旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

山梨県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

塩山温泉宏池荘(山梨県甲州市塩山上於曽)

塩山温泉宏池荘 (1)甲州市は塩山市、勝沼町、大和村の合併によって誕生したが、その中心といえばやはり塩山で、地理的にもしっくりとくる。塩山駅北口より徒歩10分ほどの距離には開湯650年、信玄の隠し湯とも言われる塩山温泉があって、こじんまりとした旅館7軒が並んでいる。宏池荘では公衆浴場として日帰り入浴を受け付けている。

塩山温泉宏池荘 (2)現地を訪ねたら駐車場にはパトカーが停まっており、玄関前の道路では警察官が事故の検分を行っていた。さすがに気が引けるので今回は外観写真を撮影できず。インターネットの情報によれば、公衆浴場としての利用客は正面玄関ではなく、駐車場側の裏口から出入りするという。

しかし人の気配はなく、どうしたら良いのかわからない。やがておばちゃんがやって来て、「今日はお休みなんです」。それでも「外のお風呂なら入れるから」と案内され、お幾らですか?と聞けば、「いいから、いいから」と。ご厚意に甘え、露天風呂をタダで満喫してしまった。

宏池荘(甲州市観光協会)

塩山温泉宏池荘
源泉/塩山温泉(単純温泉)
住所/山梨県甲州市塩山上於曽1959 [地図]
電話/0553-33-2033
交通/JR中央本線塩山駅北口より徒歩10分
   国道411号線「上赤尾」交差点より約900m
   ※無料駐車場
料金/400円
時間/要問い合わせ

富士眺望の湯ゆらり(山梨県鳴沢村鳴沢)

富士眺望の湯ゆらり(山梨県鳴沢村鳴沢)積極的な広告展開により集客を図っている温泉施設は多いが、山梨県の富士眺望の湯ゆらりもそのひとつ。氷穴が有名な鳴沢村にあって、道の駅なるさわに隣接。しかし河口湖から精進湖・本栖湖方面となると、観光のメジャールートとは言えないのかもしれない。そこでゆらりでは、雑誌広告のほか、食事やボディケアとの平日限定セット料金、曜日ごとに県民デー(大人300円引き)を設けるなど集客努力に余念がない。

山梨県内にあっては大型店の部類か。エントランスは2階にあって、まずは休憩スペースがリクライニングシートと畳敷きの2室。階段を下ると1階には食事処がある。個室がずらりと並ぶさまは旅館を訪ねているようだが、料理はSLが運ぶという遊び心も。大衆的な雰囲気の食事処はその奥にあって、こちらは値段もリーズナブルだ。

富士眺望の湯ゆらり(山梨県鳴沢村鳴沢)富士眺望の湯ゆらり(山梨県鳴沢村鳴沢)

浴室内には高見風呂という名の内湯と、露天にはパノラマ風呂なるジャグジーがあって、湯船の中に設置されたライトが色とりどりにライトが点灯する。浴室内と露天側に2か所ある階段を下ると、1階にも露天岩風呂があって、雄大な富士山を真正面に眺める。19時以降の入館料は割安となるが、日が暮れてからではつまらない。御来光を目指す登山者の明かりが尾根へと連なるが、それも夏場だけだろう。晴れた日の日中が断然おすすめだ。また、露天風呂の一角にはガラス張りの香り風呂がある。

風呂が充実しているのは1階の方で、とくに気に入ったのは洞窟風呂。ドーム型の薄暗い室内に怪しく灯る照明効果と、バイフラ湯の激しさとで、まるで富士山のマグマ溜まりかと。通路を挟んで向かい側にはこれまたドーム型室内のスチームサウナ。贅沢な広さだ。これに対して高温サウナは狭いのだが、天然水を使用した水風呂が気持ちいい。屋外にあるから冬は水温より極寒だろうけど。通路の奥には付け足したかのように炭酸泉もある。

富士眺望の湯ゆらり(山梨県鳴沢村鳴沢)

3階には貸切風呂も7室あるが、これらの利用は併設する宿泊施設「富士緑の休暇村」の宿泊客限定(当日予約)。リーフレットには「16種類のお風呂」とあるが、実際に利用できるのは9種類(うちサウナ2室)。これだけでもじゅうぶんな数だし、タオルセットのレンタルを含めて平日1,300円なら妥当なのかと。ファミリーや若者グループが気軽に立ち寄れる雰囲気だ。

肝心の温泉はと言えば、大月短大田中収教授いわく「世界的に極めて珍しい溶岩樹型型水蒸気噴気孔(スパイクラル)」とのこと。むしろナノ水であることを全面に打ち出している。

富士眺望の湯ゆらり
源泉/カルシウム・マグネシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉
住所/山梨県南都留郡鳴沢村鳴沢8532-5 [地図]
電話/0555-85-3126
交通/中央道河口湖ICより国道139号線で約8km
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人1,300円、子供650円
     (休日)大人1,500円、子供700円
     (19時以降)平日:大人1,100円、休日:大人1,300円
     ※大人は貸バスタオル・フェイスタオル、子供は貸フェイスタオル付き
時間/10:00〜22:00、年中無休

桜庵(山梨県富士河口湖町勝山)

桜庵(山梨県富士河口湖町勝山)昨年発売の「saunner」がサウナブームの火付け役だとするならば、いま円熟期を迎え、先日は「サウナの教科書」なる本も発売された。

全国選りすぐりの名店も紹介されており(多くはsaunnerと重複するが)、そのなかで気になった店といえば、山梨県富士河口湖町の桜庵。山梨県最大級のサウナストーブではセルフロウリュウが楽しめるという。

富士河口湖町といえど、河口湖畔からは遠く離れた辺鄙な場所にあるが、駐車場には県内外の高級車ばかり。ホテルとしても営業しており、さらにはエステメニューも充実。たかの友梨プロデュースだというから興味深い。

会員制なので否応なく登録させられ、運転免許証などによる本人確認も。ちなみに入会金は不要。入館料を支払い、ロッカーキー、タオル、館内着を受け取ったら、すぐ隣の暖簾をくぐって脱衣所へ。

桜庵(山梨県富士河口湖町勝山)

浴室内に湯船は2つ。バイブラ湯と炭酸泉だ。ぬるめのお湯と明るく清潔感ある雰囲気が気持ちいい。露天風呂は勝手口のようなドアから。土日祝日は薬湯、平日は週替わりのご当地風呂(この日は沖縄黒糖風呂)。テレビも備えている。女性浴室はもっと広く、湯船とサウナの数も多い。利用客の比率からしても女性の方が多いのだろう。

さて、サウナ室の話。4月1日にリニューアルしたばかりで、ikiストーブに加え、壁2面に使用した富士溶岩のダブル輻射熱パワーが売り。室温は85℃で満足な熱さだが、セルフロウリュウでさらに発汗を促進。小さなラドルだが、2〜3杯でじゅうぶん。

桜庵(山梨県富士河口湖町勝山)

岩盤浴は2階にあって、温度が異なる赤塩房、白塩房、翡翠房の3室と、クールダウンルームの氷雪房。それぞれが雰囲気抜群の室内空間だから、女性人気は必至。館内着での利用となるため、汗をたっぷり含んだままではリクライニングシートや食事処が利用しづらいかな、と。

遠路はるばる富士河口湖町まで出掛けて、温泉ではなく、しかも決して安いとはいえない入館料。しかしそれ以上の満足感はある。小学生以下は入館不可だし、穴場感があって都内近郊の温浴施設よりは空いており、ゆったりできる。本格派のエステやボディケアなどで癒されながら、たまには贅沢をと考える方にはよりおすすめだ。

桜庵
住所/山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3337-1 [地図
電話/0555-83-5555
交通/国道139号線「東恋路」交差点より約2.3km
     富士急河口湖駅より無料送迎バスあり(詳細はホームページにて)
料金/平日1,500円、休日1,800円
     夜間割引(19:00以降):平日1,000円、休日1,300円
     ※小学生以下は入館不可
     ※バスタオル・フェイスタオル・館内着つき
     岩盤浴は別途500円
時間/10:00〜22:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ