鎌倉市台3-11-21 [地図
電話/0467-43-0126
交通/湘南モノレール富士見町駅より徒歩1分
     JR東海道線・横須賀線・湘南モノレール大船駅より徒歩14分
料金/大人430円、中人180円、小人80円
     サウナは別途150円
時間/15:00〜23:00、毎週火曜日定休

ひばり湯(鎌倉市大船)

ひばり湯(鎌倉市大船)大船駅東口を出ると庶民的な商店街が広がっている。夕暮れ時は呼び込みの元気な声があちこちから聞こえるが、ひばり湯があるのは商店街の外れのほう。小料理屋などが立ち並び、商店街の裏手といった雰囲気。ビル型の銭湯でフロント式。チケットを券売機で購入し、下足箱の鍵と引き換えでロッカーの鍵を受け取る。

仕事帰りに立ち寄る人が多いのか脱衣所も混雑していたが、浴室の15〜16あるカランもほぼ埋まっていた。室内は柱の部分だけグレーでアクセントをつけているが、全体的には白いタイルの内装。右手の間仕切壁側に洗い場。カランは温度調節機能つきの混合栓、しかも手元のボタンでシャワーを出したり止めたりできる。左手に湯船が一列に並んでいる。水風呂、電気風呂、ジャグジー。そして広めの湯船では炭酸泉とうたっているが、半分くらいの割合がバイブラ湯となっている。下からブクブク噴出する気泡を指して炭酸泉といっているのか、なんだかよくわからない。

浴室の奥にドアがあり「岩風呂」と書いてある。もうひとつの湯船があるのだが、グレーのタイル張りで、壁面の一部は黒御影石っぽいタイル張り。しかし、どうみても岩風呂ではない。大人が2人くらいしか入れない大きさで、いかんせん普通の湯船なのでこちらの湯につかる人は少ない。

サウナは手前にスチーム、奥に高温の2種類があり、これらは別料金。スチームのほうには「岩盤浴」と書いてあるが、そういうタイルで仕上げているのであろうか。土日にはサウナセット料金の割引をしたり、ひばり湯だけで使えるプリペイドカードを発売していたりと営業には熱心だ。客が多い理由もこういうところに現れているのではないだろうか。

ひばり湯(神奈川県浴場組合)

ひばり湯
住所/鎌倉市大船1-13-7 [地図]
電話/0467-46-5324
交通/JR東海道線・横須賀線・根岸線・湘南モノレール大船駅徒歩3分
料金/大人430円、中人180円、小人80円
     ※サウナは別料金
時間/13:00〜24:00(土日は9:30〜)、毎週水曜日定休

稲村ヶ崎温泉(鎌倉市稲村ガ崎)

稲村ヶ崎温泉(鎌倉市稲村ガ崎)夏は海水浴やサーフィンなどで賑わう稲村ヶ崎にある日帰り温泉施設で、2005年1月オープン。創作フレンチレストラン「サンディッシュ」と敷地と建物を共有しており、稲村ヶ崎温泉は建物の奥に位置する。国道134号線には小さな看板を1つ出しているが、サンディッシュ自体を目印にしないと気付かず通り過ぎてしまうだろう。国道をはさんで斜向かいには稲村ヶ崎公園があり、江ノ島方面に沈む夕日を眺める絶好のスポットでもある。夏は大渋滞するエリアだ。

建物はシンプルだが洒落た外観。温泉施設にしてはこじんまりとしており、そもそも温泉施設であることを示す派手な看板は一切ない。館内もまた温泉施設らしからぬ落ち着いた雰囲気で、照明も落とし気味。フロントのわきにテーブルと椅子がわずかにあるが、休憩スペースはこれだけ。雑貨屋を訪れているような素敵な空間だ。

内湯には8帖ほどの湯船が1つ。10cm先が見えないほど真っ黒なお湯なのだが、注がれる源泉自体は無色透明。入った瞬間は肌がつるつるするような感触だが、すぐにローションを塗ったようなぬるっとした肌触りを実感できる。厚木の七沢温泉ほどではないが、このヌルヌル感の肌触りは気持ちがよく、帰宅後もかなり持続する。「鎌倉温泉美肌水」(300ml・1,400円)なるものを売っている理由がよくわかる。露天風呂側はガラス張りになっており、全体としては壁も天井も板張りの内装。天井には大きな梁を出し、落ち着く空間演出がなされている。ちなみにカランやかけ湯にも源泉が使われている。

露天風呂は5帖ほどの湯船が1つ。そして源泉を加熱せずそのまま利用した水風呂がある。住宅地にあるので高い塀で囲まれているが、圧迫感はない。わずかな空間には笹竹が生え、夜は雰囲気よくライトアップされている。いちばん奥には小さいながらサウナもある。

稲村ヶ崎にありながら海は見えないし、ジャグジーの類もない。だが、この静かな雰囲気のなかで長湯を楽しむ人は多く、湯船に飲み物を持ち込んでいる人も多い。この泉質で温めのお湯ならば、長湯する人が多いのもうなずける。知る人ぞ知る「大人のための隠れ家的温泉」だといえる。

稲村ヶ崎温泉
源泉/鎌倉温泉(ナトリウム-炭酸水素塩泉)
住所/鎌倉市稲村ガ崎1-16-13 [地図
電話/0467-22-7199
交通/江ノ電稲村ヶ崎駅より徒歩5分
     国道134号線・稲村ヶ崎公園の斜向かい
     ※駐車場は2時間無料
料金/1,300円 ※18歳未満は入場不可
時間/12:00~21:00、不定休

(2010/12/2追記)-------
昨日ひさしぶりに訪れたら入浴料金が1,200円→1,300円になっていました。
リーフレットもでき、さらにはホームページも公開されていました。
以上を踏まえ、文章を若干書き直しました。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ