旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

長野県

コトリの湯(長野市松城町東条)

コトリの湯(長野市松城町東条)江戸時代には松代藩の城下町として整備され、第二次大戦末期には松代大本営。歴史の見所で知られる長野市松代町にあるのがコトリの湯。市内に点在するスーパー銭湯のなかでも、おしゃれ度は随一。市内に限らず、国内屈指ではないと思うくらいの完成度だ。建物を巣箱にたとえ、さまざまなアイテムで楽しむ巣ごもりの時間。加えて、善光寺平を見渡す露天風呂やかまど炊きのご飯も一級品だ。

コトリの湯(長野市松城町東条)コトリの湯と検索すると、会社が上位ワードに表示される。もともと「山道温泉 虫歌の湯」としてオープンするも、わずか5年の短命で終えた施設。信濃三十三番札所の虫歌山桑台院に因んでいるようだが、温浴施設の名前として疑問符だったのと、なにより遠く感じてしまう立地なのだろう。そこで、「地域創生・観光事業再生」を手掛ける地元企業によって、2018年に「コトリの湯」として生まれ変わった。はっきりしたコンセプトがあるから、多くの客はここで一日過ごすことを目的としてやって来る。

コトリの湯(長野市松城町東条)入館してまず目を惹くのは、エントランスホールと階段に設けた吹き抜け本棚。おしゃれな本がおしゃれに並び、明るく開放的な空間を演出している。見る角度ごとに「映え」ているし、いちいち立ち止まってしまう。こうしたリニューアル店舗では、風呂はついでという発想になりがち。現に浴室にはアトラクションバスの類は一切なく、通好みと言える。

コトリの湯(長野市松城町東条)磨き丸太の柱と梁で小屋組みを見せ、壁を板張りにして、木のぬくもりを活かした浴室。そこに湯船がひとつあって、窓の外に庭の植栽を眺める。スチームサウナなのは残念だが、身体に負担がなく、万人受けであるという点では良いのかも。小さな水風呂もあるし。

コトリの湯(長野市松城町東条)温泉は加水しているし、特筆すべき泉質というわけでもない。唯一の満足は露天風呂だ。浴室からは少し離れており、だんだんと見えてくる景色にわくわく感が高まる。まずは大きな岩がダイナミックな庭園露天風呂、そしてその先に展望風呂がある。湯船に浸かりながらにして善光寺平を見下ろす、この地ならではの体験だ。

コトリの湯(長野市松城町東条)レストランはオープンキッチンと言ったらよいのか、見せる工夫で本格感を醸し出し、期待感が高まる。客席の雰囲気も都会的だし、メニューともども若い客層に受けが良さそう。客席の視線の延長には庭が広がり、目も愉しませてくれる。こういう店でこそスマホやパソコンから解放されてゆっくり過ごしたいものだが、そうもいかない人のために2階にはコワーキングスペースも設けている。

コトリの湯(長野市松城町東条)「巣ご森」と名付けられた2階全体が休憩スペースで、コワーキングスペースのほか、コミックエリア、リラックスエリアとなんとなく分かれており、いろんな箱を組み合わせた楽しい空間がいくつもある。計算されているのか、自由設計なのか気になるところ。こうしたリニューアルは流行り傾向にあるけれど、コトリの湯は現時点で知る限りの最高傑作と言える。

コトリの湯(長野市松城町東条)極めつけは土管だろう。押し入れのような箱といい、ドラえもんの懐かしさを体験できる。フリーコーヒーもあるし、これらすべてが入館料だけで利用可能なのだから、時間に余裕をもって訪ねたい。首都圏近郊にあったら間違いなく話題を独占しそうだが、立地含めて長野県だから実現した施設なのかも。長野県を旅する際はぜひ立ち寄ってみてほしい。

コトリの湯(長野市松城町)

コトリの湯(長野市松城町東条)

コトリの湯
源泉/皆神温泉と松代城下温泉の混合泉
     (ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉)
住所/長野市松代町東条2832 [地図]
電話/026-213-5510
交通/国道403号線「長野IC南」交差点より約3.7km
     ※無料駐車場あり
料金/巣ごもりプラン(フリータイム)
      平日大人950円・子供450円、休日大人1,000円・子供500円
     シジュウカラプラン(平日のみ16時〜22時)
      大人800円、子供450円
     ひとっぷろプラン(90分)
      平日大人650円・子供300円、休日大人700円・子供350円
     ラストワン(21時以降)
      大人500円・子供300円
     ※子供は3歳〜小学生、3歳未満無料
時間/10:00〜22:00、毎月第2木曜日定休

※浴室、露天風呂の写真は公式サイトより転載

川中島温泉テルメDOME(長野市川中島町今井)

川中島温泉テルメDOME(長野市川中島町今井)川中島の戦いとは、武田信玄と上杉謙信による北信濃の支配権を巡る争いだとか。史跡公園として整備された古戦場(武田軍の本陣)は別の地区にあって、川中島の現在は、ロードサイドに大型店が建ち並び、夜でも車の通りが絶えない。いまやドン・キホーテは郊外における賑やかさの象徴。さらに24時間営業の西友。川中島温泉は両店舗にほど近く、わずかに奥まっているものの、立地の良さが魅力と言える。

川中島温泉テルメDOME(長野市川中島町今井)オープンは2017年3月と新しく、大型岩盤浴、ホットヨガ、フィットネスなど最新のトレンドも備える。館内利用はバーコードによる退館時精算で、フロントでは下足箱と脱衣所ロッカーの鍵を引き換える。温泉は地下1,250mより湧出し、毎分500リットルと湯量も豊富。内湯の大小2つの湯船と、かけ湯、露天風呂で使用している。ほかには、電気マッサージも備えた人工炭酸泉、ジェットバスがあり、湯船の数は多くないものの、人気のアイテムだけに特化。

川中島温泉テルメDOME(長野市川中島町今井)サウナは遠赤外線ヒーター2基のほか、石積みのヒーターでは30分おきのオートロウリュを実施。室内はさほどの熱さではないが、常に適度な湿度を保ち、オートロウリュでさらにインパクトを加えている。水風呂は広く、深く、冷たく、スーパー銭湯では贅沢な部類。浴室内に休憩用の椅子もあるが、露天では寝転んでの外気浴も可能。ただし、冬は極寒なのだろうけど。

スタッフが扇ぐロウリュは毎週金曜日のみ開催とのこと。長野県内でロウリュ開催店はまだ少ないから、開催頻度をもっと増やせば、それに比例してサウナファンをもっと独占して獲得できるはず。

川中島温泉テルメDOME(長野市川中島町今井)食事処は下げ膳だけを客が行う形式。長野の名物でもある山賊焼きは、ボリュームがすさまじく、そして全般的にリーズナブル。今回は利用しなかったが、岩盤浴エリアには寝ころびスペースも設けられている様子。しかし、食事や岩盤浴をしない人の休憩スペースは考慮されておらず、客の滞在よりも回転を重視したい考えなのかと。ちなみにテルメDOMEとは、同じ長野市内にある1号店、温泉付きフォットネスクラブの屋号でもある。コンセプトは全く違うように思うのだが。

パンフレット

川中島温泉テルメDOME
源泉/川中島温泉(含よう素−ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉)
住所/長野市川中島町今井1780-1 [地図]
電話/026-214-6660
交通/JR信越本線今井駅より徒歩17分
     国道19号線(長野南BP)「稲里西」交差点より約1.1km
     国道18号線(北国街道)「広徳」交差点より約2km
     ※無料駐車場あり
料金/平日大人720円、休日大人770円
     中高大学生510円(学生証提示のこと)、小人360円(3歳以下無料)
     岩盤浴は別途620円(中学生以上)
時間/10:00〜24:00、年中無休

The Sauna(長野県信濃町野尻)

The Sauna(長野県信濃町野尻)根っからのインドア人間なので、昨今流行しているアウトドアサウナは苦手だが、食わず嫌いも良くないなと。長野市内から国道18号線を北へ、新潟県との県境をなす県北の信濃町。信濃尻湖がいつしか野尻湖と呼ばれるようになったとか。木立ちの湖畔に建つゲストハウスLAMP野尻湖。この敷地内にあるのがThe Saunaで、今年2月にオープンした。

The Sauna(長野県信濃町野尻)宿泊せずともサウナ利用はできるが、基本的には予約制。1日5回のスケジュールから選ぶ。平日だが貸切で埋まっており、予約が取れたのは16時の回。高原地帯かつ豪雪地帯。日が傾くとぐっと冷える。ゲストハウスにはきのこ採りのグループが帰ってきたところで、周囲の自然を活かし、カヤックやスノーシューなど多くのプログラムが行われているようだ。

The Sauna(長野県信濃町野尻)参加者は老若男女の幅が広いように感じたが、ゲストハウス自体はおしゃれで若者向けの雰囲気。働いているスタッフも若く、いまどきのアウトドアブームを象徴しているのか、アイデアと手づくり感にあふれていた。時間になって、水着への着替えを済ませたら、屋外のサウナ小屋へ。1坪ほどのログハウスで、奥には石を満載にした薪ストーブ。ベンチはストーブより高い位置に設けているので、セルフロウリュしたときの熱対流をすぐさま実感できる。

The Sauna(長野県信濃町野尻)薄明かりのなか、ロウリュをすると、水の弾ける音、ヴィヒタのスモーキーな香りに包まれる。通常で80℃ほどだが、ロウリュ3杯くらいから湿度がぐっと上がる。沢の水を引いた水風呂は、15℃くらいと聞いたが、全身がギュッと締まる。野尻湖はもう少し水温が高いというが、足元の泥濘みを抜けるまでに断念。それでも夏場の湖水浴は、気持ちが良さそうだ。

The Sauna(長野県信濃町野尻)このサウナを一から作り上げたのは、野田クラクションべべーさん。直々にロウリュをしてもらい、歓談のひとときを過ごしたが、情熱と行動力には頭が下がる思い。本来、フィンランドにおけるサウナは、厳しい自然と共生する術だし、ここでは自然を楽しむ手段のひとつ。The Saunaの名前に余計なものがないように。縁遠く苦手と思っていたアウトドアの世界だが、野田さんの優しい語り口調と人柄もあって、少し見方が変わったような気がする。



The Sauna(長野県信濃町野尻)

The Sauna(長野県信濃町野尻)






The Sauna
住所/長野県上水内郡信濃町野尻379-2 [地図]
電話/026-258-2978
交通/国道18号線「野尻湖」交差点より約1.3km
     上信越道信濃町ICより約2.3km
料金/大人1,500円、小学生以下1,000円
時間/第1部11:00〜13:00、第2部13:30〜15:30、第3部16:00〜18:00
     第4部18:30〜20:30、第5部21:00〜23:00
     毎週月曜日・火曜日定休(祝日の場合は営業)
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ