旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

鹿児島県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

旅行人山荘(鹿児島県霧島市牧園町)

旅行人山荘霧島温泉郷は宮崎県との県境に位置し、霧島山の南西麓に湧く温泉街である。丸尾・新湯・林田・湯之谷・関平・硫黄谷・栗川・殿湯の大小8つの温泉があり、丸尾温泉が温泉街の中心地。

旅行人山荘は大正6年に丸尾温泉旅館として創業。昭和43年に現在地に移転して霧島プリンスホテル、そして平成9年に旅行人山荘と名を変えた。霧島温泉街のメイン通りからは林道を上っていく。山荘といっても外観も館内も立派な観光ホテル。

旅行雑誌「旅行人」の蔵前編集長の実家としても有名だが、露天風呂のロケーションの良さでも知られている。「じゃらん」のクチコミ宿ランキング“お風呂に満足な宿”では九州+沖縄部門で堂々の第1位。貸切露天風呂「赤松の湯」はブレンディのCM撮影でも使われ、多くのメディアで高評価を獲得している。貸切風呂は全部で3ヶ所あり、いずれも林の中にある。自然と一体になった貸切露天風呂にも心惹かれたが、今回は大浴場を利用した。

内風呂と露天風呂で2つの源泉を持ち、内風呂は単純泉の丸尾温泉。文政2年(1819)に横尾権太によって発見された温泉で、湯治の湯として使われていたという。やや青みがかった白いお湯で、湯の花でにごっている。石造りの湯船で外の露天風呂に向かってガラス張りになっており、薄暗い浴室に明るい日差しが入ってくる。

露天風呂は硫黄泉の硫黄谷温泉。森に囲まれた噴気帯にある温泉だという。100℃〜130℃の蒸気と熱湯の源泉に湧き水を加水し、温度を調整している。温泉街からは奥に入り、そして標高700mの高台にあるので露天風呂からの眺めは最高。遠くに山並みを望み、大きな岩でつくった湯船には白く濁ったお湯が掛け流しで溢れている。日差しが反射してかなりまぶしい。お湯には大粒の湯の花が舞っていて、手や足に積もるようにして付着する。内風呂と比べるとやや温めだが、そのぶん長湯できて気持ちがいい。

大浴場の入口手前にある休憩所にはすばらしく高機能のマッサージ機があり、無料で利用できる。テーブル、ソファも並んでいるので、景色を眺めながら湯冷ましするのもよい。

旅行人山荘-龍石の湯(足湯)休憩所から外に出ると無料の足湯「龍石の湯」もあり、露天風呂と同じ景色を眺めることができる。足湯には駐車場から直接行くこともできる。“龍石”とは字名なのだが、下記のような伝説があるという。

「昔々、このあたりは木が一本もない草山で恐ろしい龍が棲んでいました。ある日、龍が天より高く昇ろうとしたところ、神様はたいへん怒り「石になれ」と龍を石に変えてしまいました。石になった龍はまっさかさまに地上に落ち、そのまま動かなくなりました。草山に点々と残る石の龍は、はるか遠くからも見えたそうです。それからこの地を誰ともなく「龍石」と呼ぶようになりました。今でもこの周辺にはたくさんの大岩が残っています。」(現地看板より)

ホテルの周囲は5万坪の専用散策林。鹿児島銀行のポスターの撮影地にもなった。5万坪というのがどのくらい大きいのか想像がつかないが、花、野鳥、動物、どれをとっても季節ごとに楽しめそうだ。

旅行人山荘
源泉/丸尾温泉(単純温泉)、硫黄谷温泉(単純硫黄泉)
住所/鹿児島県霧島市牧園町高千穂字龍石3865 [地図
電話/0995-78-2831
交通/JR日豊本線霧島神宮駅、または肥薩線霧島神宮駅よりバス25分「丸尾」停下車
     国道233号線・霧島温泉街西寄りの「グリルおふくろ」より坂を上る
     ※駐車場70台分あり
料金/大人500円、子供250円
     貸切風呂(50分):大人1,000円、子供500円(11:00〜14:30)
時間/11:30〜15:00

栗野岳温泉南洲館(鹿児島県湧水町木場)

栗野岳温泉南洲館栗野岳温泉南洲館は霧島連山・栗野岳(標高1,102m)の中腹にある一軒宿の温泉。山の中の林道をひたすら走っていく。江戸時代に明礬採掘の目的で開かれ、以来湯治に利用されていたという。明治9年には西郷隆盛が1ヶ月ほど狩猟と温泉に訪れたこともあり、敷地内には「南洲翁遊猟之地」という石碑が建てられている。南洲館という宿の名前は、西郷隆盛(南洲翁)にちなんでいる。

受付棟や湯治棟、浴室などいくつもの建物が点在し、誰しもが想像しうる山中の湯治場の風景が広がっていた。裏山からはかなりの勢いと量の噴煙が上がり、おどろおどろしさすら感じさせる。湯治客はそれなりにいるのだろうが姿は見えず、静寂そのもの。平成の世も20年目だというのに、ここだけ時が止まっているようにも見える。

受付で料金を支払うが1ヶ所の入浴だと300円、2ヶ所だと500円、3ヶ所だと600円という料金体系になっている。同じ敷地内でもそれぞれ泉質も個性も異なるお湯なので、当然3ヶ所の料金を支払い、いざ浴室へ。

栗野岳温泉南洲館-桜湯栗野岳温泉南洲館-桜湯

受付棟よりいちばん近くにあるのが「桜湯」。小さな浴室の真ん中に正方形の湯船が1つ。青白いお湯が掛け流し。早い時間に訪れたからなのかまだ誰も入っていなかった様子。細かい湯の花が大量に沈殿していて、身体を動かすとふわっとお湯の中で舞い上がる。硫黄泉の新鮮なお湯を満喫することができた。

栗野岳温泉南洲館-蒸し風呂栗野岳温泉南洲館-蒸し風呂

つづいて桜湯の裏手を少し上ったところにある「蒸し風呂」へ。薄暗い浴室の中には、掛け湯をするための小さな湯船が左右にある。片方は適温なので源泉のようだが、もう一方は冷たいので水だと思う。そして浴室の奥には小さな扉が2つ。まずは右側の扉を開け、かがむようにして入ってみる。狭いわりには奥行きがあり、室内を湯気が充満している。うっすらと光が入っているので、もやの中にいるような感覚。人肌程度なのか、なかなか身体が温まらないので、今度は左の扉を開けてみる。こちらは中が真っ暗。手探りでおそるおそる入ってみるが、天井は低いし、なりより室内はかなり熱い。天然のスチームサウナの入浴は貴重な体験。ここはグッと我慢だが、それにしても熱かった。

栗野岳温泉南洲館-竹の湯栗野岳温泉南洲館-竹の湯

受付棟の脇から湯治棟の脇へと抜けて、最後は「竹の湯」へ。脱衣所には「冬はお湯が少なく泥が多くなり、酸性が強くなる」といった旨の貼り紙があった。掲示されている古い成分表によると、泉質は明礬緑礬泉、pH1.9とのこと。かなりの強酸性なのだが、冬になってこれ以上酸性が強くなるとはどういうことか。薄暗い浴室は壁も床も石積みで、ものすごくひなびている。湯船のふちには木の枕が置かれている。掛け湯しながら床に寝転んで…という光景がいつも行われているのであろう。灰色のお湯が掛け流し。湯船の底にはぬるっとした泥が沈殿している。身体に塗ってみると、泥パック効果なのかいい具合に肌がつるつるになる。

栗野岳温泉-八幡地獄栗野岳温泉-八幡地獄
栗野岳温泉-八幡地獄栗野岳温泉-八幡地獄
栗野岳温泉-八幡地獄栗野岳温泉-八幡地獄

南洲館の敷地の裏には広さ約2ヘクタールの噴気孔「八幡地獄」があり、自由に見学することができる。遊歩道をだんだんと上って行くと、四方からプツプツという音が聞こえてくる。これは小さな噴気孔から泥が噴き出している音。噴気孔はつねに誕生しているようで、足元のあちらこちらに見ることができる。小さな噴気孔といえども火山活動の証。奥に進むにしたがって巨大な岩石が噴煙で白く変色し、まさに地獄の光景が広がっている。もくもくと煙が上がり、立ち入り禁止の標識と簡単なロープで仕切られてはいるが、かなり危険な場所。地獄内での事故については自己責任。南洲館を訪れると珍しい温泉に入浴できるだけではなく、ダイナミックな自然をも満喫できる。そしてひなびた湯治場の雰囲気も味わうことができる。わざわざ訪れる価値は絶対にある。

栗野岳温泉南洲館
源泉/栗野岳温泉
     (桜湯:単純硫黄泉)
     (蒸し風呂:含鉄(・)−アンモニア−硫酸塩泉)
     (竹の湯:含鉄(・)−アンモニア−硫酸塩泉)
住所/鹿児島県姶良郡湧水町木場6357 [地図
電話/0995-74-3511
交通/JR肥薩線栗野駅よりバス16分「栗野岳温泉」停下車すぐ
     国道268号線より県道103号線で栗野岳方面へ
料金/(1ヶ所入浴)大人300円、小学生150円、幼児75円
    (2ヶ所入浴)大人500円、小学生250円、幼児100円
    (3ヶ所入浴)大人600円、小学生300円、幼児150円
時間/9:00〜21:00

※ネットでほかの方の入浴記を読んでみると、蒸し風呂について「ラジウム泉」と紹介しているのを見るが、現地には成分表がなかったので、ここでは「自遊人」の情報を利用。

太陽ヘルスセンター(鹿児島市武)

太陽ヘルスセンター太陽ヘルスセンターは鹿児島中央駅の裏手の雑居ビルや住宅の多いエリアに位置する。1階は24時間営業のスーパー「まるいストア」と不動産屋。その間の通路を通り、階段を昇るとヘルスセンターの入口がある。階段の踊り場までびっしりと賃貸物件の募集図面が貼っており、あとで調べたらやっぱりここは不動産屋の関連会社が運営する施設だった。

ヘルスセンターという名前から、いわゆるサウナや健康ランド的な施設をイメージしてしまうが、ここはいちおう銭湯なのである。入浴するだけならば鹿児島県の銭湯組合が定めた料金でOK。そのほかに昼間と夜間の休憩料金の設定がある。

2時間休憩+入浴料=860円
1日休憩(入浴料含む)=700円
明らかに1日休憩のほうが得だったりと、不可解な点もある。
館内のポスターには「街中の湯治場」というキャッチコピーとともに、以下のような文章が添えられている。鹿児島弁は難解すぎてさっぱり意味がわからない。

ダレかぶっおらせんなあ!ダレおっときゃ風呂が、いっばんを!
そいから横いなっせえ、ダレをといかぎいとっせえ、又きばいやんせ!


さて、ホームページや店頭では「営業時間4:00〜翌2:00」とのことだが、実はこれ、入浴できない時間が2:00〜4:00までなのであって、実際は24時間営業だともいえる。受付のおばちゃんに確認すると、男女相部屋となるが寝泊りはもちろん可能だという。というわけで今回は夜間の仮眠休憩で利用した。

太陽ヘルスセンター靴はコインロッカーに入れるご時世だが、ここは下駄箱があるだけ。券売機でチケットを買うと、さっそく休憩室に案内してくれた。フロントのわきにある和室の休憩室は17帖分の広さ。夜間休憩の始まる19時よりちょっと前に入館したため何もない状態だったが、隣の物置と思しき部屋から敷布団と枕、毛布をおばちゃんが準備してくれた。敷布団は普通よりもだいぶ幅が狭いサイズ。部屋中に布団を敷きつめ、何組か分の布団の間には衝立とテーブルで仕切ってくれた。テレビが2つ、部屋の両サイドにあり、見たい人は勝手にチャンネルを合わせる。浴衣などの準備はないので、自分で持って来なければならない。

食事や買い物での入退館は自由。とくにチェックがあるわけではない。ちなみにタバコを吸うのも外の通路。館内のホールには長いすと自販機、ゲーム機があるだけ。ヘルスセンターというわりには休憩スペースが狭いが、銭湯と考えればこんなものか。

男湯は入ると右手にカランが一列に並んでいるが、シャンプーやボディソープの備え付けがない点ではやっぱり銭湯なのだが、とにかく湯船の数が豊富で、スーパー銭湯の雰囲気。ジャグジー、バイブラ湯、電気風呂、打たせ湯、蓬莱薬湯、そして高温浴の湯船。飲泉所もある。無色透明のお湯で、飲んでみてもとくに不味いという感じはしない。結局どの湯船が温泉だったのかよくわからなかったが、これだけの湯船があると源泉でもそうでなくてもどちらでもいいかな、という感想。ちょっと驚いたのはミニプール。ほとんど水というくらい冷たいのだが、かなり広め。だれも泳いでいる人はいなかったが。

浴室の真ん中には階段があってメゾネットのような構造になっており、上階には中央に水風呂、右手に湿式サウナ、左手に乾式サウナがある。上階があるぶん浴室は全体的に天井が高くなっており、開放感があるわけだが、それにしてもこの立体感はすごい。

夜中になっても多くの客が訪れていた。休憩室のほうは全部で4組9人の客が宿泊していたようだが、気付いたらテレビも電気も消えていたようだ。翌朝も銭湯には多くの客。格安で入浴そして宿泊までさせてもらい、おまけに宿泊客はコインパーキングの料金が無料。ありがたい施設である。

太陽ヘルスセンター
源泉/鹿児島温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/鹿児島市武3-6-5 [地図
電話/099-255-1126
交通/鹿児島市電「中洲通り」電停より徒歩7分
     JR鹿児島中央駅西口より徒歩15分
料金/大人360円、子供140円、幼児80円
     2時間休憩500円(入浴料別)
     一日休憩700円(入浴料含む、9:00〜17:00)
     仮眠休憩2,000円(入浴料含む、19:00〜翌8:00)
時間/4:00〜翌2:00
     毎月第2水曜日定休。その翌日は12:00より営業

かごしま温泉郷(鹿児島県公衆浴場業生活衛生同業組合)

(追記-2012/8/17)
現時点で変更になっている箇所等あります。
太陽ヘルスセンターさんがコメント欄で寄せてくださっていますので、ぜひご覧ください。

埋没鳥居〜道の駅たるみず

埋没鳥居桜島の東側・黒神地区に「埋没鳥居」という、噴火によって埋まってしまった鳥居がある。桜島はもともとは島であったが、大正3年の大噴火によって大隈半島と陸続きになった。その際、流れ出た溶岩によって有村、黒神などの集落は埋没し、死者58名、負傷者112名、焼失家屋2268戸の被害が生じたという。高さ3mあった原五社神社の鳥居は2mが埋没。噴火の脅威を後世に遺すため、当時の状態をとどめている。

大隈半島側から見た桜島というわけで陸続きになった大隈半島・垂水市へと移動。遠くから見た桜島。この日は晴れていたけど空が霞んでいた。




道の駅たるみず道の駅たるみずには日帰り温泉施設「湯っ足り館」を併設。ラドン含有量は通常の約34倍ということで「ラドン温泉」だというが、泉質でいうなら単純硫黄泉。この場合の“通常”という基準がよくわからない。浴室は1階と2階が男女日替わり。それぞれのフロアに内湯、露天風呂、サウナつき。

道の駅たるみず全長60mあるという足湯は無料で利用できる。日本一長い足湯であるそうだ。泉質、営業時間は「湯っ足り館」と同じ。玉石が埋められており、足つぼマッサージにもいい感じ。正面に錦江湾、左手に桜島を望む絶好のロケーションだ。


道の駅たるみず 湯っ足り館・足湯
源泉/垂水温泉(単純硫黄泉)
住所/鹿児島県垂水市牛根麓1038-1 [地図
電話/0994-34-2237
交通/国道220号線沿い。「桜島口」交差点より車で約6分
料金/大人330円、子供180円。家族風呂1,000円(1時間)
     ※毎月第4水曜日は「湯っ足りの日」大人100円、子供50円
時間/10:00〜21:00

国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所によるホームページ

ふるさと観光ホテル(鹿児島市古里町)

ふるさと観光ホテルふるさと観光ホテルは白装束をまとって入浴する露天風呂が有名で、テレビや雑誌などでも数多く取り上げられている。どれだけ畏れ多いお風呂なのか、一度体験してみる価値はある。

受付で白装束を手渡され露天風呂へ向かうのだが、どこを通っていくのか、どこで着替えるのか、案内が非常に不親切だったため右往左往してしまった。ホテルの地下から斜行エレベーターに乗り、ゆるやかな坂道を下り、露天風呂用の脱衣所で白装束に着替える。背中には「南無観世音大菩薩」の文字。脱衣所を出ると、海に面した大きな露天風呂がある。岩場の海岸がそのまま湯船になったような、開放感のあるロケーション。

ふるさと観光ホテル-龍神露天風呂ふるさと温泉は宝暦5年(1755)4月8日に発見されたという。この日は釈迦の誕生日と同じであることから「仏の湯」として親しまれ、かつては湯治客も訪れていたそうだ。塩分を多く含んだ無色透明のお湯。露天風呂は循環式・かけ流しの併用。露天風呂の奥のほうには樹齢200年を超えるという巨木があり、それが御神木だという。注連縄を張ったその御神木の幾重にも分かれた根っこの下には、数々の童子像が祀られている。そのわきには鳥居と小さな御社が置かれ、観音菩薩像が祀られている。

ふるさと観光ホテル-龍神露天風呂薩摩長谷寺の住職妙光上人が「この巨木には龍神が棲む」といい、龍神いわく「われを祀れば力を貸す」という。そうした経緯で巨木を崇めたのが始まりだが、それは昭和60年のこと。意外と最近ではないかと、ちょっと拍子抜け。いずれにしてもこの露天風呂自体が聖域であるため、白装束を身にまとうわけだが、お湯に濡れると重くなり、上がると冷たい。多くの人は御神木と御社を向いて湯に浸かっているが、背後には注連縄を張った夫婦岩、そして数mの先には錦江湾の広大な海が広がっている。あらためて贅沢なロケーションだと思う。

龍神露天風呂の日帰り入浴利用者は大浴場(内湯)、温泉プールの利用も可能。温泉プールは水着を着用する必要があるが、子供を中心に利用者は多い。はしゃぐ声と隣りあわせなのが、大浴場の男湯。そんなに大きくはないが、岩風呂が1つ。入るところはスロープになっている。露天風呂から続けて入るとちょっと熱めに感じ、じゅうぶん温まる。

桜島を訪れた際には噴火口の展望台からちょっと足を伸ばし、ぜひ訪れてみてほしい。話のネタにはなるはず。観光客が多く、なかでも外国人も多く目にする。なにより白装束をまとっての混浴なので、夫婦やカップルでの入浴も楽しい。

ふるさと観光ホテル
源泉/古里温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/鹿児島市古里町1076-1 [地図
電話/099-221-3111
交通/桜島港より鹿児島交通バス20分「古里温泉」停下車すぐ
     無料シャトルバスもあり。時間はホームページで要確認
     桜島港より国道220号線を垂水方面へ
料金/大人1,050円、小学生740円、4歳〜小学生未満530円、3歳以下320円
時間/8:00〜18:00
     ※毎週月曜日・木曜日は龍神露天風呂の清掃日につき利用は15:00〜。
     ※毎週水曜日は大浴場の清掃日につき利用は14:00〜。
     ※毎週水曜日は温泉プールの清掃日につき終日利用不可。

(追記-2012/6/24)
まぼろしチャンネルの「いかす温泉天国」でも
No.09 龍神様に祈りを。桜島のパワースポット温泉
として紹介しています。あわせてご覧ください。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ