旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

川崎市川崎区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

レックスイン川崎(川崎市川崎区小川町)

レックスイン川崎(川崎市川崎区小川町)川崎駅東口のラ・チッタデッラは、映画館チネチッタをメインとした複合施設。これに近接して建ち、チッタグループの運営によるのが、カプセルホテル&サウナの「レックスイン川崎」だ。京急の高架線に面しており、わかりやすい立地であることに加え、フロントの雰囲気からしてビジネスマンの利用が多いであろうことは容易に想像がつく。

サウナ利用ならオールタイム3時間1000円という低料金が魅力。フロントで料金支払いと引き換えにロッカーキーを受け取ったら、エレベーターで6階へ。館内着とタオルはロッカーの中にある。嬉しいのは、あらかじめフェイスタオルが2枚準備されていることだ。

レックスイン川崎(川崎市川崎区小川町)浴室のある7階には階段で移動。小さなロッカーが入口にあり、脱いだ館内着とタオルはこちらにしまっておく。扉を開けるとすぐ目の前に、ジャグジー3基を備えたバイブラ湯。隣には水風呂。これらを囲むようにして洗い場があるのだが、いくつかシャワーの調子が悪いのは直さないのだろうか。サウナ室の扉も外れかかったものをガムテープで補修するとは、「そうじゃないだろ」と突っ込みたくなる。

サウナの温度は100℃で、乾燥してヒリヒリする熱さ。室内は奥に細長く、ロングシートの電車よろしく席が向かい合わせ。しかも間の通路は狭い。ついでに電車で例えるならば、運転席側(つまり真横)にテレビがあるから、首が痛くなってくる。室内のつくりからして仕方がないし、カプセルホテルにサウナは付き物だけど、客からしたら「あるだけマシ」なのかもしれない。

レックスインの自慢はむしろ展望露天風呂。バルコニー部分に1坪弱の大きさの湯船がある。景色を眺めるためには立ち上がらざるを得ないが、真正面にビル群(よりによって他所のホテルの広告塔)、眼下にはお寺と墓地という、良いのか悪いのかわからない眺め。露天風呂があるだけマシなのかもしれない。

レックスイン川崎(川崎市川崎区小川町)休憩室は階段を下って5階にある。広いフロアにリクライニングシートが、真ん中で背中合わせにして並んでいる。前方にはテレビが設置されており、好きなチャンネルが向いている方を利用すればよい、という趣旨。テーブル席もあるが、レストランの営業は夜間と早朝のみ。さすがに昼間の休憩室は閑散としていたが、終電を逃した、あるいは出張費を安く済ませたいサラリーマンなどで夜はそれなりに賑わうのだろう。カプセルは2タイプ合計196室もある。川崎駅周辺だと川崎ビッグもあるが、客層はなんとなく異なるような気がする。

レックスイン川崎(川崎市川崎区小川町)レックスイン川崎(川崎市川崎区小川町)

レックスイン川崎 ※男性専用
住所/川崎市川崎区小川町6-8 [地図
電話/044-211-2220
交通/JR川崎駅より徒歩3分、京急川崎駅より徒歩5分
料金/1,000円(3時間)
     ※延長料金500円
     ※深夜料金800円(23:00以降)
時間/24時間

川崎ビッグ(川崎市川崎区小川町)

川崎ビッグ(川崎市川崎区小川町)地方都市の駅前や繁華街に「サウナ」の看板を掲げたり、実際にそう呼ばれている施設がある。ビル一棟だったり、数フロアだったり、カプセルホテルを併設していたりと形態はさまざまだが、サウナしか無いわけではなく、湯船もいくつかある。多くがオールナイト営業で、休憩室(仮眠室)もある。終電を逃したサラリーマンの強い味方なのだ。

川崎ビッグは男性専用のサウナ。さいか屋近くの繁華街に、ど派手な看板を掲げたビルを構えている。3階より上はカプセルホテル。サウナのみの利用は、フロント右手の階段を降りていく。縦長ロッカーの中に館内着とフェイスタオルが入っており、これらを手にして素っ裸のままさらに階段を降りていく。浴室は地下2階。館内着などは浴室入口の棚に置いておく。

川崎ビッグ(川崎市川崎区小川町)サウナ施設だけあって、売りはもちろんサウナである。ドライサウナが2室並んでおり、「高温」の温度計はなんと108℃の表示。しばらくすると、じりじりと焼き付くような熱さに包まれる。「低温」はというと88℃で、これは他所の施設で言うところの高温だ。

水風呂も低温「16℃」と常温「20℃」の2つが並んでいる。108℃からの16℃は、サウナ通でないと到底理解できないであろう。外の看板には「サウナも水風呂も2種類あるから初心者も上級者も楽しめる」などと書いてあるが、サウナ道はじつに奥深い。

川崎ビッグ(川崎市川崎区小川町)湯船はというと、酒風呂、ラドン風呂、バイブラ湯、二股温泉(人工温泉)、薬草風呂とすべてがおっさん好み。サウナ室もそうだが、バイブラ湯は正面にテレビを据え付けており、お湯につかりながら、はたまたデッキチェアで寝ながら見るもよし。サウナという施設柄、おっさんしかいないので、好きなだけグータラしていられる。

館内はいたるところでタバコが吸える。まずは、脱衣所のソファで風呂あがりの一服。1階の休憩室ではリクライニングシートでテレビを見ながらの一服。うとうとして寝タバコになりやしないか、ハラハラするが。2階の休憩室だけは禁煙にしているが、同じく2階の食事処も喫煙可。メニューの数々は居酒屋っぽいし、店員さんも威勢がいい。ちなみに食事処も24時間営業だから、朝までとことん飲み明かしたい人や、不規則勤務の人にはもってこいだ。

川崎ビッグ(川崎市川崎区小川町)今回は3時間タイムサービスで訪れたが、サウナ3セット→うたた寝→食事で時間が足りないくらい。夜勤明けなら早朝サウナ、仕事をサボってタイムサービス、宿代わりに普通サウナと目的に合わせてコースが選べるのが魅力。しかも安心の低価格。こうした店にはいろいろとキャッチフレーズがあるが、川崎ビッグの場合は「男には帰りたくない夜もある」。自由で居心地がよくて、ついつい長居したくなる店だ。

川崎ビッグ(川崎市川崎区小川町)

川崎ビッグ ※男性専用
住所/川崎市川崎区小川町15-11 [地図
電話/044-246-0008
交通/JR川崎駅より徒歩6分、京急川崎駅より徒歩7分
料金/普通サウナ(9:00〜23:00)1,990円
     ※23:00以降は深夜料金840円別途
     早朝サウナ(5:00〜18:00)1,570円
     ※10:00までに入館
     タイムサービス(10:00〜16:00)1,050円
     ※14:00までに入館
     3時間タイムサービス(14:00〜20:00までの受付)1,050円
     ※14:00〜23:00までの3時間のみ
時間/24時間営業、年中無休

美和乃湯(川崎市川崎区渡田)

美和乃湯(川崎市川崎区渡田)ひさしぶりに川崎市内の銭湯を訪ねようかと川崎駅に降り立ったが、目指すべき美和乃湯の最寄りは川崎新町駅。登戸経由で南武支線ならわけないが、やむなく乗り慣れないバスで向かう。市電通りの渡田向町停留所よりレンタカー営業所の裏手に見える昔ながらの佇まい。コインランドリーを併設し、フロント式へと改修しているが、千鳥破風に書かれた屋号が渋い。

美和乃湯(川崎市川崎区渡田)フロントでロッカーの鍵を貰い、脱衣所へ。サウナと水風呂がせり出しているせいか、脱衣所は意外とコンパクト。浴室は間口3間×奥行き4間でごく一般的な広さだ。外観と内部の渋さはたいてい比例するものだが、美和乃湯にはタイル絵、ペンキ絵の装飾はなく、唯一のレトロを感じさせるのは室内に流れる演歌。それもさりげなさすぎて、気付いたのは入浴後しばらくしてから。

湯船は座湯ジャグジー、ミクロバイブラ、電気風呂の3つが奥に並んでおり、出入口側には小さな水風呂。加えて、小さいけれど露天風呂もあって、ここでは日替わりの入浴剤を使用。この日は緑あざやかな「玉露カテキン」。高い塀に囲まれ、ほとんどが屋根に覆われているため開放感こそないが、外気に触れられるだけ良し。いずれの湯船も熱くも温くもなく適温だった。洗い場は両サイドの壁側に6つずつ(女湯との間仕切り側に立ちシャワー1つ)、中央に5-5の島列で、いずれもシャワー付き。

美和乃湯(神奈川県浴場組合)
美和乃湯(川崎銭湯どっと混む)

美和乃湯
住所/川崎市川崎区渡田4-2-4 [地図
電話/044-333-1821
交通/JR南武線川崎新町駅より徒歩7分
     川崎駅東口よりバス「渡田向町」停徒歩1分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途200円
時間/14:30〜23:30、不定休(月3回)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ