旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

長野県

The Sauna(長野県信濃町野尻)

The Sauna(長野県信濃町野尻)根っからのインドア人間なので、昨今流行しているアウトドアサウナは苦手だが、食わず嫌いも良くないなと。長野市内から国道18号線を北へ、新潟県との県境をなす県北の信濃町。信濃尻湖がいつしか野尻湖と呼ばれるようになったとか。木立ちの湖畔に建つゲストハウスLAMP野尻湖。この敷地内にあるのがThe Saunaで、今年2月にオープンした。

The Sauna(長野県信濃町野尻)宿泊せずともサウナ利用はできるが、基本的には予約制。1日5回のスケジュールから選ぶ。平日だが貸切で埋まっており、予約が取れたのは16時の回。高原地帯かつ豪雪地帯。日が傾くとぐっと冷える。ゲストハウスにはきのこ採りのグループが帰ってきたところで、周囲の自然を活かし、カヤックやスノーシューなど多くのプログラムが行われているようだ。

The Sauna(長野県信濃町野尻)参加者は老若男女の幅が広いように感じたが、ゲストハウス自体はおしゃれで若者向けの雰囲気。働いているスタッフも若く、いまどきのアウトドアブームを象徴しているのか、アイデアと手づくり感にあふれていた。時間になって、水着への着替えを済ませたら、屋外のサウナ小屋へ。1坪ほどのログハウスで、奥には石を満載にした薪ストーブ。ベンチはストーブより高い位置に設けているので、セルフロウリュしたときの熱対流をすぐさま実感できる。

The Sauna(長野県信濃町野尻)薄明かりのなか、ロウリュをすると、水の弾ける音、ヴィヒタのスモーキーな香りに包まれる。通常で80℃ほどだが、ロウリュ3杯くらいから湿度がぐっと上がる。沢の水を引いた水風呂は、15℃くらいと聞いたが、全身がギュッと締まる。野尻湖はもう少し水温が高いというが、足元の泥濘みを抜けるまでに断念。それでも夏場の湖水浴は、気持ちが良さそうだ。

The Sauna(長野県信濃町野尻)このサウナを一から作り上げたのは、野田クラクションべべーさん。直々にロウリュをしてもらい、歓談のひとときを過ごしたが、情熱と行動力には頭が下がる思い。本来、フィンランドにおけるサウナは、厳しい自然と共生する術だし、ここでは自然を楽しむ手段のひとつ。The Saunaの名前に余計なものがないように。縁遠く苦手と思っていたアウトドアの世界だが、野田さんの優しい語り口調と人柄もあって、少し見方が変わったような気がする。



The Sauna(長野県信濃町野尻)

The Sauna(長野県信濃町野尻)






The Sauna
住所/長野県上水内郡信濃町野尻379-2 [地図]
電話/026-258-2978
交通/国道18号線「野尻湖」交差点より約1.3km
     上信越道信濃町ICより約2.3km
料金/大人1,500円、小学生以下1,000円
時間/第1部11:00〜13:00、第2部13:30〜15:30、第3部16:00〜18:00
     第4部18:30〜20:30、第5部21:00〜23:00
     毎週月曜日・火曜日定休(祝日の場合は営業)

百合居温泉仮設共同浴場(長野県栄村堺百合居)

「田んぼのど真ん中、プレハブの湯 口コミで人気」という記事が、平成21年1月21日の毎日新聞に掲載された。長野県栄村の百合居温泉を紹介したもので、平成7年に湧出し、老人ホームの使用予定が取り止めとなるも、村の予算がないためプレハブのままだという。村民憩いの場でありながら、物珍しさから口コミでも人気が出始めているという。いつか訪れてみたいとこの記事をプリントしていたが、ようやく3年越しの訪問となった。

栄村は長野県の最北に位置し、野沢温泉村や新潟県津南町などに隣接する、人口2000人余りの小さな村。東日本大震災の翌日に起きた長野県北部地震では甚大な被害を受け、1年以上経った現在は道路や橋の補修工事が行われていた。苗場山や鳥甲山などの登山、キャンプ、冬はスキーが観光の目玉だが、切明温泉川原の湯(⇒記事)で紹介したように、秋山郷など村内に点在する温泉も見逃せない。百合居温泉もそのひとつだ。

百合居温泉仮設共同浴場(長野県栄村堺百合居)新聞記事では「横倉駅近くの田んぼの真ん中に、ひっそりと建つプレハブ小屋がある」と書かれていたが、これでは道案内が不親切だ。まず横倉駅を目指すのは正解だが、このあたりは民家が点在しており、田んぼが広がる農村風景は千曲川の向こう側。百合居温泉は農協の裏手にあり、「田んぼのど真ん中」という表現はやや大げさに感じたが、建物は本当にプレハブだった。群馬県みなかみ町の三峰の湯(⇒記事)もプレハブだったが、こちらはさらに簡素な無人施設。料金箱に200円を入れる。

百合居温泉仮設共同浴場(長野県栄村堺百合居)正式名称を「百合居温泉仮設共同浴場」といい、脱衣所は日曜大工で作ったかのような棚とカゴ、椅子があるのみ。浴室は板を打ち付けた壁にコンクリートの床と湯船。温泉の成分によって変色し、鉄骨は腐食も進んでいる。昔からある共同浴場かと錯覚してしまうが、2つあるカランはシャワー付きの混合栓。温泉の湧出と同じ年に建物が完成しているから同然なのだが。

百合居温泉仮設共同浴場(長野県栄村堺百合居)源泉は無色透明で、循環や消毒をせずにかけ流ししている。かすかに油くささを感じ、お湯の表面には大きな膜がいくつも浮いていた。しかし肌ざわりはつるつる系。

ちょっと熱めに沸かしているが、源泉は最新の調査(平成22年)では泉温33.0度。建物内には49.8度(平成7年)と28度(不明)の表記もあるが、大きくばらつきがあるのはどういうわけか。

百合居温泉仮設共同浴場(長野県栄村堺百合居)百合居温泉仮設共同浴場(長野県栄村堺百合居)百合居温泉仮設共同浴場(長野県栄村堺百合居)

冒頭の新聞記事の話に戻って、地元の方々とのふれあいでもあればさらに印象深いのだろうが、終始一人きり。それもまた贅沢な経験なのだろうが。

百合居温泉仮設共同浴場
源泉/百合居温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/長野県下水内郡栄村大字堺百合居1226 [地図
交通/JR飯山線横倉駅より徒歩13分
     ※駐車場2〜3台分あり
料金/200円
時間/12:00〜20:00(12〜4月は12:00〜19:00)
     毎週火曜日定休

栄村観光協会

切明温泉川原の湯(長野県栄村堺切明)

秋山郷は新潟県津南町と長野県栄村にまたがって点在する12の集落の総称で、江戸文政年間の文人・鈴木牧之によって紹介された。西に鳥甲山、東に苗場山、その谷間には中津川が流れる。メインとなるルートは津南町からの国道405号線だが、車のすれ違いもままならない険しい山道が続く。志賀高原からのルート(奥志賀公園栄線)もあるが、冬期は閉鎖される。かつて飢饉が襲ったときには餓死者も出て、3つの村が滅んだという。いまだって落石や雪崩などで道路が分断されたら、たちまち陸の孤島と化すだろう。いまもむかしも秘境であることに変わりはない。

切明温泉への道切明温泉への道新潟県津南町と長野県栄村の県境

この厳しい環境の中で、自然の恵みといえば集落に湧く温泉だ。北から逆巻、結東、小赤沢、屋敷、上野原、切明の温泉があり、各地に数軒の旅館もある。小赤沢温泉は酸化した鉄分による赤褐色のお湯、屋敷温泉は目の前に中津川を眺めながらの露天風呂が楽しめる。そして切明温泉の名物といえば、川そのものが露天風呂というワイルドなロケーションだ。

小赤沢集落小赤沢温泉楽養館屋敷集落
雪に埋もれる小赤沢(左)と屋敷(右)集落。小赤沢温泉楽養館(中)は4/20時点で冬期休業中だった。

切明温泉の歴史は古く、江戸時代中期に箕作地区の名主・島田三左衛門によって発見されたという。鈴木牧之の「秋山紀行」では湯本と記されているが、江戸時代中期には宿が流され、復活したのは昭和47年のこと(村営の宿・雄川閣)。現在はほかに2軒の宿が営業をしているが、民家は1軒もない。

切明温泉川原の湯切明温泉川原の湯切明温泉川原の湯

雄川閣より吊り橋を渡り、中津川の川原を200mほど歩いていく。雪が足首以上に積もり、道の格好をなしていないが、川から立ち上る湯気でだいたいの位置はわかった。川原には大小の石がゴロゴロしており、すでに岩風呂のように石が並んでいる。川底から湧く温泉と川を流れる冷たい水が混じり合い、人肌程度の温さ。浅いところをよく見るとぷくぷく湧き出していて、そこは若干熱め。川の水が注ぐところは当然冷たく、加減が難しいのだが、スコップで作るなど面倒だし、そもそもスコップを持っていないし。湯加減以上に困ったのは、川底に堆積した落ち葉や藻がぬるぬるして気持ちが悪いこと。諦めて足湯で済まそうかとも考えたが、3分後には服を脱いでいた。もちろん脱衣所はないので、水着やバスタオルがあるとよいかも。と言いつつ、自分は持っていないが。

切明温泉川原の湯切明温泉川原の湯

温くても冷たくても慣れてしまえば極楽露天風呂。都会のスーパー銭湯では味わえないこの開放感、むしろ開放的過ぎるかもしれない。温泉が大自然の恵みだと実感できるひとときだ。

切明温泉川原の湯

切明温泉川原の湯
源泉/切明温泉(カルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/長野県下水内郡栄村堺切明 [地図
交通/国道405号線・117号線「大割野」交差点より約33km
料金/無料
時間/24時間

津南彩発見(津南町観光協会)
秋山郷観光協会
栄村観光協会
越後秋山郷(アトラスデザインワークス)

切明温泉の宿
雄川閣 切明リバーサイドハウス 雪あかり
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ