旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

山梨県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

桜湯(山梨県昭和町西条) ※2017/6/7オープン

桜湯(山梨県昭和町西条)国母駅前温泉健康ハウスが建物を新築し、今月7日より桜湯としてオープンしたという。健康ハウス時代に一度訪ねたことはあるが、甲府界隈によくある田舎の中規模温泉施設で、失礼ながら言うと、健康とは名ばかりのくたびれた風情。ブログに記すのすら忘れていた。今回あたらめて訪ねてみると、なんとも爽やかな外観。開店30分後なのに、駐車場には車がたくさん。桜湯というありふれた名前はどうしてか。

桜湯(山梨県昭和町西条)小さな券売機が2台。チケットを購入してフロントへ。健康ハウス時代は570円だったのに、リニューアルして値下げするとは珍しい。総じて安い地域だが、シャンプーやボディソープは備え付け、貸しタオルセット100円。都会の人は驚くだろう。休憩所では横になってごろ寝するも客もおり、まさに山梨あるあるの光景だが、地域性を残しつつ若い人好みに生まれ変わった印象。

桜湯(山梨県昭和町西条)

浴室に入るとさっそく憎い仕掛けがあった。かけ湯は37℃・30℃の2つに仕切られ、たとえば30℃なら風呂あがりのシメにも良し、サウナと水風呂の合間にも良し。すぐ目の前には水風呂があって、手前から順に高温浴(43℃)、中温浴(40℃)のジェットと寝湯、不感浴(37℃)のバイブラ湯がずらっと一列に並ぶ。あつ湯〜ぬる湯とどちらの好みも満足させ、しかもこれらは温泉。うぐいす色の湯はざあざあと溢れ、小さな排水溝では処理しきれないほど。凝った風情はないが露天風呂もある。

桜湯(山梨県昭和町西条)サウナはガス遠赤ヒーターで90℃設定。脱衣所上部の制御盤に気付くのはサウナーだけか。室内は3段式で小さなテレビを設置。真新しく明るい室内で思うのは、時期を同じくしてリニューアルした萩の湯(東京都台東区)との共通点。いまどきの感覚を採り入れ、新たな客(とくに若い客層)をも取り込もうとする姿勢。今後この地域の手本となるだろう。横噴射で豪快に湯を投入する光景がなくなってしまい、ちょっと寂しさはありつつも。

桜湯
源泉/桜湯(単純温泉)
住所/山梨県中巨摩郡昭和町西条251 [地図]
電話/055-268-3088
交通/JR身延線国母駅より徒歩2分
     国道20号線(甲府BP)「国母立体」交差点より約800m
     ※無料駐車場あり
料金/大人500円、小人300円(4歳〜小学生)
時間/10:00〜23:30、年中無休

国母駅前温泉健康ハウス懐かしの国母駅前温泉健康ハウス時代。看板にはニュー健康ハウス昭和とあるが、それはさらに昔の名前らしい。

はやぶさ温泉(山梨県山梨市牧丘町隼)

はやぶさ温泉(山梨県山梨市牧丘町隼)山梨県の取引先に薦められたのが、牧丘町の温泉。といっても牧丘町は広く、今回は名前がかっこいいという理由で選んだ「はやぶさ温泉」へ。塩山駅を経由して現地に向かうが、市境をなす笛吹川を渡ってすぐ。はやぶさ(隼)とは地名で、高台の集落に建つ。日帰り温泉施設のはずだが、旅館と見紛う佇まいこそが名泉の証。山梨県内だと山口温泉(甲斐市)に雰囲気が似ている。

はやぶさ温泉(山梨県山梨市牧丘町隼)玄関をくぐると真正面にフロントがあるが、収穫の時期とあって床には葡萄を並べて販売。だいぶお安いようで、買い求めて帰る客多数。

入浴料を支払い、財布はすぐわきの貴重品ロッカーへ。脱衣所ではカゴを使用する。浴室に入ると、掛け湯でもなくウォータークーラーでもなく、まずは飲泉場。湯船はもちろんシャワーでも源泉を使用しているが、浴室内からの源泉持ち帰りを禁ずる貼り紙も。これを許してしまったら、ペットボトル詰めの商品が売れなくなってしまう。

パンフレット_0002温泉は地下1,000mから湧出し、pH9.95の高アルカリ性による滑らかな肌ざわり。また、ほんのり硫化水素臭もあって、飲泉すると甘みも。無色透明ながら、温泉らしさを実感できる。

浴室内には湯船1つだが、魚を象った湯口(しかも魚の口)からは温泉が勢いよく注がれ、そしてあふれ出している。浴室から数段下ると露天風呂があり、こちらは岩風呂。石が高く積まれ、屋根が全体を覆っているから、ひっそりとした雰囲気。ぬるめだから長湯してしまう。

休憩は畳敷きの大広間にて。テーブル席の食事処も別に設けているが、大広間に配膳も可。田舎らしさが漂っており、これもまた湯めぐりの気分を盛り上げる。泉質自慢の施設だが、雰囲気を気に入って通う客も多いことだろう。

はやぶさ温泉(山梨県山梨市牧丘町隼)

はやぶさ温泉
源泉/はやぶさ温泉(単純温泉)
住所/山梨県山梨市牧丘町隼818-1 [地図]
電話/0553-35-2611
交通/JR中央本線塩山駅よりバス13分「放光寺入口」停徒歩5分
   または山梨駅よりバス11分「隼上」停下車すぐ
   国道140号線「隼」交差点より約100m
   ※無料駐車場40台分あり
料金/(2時間まで)大人600円、小人400円
   (4時間まで)大人1,200円、小人700円
   (1日利用)大人1700円、小人1,200円
   ※大人は中学生以上、小人は3歳以上、幼児は無料
時間/10:00〜21:00、毎週火曜日定休

勝沼健康福祉センター(山梨県甲州市勝沼町)

休息甲州市の勝沼町内を車で走っていたら、「休息」という名のバス停を発見。葡萄工房ワイングラス館なる観光客相手の店舗前だから、なかなかシャレが聞いているなと思ったら、なんと地名のようだ。日蓮上人が当地で休息したのだとか。山梨県内の温泉めぐりをこれから始めようという矢先だったが、さっそく休息タイム。興味なく通過した勝沼健康福祉センターを訪ねた。ちなみにここの住所も勝沼町休息だ。

勝沼健康福祉センター(山梨県甲州市勝沼町)建物は2階建と規模が大きく、受付を兼ねて甲州市社会福祉協議会が事務所を構えている。館内は公民館のようだが、入浴しない人も入館料が必要とのこと(市内300円)。無駄に広いロビーの先には、浴室が男女2室ずつ並ぶ。浴室タイルの修繕工事のお知らせとして、「成人浴場(サウナ付き)のみご利用できません」との貼り紙があったが、聞けば大浴場風呂は利用できるという。老人浴場が正しい名前のようだが。(11月中旬は大浴場風呂にてタイル修繕工事あり)

勝沼健康福祉センター(山梨県甲州市勝沼町)大浴場風呂と言うけれど、湯船はせいぜい5〜6人の大きさだろう。瓢箪の下を切ったような形をして、バイブラとジャグジー2つを備えている。本来は歩行浴もあるが「施設不良のため使用できません」とのことで、湯船の縁に立てば壁越しに覗けるのを、そもそもどうにかした方が良さそう。温泉は地下560mから湧出し、「灰褐色混濁」と説明にあったが、薄いウーロン茶のような色味。肌ざわりがよい。

湯につかりながら庭の植栽を眺めるだけで、ご当地らしさといえば葡萄のレリーフ。温泉成分によってタイルは薄茶色に変色しているが、それも味があっていい。それならばどこのタイルを修繕するのかと探してみたら、湯船の底の一部が剥がれていた。工事完了の暁には4室すべてに湯を張るのだろうが、そこまで客はやって来るのかと。社協は民間団体のはずだが、塩山では「甲州市老人福祉センター塩寿荘」も運営しており、財源はさぞかし豊富なのだろう。ちなみに2階は大広間の休憩室(持ち込み自由)とトレーニング室がある。

甲州市社会福祉協議会-施設紹介

勝沼健康福祉センター
源泉/勝沼温泉(単純温泉)
住所/山梨県甲州市勝沼町休息1867-2 [地図]
電話/0553-44-1329
交通/JR中央本線勝沼ぶどう郷駅よりバス13分「健康福祉センター」下車
   国道411号線「健康福祉センター入口」交差点より約200m
   ※無料駐車場約40台分あり
料金/市外510円、未就学児無料
   ※市内300円(甲州市・山梨市)
時間/9:00〜17:00(火・金は21:00まで)
   毎週月曜日・祝日・年末年始休館
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ