旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

静岡県

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)湯〜トピアは「湯の場所」であると同時に、理想郷の意味も込められているのだろう。住宅地から外れた高台に位置し、その立派な佇まいはいかにも町営施設。ユートピアでもなく、かといってディストピアでもなく、簡単に言えば町民憩いの健康増進施設。温泉とプールをメインに、会議室ではヨガやストレッチなどの教室も開講している。伊豆半島の付け根にありながらも、観光客向けの要素はあまりなかった。

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)入館料で温泉とプールのどちらも利用でき、お得感もあろうが、今回はもちろん温泉のみ。箱根の湯、伊豆の湯は偶数月に男女入れ替えとなるが、パンフレットを見る限りでは浴室の設備仕様は変わらない。箱根の湯の露天風呂からは富士山を眺めるようだが、霞みがかっているし、日が暮れたら真っ暗。浴室内にはジャグジーや寝湯などを備えており、露天風呂はゆったりとした広さ。これらは温泉を使用しているが、無色透明だし個性には乏しい。

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)公共施設にしては珍しく、サウナは2室。ボナサームの高温サウナは湿度高めで、ちょっと嫌な臭いも。テレビもなく、ほかの客を観察していると、びしょ濡れで入室〜タオルを絞るの流れ。オンドルサウナはリクライニング状の背もたれが付いた4人分の空間。こちらは温度低めで、やはりベンチはびちゃびちゃ。小さく浅い水風呂に浸かり、浴室内の椅子に腰掛けるも、湯船からあふれ続ける熱いお湯。最初から露天で外気浴すれば良かっただけの話。日が暮れると館内は人影まばら。田舎の夜は早いのだ。

湯〜トピアかんなみ(静岡県函南町柏谷)

湯〜トピアかんなみ
源泉/柏谷温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/静岡県田方郡函南町柏谷259 [地図]
電話/055-970-0001
交通/伊豆箱根鉄道伊豆仁田駅より徒歩20分
     国道136号線(下田街道)「大場川南」交差点より約2.1km
     ※無料駐車場115台分あり
料金/大人700円、小学生300円、未就学児無料
     ※3時間以内
時間/10:00〜21:00、毎週火曜日定休(祝日の場合は翌日)

富士山天母の湯(静岡県富士宮市山宮)

富士山天母の湯(静岡県富士宮市山宮)時折り小雨の降る曇天だけど、富士山天母の湯へ。おまけに日も暮れ始め。富士山の方角に走っているのかすらわからなかったが、カーナビの地図には天母山と書いてある。天母と書いて「あんも」と読み、近隣の小学生が遠足で登ったり、春は花見のスポットらしい。民家などなく、鬱蒼とした山道の先にはごみ焼却場と霊園と、富士山天母の湯。いかにも市の外れといったロケーション。

富士山天母の湯(静岡県富士宮市山宮)料金体系は1時間、3時間、1日と分かれているが、さすがに1日は持て余しそう。大広間でだらだら休憩しなければ1時間でじゅうぶんかも。券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵とともにフロントに提示。小さな札を貰うが、これは引き換えの証。脱衣所のロッカーは好きな個所を使う。浴室への通路には幟を掲げて賑やかさを演出しているが、大広間はがらーんと客1人。きっと休日は賑わうのだろう。

内風呂はバイブラとジャグジーを備えた広々としたもの。しかしここの名物は薬湯の露天風呂。14種類の生薬を配合し、独特のにおいと緑色にくすんだ感じは、いかにも効きそう。「温浴の華」という浴剤は地元静岡県で有名らしく、製造元の荷居屋は貞享元年(1684年)創業の老舗。それはさておき、開放感ある眺めは晴天ならなお素晴らしいだろうなと。富士山とは逆方向の、駿河湾を見渡す景色。

さて、トロンサウナという謎のワードをご存知ならサウナ通。東京なら大森のサウナみづほにもあるが、遠赤外線サウナとトロン浴素が合体したもので、50℃前後と低温ながらも10分もすればしっかり発汗。直前に薬湯に入ったから?よくわからないけどトロン効果だと信じたい。水風呂はおろか、露天にベンチ1つもないのは困ったものだが、たまにはこういう変わり種サウナも面白い。

富士山天母の湯(静岡県富士宮市山宮)

富士山天母の湯
住所/静岡県富士宮市山宮3670-1 [地図]
電話/0544-58-8851
交通/国道139号線「登山道入口」交差点より約6.5km
     ※無料駐車場54台分あり
料金/1時間券:大人410円、子ども200円
     3時間券:大人720円、子ども360円
     1日券:大人1,020円、子ども510円
時間/10:00〜20:00(7月〜8月は21:00まで)
     毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)、年末年始

新稲子川温泉 ユー・トリオ(静岡県富士宮市上稲子)

新稲子川温泉 ユー・トリオ(静岡県富士宮市上稲子)山梨県南部町との県境に接する富士宮市の旧芝川町地区。その町営施設だったのがユートリオ。湯・遊・ゆとりの意味が込められているという。富士宮市街地や芝川中心部からは遠く、稲子川の河畔にあり、辺鄙な地という印象は否めない。しかし、そのぶん自然は豊か。川遊びやBBQなどを兼ねての立ち寄りもあるだろうし、夏は室内プールの営業も。

新稲子川温泉 ユー・トリオ(静岡県富士宮市上稲子)館内では農産物の販売もあるし、自由に寛げる畳敷きの大広間など、田舎らしさは随所に感じられる。週末は家族づれで賑わうのだろうか。料金体系は1日、3時間、1.5時間に分かれており、温泉とプールの両方が利用できる。温泉だけなら1.5時間でじゅうぶんだろう。ちなみに新稲子川温泉と対をなす、旧い稲子川温泉があるのかとネットで検索してみたが、詳細はわからず。しかし、この施設の源泉名こそが稲子川温泉だった。

新稲子川温泉 ユー・トリオ(静岡県富士宮市上稲子)浴室には温泉を使用した湯船が2つ並んでいる。一方はジャグジー付きの大きな湯船で、もう一方は源泉を加熱せずそのまま使用した小さな湯船。露天にも大きな湯船と、小さな檜風呂が2つ。ここは迷わず非加熱源泉を堪能したい。無色透明ながらも、ほんのり甘い硫化水素臭が漂うのが特徴。なによりも27℃の心地よさ。最初は冷たく感じるも、温かい湯船との冷温交代浴で真価を発揮するだろう。おまけ程度に小さなサウナもあるが、水風呂の代役はやはり非加熱源泉。じっくりと身を沈めていると、なんだか眠たくなってくる。いつも思うが、大広間で横になって寝られる人がうらやましい。

新稲子川温泉 ユー・トリオ(静岡県富士宮市上稲子)新稲子川温泉 ユー・トリオ(静岡県富士宮市上稲子)

新稲子川温泉 ユー・トリオ
源泉/稲子川温泉(含硫黄−カルシウム・ナトリウム−塩化物温泉)
住所/静岡県富士宮市稲子1219 [地図]
電話/0544-66-0175
交通/国道469号線・52号線「新万沢橋北詰」交差点より約7.3km
料金/(1日)大人1,030円、子ども620円
     (3時間)大人820円、子ども510円
     (1.5時間)大人510円、子ども250円
     ※温泉入浴とプール利用を含む
     ※子どもは小学6年生以下
時間/10:00〜20:00、毎週木曜日定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ