旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

静岡県

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵) ※2020/10/4オープン

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵)富士山南麓には、かぐや姫は月ではなく、富士山に帰ったという伝説があるという。竹取塚などゆかりの地のある富士市にオープンした温浴施設は、伝説にちなんで「ふじかぐやの湯」と名付けられた。ごみ焼却場の余熱を利用した温浴施設で、お役所らしく「循環啓発棟」の位置づけ。リサイクルや環境問題などを啓発する「ふじさんエコトピア」を併設している。

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵)入浴料700円は相場かと思うが、食事セット1,000円は破格すぎる。勧められるままに券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵とともにフロントへ。その場で食事メニューを選ぶ必要があるのかは再考の余地あり。食券とロッカーキーをもらう。富士市といえば製紙業が盛んとあって、物販コーナーにはトイレットペーパーも並んでいる。館内には大広間のほか、有料個室やカラオケも。コロナ禍で使用中止しているが、そもそもニーズはあるのか。

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵)

浴室内にはあつ湯、ぬる湯、ジェットバスが並び、壁一面ガラス張り。昼間なら日差しあふれる室内も、夜はなんだか殺風景。露天には炭酸泉と檜風呂。屋根に覆われているし、塀は高いし、のどかな立地にあるのに景色はまったく拝めない。大型モニターで富士山のライブ映像を流しているが、それも夜だと微妙。せっかくの新規オープンなのに、サウナは休止中。仕方なく小さな水風呂で温冷交代浴。

ふじかぐやの湯(静岡県富士市大淵)食事は富士宮風やきそばをチョイス。追加で注文したおでんが静岡風でなかったのは、過剰な期待だった。それにしても安いし、小腹を満たすにはじゅうぶん。ごみ焼却場があるくらいだから、郊外立地であることは言うまでもなく、そのせいか客はまばら。さらに、コロナ禍のオープンとあって、出だしからつまづいてしまった感。市民に認知され、これから客足が伸びていくことに期待したい。

ふじかぐやの湯
住所/静岡県富士市大淵676 [地図]
電話/0545-30-6167
交通/新東名高速(西富士道路:国道139号)新富士ICより約3.6
     ※無料駐車場あり
料金/大人700円、子ども350円
時間/9:00〜21:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

ヘルシーパーク裾野(静岡県裾野市須山)

ヘルシーパーク裾野(静岡県裾野市須山)富士山の裾野に位置するから裾野市。正確に言えば愛鷹山や箱根山の山裾でもあり、野原も大きく広がっている。パノラマロードといえば素晴らしい景色を期待するが、日が暮れると真っ暗。ヘルシーパーク裾野は、市街地や集落から離れているのに、それでも地元客はやってくる。それに加え、週末は富士サファリパークなど、観光ついでの立ち寄りもあるのだろう。

ヘルシーパーク裾野(静岡県裾野市須山)公共施設だけあって規模は大きく、コロナ対策もしっかり行っている。入館にあたっては氏名と連絡先の記入書を提出。そして、券売機のチケットとリストバンドを引き換える。浴室は男女が日替わりとなっており、この日は男性が「ほうえいの湯(露天)」「はこねの湯(内風呂)」。パンフレットを見る限りでは、どちらも露天風呂から富士山を眺めるし、打たせ湯のあるなし以外に違いはなさそうだ。ちなみに2つの浴室の間には、バーデプールや家族風呂がある。

ヘルシーパーク裾野(静岡県裾野市須山)脱衣所のロッカーは鍵のみが挿しており、フロントで受け取ったリストバンドの裏蓋を開けて格納する。まさに初見殺しと言うべき珍しいスタイル。浴室はいたってシンプルで、洗い場と大きな内風呂、内風呂から橋を渡すようにして露天風呂へと通じている。もう一方の浴室は露天にサウナを設けているが、こちらは浴室内。こじんまりとしたサウナ室で、しかもソーシャルディスタンスを確保しているから5人(だったか)。水風呂はかけ流しでよく冷えている。

温泉は無色透明で、源泉名でも美人の湯を謳う。露天風呂からはお湯に浸かりながらにして富士山を眺めるのであろう。こんどは晴れた日の昼間に来たい。レストランや休憩所は気取らない雰囲気だ。

ヘルシーパーク裾野(静岡県裾野市須山)



ヘルシーパーク裾野
源泉/すその美人の湯(カルシウム・ナトリウム−塩化物泉)
住所/静岡県裾野市須山3408 [地図]
電話/055-965-1126
交通/国道246号線「裾野IC入口」交差点より約6.2
     ※無料駐車場150台分あり
料金/(3時間)大人700円、小人350円
     (1日)大人1,050円、小人530円
     プールや家族風呂については公式サイトを参照のこと
時間/10:00〜20:00、毎週木曜日定休(祝日・繁忙期は営業)

リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿) ※2020/10/31オープン

リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿)徳川家康ゆかりの久能山。その麓に位置するのが、リバティーリゾート久能山。真っ暗な坂道を上がった先には広大な駐車場があって、門をくぐると時代劇のセットのような町並み。赤い欄干の橋を渡ると温浴施設。店名こそ変わっているけれど、景色や雰囲気は「すんぷ夢ひろば」のまま。運営会社が変わるのは三度目で、こんどは地元静岡のIT関連会社。大滝温泉天城荘などの再生も手掛けている。

リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿)初日と2日目は各2,000名を無料招待して大々的にオープン。地元の人はそれで満足したのか、駐車場も館内も人影がなさすぎて不安になる。コロナ禍でのオープンとあってか、ウェブか用紙にての会員登録必須。さらに身分証明書の提示も求められる。フロントでは利用時間を選択して料金の支払い。手首には紙を巻かれるし、退館時には会員バーコードを再び提示しなくてはならない。ついでに言うと脱衣所ロッカーは100円リターン式だし、飲食は現金支払い。いっそのことICタグ付きのリストバンドにしたら良いし、そもそも受付までに何分費やしたことか。

リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿)階段を下ると左手にフードコート、右手には座敷が広がる。レストランもあるがセルフサービスだし、券売機による食券制とあって、リゾートを謳うわりにはチープな印象。肝心の券売機は置いてなかったし、オープン当初のドタバタ劇なのだろうか。戸惑いを通り越して笑えてくる。今回のリニューアルでは派手だった装飾も取り外され、いまはただ広さを持て余している。どのように活用し、コンセプトを演出していくか。これからに期待だ。

リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿)浴室はといえば、リニューアル前と何ら変わっていなかった。湯船ごとに徳川家康の人生ストーリーが掲示され、湯に浸かりながらそれを読むのだが、家康ファンはきっと楽しいのだろう。浴室内ではかつて温泉を使用していたのに、館内のどこにも案内はなく、使用をやめたか温泉分析をしていないのか。

リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿)露天エリアは岩風呂がメインで、大きな岩を配した壮大なスケール感。夜の薄暗さを逆手にとって、青や緑のライトアップがまぶしく、温浴施設としては斬新すぎる。すんぷ夢ひろばの頃に楽しみだった薬湯は無くなって、その代わりにテナントの付き合いからか酵素風呂が加わった。入浴剤を使用して色を付けたり、極端に湯温に差を付けたりするわけではなく、全体的にどれも似たり寄ったりのラインナップであるのが惜しい。

リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿)サウナは2室あって、片方には「サウナ」とあるが、もう一方には「スパエステ」とあった。謎なネーミングだが、室内には細身のikiストーブを設え、1時間おきのオートロウリュとしている。もう一方のサウナは石積みのストーブで、こちらもかつてはオートロウリュをやっていたような造作。設定温度に10℃の差を付けているものの、どちらも温度計ほどの熱さは感じられず。水風呂は安心の18℃オーバー。ちなみにロウリュサウナは男性のみで、女性側には岩盤浴があるようだ。

リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿)休憩スペースは2階にあって、利用できるのは大人だけ。リクライニングシートやビーズクッションなどが並び、別の一角には漫画コーナーも。フリータイム料金だと外出もできるのだろうか。温浴施設外(敷地内)には「町屋エリア」と称し、ライブハウス、シアター、ミュージアムをはじめ、飲食店舗もいくつか。週末を中心にイベントも開催されており、昼間で賑わいもあれば楽しめそう。しかし、館内のフードコートやレストランしかり、夜が早いのがネック。宿泊もあって、露天風呂付きの客室も。大型店が競い合う静岡市内にあって、明確な差別化を打ち出し、客を呼び込みたいところ。賑わいが待ち望まれる。


リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿)

パンフレット_0002




リバティーリゾート久能山(静岡市駿河区古宿)


リバティーリゾート久能山
住所/静岡市駿河区古宿294 [地図]
電話/054-204-1310
交通/国道150号線「古宿」交差点より約700m
     ※大型無料駐車場あり
料金/料金表参照
時間/6:00〜23:00(毎週土曜日はオールナイト営業あり。23:00〜翌8:00)
   毎月第2・4火曜日定休

※浴室、露天風呂、サウナの写真は公式サイトより転載
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ