旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

群馬県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

道の駅よしおか温泉リバートピア吉岡(群馬県吉岡町漆原)

道の駅よしおか温泉リバートピア吉岡(群馬県吉岡町漆原)最近では温泉施設を併設した道の駅をよく見かけるが、群馬県吉岡町の「よしおか温泉」もそのひとつ。ふだん旅先でこうした施設はあまり立ち寄らないが、目当てにしていた「総社温泉センターせせらぎの湯」が土曜日にもかかわらず休みだったので、やむを得ず車を走らせた次第。

道の駅には「リバートピア吉岡(日帰り温泉)」「緑地運動公園(ゴルフなど)」「物産館かざぐるま」の3施設があり、利根川にかかる新坂東橋のたもと、風力発電機が目印。リバートピアは平成10年に、緑地運動公園は平成13年にそれぞれ町営施設としてオープンしていたが、2年前の前橋渋川バイパス開通に合わせ、道の駅としてグランドオープンしたという。

道の駅よしおか温泉リバートピア吉岡(群馬県吉岡町漆原)ゴールデンウィークを1週間後に控えていたせいか、土曜日とはいえ駐車場はがらーんとしていた。緑地運動公園ではケイマンゴルフやパークゴルフが楽しめるが、温泉にせよゴルフにせよ、普段の利用者はほとんどが地元住民ではないだろうか。

リバートピア吉岡の館内には浴室のほか、レストランや多目的ホールがあって明るくゆったり。町営施設としては洗練されている部類だろう。また、多目的ホールではバレエ教室などを開講しているという。浴室には内風呂、サウナ、岩風呂風の露天風呂があり、源泉は地下1,300mから湧出。群馬県自体が温泉大国なので、町民の健康増進のために大深度掘削した温泉だが、淡黄色かつ若干の油臭が特徴的。露天風呂は塀に囲まれており、景色はつまらないが開放感は味わえる。入浴料300円は良心的だし、道の駅の温泉としては訪問の価値あり。

道の駅よしおか温泉リバートピア吉岡(群馬県吉岡町漆原)

道の駅よしおか温泉 リバートピア吉岡
源泉/よしおか温泉(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/群馬県北群馬郡吉岡町漆原1989 [地図
電話/0279-55-4126
交通/国道17号線前橋渋川バイパス沿い
     ※無料駐車場約250台あり
料金/(2時間)大人300円、小人200円
     (1日)大人500円、小人300円
     ※小人は小学生以下
時間/10:00〜21:00
     毎月15日は定休(土日祝日の場合は翌日。奇数月は16日も定休)

リバートピア吉岡(吉岡町役場)
道の駅よしおか温泉(吉岡町役場)

道の駅よしおか温泉の「風車だより」に過去略4年間の経営概況が載っていたので紹介したい。2009年は2ヶ月休館していることもあって入館者数・フロント売り上げともに落ち込んでいるが、2009年の235千人に対し、バイパス開通後の2010年は312千人と飛躍的に増加。2011年は333千人。入湯コスト(=実質支払額)は回数券などの優遇があるためか1人あたり218円。

ちなみに神奈川県秦野市の鶴巻温泉弘法の里湯はオープンして9年7ヶ月で来場者150万人を達成しており、1年あたりでは156千人。料金体系がまったく異なるので単純な比較はできないが、このデータから推測できるのは、町民が銭湯代わりに頻繁に利用しているということ。裏を返せばこの界隈で温浴チェーン店の進出がいかに難しいか。なかなか興味深いデータだと言える。



【総社温泉センターせせらぎの湯(前橋市総社町植野)】

総社温泉センターせせらぎの湯(前橋市総社町)総社温泉センターせせらぎの湯(前橋市総社町)総社温泉センターせせらぎの湯(前橋市総社町)
総社温泉センターせせらぎの湯(前橋市総社町)総社温泉センターせせらぎの湯(前橋市総社町)総社温泉センターせせらぎの湯(前橋市総社町)

1)総社温泉せせらぎの湯は群馬総社駅東側の住宅地の外れにある。カーナビをセットして到着したのが利根川に注ぐ川の水門。2)せせらぎというには味気ない川。3)橋を渡るが、目の前の民家はせせらぎの湯とは無関係。4)民家のわきを通っていく。5)ようやく到着したが、土曜日にもかかわらず休みだった。6)営業時間などは不明。またいつかリベンジしたい。

総社温泉センターせせらぎの湯
源泉/総社鉱泉(泉質不明)
住所/群馬県前橋市総社町植野985-2 [地図
電話/027-253-1126
交通/JR上越線群馬総社駅より徒歩7分
     国道17号線群大病院東交差点より約3.7km
料金/不明
時間/不明

富貴の湯(群馬県渋川市川島)

富貴の湯(群馬県渋川市川島)渋川より吾妻線でひと駅、金島の駅裏に「富貴の湯」という日帰り温泉施設がある。渋川市といえば伊香保温泉が有名だし、白井温泉こもちの湯(旧子持村温泉センター)など市内には温泉施設が点在しているが、ここ金島温泉も実力じゅうぶん。平成7年の開業で観光客の知名度はいまひとつだが、方角的には中之条からの帰り道、仕上げの湯として立ち寄るのもよいだろう。

富貴の湯(群馬県渋川市川島)玄関先には飲泉所を設けているが、鉄分を多く含んだ泉質、まずさといい、伊香保の湯とよく似ている。浴室はふちをヒノキでつくった内湯と岩風呂風の露天風呂が1つずつ。(どう違うのかはわからないが)男女週替わりとなる。源泉自体は無色透明だが、空気に触れることで変色。黄土色に緑を混ぜたような色をしている。肌が多少つっぱるような感じがしつつも、じんわりとよく温まる。内湯と露天風呂でも飲泉可とあって、身体の内外から温泉を吸収して健康になった気分。そして汗が止まらない。露天風呂では眺望を楽しめないが、のどかな環境にあることは実感できる。

富貴の湯(群馬県渋川市川島)

湯上りは畳敷きの休憩室で。入浴料金400円は安いと思うが、地元で鉄鋼・建材業を営む株式会社ホリグチの福利厚生施設を兼ねており、関連会社社員とその家族は半額。さらには地元住民も半額とあって、この姿勢にも好感が持てる。夕暮れ時だったが賑わっていて当然だろう。わざわざ伊香保に行かずとも、こんなにいい温泉が!さすが群馬県である。

富貴の湯
源泉/金島温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/群馬県渋川市金島99-1 [地図
電話/0279-23-0001
交通/JR吾妻線金島駅より徒歩5分
     関越自動車道渋川伊香保ICより県道35号線経由で約7.4km
料金/大人400円、小人200円(2時間以内。1時間延長につき追加100円)
時間/10:00〜21:30
     毎月15日定休(土日祝日の場合は翌日)

みなかみ町営温泉センター三峰の湯(群馬県みなかみ町後閑)

群馬県みなかみ町は町村合併により、ひらがな町名として発足。県北部に位置し、県下最大の面積を誇るという。湯どころとしても有名で、旧水上町には水上温泉郷(水上温泉や宝川温泉など)、旧新治村には猿ヶ京温泉や湯宿温泉など、旧月ヶ瀬町には上牧温泉や奈女沢温泉などがある。沼田近郊でどこか日帰り温泉と思って探したが、温泉地の旅館だと受付終了が早いため、結局は入浴料金の安さにも惹かれて町営の三峰の湯へ。カーナビの地図データが古くてあてにならず、ようやくの思いで到着。入口にはいまだに「月夜野町営温泉」の看板が出ていた。

みなかみ町営温泉センター三峰の湯(群馬県みなかみ町後閑)周囲に何もない山の中という立地もさることながら、プレハブ造であることに驚いた。無駄に金をかけた自治体運営施設が多いなか、簡素を貫いている点をまず評価したい。そのぶん料金も安く、みなかみ町民はさらに100円引き。脱衣所にはカゴしかないので、貴重品はホールのロッカーを使う。鍵は受付に預け、本来なら番号札を渡しているらしいのだが、「まぁいいね。番号を覚えておいて」。町内の観光パンフレットをいくつか置いている点は公共施設らしいが、雰囲気からして観光客向けではないな、という印象。

浴室は1mほど離れて、別棟として建っている。驚いたのは、浴室そのものの骨組みこそ木造だが、壁や屋根に半透明の塩ビ波板を使用していることだ。建設資金を安く済ませたのか、維持管理のしやすさなのか、いつでも撤去できる仮設建築物扱いなのか。理由はよくわからないが、プレハブよりもさらに簡素とは恐れ入った。室内にはカランが3つしかなく、しかもシャワーなどはないため、みんな湯船から汲んで身体を流している。湯船は石づくりで失礼ながらちゃんとしており、お湯は無色透明。ちょっと熱め。個性はあまり感じられなかった。露天風呂もあるが、目の前の景色は木立ちというほど手入れされたものではなく、雑木林という表現が適切か。

純粋に温泉を楽しむためだけの施設だが、地元客で賑わっていた。みなかみ町内には温泉施設がたくさんあるが、穴場を訪ねたい人にはおすすめだ。

みなかみ町営温泉センター三峰の湯
源泉/月夜野温泉(単純温泉)
住所/群馬県利根郡みなかみ町後閑2265 [地図
電話/0278-62-1022
交通/国道291号線「井土上町」交差点より県道61号線(沼田水上線)へ
     「上入」交差点より駅裏を経由し、利根沼田望郷ライン。
料金/大人350円、子供150円(3歳〜小学生)
時間/10:00〜20:00(11月〜2月は19:00まで)
     毎月第3水曜日定休

まるごとみなかみ
みなかみ町観光協会
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ