旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

山梨県

芭蕉 月待ちの湯(山梨県都留市戸沢)

芭蕉 月待ちの湯(山梨県都留市戸沢)江戸の大火で住まいを失った松尾芭蕉は、縁あって都留市でしばらくの間を過ごし、「名月の夜やさぞかしの宝池山」という句を詠んだという。芭蕉月待ちの湯は二十六夜山の麓に位置し、市中心部からは山あいを5kmほどの道のり。店名と山名は、旧暦正月と7月の26日に行う「月待ち信仰」にちなむ。阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩の三尊を拝むと願いが叶うのだとか。

芭蕉 月待ちの湯(山梨県都留市戸沢)月待ちの湯、コテージ、遊具広場など、周囲に点在する施設と合わせ、「戸沢の森 和みの里」として観光客を呼び込む。しかし、日がどっぷり暮れてから訪ねて来るのは、やはり地元客がメインなのだろう。素っ気ない外観で、エントランスにべたべたと貼り紙したり、公共施設ならではといった印象。館内はがらーんと静まり返っているが、コロナ禍にあって食堂を休止していることも理由の一つか。60帖の大広間と、個室休憩所が活用されていないとしたらもったいない。

芭蕉 月待ちの湯(山梨県都留市戸沢)券売機でチケットを購入し、フロントで下足箱とロッカーの鍵を引き換える。浴室は「芭蕉」と「月待ち」と名付けられ、男女週替わりとなっている。反転したつくりで、室内にはぬる湯・中温・高温の3つの湯船と、サウナと水風呂。露天に出ると、広々とした庭の中に岩風呂が1つぽつんとあるのみ。源泉は無色透明、かすかに硫化水素臭が感じられ、大月短大田中収教授いわく「ユニークな温泉」。このフレーズを見ると「山梨県に来たなぁ」と実感する。

芭蕉 月待ちの湯(山梨県都留市戸沢)サウナはこじんまりとした室内に、円筒型の小さな石積みストーブ。BGMを聞きながらのんびりと汗を流す。水風呂でじんわりと身体を冷やし、そのままぬる湯の温泉へ。人肌よりちょっと低い温度だから、いつまでも浸かっていられるし、うとうとしてしまう。都留市には銭湯(泰安温泉)、健康ランド(スターらんど)、人気のスパ銭(より道の湯)とバラエティに富んでいるけれど、温泉らしさを感じたいなら芭蕉月待ちの湯へ。アウトドア派やファミリーなら「和みの里」とセットでどうぞ。

芭蕉 月待ちの湯(山梨県都留市戸沢)

芭蕉 月待ちの湯(山梨県都留市戸沢)

芭蕉 月待ちの湯
源泉/都留市戸沢温泉(単純温泉)
住所/山梨県都留市戸沢874-1 [地図]
電話/0554-46-1126
交通/富士急行赤坂駅よりバス25分「芭蕉月待ちの湯」停下車
     国道139号線「赤坂」交差点より県道711号線経由で約4.8km
     ※無料駐車場あり
料金/大人720円、小学生410円、小学生未満無料
時間/10:00〜21:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

※露天風呂、ぬる湯の写真は公式サイトより転載

富士山溶岩の湯 泉水(山梨県富士吉田市上吉田)

富士山溶岩の湯 泉水(山梨県富士吉田市上吉田)富士吉田市は富士登山や富士五湖観光の利便性、ビジネス需要もあってか、ロードサイドにはホテルが点在する。そのうちの1つがリゾートイン芙蓉で、大浴場兼ねた日帰り施設「富士山溶岩の湯 泉水」を併設している。ホテルとエントランスを同じくしており、フロントも仕切っているだけ。日帰り客は券売機でチケットを購入し、下足箱とロッカーの鍵を引き換える。

富士山溶岩の湯 泉水(山梨県富士吉田市上吉田)テナントにチェーン店の居酒屋を入れているのは珍しい。ホテルの宿泊客はもちろん、外部からの利用も可能で、こちらの外観のほうがむしろ温浴施設らしく見える。オロポ三兄弟のうち「世界初」が謳い文句のフリージングオロポを試してみたかったが、あいにく営業時間外。畳敷き大広間のほか、地下にも休憩室を設けているようだが、こちらは貸切予約が入っており、平日でも会合なんてあるのだなぁと。

富士山溶岩の湯 泉水(山梨県富士吉田市上吉田)富士山溶岩の湯とは、湯船に溶岩プレートを用いていることに因む。遠赤外線効果とかそういったことだろう。二股カルシウム温泉、ヒマラヤブラックソルト、マイクロバブルと、湯船ごとに趣向を凝らし、高い温浴効果を訴える。露天風呂でもまたしかり。マイクロバブルの岩風呂、そしてぬる湯の檜風呂。露天風呂からは富士山も頭をのぞかせているようで、それはパンフレットを見て知った。曇天で夕暮れ時だったし。

富士山溶岩の湯 泉水(山梨県富士吉田市上吉田)サウナ室ではベンチと足元、ひとり2枚のウレタンマットを使用することを推奨しており、そのマットがやたらと大きい。おそらく他店の4倍はありそう。小さな遠赤外線ヒーターで、テレビの下には「ととのう」とサウナーを意識した掲示物。水風呂が小さいのは残念だけど、ぬる湯の檜風呂とのコンボが気持ちいい。ちょっと立ち寄るつもりだったのに、ついついうとうと。

気づけば地元客の来店によって、賑わいが増してきた。観光客向けに特化した施設ではないし、温泉が湧出しているわけではないけれど、なかなかの実力店ではないかと。

富士山溶岩の湯 泉水(山梨県富士吉田市上吉田)



富士山溶岩の湯 泉水
住所/山梨県富士吉田市上吉田4261 [地図]
電話/0555-24-2438
交通/富士急行富士山駅より徒歩20分
     国道139号線「上宿」交差点より約900m
     ※無料駐車場あり
料金/大人800円、小人500円(4歳〜小学生)、幼児200円(3歳以下)
時間/11:00〜22:00(休日は11:00〜23:00)、年中無休

※露天風呂と水風呂の写真は公式サイトより転載

みさかの湯(山梨県笛吹市成田)

みさかの湯桃やぶどうの一大産地として知られる山梨県笛吹市。市内には笛吹川が流れ、笛を吹くのが上手な少年の哀しい言い伝えに由来するのだとか。笛吹市は石和温泉で有名な石和町、中央道一宮御坂ICの一宮町、御坂町などの合併により誕生。そして、石和町になごみの湯、一宮町にももの里温泉、御坂町にみさかの湯と、市内には3軒の公営温泉が営業している。

みさかの湯(山梨県笛吹市成田)今回訪ねたのはみさかの湯。地域の特産でもあるバラを栽培しており、毎週月曜日には女性浴室でバラ風呂を行っているという。それ以外は何処にでもありそうな、のんびりとした温泉施設。市民は割引料金で利用でき、さらに17時以降はお得とあって、仕事を終えたおじいさん達が続々やって来る。フロントで料金を支払うと入浴券を渡されるが、これはロッカー施錠にも使用する。

みさかの湯(山梨県笛吹市成田)大きく窓を設けていることもあって、浴室は煌々と明るく、そして広々としているけれど、なんだか殺風景なのは公共施設特有と言えるかも。大きな湯船にバイブラやジャグジーがあったり、ほかに打たせ湯があったり。露天風呂もまた特筆すべきこともなく、結論から言えば、地元住民の健康増進が主たる目的なのかと。

そんな中でも、わざわざ訪ねるべき理由を挙げれば、サウナが3室もあることだ。高温サウナ、塩サウナ、ミストサウナと、それぞれが地元のおじいさん達の社交場と化していた。観光客より地元客に特化した施設ならではの光景と言える。さすがに水風呂は1つで2人サイズ。温度設定やコンディション、マナーといった細かい話はさておき、サウナ3室はじゅうぶん施設の売りになり得るはず。

みさかの湯(山梨県笛吹市成田)贅沢なほど広い館内を持て余しているのも公共施設ならでは。休憩室として畳敷きの大広間が2室。片方にあった食堂は営業を取りやめ、その代わりに設置したのがセブンイレブン自販機。カップラーメンやお菓子など入っているもので、安いサウナ店やオフィスビルにありがちな自販機。県内初の設置としてアピールしているけれど、観光客には地元のおいしい店の案内図でも配った方が喜ばれるはずだが。

みさかの湯
源泉/単純温泉
住所/山梨県笛吹市御坂町成田2200 [地図]
電話/055-261-6166
交通/国道20号線(勝沼BP)「成田」交差点より約650m
     ※無料駐車場120台分あり
料金/(市外1日券)大人720円、小学生410円
     (市外・夜間券17時以降)大人520円、小学生310円
時間/10:00〜22:00、毎月第2・第4火曜日定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ