旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

川崎市川崎区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

梅の湯(川崎市川崎区渡田向町)

梅の湯(川崎市川崎区渡田向町)印象深い銭湯との出会い、それもまた銭湯めぐりの楽しみだったりする。1軒1軒違うからおもしろい。たとえボロでも、客がいる限りはそれも銭湯の個性だ。川崎区渡田向町の住宅地にある梅の湯は、その外観からしてわくわくさせられた。屋根をも覆う鬱蒼とした樹木、ポリシーなく並んだ各政党のポスター。レトロ銭湯としての貫禄ある佇まいも、最近は手入れから遠ざかっているようだ。

暖簾をくぐると番台には誰もおらず、呼び掛けても応答はない。まれにあることだから料金はあとで払うこととし、先に風呂に入らせてもらうことにした。ほかに客はおらず、無人の脱衣所には付けっ放しのテレビと扇風機。貸し切りというわけだ。

梅の湯(川崎市川崎区渡田向町)梅の湯(川崎市川崎区渡田向町)梅の湯(川崎市川崎区渡田向町)

浴室の手前に洗い場、奥に湯船2つというオーソドックスな配置。カランは外壁側に7つ、6-6の島列(シャワーなし)、間仕切り壁に8つ。モザイクタイルで描かれているのは湖畔の富士山。

梅の湯(川崎市川崎区渡田向町)湯船は浅湯がイベント湯で、この日は「花香水」という黄緑色の入浴剤。深湯はジャグジーを2基設けているが、これが超熱湯を撹拌している状態で、肩までつかるには相当の我慢を必要とした。そして何といっても見ごたえあるのは背景画だ。どうしてこうなったと考えさせられるペンキの剥げようで、壁越しに見える女湯の富士山にいたっては、まるで噴火しているかのようだ。4.11.23と日付があったから、ちょうど20年前。この先もこのままであってほしい。

梅の湯(川崎市川崎区渡田向町)お湯につかりながら番台をちらちらと伺ってみるも、30分経っても戻ってこない。お金を置いて帰ればよいかと判断して、脱衣所に戻り、パンツを履いて、ジーパンを履いて、Tシャツを着ようかとした頃にようやく戻ってきた。73歳のおじいさんだが、見た目はだいぶ若い。東京で銭湯を営むおじさんを頼って上京し、向河原で修行したのちに独立。以来46年が経つという。釜場も番台も1人でこなしているというから、それが若さの秘訣だろうか。おじいさんの人柄もまた忘れられない魅力だ。

梅の湯(神奈川県浴場組合)
梅の湯(川崎銭湯どっと混む)

梅の湯
住所/川崎市川崎区渡田向町17-6 [地図
電話/044-233-2072
交通/JR・京急川崎駅よりバス「成就院前」停徒歩4分
     またはJR南武支線川崎新町駅より徒歩11分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/14:30〜23:00、不定休

中島湯(川崎市川崎区中島)

中島湯(川崎市川崎区中島)甲府市内には早朝6時から営業している銭湯があると紹介したばかりだが、神奈川県も負けてはいなかった。川崎区の中島湯はなんと早朝5時開店。しかも深夜24時まで営業しているから、営業時間の長さでいえば隣町のかまぶろ温泉と県内ツートップ。

川崎駅からバスに乗って競輪場の先、中島交番前で降りると、中盛会という庶民的な商店街が始まる。その中ほどにあるのが中島湯だ。外壁に大きく浴場組合のシンボルマーク「ゆ」と「なかじま」の文字。LED看板や「岩盤浴 玉川の湯」などとにかく目立っている。

中島湯(川崎市川崎区中島)中島湯を訪ねたのは平日13時頃で、一般的な銭湯の開店にもまだ早い時間。早朝もしかりだが真っ昼間からどんな人が来るのかと思えば、実に老若男女さまざま。地元客なのだろうか、それともわざわざ訪ねてくるのだろうか。

券売機でチケットを購入し、フロントでは下足札とロッカーの鍵を引き換える。脱衣所には独立した喫煙室あり。ウォータークーラーがあるのは嬉しい。外観から想像できないが、浴室は意外と広くてゆったり。右手に洗い場(カランは4-5と5-5の列)、左手に湯船を設け、突き当たりにサウナと水風呂、さらにそのわきを進めば小空間の洗い場を経て半露天風呂がある。

大きな湯船はゲルマニウム風呂、電気風呂(揉兵衛)、ジャグジー、座湯ジャグジーに分かれている。ゲルマニウム風呂は床面にセラミックボールが敷き詰められており、その上をバイブラ湯のステンレス板が蓋をしている構造。一時期流行したが、健康効果を信じるか信じないかはあなた次第。その隣には温泉浴槽である。透明度50cmほどの黒褐色が特徴で、これだけでもじゅうぶんに客が呼べる気持ちよさ。

中島湯(川崎市川崎区中島)銭湯の露天風呂といえばこじんまりとしており、住宅地にある関係から高い塀と屋根に囲まれているところが多い。中島湯のL字型をした湯船も、板塀に囲まれ、なおかつ半分ほどは屋根に覆われている。それゆえ半露天風呂と自らことわっているところに好感が持てる。真っ白のタイル張りだが、トルマリン風呂であることをあとで知った。

温泉に加えて露天風呂もあれば、もはや言うことなし。サウナはドライ(有料)・スチーム(無料)の2種類があり、水風呂も完備。さらに2階には値が張るが岩盤浴もある。営業時間がただ長いだけではなく、ミニスーパー銭湯と呼べるくらい設備は充実している。銭湯マニア、温泉マニアのみならず、気軽に安く利用できるという点で、多くの人におすすめしたい。

中島湯(神奈川県浴場組合)
中島湯(川崎銭湯どっと混む)

中島湯
源泉/川崎温泉(ナトリウム−塩化物冷鉱泉)
住所/川崎市川崎区中島2-7-13 [地図
電話/044-245-8951
交通/JR・京浜急行川崎駅よりバス「中島交番前」停徒歩2分
     京浜急行大師線港町駅・鈴木町駅よりそれぞれ徒歩13分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途100円、岩盤浴は別途1,500円(50分)
時間/5:00〜24:00、不定休(毎月7の日?)

バーデンハウス(川崎市川崎区大島上町)

バーデンハウス(川崎市川崎区大島上町)銭湯の屋号といえば松竹梅や大黒、弁天など縁起を担いだものが多いが、「バーデンハウス」とは洒落ている。ついビル銭や洋風の内装を想像してしまうが、実際に訪ねてみたら建物の内外とも純和風の装い。フロント式に改装しておりゆったりとしたロビーも備えているが、脱衣所は折上格天井だし、広い庭には池があって鯉が泳いでいる。屋号とのギャップが素晴らしいが、建物自体は築50年くらい経っており、15年前の中普請の際に「安楽湯」から名を改めたのだという。

フロントでロッカーの鍵を受け取るシステム。脱衣所も浴室も広々としている。湯船は7帖ほどの広さにバイブラ湯・座湯ジャグジー、電気風呂(揉兵衛)の設備あり。釜場の通路を隔ててもう1つ、2帖ほどの大きさの湯船は薬湯(バイブラ湯)で、この日はどくだみ。クナイプハーブの日もあるようだ。カランは境壁側から7+立ちシャワー1、5-5、6つという配置。浴室内のタイルは白で統一されているのがつまらなくも感じるが、全体的に明るい印象を受ける。

バーデンハウスの素晴らしさは露天風呂にもあった。浴室の扉を開ければ、サウナ・水風呂・露天風呂が並んでいる。露天風呂は4帖分の広さはあるだろうか、銭湯としては広いほうだ。竹垣風のフェンスで囲っているが、下の隙間からは池を眺める。さらに池の向こう側にも庭が続き、樹木が茂っているから、フェンスなど必要ないのでは?と思ってしまう。市街地にあって贅沢なほど広い敷地を持っている。水風呂との往復でついのんびりしてしまう。

日曜日は朝風呂営業も行っている。たとえ平日でも明るいうちからのんびり過ごすのがこの銭湯の醍醐味だと思う。

バーデンハウス(神奈川県浴場組合)
バーデンハウス(川崎銭湯どっと混む)

バーデンハウス
住所/川崎市川崎区大島上町1-17 [地図
電話/044-322-4364
交通/JR・京浜急行川崎駅よりバス「大島1丁目」停徒歩1分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途170円
時間/14:45〜24:00(日曜日は朝風呂営業あり 8:00〜12:00)
     毎月3・13・23日定休(土曜の場合は前日、日曜・祝日の場合は翌日定休)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ