旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

長野県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

仙気の湯(長野県松本市浅間温泉)

浅間温泉は松本の奥座敷として知られ、松本城から北東に約3.5km(松本駅から約4.5km)の距離にある。約1000年の歴史があり、発見した豪族・犬飼半左衛門にちなんで「犬飼の湯」と呼ばれていたという。江戸時代には松本藩主の御殿湯(現在の枇杷の湯)、武士専用の湯(現在の倉下の湯)、庶民の湯が設けられた。現在は20数軒の旅館が建ち並び、城下町観光とあわせて訪ねる観光客が多い。誰でも利用できる共同浴場は3軒だが、ほかに地元住民専用の施設も。また、日帰り客に開放している旅館も多い。

仙気の湯(長野県松本市浅間温泉)今回訪れたのは「仙気の湯」という共同浴場。昨年は福島市の飯坂温泉でも同じ名前の共同浴場を訪ねたが(⇒記事)、「仙気(疝気)」とは漢方用語で下腹部の疼痛を意味し、身体を温め、血行をよくすることで痛みが緩和されると言われている。ここ浅間の仙気の湯は江戸時代からの歴史を持ち、現在の建物は平成元年に建てられた。浅間温泉創成会が運営する施設で、2階は公民館(創成会館)として利用されている。

仙気の湯(長野県松本市浅間温泉)玄関先の券売機でチケットを購入。下足箱の鍵は外されていたが、脱衣所のロッカーも同様。「鍵と錠をお貸しします」と書いてあるので、番台のおばちゃんに頼むと、「あまり数がないのよねぇ」と言いながら南京錠を貸してくれた。小さな錠前なので、当然鍵も小さく、しかも手首に巻くゴムもない。といったわけで、錠前をかけ、番台に鍵を預けて入浴。浴室はカラン4つと小さな湯船1つ。こじんまりしているが、地元客が多いようで回転は早い。お湯は無色透明で、かけ流し。居合わせた若者グループから「熱い、熱い」という声が聞こえてきたが、大騒ぎするほどの熱さではない。湯口の源泉はコップで飲むこともできる。クセがなく、白湯を飲んでいる感じ。仙気の湯では、4つの源泉の混合泉を200m先から引いているという。

浅間温泉観光協会
浅間温泉旅館協同組合
松本観光コンベンション協会
新まつもと物語(松本市公式観光情報ポータルサイト)

仙気の湯
源泉/浅間温泉(単純温泉)
住所/長野県松本市浅間温泉3-4-22 [地図
電話/0263-46-5553
交通/JR篠ノ井線・大糸線・アルピコ交通(旧松本電鉄)松本駅よりバス約20分
    「湯坂」停徒歩1分
    中央道松本ICより約7km
料金/大人250円、小学生以下無料
時間/6:30〜20:00、毎月第2・4水曜日と年末年始定休

---

浅間温泉の日帰り温泉施設

湯々庵枇杷の湯
住所/長野県松本市浅間温泉3-26-1 [地図
電話/0263-46-1977
料金/大人800円、子供500円(4歳〜小学生)
時間/9:00〜21:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)
※松本藩主の御殿湯として400年の歴史を持つ。駐車場30台分あり

ホットプラザ浅間
住所/長野県松本市浅間温泉3-16-3 [地図
電話/0263-46-6278
料金/大人630円、小人350円(小・中学生)、小学生未満無料
時間/10:00〜24:00、毎週火曜日定休(祝日の場合は翌日)
※浅間温泉旅館組合が運営。駐車場40台分あり

浅間温泉の共同浴場

港の湯
住所/長野県松本市浅間温泉1-21-10 [地図
電話/0263-46-1800
料金/大人200円、小学生以下100円
時間/6:30〜20:30、不定休
※温泉街入口にある

倉下の湯
住所/長野県松本市浅間温泉3-28-15 [地図
電話/0263-46-1402
料金/大人200円、小学生以下100円
時間/6:30〜20:00、不定休
※江戸時代は武士専用の湯として使われていた

---

ブログに掲載した記事
松本城(⇒記事
松本市旧司祭館(⇒記事
旧開智学校(⇒記事

葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)

大町市街地から大町ダムを経て、高瀬川を上流へさらに約5km。高瀬渓谷に湧くのが葛温泉だ。慶長年間の飢饉の際に村人が葛を採りに山中に入り、温泉を発見したのが発祥とされている。400年に渡って湧き続けているのだが、昭和44年8月の豪雨は土石流となって旅館3軒が流失、交通が寸断され孤立状態となる水害(44災)を経験した。これを契機に大町ダムが建設され、葛温泉は現在、仙人閣湯宿かじか高瀬館の3軒が高瀬川沿いに点在している。

しかし今回は旅館の日帰り入浴ではなく、目当ては河原の野湯。「無料&格安温泉」(SAN-EI MOOK)という本を参考にして訪れたのだが、「県道を走りながら見当をつけて橋を渡り〜」という記述で、その場所は特定できた。橋といえば「湯宿かじか」に渡る橋くらいしかなく、そこから河原を眺めてみると、ゴロゴロとした岩場の中に湯溜まりのような箇所がいくつかある。天然なのか人工なのかはわからないが、どう見ても岩風呂だ。橋を渡ってそこに近づくと、「ここで水あそびしてはいけません」という看板のすぐ傍から、「河原へと下りてください」と言わんばかりにロープが垂れ下がっている。これで、河原までの斜面は容易に上り下りすることができる。

葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)

河原のあちこちから温泉が湧いていた。周囲の石が変色しているし、煮えたぎる感じもすぐわかる。熱湯なのは一目瞭然なので、川の水と混じって程よい湯加減を探すも、むやみに手を突っ込むと火傷は必至。かといって川に近づくと水が冷たい。河原をさんざん歩き回ってみたが、熱すぎたり冷たすぎたりして入浴できそうな場所はない。川の水がもう少し多ければよかったのだろうけど、季節や天候が左右するし、大雨やダムの放流によって増水したら危険な場所。そもそも県道や橋から丸見えのロケーション。

葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)

この記事を書くにあたって調べてみたら、源泉は約80℃あるという。どうりで熱いわけだ。野湯としてはアクセスしやすいし、高瀬渓谷の景色も良好だが、いつでも気軽に温泉を楽しめるというわけではない。それを踏まえて野湯であるのかもしれないが。今回は残念だったが、長野県内には河原の野湯として有名な温泉があちこちにある。これらを訪ねてみるのも面白い。

葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)
葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)葛温泉河原の野湯(長野県大町市平)

葛温泉河原の野湯
源泉/葛温泉(単純温泉)
住所/長野県大町市平 [地図
交通/長野道豊科ICより県道326号線経由で約40km
料金/無料
時間/24時間

大町市観光協会

無料&格安温泉―入湯料すべて500円以下!全国実湯200湯 (SAN-EI MOOK)
無料&格安温泉―入湯料すべて500円以下!全国実湯200湯 (SAN-EI MOOK)
クチコミを見る

町高梨共同浴場(長野県上田市鹿教湯温泉)

町高梨共同浴場(長野県上田市鹿教湯温泉)鹿教湯温泉の共同浴場は「文殊の湯」が定番だが、温泉街の東側にはもう1軒「町高梨共同浴場」がある。文殊の湯が観光客向けだとすれば、町高梨は地元住民の利用がメインの施設。町地区と高梨地区の住民によって管理運営されている。町公民館・西内区役場わきの細い通路を入って行くので、地図がなければ気づかない立地。表通りに看板もなければ、木の看板は黒ずんで見えにくい。無人施設なので、お金は室内の錆び付いた料金箱に入れる。

町高梨共同浴場(長野県上田市鹿教湯温泉)町高梨共同浴場(長野県上田市鹿教湯温泉)

ゴールデンウィークとあって文殊の湯にはそれなりに客がいたが、こちら誰もおらず。さすがに昼間は地元住民もいない。脱衣所は棚と小さな洗面台があるだけ。浴室も湯船1つとカランが2つ。

町高梨共同浴場(長野県上田市鹿教湯温泉)お湯はライオンの口から絶えず注がれ、そしてあふれている。ちょっと熱めで、42〜43℃といったところ。無色透明だが、白くて細かい湯の花が舞っている。ほんのり硫黄臭がして、細かい気泡が付くのはお湯が新鮮な証拠か。カランでも源泉を使用している。掃き出し窓は明かり取りのためで、外は小さな庭があるのみ。

結局誰も来なかったけど、早朝や夕暮れ時には地元の人たちとのふれあいが期待できるのかも。鹿教湯の泉質が堪能できる点でもおすすめだ。

町高梨共同浴場
源泉/鹿教湯温泉(単純温泉)
住所/長野県上田市鹿教湯温泉 [地図
電話/0268-44-2331(鹿教湯温泉観光協会)
交通/上信越道東部湯の丸ICよりR152〜254経由で約40分
    中央道豊科ICよりR254経由で約40分
    駐車場は鹿教湯交流センター(約40台分)を利用のこと
料金/大人200円、小人100円(小・中学生)
時間/7:00〜21:30
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ