旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

鹿児島県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

埋没鳥居〜道の駅たるみず

埋没鳥居桜島の東側・黒神地区に「埋没鳥居」という、噴火によって埋まってしまった鳥居がある。桜島はもともとは島であったが、大正3年の大噴火によって大隈半島と陸続きになった。その際、流れ出た溶岩によって有村、黒神などの集落は埋没し、死者58名、負傷者112名、焼失家屋2268戸の被害が生じたという。高さ3mあった原五社神社の鳥居は2mが埋没。噴火の脅威を後世に遺すため、当時の状態をとどめている。

大隈半島側から見た桜島というわけで陸続きになった大隈半島・垂水市へと移動。遠くから見た桜島。この日は晴れていたけど空が霞んでいた。




道の駅たるみず道の駅たるみずには日帰り温泉施設「湯っ足り館」を併設。ラドン含有量は通常の約34倍ということで「ラドン温泉」だというが、泉質でいうなら単純硫黄泉。この場合の“通常”という基準がよくわからない。浴室は1階と2階が男女日替わり。それぞれのフロアに内湯、露天風呂、サウナつき。

道の駅たるみず全長60mあるという足湯は無料で利用できる。日本一長い足湯であるそうだ。泉質、営業時間は「湯っ足り館」と同じ。玉石が埋められており、足つぼマッサージにもいい感じ。正面に錦江湾、左手に桜島を望む絶好のロケーションだ。


道の駅たるみず 湯っ足り館・足湯
源泉/垂水温泉(単純硫黄泉)
住所/鹿児島県垂水市牛根麓1038-1 [地図
電話/0994-34-2237
交通/国道220号線沿い。「桜島口」交差点より車で約6分
料金/大人330円、子供180円。家族風呂1,000円(1時間)
     ※毎月第4水曜日は「湯っ足りの日」大人100円、子供50円
時間/10:00〜21:00

国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所によるホームページ

ふるさと観光ホテル(鹿児島市古里町)

ふるさと観光ホテルふるさと観光ホテルは白装束をまとって入浴する露天風呂が有名で、テレビや雑誌などでも数多く取り上げられている。どれだけ畏れ多いお風呂なのか、一度体験してみる価値はある。

受付で白装束を手渡され露天風呂へ向かうのだが、どこを通っていくのか、どこで着替えるのか、案内が非常に不親切だったため右往左往してしまった。ホテルの地下から斜行エレベーターに乗り、ゆるやかな坂道を下り、露天風呂用の脱衣所で白装束に着替える。背中には「南無観世音大菩薩」の文字。脱衣所を出ると、海に面した大きな露天風呂がある。岩場の海岸がそのまま湯船になったような、開放感のあるロケーション。

ふるさと観光ホテル-龍神露天風呂ふるさと温泉は宝暦5年(1755)4月8日に発見されたという。この日は釈迦の誕生日と同じであることから「仏の湯」として親しまれ、かつては湯治客も訪れていたそうだ。塩分を多く含んだ無色透明のお湯。露天風呂は循環式・かけ流しの併用。露天風呂の奥のほうには樹齢200年を超えるという巨木があり、それが御神木だという。注連縄を張ったその御神木の幾重にも分かれた根っこの下には、数々の童子像が祀られている。そのわきには鳥居と小さな御社が置かれ、観音菩薩像が祀られている。

ふるさと観光ホテル-龍神露天風呂薩摩長谷寺の住職妙光上人が「この巨木には龍神が棲む」といい、龍神いわく「われを祀れば力を貸す」という。そうした経緯で巨木を崇めたのが始まりだが、それは昭和60年のこと。意外と最近ではないかと、ちょっと拍子抜け。いずれにしてもこの露天風呂自体が聖域であるため、白装束を身にまとうわけだが、お湯に濡れると重くなり、上がると冷たい。多くの人は御神木と御社を向いて湯に浸かっているが、背後には注連縄を張った夫婦岩、そして数mの先には錦江湾の広大な海が広がっている。あらためて贅沢なロケーションだと思う。

龍神露天風呂の日帰り入浴利用者は大浴場(内湯)、温泉プールの利用も可能。温泉プールは水着を着用する必要があるが、子供を中心に利用者は多い。はしゃぐ声と隣りあわせなのが、大浴場の男湯。そんなに大きくはないが、岩風呂が1つ。入るところはスロープになっている。露天風呂から続けて入るとちょっと熱めに感じ、じゅうぶん温まる。

桜島を訪れた際には噴火口の展望台からちょっと足を伸ばし、ぜひ訪れてみてほしい。話のネタにはなるはず。観光客が多く、なかでも外国人も多く目にする。なにより白装束をまとっての混浴なので、夫婦やカップルでの入浴も楽しい。

ふるさと観光ホテル
源泉/古里温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/鹿児島市古里町1076-1 [地図
電話/099-221-3111
交通/桜島港より鹿児島交通バス20分「古里温泉」停下車すぐ
     無料シャトルバスもあり。時間はホームページで要確認
     桜島港より国道220号線を垂水方面へ
料金/大人1,050円、小学生740円、4歳〜小学生未満530円、3歳以下320円
時間/8:00〜18:00
     ※毎週月曜日・木曜日は龍神露天風呂の清掃日につき利用は15:00〜。
     ※毎週水曜日は大浴場の清掃日につき利用は14:00〜。
     ※毎週水曜日は温泉プールの清掃日につき終日利用不可。

(追記-2012/6/24)
まぼろしチャンネルの「いかす温泉天国」でも
No.09 龍神様に祈りを。桜島のパワースポット温泉
として紹介しています。あわせてご覧ください。

国民宿舎レインボー桜島(鹿児島市桜島横山町)

国民宿舎レインボー桜島国民宿舎レインボー桜島は鹿児島港を降りてすぐ、桜島観光の拠点ともいえる場所に位置する。時間や季節によって七色に変化する桜島を目の前に望むことから名付けられたレインボー桜島。国民宿舎とはいっても、温泉大浴場やレストランを備え、なにより小奇麗な館内。そして宿泊費も安い。2000年5月オープンとのこと。へたな観光ホテルに泊まるよりはよっぽど魅力的な施設である。

そしてレインボー桜島の顔ともいえるのが、温泉大浴場の「桜島マグマ温泉」だ。宿泊施設とは入口が別々なので、日帰り入浴でも気兼ねなく利用できる。その名前のインパクトなのか、観光の拠点だからなのか、多くの観光客が訪れている。

浴室は錦江湾に向かって一面がガラス張りになっており、明るくて清潔感がある。遠くに対岸の鹿児島市街地を望み、フェリーが行き交う様子や近くの桟橋で釣りをする人たちの姿も一望。内湯のみなのが残念だが、源泉が掛け流し。わずかに緑っぽい色をしているが、鉄分が多く錆び臭い黄土色のお湯。地下1,000mから湧き出ているという。広々とした湯船なので、とてもリラックスできる。

源泉利用ではないが、ジャグジー、バイブラ湯、電気風呂の湯船もあり、サウナも完備。シャンプー、ボディソープの備え付けもある。これだけ充実していて入浴料300円。多くの人が訪れる理由がわかるような気がする。

風呂上りにはホールのソファや畳で休憩することができる。昼時ならば隣のレストランへ。和食かイタリアンのランチメニューにはサラダバーとドリンクバーつき。値段こそ決して安くはないが、地元の魚や肉を使った料理を食べられる。

国民宿舎レインボー桜島
源泉/桜島マグマ温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/鹿児島市桜島横山町1722-16 [地図
電話/099-293-2323
交通/桜島港より徒歩8分
料金/大人300円、小学生120円。家族風呂1,100円(1時間)
時間/10:00〜22:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ