旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

鎌倉市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

栗田湯(鎌倉市岩瀬)

栗田湯(鎌倉市岩瀬)大船駅より東に約500m、かつて松竹撮影所のあった場所には鎌倉女子大がある。そして、その敷地の北側に砂押川をはさんで建つのが栗田湯だ。砂押川は駅から散在ヶ池(別名:鎌倉湖)まで続き、川沿いは桜並木の遊歩道として整備されている。マンションや工場などが建ち並ぶ周辺の環境とはうって変わり、静かな散歩道といった雰囲気だ。とはいいつつ遊歩道は頻繁に人が歩いているわけではないし、栗田湯の近所は住宅街であるため車の往来も少ない。賑やかな駅前とは対照的に、夜は暗くてひっそりとしている。

コインランドリーを併設したビル銭湯で、黄土色と茶のツートンのシックな外壁。2階に「サウナ栗田」の看板があり、脱衣所にもサウナに通じる入口があるのだが、現在は営業をしていない。銭湯はフロント式で、券売機でチケットを購入。下足箱の鍵とロッカーの鍵を引き換えるシステムだ。フロントのわきにちょっとしたロビーもあるが、脱衣所にもテーブルとソファ、テレビなど備えている。

浴室は、カランが壁側に5つずつ、真ん中に島式カランで4つずつで、すべてにシャワーが付いている。湯船は3つ並んでおり、座湯ジャグジー、バイブラ、もう1つは何の設備もない。お湯はかなりぬるめだった。湯船の上には窓があるので装飾はなく、女湯との間仕切壁にモザイクタイルで梅とウグイス、そして赤富士が、反対側の壁に裸婦像が描かれている。浴室内は白で統一され、まぶしいくらいに明るい。

大船の銭湯はどこも個性的だが、栗田湯に特別な印象は残らなかった。相客は4人で、みな静かにお湯につかっていた。明らかに近所の常連しか来なさそうな立地だが、たまには女子大生の利用もあるのだろうか。もっと活気づくと良いのだが。

栗田湯(神奈川県浴場組合)

栗田湯
住所/鎌倉市岩瀬1-5-23 [地図
電話/0467-46-7893
交通/JR東海道線大船駅より徒歩10分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/14:30〜21:30、毎週火曜日定休

常楽湯(鎌倉市台)

常楽湯(鎌倉市台)常楽湯(鎌倉市台)常楽湯(鎌倉市台)

大船駅東口より南にまっすぐ歩き、横須賀線の踏切とガードを越えてなおもまっすぐ。突き当たりを左折してしばらく歩くと、左手に常楽湯の煙突が見えてくる。交通量の多いバス通り(県道302号線)より一本裏に入った路地に面し、住宅地のため夜は薄暗く、静まり返っている。たいていの銭湯はお湯を沸かす釜場が裏手にあるのだが、常楽湯は建物の真横にあり、廃材が山になって積んである。民家のような外観で、屋号は暖簾の裏に掲げられているが、崩し字を知らないと常楽湯とは読めない。地元住民御用達といった雰囲気なので、いまさら世間に向けて名乗る必要はないのかもしれない。

番台式のクラシカルな銭湯だが、入口が自動ドアであることにまず驚き、そしてトイレが汲み取り式であることにまた驚いた。脱衣所は壁半分にロッカーがしつらえてあるが、鍵のない箇所が多い。そのためか脱衣籠が日常的に使われているようだ。体重計やジュースのショーケース、テーブル、ベンチが設置してあり、鉢植えの花がきれいに飾られている。番台のおばちゃんはテレビを見ながら客とおしゃべりしていた。

常楽湯(鎌倉市台)常楽湯(鎌倉市台)

浴室は固定式シャワーのついたカランが左右に5ずつ、真ん中に島式でシャワーなしのカランが4-4といった配列。奥に湯船があり、約2帖の深い浴槽と、約3帖の浅い浴槽に区切られている。どちらもジャグジーが1ヶ所ずつ設けられている。湯船は水色のタイル張りで、浅いほうの浴槽の底には鯉が泳ぐ姿が描かれている。鯉は「お客来い来い」に通じ、タイル絵などの題材になっていることが多いが、湯船の底に描かれているのを見るのは初めて。そういえば玄関先には福助のタイル絵、脱衣所には招き猫や大黒様が置物があったが、銭湯は縁起物で験を担ぐことが多い。

女湯との間仕切壁と湯船の真横には、モザイクタイルで西洋の湖畔っぽい風景が描かれている。そして背景のペンキ絵は、河口湖あたりと思われる富士山。湖にはヨットが浮かんでいる。カランや鏡はピカピカだったし、浴室内もきれいで好感を持ったが、ペンキ絵だけは多少黒ずんでいる…。質屋や宝石屋と並んで新世美術の看板があったから、新世美術が描いたことは間違いない。目と鼻の先というほど近所だし。お湯はちょっとぬるめ。相客は僕の前後に1人ずつだったので、ゆったりと湯船につかることができた。ぶらっと訪れるにはちょっと勇気のいる立地だが、暖簾をくぐってみて実感。素朴でいい銭湯だなぁ、と。

常楽湯(神奈川県浴場組合)

常楽湯
住所/鎌倉市台2-4-7 [地図
電話/0467-46-4224
交通/JR東海道線・横須賀線・根岸線・湘南モノレール大船駅より徒歩12分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜22:30、毎週金曜日定休

清水湯(鎌倉市材木座)

清水湯(鎌倉市材木座)鎌倉市に5軒ある銭湯のうち大船に4軒、そして大船以外だと材木座に1軒。

材木座にある1軒というのが清水湯である。鎌倉駅から海岸方向へ徒歩10分ちょっと。住宅街の中にある古き良き銭湯といった感じの佇まいだ。番台式なので扉を開けるとすぐに脱衣所が広がっている。片側壁一面のほか、島式のロッカーが1つ。浴室側は扉も含めて全面ガラス張りなので、浴室全体を見渡すことができる。

銭湯というと手前に洗い場、奥に湯船という配置が一般的だが、清水湯の場合は浴室の真ん中に縦長の湯船があり、それに分断されるようにして左右の壁側にカランが9つずつ並んでいる。身体を洗うとき湯船から直接汲み湯して流したほうが手っ取り早いとのことで、このような配置は関東以外で見かけることもあるが、直接汲み湯している人なんて清水湯ではいなかった。両側から湯船に入れるから便利?という考え方もあるが、固定式シャワーの付いている側のみに客が集中している。湯船が真ん中にあることでどんな利点があるのかわからないし、そもそも建築当初からの配置なのだろうが、神奈川の銭湯では珍しい配置だということだけは確かだ。

湯船は約4帖と約2帖で区切られており、小さいほうがバイブラ湯。お湯がぬるいのと、浴室と脱衣所の間の戸がなぜか全開だったのであまり温まれず。浴室の奥に鯉の泳ぐ姿を描いたタイル画があるだけのシンプルさ。浴室入口に6角形の小さなカランがあるのが珍しい。

訪れたのは夕方だったが、男湯が常時7〜8人、女湯からは賑やかなおばちゃんたちの声が聞こえてきた。営業時間がやけに短いのは客の多くが常連だからか。週に2日休むのも珍しい。鶴岡八幡宮やお寺からは離れているので観光ついでの客は少ないかもしれないが、駅と海岸の中間という立地なので、海水浴やサーファーの来店も少なくないと思う。実際に、サーファーガールズ情報サイト「Nalu Wahine」というページで紹介されているのを発見(→記事)。来たれ!サーファーガールズ!である。

「旧鎌倉地区 唯一の銭湯 おしゃれな街にそびえる煙突」(東京新聞TOKYO Web)

清水湯(神奈川県浴場組合)

清水湯
住所/鎌倉市材木座1-10-24 [地図
電話/0467-22-4697
交通/JR横須賀線・江ノ電鎌倉駅より徒歩11分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜21:00、毎週火曜日・金曜日定休

野田の湯(鎌倉市台)

野田の湯(鎌倉市台)野田の湯は湘南モノレールの富士見町駅が最寄りだが、大船駅からもじゅうぶんに歩ける距離にある。モノレールの軌道敷に沿って歩くこと約15分。ビッグマートというスーパーの隣、台郵便局の裏手にある。無骨な造りの建物で、上階はアパートになっているようだ。大きな看板を掲げており、通りからでもよく見える。

券売機でチケットを購入し、フロントで手渡す。小さな箱にはロッカーの鍵が入っており、好きな数字を選んで脱衣所へ。若い数字ならロッカーも端っこのほうかと思いきや意外とそうではなく、紛失した鍵の関係なのか、バラバラな箇所もあるし、「鍵を返してください」と張り紙された箇所もある。

大きな建物だと思ったが、そのわりに浴室は意外と小さかった。男湯は右側にカランが並んでおり、その数は16。すべてに固定式シャワーつき。浴室の入口には銭湯でしか見たことがない、緑色の簡易的な椅子が重ねて置いてある。桶はどこだ?と探してしまったが、浴室の奥に重ねて置いてあった。銭湯では珍しく木桶を使用している。なぜ別々に置いてあるのかちょっと謎だし、木桶が白いタイル壁と同化していて、眼が悪いのでわかりにくかった。

湯船は浴室の左側にまとまっている。日替わり湯は銭湯の定番「ラベンダー」で紫色のお湯。1畳半ほどの小さな湯船で、お湯は首までたっぷり。ほかに座湯ジャグジー、電気風呂、バイブラ湯に区切られた大きな湯船。銭湯では浴槽内部の壁面に鮮やかに光る照明が取り付けられているのをよく見るが、あれは何のためにあるのだろうか?バイブラ湯などの設備が作動していることの合図なのか、たいてい赤い照明だったりする。ここでは赤、黄色、黄緑に光り輝いていた。これらの湯船は42℃ほど。ほかに水風呂と別途料金のサウナがある。

開店約5分前に到着してしまったのだが、すでに2〜3人が並んでいた。地元住民でもないのに一番風呂というのは気が引けるので、周囲を散策して開店5分後に再訪(散策するところがなく時間をつぶせず…)。客は徐々に詰め掛け、結局30分ほどのうちにカランのほとんどが埋まってしまった。野田の湯に限ったことではないが、開店早々の賑わいというのはすごいな。

野田の湯(神奈川県浴場組合)

野田の湯
住所/鎌倉市台3-11-21 [地図
電話/0467-43-0126
交通/湘南モノレール富士見町駅より徒歩1分
     JR東海道線・横須賀線・湘南モノレール大船駅より徒歩14分
料金/大人430円、中人180円、小人80円
     サウナは別途150円
時間/15:00〜23:00、毎週火曜日定休

ひばり湯(鎌倉市大船)

ひばり湯(鎌倉市大船)大船駅東口を出ると庶民的な商店街が広がっている。夕暮れ時は呼び込みの元気な声があちこちから聞こえるが、ひばり湯があるのは商店街の外れのほう。小料理屋などが立ち並び、商店街の裏手といった雰囲気。ビル型の銭湯でフロント式。チケットを券売機で購入し、下足箱の鍵と引き換えでロッカーの鍵を受け取る。

仕事帰りに立ち寄る人が多いのか脱衣所も混雑していたが、浴室の15〜16あるカランもほぼ埋まっていた。室内は柱の部分だけグレーでアクセントをつけているが、全体的には白いタイルの内装。右手の間仕切壁側に洗い場。カランは温度調節機能つきの混合栓、しかも手元のボタンでシャワーを出したり止めたりできる。左手に湯船が一列に並んでいる。水風呂、電気風呂、ジャグジー。そして広めの湯船では炭酸泉とうたっているが、半分くらいの割合がバイブラ湯となっている。下からブクブク噴出する気泡を指して炭酸泉といっているのか、なんだかよくわからない。

浴室の奥にドアがあり「岩風呂」と書いてある。もうひとつの湯船があるのだが、グレーのタイル張りで、壁面の一部は黒御影石っぽいタイル張り。しかし、どうみても岩風呂ではない。大人が2人くらいしか入れない大きさで、いかんせん普通の湯船なのでこちらの湯につかる人は少ない。

サウナは手前にスチーム、奥に高温の2種類があり、これらは別料金。スチームのほうには「岩盤浴」と書いてあるが、そういうタイルで仕上げているのであろうか。土日にはサウナセット料金の割引をしたり、ひばり湯だけで使えるプリペイドカードを発売していたりと営業には熱心だ。客が多い理由もこういうところに現れているのではないだろうか。

ひばり湯(神奈川県浴場組合)

ひばり湯
住所/鎌倉市大船1-13-7 [地図]
電話/0467-46-5324
交通/JR東海道線・横須賀線・根岸線・湘南モノレール大船駅徒歩3分
料金/大人430円、中人180円、小人80円
     ※サウナは別料金
時間/13:00〜24:00(土日は9:30〜)、毎週水曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ