旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

山梨県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

秋山温泉(山梨県上野原市秋山)

秋山温泉(山梨県上野原市秋山)つげ義春は山梨県秋山村を訪ね、「秋山村逃亡行」という短編紀行文を記した。旅の目的は、山奥でひっそり隠棲すること。平成になっても見渡す景色に変化はさほどないのかもしれないが、秋山の地はいまや温泉好き、サウナ好きに知られるところ。ふるさと創生資金によって平成8年にオープンした秋山温泉は、旧村営から民間委託となり、その知名度は全国区だ。

秋山温泉(山梨県上野原市秋山)秋山温泉までのメインアプローチとなる秋山大橋は、神奈川県相模原市(旧藤野町)との県境からすぐそこの距離。越えた山々のすべてが神奈川県だったとは、何とも複雑な心境だ。集落からは離れて建つ秋山温泉も、山の緑にぐるりと囲まれたロケーション。玄関先では鹿やイノシシの剥製がお出迎え。さらには熱波甲子園、おふろ甲子園での栄光が誇らしげに飾られている。

入館に際してフロントでは料金の支払いとともに、下足箱とロッカーの鍵を引き換える。入館料でお風呂と屋内外プールが利用でき、水着持参でなければレンタルも(500円)。プールでは様々なプログラムも実施されているらしく、地域住民の健康増進にも一役買っているようだ。

秋山温泉(山梨県上野原市秋山)

遠方より訪ねる客の目当ては温泉だろう。まもなく20周年を迎える施設ゆえ、浴室は洒落っ気と無縁だが、露天風呂に面した窓を大きく設け、明るくさわやか。大中小と3つある湯船はいずれも温泉を使用しているが、大きな湯船にひとたび浸かれば、なかなか出られない。泉温36.4℃で、これを加温も加水もせずにかけ流し。人肌の心地よさを感じながらうとうとし、気づけば30分はあっという間。

秋山温泉(山梨県上野原市秋山)

加温した湯船(中)やバイブラ湯(小)もあるからお好みで。開放感にひたるなら露天岩風呂へ。ちなみに源泉はpH9.8の高アルカリ性で、湧出量は毎分200リットル。肌のなじみも良く、館内には飲泉所もあって、体内も健やかになれそう。新湯治場の謳い文句も納得だ。

秋山温泉(山梨県上野原市秋山)浴室内にはスチームサウナもあるが、水着に着替え、屋外プールの一角にある「採暖室」という名のサウナ小屋へ。プールで泳いだりするのは興味がないので、横目に見つつも一気に通過。アウフグース(ロウリュ)の開催は1日4回。しかしこの日は「熱波甲子園ありがとう熱波」と称し、平日にもかかわらず1日6回のスケジュール。

アウフグースの時間だけは暖をとるだけにあらず。客どうし、客とスタッフとの交流の場でもあった。先ほどまでフロントに立っていたおねえさんがタオルのパフォーマンス。

秋山温泉(山梨県上野原市秋山)換気しすぎでは!?ってくらい開始直前まで窓を開け放つから、ストーブは轟音とともに一気に加熱。アロマ水の量が少なくても香りが広がるのは、スタッフがサウナの仕組みとロウリュの立ち方を熟知しているからだろう。熱波は香り、風、熱とテーマを持ち、段階ごとに強く扇ぐ。

アウフグースは1時間おきに3回受けたが、スタッフ3人とも技術にブレがなく、それでいて個性も感じられる。盛り上げつつ、客と一緒に場を作り上げていく空気感。支配人のご指導の素晴らしさもありながら、やはり個々のたゆまぬ努力か。さすが熱波甲子園王者の貫禄。

秋山温泉(山梨県上野原市秋山)休日ともなれば食事処も混雑するのだろうか。山梨県らしさと言えば、座卓がずらりと並ぶ光景。ラストオーダーが早く、都会の感覚だと夕飯にありつけないのは必至。1階と2階にそれぞれ休憩室もあり、日がな一日のんびり過ごすもよし。都心から約1時間の距離で、豊かな自然と良質な温泉、もはや芸術の域ともいえるアウフグースも満喫し、心身ともにととのいを得られるはずだ。



秋山温泉
源泉/秋山温泉(雛鶴の湯:単純温泉)
住所/山梨県上野原市秋山2210 [地図
電話/0554-56-2611
交通/中央道上野原ICより県道35号線経由で約15分
料金/大人750円、子供550円、幼児無料
     ナイト料金(17時以降):大人400円、子供200円、幼児無料
     ※大人は高校生以上、子供は中学生以下、幼児は小学生未満
時間/10:00〜21:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は営業)

※5年前の記事をもとに全面的に書き直しました。

甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)

甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)さすが湯処甲府だけあって、国道20号沿いのホテルには「温泉」の二文字をよく見かける。宿泊客のみならず、日帰り入浴を受け入れているホテルも多いようだ。甲府昭和温泉ビジネスホテルも入浴のみ可。しかしここは昭和町、そして大通りからは外れた場所にある。ビジネスホテルとは言うけれど、都会のそれとは似て非なる、ややくたびれた佇まい。名湯の予感がする。

自動ドアが開くと「いらっしゃいませ」と自動アナウンス。フロントで料金を支払うと、「スタンプカードはお作りしますか?」。風呂のみ客が多い証だろう。受付開始まもなくの朝6時過ぎに訪ねたが、浴室内は掃除の真っ最中。

甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)洗い場にカラン7つ、大小の温泉浴槽と水風呂、サウナもあるが、浴室内には湯治場風情が漂う。温泉はコポコポと飛沫を上げて噴き出し、ざあざあとかけ流し。烏龍茶のような色味で、大きな浴槽は40℃弱、小さな浴槽はちょろちょろ加水していることもあって人肌程度にぬるい。熱めの湯との声もあり、ボイラーが立ち上がったばかりだったのか。(写真は甲府昭和温泉ビジネスホテル公式サイトより転載)

サウナ室は狭く定員2名、小石6つを載せた貧弱なストーブ。温室かと思うぬるさで、温度計を見れば70℃しかなく、しかし針は少しずつ進んでいた。どこまで温度が上がるのか、じっと座っているのも退屈なので、80℃まで達したところで退室。かけ湯として溜めているのかと思ったら、それが水風呂。全然冷たくもない。

甲府昭和温泉ビジネスホテル(山梨県昭和町押越)風呂あがりの休憩スペースを談話室と名付けるのは昔の感覚だが、あるだけ親切。泊り客でないのにフロントロビーのソファで寛ぐのは気が引けるから。洗濯機や漫画本など、コインランドリーに来ているような錯覚に陥るが、長期滞在客が多いのだろう。ちなみに素泊まり4,000円からとリーズナブル。温泉巡りの拠点として検討しても良いだろう。

甲府昭和温泉ビジネスホテル
源泉/ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉
住所/山梨県中巨摩郡昭和町押越2223 [地図]
電話/055-275-7755
交通/JR身延線国母駅より徒歩15分
     国道20号線(甲府BP)国母立体交差点より約1.6km
     ※無料駐車場30台分あり
料金/大人500円、小学生400円
時間/6:00〜23:00、年中無休

正徳寺温泉 初花(山梨県山梨市正徳寺)

正徳寺温泉 初花(山梨県山梨市正徳寺)カリスマサウナーのヨモギーさんが推薦する水風呂付きサウナ、第3位は正徳寺温泉初花(SPA! 6/27・7/4合併号より)。キンキンに冷えているとか、水が滝のように落ちているといったサウナの名店ではなく、山梨県の日帰り温泉施設を挙げたのは意外な結果。とはいえここは以前、尊敬する温浴業界の先輩に教えてもらった店。まさにプロも認める店なのだ。

山梨市郊外、田園住宅地の中に初花はある。車のすれ違いは困難どころか、大型車なら路肩に注意。「こんなところに…」という立地だが、もとは釣り堀、そのあと鰻の養殖場だったという。温泉は1989年に湧出し、日帰り温泉として1996年に開業。泉質の良さで知られているが、鰻をはじめとした食事も人気。料理旅館のような佇まいにして、浴室までのくねくねした廊下。世間がイメージする温泉施設とは一線を画す。

正徳寺温泉 初花(山梨県山梨市正徳寺)

源泉は38℃だが、湯船では人肌よりも少しぬるめ。それなのにじんわりと温かく、ぬるっとまとわりつく肌ざわりも心地よい。それでいて湯あがりはいつまでもさらっと。肌が生き返り、身体のこりがほぐれていくのを実感しつつ、うとうとして湯船から出られない。露天には岩風呂、樽風呂、寝湯があり、のんびりとした風情に浸れるが、個人的には湯治場を思わせる内湯が好み。やや薄暗く、ほのかに湯気が立ち込める。明るい時間に訪ねたら印象が変わるかもしれないが。

正徳寺温泉 初花(山梨県山梨市正徳寺)

露天には簡素なサウナ小屋が建ち、その裏手にひっそりと水風呂も。温泉目当ての客が多いだろうし、サウナはおまけで作ったのかと思いきや、トルマリンや麦飯石などの薬石を使用するこだわりぶり。小さな水風呂はキンキンに冷えており、夏場なら急速冷却もよいが、冬場は凍えそう。あふれた水を受け皿として湛えた湯船は、じんわりと身体を冷やすのに最適。静けさの中で、いつまでも入っていたい。

正徳寺温泉 初花(山梨県山梨市正徳寺)正徳寺温泉 初花(山梨県山梨市正徳寺)

せっかくだから名物の鰻でも食べようかとメニューブックを開くも、いいお値段に戸惑った。あれこれ迷って、人気メニューとの表記を信じ、初花湯の花御膳2,850円也。一の膳、二の膳と分かれて運ばれる。さすが豪華な品々で、なにかの記念日や接待などに利用したら良いのかなと。入浴料は土地柄もあってリーズナブルだけど、他では得難い温泉体験と上質な食事が楽しめる。

正徳寺温泉 初花
源泉/正徳寺温泉(単純温泉)
住所/山梨県山梨市正徳寺1093-1 [地図]
電話/0553-22-6377
交通/JR中央本線山梨市駅または春日居町駅よりタクシー約5分
      国道140号線落合駐在所より約500m
     ※無料駐車場あり
料金/大人700円、子供400円(0歳〜小学生)
     ※3時間を超えると延長料金。食事すると30分追加。
     一日休憩:大人1,400円、子供800円
時間/10:00〜21:30、毎週木曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ