旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

伊勢原市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン

クアハウス山小屋(伊勢原市日向)

クアハウス山小屋伊勢原市街から大山の東麓・日向方面にひたすら走っていくと、日向薬師のバス停から先には民家が1軒もなく、そこから先は車1台通るのが精一杯なくらいの狭い林道になる。浄発願寺の三重塔が左手に見えると、ところどころに「クアハウス山小屋○km」と書かれた小さな看板があるが、ここから先に道があるのか?と思わせるような寂しい山道だ。マス釣り場が右手に見えると、クアハウス山小屋はもうすぐ。かなり山の中に入ってきた感じがする。

山小屋という名前のわりには洒落た感じの建物だ。背後には日向川が流れ、河原との間の傾斜地に建っている。1階はレストランで、岩魚料理のほかチーズケーキ、ピザなど何でもあり、小さいながらも若い人にもウケそうな洒落たお店だ。そして浴室は地階にある。

浴室はこじんまりとしている。左右両側にカランが3つずつ並び、奥に5帖大の湯船がある。ぬるめでわずかにぬるっとする感じのお湯がかけ流しになっているのだが、カランがすぐ脇にあるので、シャンプーやボディーソープの泡が湯船に流れてきて嫌な思いをした。人がいないときには奥のほうのカランを使ってほしい。

湯船に身体を沈めるとちょうど目線の高さに窓がある。河原でバーベキューをする人に見えないような配慮か塀で目隠しされ、わずかに杉林が見える程度。涼しい風が入ってくるので気持ちいいが、渓流沿いというロケーションなので、もっと開放感があればいいのにと思う。

温泉施設では成分解析書が脱衣所などに掲示してあるのだが、ここにあったのは井戸水の解析書のみ。井戸水に含まれる成分が温泉の基準を満たしているのではないかと思うが、帰り際、外にあった看板をよく見てみたら「日帰り温泉」ではなく、「日帰り温湯」と書いてあった。貰ってきたチラシにも「天然水かけ流しのお風呂」とある。といういわけで日向川温泉というのは通称と言ったほうがよい。

立地的にハイキング帰りの客が多い様子。訪れた日もバックパックを背負ったおじさん、おばさんが休憩室で寛いでいた。バーベキューのほかにキャンプもできるので、アウトドアな趣味がある人にもおすすめ。

クアハウス山小屋
源泉/日向川温泉(温泉法の温泉)
住所/伊勢原市日向2184-1 [地図
電話/0463-92-7750
交通/小田急線伊勢原駅北口よりバス22分「日向薬師」停徒歩25分
料金/大人800円、子供500円(3歳〜小学生以下)
     ※ホームページに入浴割引券あり
時間/11:00〜19:00
     ※11月〜3月は12:00〜最終受付18:00
     年中無休

ニュー天野屋(伊勢原市西富岡)

ニュー天野屋伊勢原市街地より北に走り、R246や東名高速を越えると、突如として田園風景が広がる。「ニュー天野屋」は高部屋地区の集落にあり、「温泉入口」という交差点の角。5階建てのホテルなので、遠くからでもよく見える。「日帰り温泉」ののぼりを周囲に立てているが、いかんせん日中の来客が少ないようで駐車場はガラガラだったりする。

浴室は地下1階にある。フロントの裏にある階段を下りていくとなんだか廊下が薄暗い。そういえばロビーもちょっと薄暗かったが。高級感のある薄暗さではなく、たんに照明の数が少ないだけなので、これは何とかならないものか。

浴室には大きな湯船が1つあるだけ。どこにでもある観光ホテルの大浴場といった雰囲気。地下にあるのだが建物の構造的に空掘りになっているので、外に面してガラス張りになっている。空堀のわずかな空間には石灯篭と巨石が置かれ、隣地の擁壁を隠すようにすだれが立てかけてある。室内の壁のうち一面はタイルでサイケデリックに装飾され、天井の梁などにはくたびれている様子が見てとれる。

お湯はph10.1の高アルカリ泉。循環式だけどかけ流し。わずかにぬるっとしたような感触がある。美肌の湯としてPRに余念がない七沢温泉と同じ泉質で、そういえば地理的にもほど近い。「上杉と武田の戦いで傷兵が、この地に湧き出ていた泉で体を洗い傷を治したという伝説がありますが、大正12年の大震災で数メートルに及ぶ温水が噴出し温泉が湧くことが実証されました」とのこと。

帰りにパンフレットを貰ってきたのだが、それによると「平成10年の神奈川国体に向けて、伊勢原市も変わろうとしています」とある。すでに過去の出来事であり、国体があっても何も変わらなかったと思うのだが、そんなことより10年も前のパンフレットを堂々と置いていることに疑問を感じざるを得ない。近隣には七沢温泉や鶴巻温泉があり、伊勢原温泉の名はいまいち知られていないが、まだまだ宣伝次第では多くの客を見込めるのではないかと思う。パンフレットとホームページの更新は急務だと言える。

ニュー天野屋
源泉/伊勢原温泉(単純温泉)
住所/伊勢原市西富岡1067 [地図
電話/0463-95-0217
交通/小田急線伊勢原駅北口よりバス10分「温泉入口」停徒歩1分
料金/大人800円、子供500円
時間/11:00〜21:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ