旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

静岡県

桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)

桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)静岡市内の銭湯はたったの2軒。そのうちの1軒、駒形通の商店街にある桜湯は、庶民的風情の残る公衆浴場。しかし、興味本位で今回訪ねたのは、2階で営む男性専用のサウナ。なにしろ情報が乏しく、料金や営業時間は店先の看板で把握。決して安いとは言えない料金だし、どう考えてもサウナしきじの方が良き時間を過ごせるだろう。若干躊躇するも、意を決して薄暗い外階段を上がっていく。

桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)地元の常連相手に商売しているのは言うまでもなく、一見客と察してか「ロッカーはここを使って、タオルはこの棚に…」と親切に教えてくれた。ロッカーと浴室は隣り合い、洗面台を抜けると、奥にリクライニングの休憩室。こじんまりとした施設だが、うまくエリア分けされている。かなり初期型と思しきフジ医療器のマッサージチェア、ベルトマッサージャーがこの施設の古さを物語る。

桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)浴室は田舎の共同浴場か、はたまた民宿でも訪ねているかのような年季の入りよう。2つある湯船のうち、大きい方にはお湯が張ってあり、小さい方は水風呂。正直なところ、入浴目的なら1階の銭湯が賢明。しかし、今回の目的はサウナ。

中山産業のメトスサウナはいつの時代の製品だろうか。ドラム缶のようなストーブに石を載せ、ガンガンに炊くさまは、まさに質実剛健。下の銭湯に水漏れするからとえらく具体的な理由により、水かけは厳禁。初めのうちは95℃を指していた温度計だが、だんだんと針は動き、最高で110℃までに。くーっと呻きたくなる熱さだ。

桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)水風呂に温度計はないが、おそらくは20℃くらい。浴室内で休憩しようにも、(いまや銭湯でも珍しくなった)緑の風呂椅子があるのみ。ととのいやサウナトランスはここにはないし、マインドフルネスとかわけのわからないカタカナを喋る人は近寄らない方がいい。入れ墨のおじさんに「ほら、ととのったでしょ?」と聞いたところで相手にされないから。

桜湯サウナ
住所/静岡市葵区駒形通3-2-1 [地図]
電話/054-252-1241
交通/JR東海道本線静岡駅北口よりバス
     「駒形二丁目」または「駒形三丁目」停徒歩2分
料金/1,500円
時間/13:00〜24:30、毎週火曜日定休

駿府天然温泉 天神の湯(静岡市駿河区曲金)

駿府天然温泉 天神の湯(静岡市駿河区曲金)温泉・宴会・宿泊の3本柱で多くの客を収容する天神の湯。静岡市中心部に位置する6階建の大型施設で、ホテルの別館もある。タオルや館内着が付いて平日1,500円(休日2,000円)。料金も館内の雰囲気も、さながら健康ランドのよう。12歳未満は入館不可としているが、別館ホテルの団体客も利用し、その際に子供が含まれる場合があるという。排除する理由がよくわからないが、そもそも平日昼間はお年寄りばかり。

駿府天然温泉 天神の湯(静岡市駿河区曲金)入館受付を済ませたら、更衣室で館内着に着替える。浴室は渡り廊下で結ばれた別棟にあって、着替えてからの距離の遠いこと。そして、浴室は小屋組み現しの古民家調で、湯治場風情も感じられるが、屋根の高さと室内の広さが裏目となり、洗い場の寒いこと。配管か薬剤か、入口付近でツーンと鼻をつく匂いも気になる。そして、この日は人工炭酸泉の発生装置が故障中。

areamap身体が浮き上がる死海風呂といった変わり種もあるし、湯船は多種多様。人気は水素風呂のようだ。浴室内の雰囲気とは対照的に、露天風呂は凝ったものがなく、塀に囲まれた空間。そして、温泉は地下1,500mより湧出し、無色透明。あまり個性は感じられず。

サウナは高温ロッキーと低温備長炭の2室。ロッキーサウナにはもう少し熱さを求めたいが、20分おきに自動ロウリュが稼働しているという。壁にぶら下げたうちわは、いつどうやって使うのか。まさか自分で扇ぐための物か。結局はロウリュのタイミングに合わなかったが、湿度低めでしかもぬるくては眠たくて仕方ない。水風呂も浅くてぬるいし、眠たさを助長するだけ。

駿府天然温泉 天神の湯(静岡市駿河区曲金)6階の大広間はお年寄り憩いの場と化し、とてもじゃないが一人寛げる雰囲気ではない。それならばと4階のリラックスルームへ。テレビ付きリクライニングシートが並んでおり、薄暗い空間とあっては爆睡必至。

谷間の時間帯は限定メニューの提供と聞いていたけど、それにしても少なすぎるし、グランドメニューとのギャップが激しすぎる。食べたいものが無くてラーメンを注文したが、特筆すべきことはなく普通の味。静岡=海鮮を楽しみにしていたのに。

宿泊フロアは最近リニューアルしたらしく、2タイプのカプセルベッドを導入。都会の施設と遜色ない仕様だが、静岡では斬新か。女性専用エリアもあり、リーズナブルに宿泊したいビジネスマン需要もありそうだ。

駿府天然温泉 天神の湯(静岡市駿河区曲金)

駿府天然温泉 天神の湯
源泉/天神温泉(ナトリウム・カルシウムー塩化物泉)
住所/静岡県静岡市駿河区曲金5-5-1 [地図]
電話/054-287-1126
交通/静岡鉄道柚木駅より徒歩10分
     JR東海道本線東静岡駅より徒歩10分
     JR東海道本線静岡駅北口より無料シャトルバスあり(本数少ない)
     国道1号線「柚木」交差点より約750m
     ※無料駐車場200台分あり
料金/1日券:平日1,500円、休日2,000円
     アーリーモーニング(6:00〜9:00)1,000円
     立ち寄り券(60分)平日800円、休日1,000円
     夜間券(18:00以降入館)平日1,300円、休日1,500円
     ※オーバーナイト追加料金(2:00〜9:00)2,000円
     ※12歳未満の子供は入館不可
時間/10:00〜翌9:00、年中無休

東名足柄SA下り あしがら湯(静岡県小山町桑木)

東名足柄SA下り あしがら湯(静岡県小山町桑木)東名高速足柄SAの上下線の入浴施設情報、上り線の足柄金時湯に続いて、第2弾は下り線(名古屋方面)のあしがら湯。東京から80km、食事休憩ならまだしも、ひとっ風呂するにはまだ早い。しかし、リーズナブルな料金は銭湯感覚。いつでも立ち寄れるオールナイト営業は貴重で、深夜でも客足は絶えない。 そして、畳敷き休憩室でのごろ寝となるが、仮眠できるのは金時湯同様だ。

東名足柄SA下り あしがら湯(静岡県小山町桑木)あしがら湯は、あしがら金太郎ラウンジ、足湯カフェ(7:00〜19:00)とともに「足柄浪漫館」として営業している。土産物売り場には射的や輪投げなどもあって、複合アミューズメント施設とでも呼ぶべきか。ドリンクバーで寛ぐに至っては、SAが単なる経由地ではなく、ここ自体が目的地の1つか。一切を見ずにあしがら湯のフロントへ。料金を支払い、脱衣所ロッカーの鍵をもらう。なお、入浴料にはフェイスタオルのレンタルも含まれている。

2東名足柄SA下り あしがら湯(静岡県小山町桑木)あしがら湯も時之栖の運営だが、浴室の仕様は上り線の足柄金時湯と異なる。メインは地下200mから汲み上げた伏流水を使用した湯船。富士山麓の他店同様に、パナジウム天然水と言い換え、壁にはその説明がつらつらと。その隣の水風呂は蛇口をひねって吐水、冷却。

浴室内は湯気がもうもうと立ち込めており、半露天の湯船があることに気づいたのはしばらくしてから。扉を開けるたびに氷点下の外気が入り込み、どうりで浴室内を白々とさせているわけだ。半露天の湯船は中伊豆温泉からの運び湯で、歌舞伎町のテルマー湯と同じく「神代の湯」。金時山を望むというが、夜明け前はすぐそこの喫煙所が見えるだけ。

東名足柄SA下り あしがら湯(静岡県小山町桑木サウナは足柄金時湯とまったく同じ大きさと作り。ベンチが2弾で、収容5名ほど。蒸した匂いが気になるのは、浴室内からの給気の影響か。温度計は96℃を指していたが、次第に100℃まで上昇。浴室内の客は絶えないのに、サウナと水風呂だけはひとり貸切状態。

フロントと脱衣所の中ほどには畳敷きの休憩室があって、簡易マットが7つ。通路に面しているから、昼間は爆睡するのが恥ずかしいかも。しかし平日の夜はがらーんとしていたから、ここで仮眠するのも1つのアイデア。3時間制ゆえひとっ風呂だけで帰るのはもったいない。

上り線の足柄金時湯はリクライニングシートだったのに、こちらは雑魚寝。同じ料金を支払っているのに、どうしてこうも違うものか。とは言いつつも、わずかな時間でも横になって休める空間はありがたい。

東名足柄SA下り あしがら湯
源泉/中伊豆温泉神代の湯(ナトリウム・カルシウム−硫酸塩温泉)
住所/静岡県駿東郡小山町桑木599 [地図]
電話/0550-70-0268
交通/東名高速道路下り(名古屋方面)足柄SA
料金/大人640円、小人320円(5歳〜小学生)
     ※3時間、延長料金は1時間につき大人210円、小人105円
     ※深夜2時時点で3時間以上経過の場合は別途1,000円
時間/10:00〜翌8:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ