旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

静岡県

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町) ※2019/3/28オープン

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)超メジャー級の知名度を誇る熱海後楽園ホテル。何度か宿泊したこともあるが、相模湾を見渡す展望風呂や、客室から眺める花火大会など、観光ホテルとしての期待を裏切らない。そして、開業から50年を機にみさき館・ホール棟を取り壊し、その跡地には新館AQUA SQUAREを建設。ホテル、スパ、フードマーケットの複合施設「ATAMI BAY RESORT」として生まれ変わった。

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)日帰り客は屋外アプローチより2階のメインエントランスへ。宿泊客はタワー館の連絡口から。熱海最大級の日帰り温泉施設「オーシャンスパFuua」のほか、伊豆近郊の食材を取り入れたレストラン、農産物直売の店など。賑わうのはやはり週末だろうか。それなりの入館料と引き換えに、贅沢なリゾート感覚を楽しめる。近隣の観光スポットを立ち寄りながら目指しても良さそうだ。

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)フロントで丁寧な説明を受け、ロッカーキーを貰い、そのままカウンターを進むとリネン受付。滞在中に着用必須の館内着、ほかに浴用のタオルセットと岩盤浴の大判タオルも。エレベーターにて男性5階、女性7階のスパゾーン(浴室)へ。自慢の露天立ち湯は約25mの長さを誇る。目の前に広がる海と、湯船の水面、広い空の一体感。晴れた日なら青一色で最高の眺めだろう。日が沈んでからの楽しみは熱海の街の夜景。花火大会の開催日には人気殺到の予感。

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)源泉かけ流しや水素泉などもあって、展望サウナの洒落た空間。海に面して窓を設けている。室温48℃、湿度65%の表示に目を疑ったが、長く入ってじっくり汗を流したい。しかし、熱さを求めるならば「ロウリュキャンプ」の参加を。別途500円、館内着での利用となるが、毎日複数回開催している。

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)館内放送に促されて受付を済ませ、いざロウリュキャンプへ。ドーム型のサウナ室はそれ以外で使われることはなく、乾ききっているし、まだ接着剤の匂いも。アロマ水をかけてタオルで横回旋。キャンプを謳うからには、参加型のアクティビティがあっても良いのかなと。ロウリュが有料とはおそらくここだけだが、その一部がスタッフの手当てになれば。

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)ロウリュキャンプを含む着衣エリアは「アタミリビング」と名付けられ、テーマは海辺の別荘ライフ。寛ぎ空間が連続して広がっており、お気に入りのスポットがきっと見つかるはず。岩盤浴もあって、館内着で自由に利用できる。伊豆半島の海と火山をイメージしたコンセプトの異なる2室。カフェが1か所しかなく、あまり利用には繋がらないだろうなと余計なお世話も。フリーコーヒーにしたらリビングらしさが見えてくるのかも。

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)

レストランでは伊豆近郊食材を取り入れているというけれど、せっかくならば海の幸を味わいたいが。雰囲気、値段ともに高級感がありすぎて、ブッフェタイムを狙うのが正解かもしれないし、奮発するぞと意気込みが要るかも。

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)入館受付では丁寧に迎えてくれたのに、帰りは自動精算機。温浴施設に限らず最近の傾向ではあるけれど、最後に素っ気なさを感じてしまう。スタッフの手は空いていたのに。そして最後にひとこと加えるならば、東京ドームスパラクーアのノウハウを活かした結果、大磯プリンスホテルのS-WAVEと似たコンセプトだなと。贅沢な一日を過ごしたいときに。

オーシャンスパFuua(静岡県熱海市和田浜南町)



オーシャンスパFuua
源泉/熱海温泉(カルシウム・ナトリウム−塩化物泉)
住所/静岡県熱海市和田浜南町10-1 [地図]
電話/0557-82-0123
交通/JR東海道線熱海駅より無料シャトルバスで約10分
     国道135号線「東海岸町」交差点より約1.3km
     ※駐車場は4時間無料
料金/大人2,500円、小人1,800円(4歳〜小学生)
     アフター5(17時以降):大人1,500円、小人1,000円
     休日割増料金(土日祝・特定日):大人300円、小人200円
     ※ロウリュキャンプは別途500円(1人1回)
     ※別途消費税・入湯税大人150円
     ※0歳〜3歳は入館不可、4歳〜小学生でも混浴不可
時間/10:00〜23:00

(露天風呂、サウナ、ロウリュキャンプの写真は公式サイトより転載)

用宗みなと温泉(静岡市駿河区用宗) ※2018/12/22オープン

用宗みなと温泉(静岡市駿河区用宗)静岡市街地より安倍川を渡って用宗漁港へ。シラス漁が盛んで、直売所なども建つ。いまは時季外れとあって活気に乏しいが、用宗みなと温泉の誕生によって、景色も変わっていくだろう。字のごとく、用宗みなと温泉は、港に面した好立地。建物はかつてのマグロ加工場で、鉄骨を組んだ建物を再生するから、建設費は安く抑えられる。不動産と観光を営む会社だからこそ実現したアイデアだ。温浴施設に先立って、5月には「みなと横丁」(集合店舗)をオープンさせるなど、地域ブランドの向上にも一役買っている。

用宗みなと温泉(静岡市駿河区用宗)潮の香りを感じながら、さっそく館内へ。入館券と下足箱の鍵をフロントに提示し、ロッカーの鍵を受け取る。地域の特産品など物販も充実し、浴室へと続く廊下には、華やかなりし頃の生活風景が写真で飾られている。観光客を意識しつつ、地元のコミュニティの中心となれば理想だろうか。オープン1週間足らずでも、すでに再訪している人、浴室で出会っちゃったりしている人もいるようで、さっそく地元に受け入れられている様子。

用宗みなと温泉(静岡市駿河区用宗)浴室に湯船は3つ。主浴槽は8帖ほどの大きさで、地下50mから汲み上げた天然水を沸かしている。安倍川水系という括りでは、同じく良質な天然水が売りのサウナしきじと共通する。もっとも比較しやすいのは、これまた天然水を使用した水風呂だろうから、水質に一家言おありの方のご感想をお聞かせ願いたい。しきじより冷たく(14℃)、とはいえ体感的に冷たすぎず。そして、もうひとつは高濃度炭酸泉。

用宗みなと温泉(静岡市駿河区用宗)サウナは遠赤ヒーターを設置し、ベンチ3段24名といったところ。あともう少しで90℃、幾分優しい感じもするし、スーパー銭湯だからこんな感じかと。熱さを求めるならサウナしきじに行けばよい。しかし、座って休憩する場所が、露天のベンチ3人掛けひとつとはどうしたものか。浴室内外にもっと置けるはず。

用宗みなと温泉(静岡市駿河区用宗)露天風呂では、地下1,000mから湧出した温泉を使用している。やや緑がかった黄土色のような濁った湯。湧出量が毎分26.6リットルと少ないから循環ありき。目の前が海だから海水に似た成分で、じんわりと温まる。そして海からの視界を遮るために高い塀を立てているが、富士見小屋と名付けた小空間にはスリットを設け、そこからは真正面に富士山を遠望する。ジャグジーなどのアトラクション風呂を設けなかったのは最近の傾向で、天然地下水と天然温泉の泉質を自慢する。

用宗みなと温泉(静岡市駿河区用宗)最近は浴室以外(ドライエリア)を充実させる傾向にあるが、ここは真逆。座って休むところは食事処のみ。オープニングメニューなのか数は少ないものの、おしなべてワンコイン以下の軽食堂といった雰囲気。良心的すぎて驚くが、来年にはビアバー(2月)やクラフトビール工場(5月醸造開始)も予定しているというから、これから方向性が定まっていくものと思われる。退館してみなと横丁まで歩いても300mほどの距離。また、関連施設として古民家一棟貸しの宿「日本色」もすぐ近くで運営しており、温泉施設としてはコンパクトでも、温泉地で言えば「外湯」の感覚。用宗の港風情をぶらり散策しながら楽しみたい。

用宗みなと温泉(静岡市駿河区用宗)

CSA不動産(不動産業)
 -用宗みなと温泉プロジェクト -みなと横丁リノベーション
CSA travel(観光事業)
 -エキサイト用宗 -日本色

用宗みなと温泉
源泉/用宗みなと温泉(ナトリウム・カルシウムー塩化物泉)
住所/静岡市駿河区用宗2-18-1 [地図]
電話/054-256-4126
交通/JR東海道本線用宗駅より徒歩11分
料金/(平日)大人750円、4才〜小学生300円
     (休日)大人900円、4才〜小学生400円
時間/10:00〜24:00、年中無休

滝の谷温泉センター(静岡市葵区北)

滝の谷温泉センター(静岡市葵区北)秘湯の一軒宿といえば話題にはなるけど、本来の意味で言えば、秘湯など話題になるべくもなく。滝の谷温泉センターがあるのは、静岡市の郊外住宅地の外れ。山奥や谷底といった秘湯のイメージからはかけ離れたロケーションだが、ここが秘湯と呼べるのは何しろ話題の乏しさだ。民家を改造したような外観にして、聞こえてくるのはカラオケの歌声。

滝の谷温泉センター(静岡市葵区北)おそるおそる受付を訪ねてみると、センサーなのか気配を察したらしく、対応はスムーズ。おかげでカラオケが行われている様子は一切うかがえず。もちろんカラオケを歌う勇気など一切ないので、温泉のみの利用。弘法の湯と名付けられた浴室は、賑やかさとは対照的に、客も少なくひっそり。脱衣所のロッカーを使う場合は、受付で鍵を貰う(500円のデポジットが必要)。

狭い浴室にカランが4つ、岩風呂風の湯船が1つあるのみ。L字型に二面の窓を設け、何でもない空き地を眺める。金魚が泳ぐ水槽も窓越しに置いているが、ちょっと苔むしているし、風流な感じはしない。温泉は無色透明。湧出量は毎分12.8リットルと少ないながらも、自然湧出というから貴重な大地の恵みだ。とはいえ、そんなに長湯できるわけでもなく。気の合う仲間とひとっ風呂して、カラオケ歌って、飲んで、という流れが楽しいんだろうなぁと。

滝の谷温泉センター
源泉/麻機温泉(麻機3号、単純硫黄冷鉱泉)
住所/静岡市葵区北1239-1 [地図]
電話/054-247-7441
交通/JR静岡駅よりバス32分「麻機北」停徒歩10分
     国道1号線(静清BP)千代田上土ICより県道74号線経由で約6km
     ※無料駐車場あり
料金/入浴のみ500円、入浴休憩1,300円(14時以降は1,000円)
時間/9:00〜16:30(入浴は16時に終了)、毎週水曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ