旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

熊本県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

垂玉温泉山口旅館(熊本県南阿蘇村河陽)

垂玉温泉山口旅館地獄温泉清風荘より緩やかなカーブを下って行くと、垂玉温泉山口旅館がある。こちらも一軒宿の温泉で、「日本秘湯を守る会」の会員宿。創業は江戸末期だという。明治40年(1907)には与謝野鉄幹、平野万理、北原白秋、吉井勇、木下杢太郎の一行が九州の旅の途中で山口旅館に宿泊。その記録は「五足の靴」として発表された。 

「垂玉は未だですか。近かございます、あの山の壊るたところですと女は教えた。青い山の剥げて土あらわなるが見られる。山の道は近くして遠い。遠い路を登り尽くすと見よい滝が三つ四つ落ちて谷を流れる。」
        −中略−
「くるりと道が廻ると、忽然として山塞が顕れた、あれは何だ、あれが湯ですと小い女がぶっきらぼうにいう。後に滝の音面白き山を負い、右に切っ立ての岡を控え、左の谷川を流し、前はからりと明るく群山を見下し、遥に有明の海が水平線に光る。高く堅固な石垣の具合、黒く厳しい山門の様子、古めいた家の作り、辺の要害といい如何見ても城郭である。天が下を震わせた昔の豪族の本陣らしいところに一味の優しさを加えた趣がある。これが垂玉の湯である、名もいいが、実に大に気に入った。(以下省略)」(「五足の靴」より)

垂玉温泉山口旅館-全景与謝野鉄幹らが訪れた当時と比較すれば、建物こそ新しくなっているのだが、宿を取り巻く景色は変わっていないような感じもする。すぐ近くにある切り立った崖には落差60mの金龍の滝があり、流れ落ちた水は川となって旅館のすぐ下を流れていく。地形的に川に向かって谷となっており、旅館の周囲は緑に囲まれている。まさに山あいの温泉宿といった風情。

金龍の滝ちなみに金龍の滝は、「滝の周囲に鉄分を含んだ温泉の噴き出し口が多数あり、その鉄分が付着してより輝いて見える滝は、夕日に映えてあたかも金色の龍が昇天する様を連想されてつけられたと言われる」(現地看板より)とのこと。垂玉温泉の源泉は金龍の滝の滝壺にあり、300年ほど前に当地にあったとされる金龍山垂玉寺の修行者によって発見されたという。滝壺の近くには露天風呂「滝の湯」があり、滝見の入浴ができるのだが、残念なことにこちらは宿泊客専用。混浴とのことだが、女性には湯浴着が用意されている。

「湯もまた極めて大きい、三条の滝となって石もて畳める湯槽に落ちる、色は無いが、細く白い澱が魚の子のように全体に浮遊している、硫化水素の臭いが鼻を刺す。」(「五足の靴」より)

垂玉温泉山口旅館-かじかの湯日帰り入浴客は露天風呂「かじかの湯」と大浴場「天の湯」の利用となる。ちなみに日帰り客は本館の玄関から入らず、その脇にある窓口で料金を支払い、本館下のトンネルのような通路を下っていく。まずは「かじかの湯」へ。茅葺き屋根の素朴な建物。湯船は2つあり、岩風呂はほんのりと白く色がついたお湯。ひのき風呂は濃い緑色のお湯。泉質が異なるようだ。ちなみに男湯はひのき風呂だったのだが、女湯は桶風呂。朝夕で男女入替制となっているらしい。露天風呂から見えるのは周囲の山の景色。緑が一面にあふれているが、紅葉の時期は絶景だと思う。

つづいて大浴場「天の湯」へ。まともな旅館の大浴場といった感じで、浴室はかなり広いし、湯船も大きい。濃い緑色のお湯に白い湯の花がたくさん浮かんでいる。「かじかの湯」と同じく川に面しており、ガラス張りとなっているのだが、渓谷の雰囲気を味わえるのみで水面までは遠い。本館からはだいぶ下ったように思ったが、まだかなりの高低差があるようだ。金龍の滝もギリギリ見えずちょっと残念。大浴場にはサウナ、水風呂、打たせ湯つき。

この2つの湯船でも満足といえば満足だが、せっかくならば宿泊して「滝の湯」を体験したい。「五足の靴」に描かれた風景を味わうことができるはず。

垂玉温泉山口旅館
源泉/垂玉温泉(単純温泉、含硫黄・カルシウム・マグネシウム−硫酸塩泉)
住所/熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2331 [地図
電話/0967-67-0006
交通/南阿蘇鉄道阿蘇下田城ふれあい温泉駅よりバス16分「垂玉」停すぐ
料金/大人600円、子供300円
時間/11:00〜15:00


五足の靴 (岩波文庫 緑 177-1)

地獄温泉清風荘(熊本県南阿蘇村河陽)

地獄温泉清風荘「地獄温泉清風荘」は阿蘇山を中心とした阿蘇五岳の南、標高800mに位置する。人里から遠く離れ、周囲には山の大自然があるだけで、ほかには何もない。パンフレットには「山麓の温泉秘境です」とあるが、秘境という言い方も決して大げさではない、素朴な湯治場の風情がある。とにかく時が止まっているかのように鄙びており、つげ義春の漫画に登場してもおかしくはない雰囲気なのだが、残念なのは秘湯目当てにそれなりの客が訪れていることかも。

当時宿としての歴史は古く、文化5年より200年の歴史を持つ。明治中期に建てられたという本館の玄関の左右には「地獄温泉」、剣片喰紋の大きな提灯がぶら下がっている。ここで入浴の受付をする。日帰り入浴のお風呂は全部で4か所。敷地内に点在しているので、受付で渡される簡単な地図を参考に湯めぐりをする。ちなみに本館は食事つきの旅館として営業しているが、ほかに山荘風の別館、自炊棟、トレーラーハウスがある。

地獄温泉清風荘-新湯地獄温泉清風荘-新湯

まずはいちばん遠いところにある「新湯」へ。遠いといっても歩いて5分も足らず。湯治棟の外れにある。新湯といっても新しい雰囲気はまったくしないのだが、木で組んだ湯船が1つあるだけの露天風呂。3〜4人がお湯に浸かったらいっぱいというほどの大きさで、緑色をしたお湯が掛け流し。湯の花がたくさん混じっている。雑木林を眺めながらの入浴。

地獄温泉清風荘-元湯地獄温泉清風荘-元湯

湯治棟の真ん中にあるのが「元湯」。ちなみにこの湯治棟はテレビなどで目にする田舎の木造小学校といった風情。浴室も年季が入っている。こちらも緑色のお湯が掛け流し。ひなびた雰囲気の中でじっくりお湯に浸かりたいという人におすすめ。

地獄温泉清風荘-すずめの湯「すずめの湯」には露天風呂と内風呂がある。やや窪んだところに位置するので階段で降りていくのだが、階段を下りている途中から露天風呂の様子が丸見え。しかも混浴であった。その混浴の露天風呂の向かいに脱衣所があって、男女別の内風呂がある。男性が「彦しゃん」、女性が「おてもやん」。

地獄温泉清風荘-すずめの湯(内湯)地獄温泉清風荘-すずめの湯(露天風呂)

まずは内風呂へ。露天風呂からお湯を引いているので、やや温め。灰色をした泥湯だが、泥が沈殿しているという感じはなく、お湯もさらっとしている。ここでの入浴はそこそこにして、次は混浴の露天風呂へ。軽く身体を拭いて裸のまま外へ。服を着た人、裸の人、男女それぞれが通路で交錯するという不思議な光景である。まず左手に高温の湯船が2つ。湯船の底から源泉がぷくぷくと湧き出ている。湧きたての新鮮な源泉を体験できる機会なんて滅多にない。通路を挟んで6つに仕切られた温めの湯船がある。おばちゃんたち2〜3名と混浴。これだけひなびた雰囲気だと、おばちゃんたちには申し訳ないが混浴という緊張感はまったくない。雰囲気、泉質はともに極上。灰色のにごったお湯なので、浸かってしまえば何てことはないのだろうけど、それ以前の動作に女性は抵抗感があるのかも。

地獄温泉清風荘-露天風呂「露天風呂」は男性の脱衣所は1階にあり、その目の前に湯船がある。女性の脱衣所は2階にあり、渡り廊下で少し歩いたところに湯船ある。斜面を利用して女性が上段、男性が下段といった感じのひな壇になっており、女性側から男性側が見えることから「仇討ちの湯」と呼ばれている。いずれも岩風呂。

地獄温泉清風荘-露天風呂(男湯)地獄温泉清風荘-露天風呂(女湯)

雑木に囲まれているため景色がよいというわけではないが、地獄温泉は野趣あふれる雰囲気がキーワードのひとつ。わざとらしい眺望を期待してはいけないし、ここではありのままの自然を満喫するのみ。とはいえ、清風荘の中では唯一開放感があり、大きな岩風呂でのんびりすることができる。源泉は女性側の湯船からホースで給湯されており、時々ガスがゴボッとまとめて出てくる。ほんのり黄土色に色のついたお湯が掛け流し。

地獄温泉清風荘-曲水庵地獄温泉清風荘-曲水庵

地獄温泉清風荘-曲水庵地獄温泉清風荘-曲水庵

元湯から露天風呂の中間に「野鳥料理 曲水庵」という看板を掲げた建物がある。わりと大きな建物で、とくに特徴のない外観とは打って変わって、内部は本格的な古民家の造り。パンフレットには「十数年もかけて集めた、300年以上の木材をふんだんに使った〜」とある。そば、どんぶり物などの料理はテーブル席だが、野鳥料理は囲炉裏席で。脇には水が流れており、料理は小船に乗ってやってくる。平安時代には「曲水の宴」として楽しまれたというが、現代風に言えば回転寿司のようだ。こんにゃく、さといも、豆腐などのほかに、つい先ほどまで生け簀にいた鮎、そして野鳥はスズメ、ウズラ、カモ。これらを囲炉裏の炭で焼いて食べる。最初のうちはもの珍しさが勝っていたが、いざ口にしてみるとスズメやウズラなどは硬いし、好き好んで食べるものでもないな、というのが正直な感想。

地獄温泉清風荘地獄温泉清風荘

最近ではテレビや雑誌などで湯治場が取り上げられることが多く、また気軽に湯治気分を味わえるような旅行の仕方も紹介されている。病気の療養といった長逗留の湯治客も数多く滞在しているのだろうが、話を聞いていると骨休めに訪れている近所の農家も多いようだ。そして名湯・秘湯との噂を聞いてやってきた遠方からの観光客。いろんな人が訪れていたが、共通しているのは湯治場の雰囲気と良質な温泉を楽しんでいること。野趣あふれる山の湯治場を満喫したいなら、間違いなくここはおすすめ。いつまでもこの雰囲気のままでいてほしいと思う。

地獄温泉清風荘
源泉/地獄温泉
     (新湯:新湯…単純温泉)
     (元湯:たまご地獄、元地獄混合湯…単純温泉)
     (露天風呂:たまご地獄、元地獄混合湯…単純温泉)
     (すずめの湯:すずめ湯第一泉源、すずめ湯混合泉…単純硫黄泉)
住所/熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2327 [地図
電話/0967-67-0005
交通/南阿蘇鉄道阿蘇下田城ふれあい温泉駅よりバス15分「国民宿舎前」停徒歩3分
料金/大人400円、小学生以下200円
時間/8:00〜20:00

熊本天然温泉城の湯(熊本県熊本市上熊本)

熊本天然温泉城の湯熊本市内には宿泊休憩もできる健康ランド型の温泉施設が5ヶ所。地方都市にしてはかなりの充実ぶり。今回は熊本城公園にほど近い「熊本天然温泉 城の湯」を利用した。建物の外観、そして館内の様子はビジネスホテルのような雰囲気。健康ランドのような大衆的な賑やかさはない。

1階にフロントとレストラン、2階に浴室、3階に仮眠室、4階に個室(有料)がある。3階以上は「城の湯コース」の客のみが利用でき、浴衣の着用で区別している。脱衣所も「城の湯コース」「お気軽コース」で分かれており、城の湯コースには浴衣・タオル・バスタオルなどのセットが付く。

浴室は男性が「洋風呂」、女性が「和風呂」。趣きが異なるようだ。男性洋風呂の中央には大きな湯船が2つあり、うち1つは縁の部分にだけしかヒノキを貼っていないのに「檜風呂」。ジャグジー、打たせ湯とひと通り揃っているが、人気があったのは「健康湯」という湯船。やや冷たくも感じるが、寝てしまいそうな温度。露天風呂は大きな湯船のほか、そして勢いがかなり強くジャバジャバとお湯があふれている円形バイブラ湯。高い塀で囲まれているので、景色はまったく見えない。お湯は無色透明。内湯も露天も清潔感があってよいのだが、塩素消毒の臭いがするし、だいいち温泉っぽさが感じられない。

3階のフロアには仮眠室のほか、読書室、食事処がある。読書室といっても棚にはマンガ本、スポーツ新聞などが置いてあるだけ。空いた空間を読書室と呼んでいるだけのような感じ。仮眠室にはリクライニングチェアが並んでいる。前方にはテレビが数台並んでおり、熊本県内のチャンネルを公平に観れるようになっている。女性専用の仮眠室もある。仮眠室の休憩が苦手ならば、別途料金で4階の個室の利用を。大人1名の素泊まりなら4,500円、2名以上ならば1人あたり3,900円とリーズナブル。夕食つきの料金設定もあるので、詳しくはホームページで確認を。

というわけで、観光でも出張でも場所の良さでは使い勝手があるのだが、温泉施設として考えると平均点といったところ。そもそもビジネスホテルなどに宿泊することと比較すれば、文句のつけようがないのだが。

城の湯パンフレット

熊本天然温泉 城の湯
源泉/熊本天然温泉(単純温泉)
住所/熊本県熊本市上熊本2-8-43 [地図
電話/096-352-2626
交通/熊本市電杉塘電停より徒歩6分、本妙寺前電停より徒歩6分
     JR鹿児島本線上熊本駅より徒歩10分
     駐車場250台分あり
料金/(城の湯コース)大人1,500円、小学生800円、小学生未満は無料
      ※浴衣、バスタオル、フェイスタオルつき
     (深夜料金)大人1,000円、小学生500円(夜12:00以降)
     (おきがるコース)大人550円、小学生300円、小学生未満は無料
時間/10:30〜翌9:00、毎月第2火曜日は17:00から営業
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ