旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

閉店・廃業施設

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井) ※2016/10/30閉店

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)閉店情報に触れ、初めて「荻窪ラドン・サウナセンター」の名を知った。どんな店かと調べてみても、公式サイトはないし、訪ねた人の声も僅かしかない。駅前ならまだしも、住宅地にあってはさもありなん。ちなみに併設する銭湯(亀の湯)は、今後も営業を続ける。サウナは設備老朽化によって閉店するが、休憩室など何かしらに転用できないものか。

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)フロントでは下足箱とロッカーの鍵を引き換え、大小タオルと館内着を受け取る。サウナでは珍しく、料金は後払いだ。下足箱は男性用と女性用が色分けされ、そこで「女性も利用できるのか!」と理解。とはいえ女性客は少なさは容易に想像できる。なにしろ男性客ですら少ないのだから。子供料金の設定もあるが、ここに連れられてくる子供はたくましい人生を歩んでいることだろう。

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)階段を降りると浴室。つまり、この建物の1階には銭湯と合わせて、男女4室が並んでいるのか。サウナで訪れても、浴室はまるで銭湯。違いを強いて言えばシャンプーやヘチマ(!!)などを備え付けている点か。

クナイプハーブのプレートを掲げているけれど、入浴剤は入っていないジャグジー。蛇口の水を出しっ放しにしている水風呂。効果効能を最大限取り入れるべく、ガラスで遮られたラドン室。いちばん奥には高温サウナ。突き刺す熱さは、おそらく100℃を超えている。先客はおじいさんが1人。日が暮れる頃になって、他に2人やって来た。

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)男女ペアの客がいないせいか、共用の休憩室は照明が消えていた。畳敷きで集会所のような雰囲気だ。ロッカー室に隣接した男性休憩室には、リクライニングシートがL字型に並ぶ。なんと灰皿は2席に1つずつ。例えて言うなら、ひと昔前の重役会議室か。そして、テレビの前は実家のような寛ぎ。古き良き社交場も役目を終えたのか、客がいないのが寂しい。

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)
荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)

荻窪ラドン・サウナセンター
住所/東京都杉並区桃井1-35-9 [地図]
電話/03-3394-1126
交通/JR中央線・地下鉄丸ノ内線荻窪駅よりバス「清水2丁目」停徒歩1分
     荻窪駅または西武新宿線井荻駅より徒歩20分
料金/大人1,200円(19時以降1,000円)、小学生以下500円
時間/13:00〜21:00、毎週月曜日定休

梅の湯(東京都町田市森野) ※2013/7/31廃業

梅の湯(東京都町田市森野)
梅の湯(東京都町田市森野)
梅の湯(東京都町田市森野)
梅の湯(東京都町田市森野)

多摩地区の廃業銭湯を調べていたら、町田市森野にあった梅の湯の訪問記を投稿していなかったことに気付いた。3年以上も前の廃業なのでいまさらだが、せっかく撮った写真だけでも記録として残しておきたい。

都営木曽森野アパートの団地群の一角にあり、開業は1961(昭和36)年。

サイタマ健康ランド(埼玉県熊谷市久保島) ※2016/6/30閉館

サイタマ健康ランド(埼玉県熊谷市久保島)熊谷市にありながらサイタマ健康ランドを名乗るのは、ここが埼玉県でいちばんの老舗たる所以。オープンして28年の歴史を数えるが、6月30日に閉店。そして、9月には株式会社温泉道場運営のもと、装い新たに「おふろcafe bivouac(ビバーク)」としてリニューアルオープンする。閉店までの残された期間は謝恩料金での営業。どう変わるのか、現在の様子を目に焼き付けておきたい。

サイタマ健康ランド(埼玉県熊谷市久保島)熊谷中心街から深谷へと向かう国道17号線沿い。ど派手な大看板が目印だ。健康ランドらしくやたらと広い館内にして、フロントには宴会・団体受付もある。下足箱の鍵と引き換えにロッカーキー、館内着、タオルセットを受け取る。浴室にはカミソリや歯ブラシも備え付けているのだから、謝恩料金と言えども至れり尽くせりすぎる。

サイタマ健康ランド(埼玉県熊谷市久保島)サイタマ健康ランド(埼玉県熊谷市久保島)
(館内案内図-サイタマ健康ランド公式サイトより転載)

脱衣所には縦長ロッカーが無数に並ぶ。一角にはテレビを設置し、そこではタバコも吸えるが、吸煙機よりも扇風機の風が強いという困った状況。浴室も年季が入っており、ジェットバスなどはタイル職人の技の産物。

健康ランドに薬湯は付き物だが、漢方延寿薬湯は肌への刺激がなく、ぬるめだから長湯ができる。もうひとつの売りは二股温泉(炭酸カルシウム温泉)。石灰華を通って湯船へと吐水される、言わば人工温泉装置(参考)による。押しボタン式のバイブラ湯、打たせ湯、さらに檜風呂も。

サイタマ健康ランド(埼玉県熊谷市久保島)

露天岩風呂では客の要望に応えて「どくだみエキス」の入浴剤を使用。目の前で入浴剤を追加投入する大胆行為には唖然とした。バラエティーに富んだ浴室内に比べると、露天風呂は小さいし、塀に囲われてつまらない。

サウナは2室。ガスヒーターのドライサウナは灼熱空間で、24時間稼働だから壁も蓄熱云々といった説明。もうひとつはラジウムミスト岩盤浴と言うけれど、ベンチに北投石のタイルをいくつか敷いただけの中温ミストサウナ。水風呂はかなり冷えており、なかなか好感が持てる。

サイタマ健康ランド(埼玉県熊谷市久保島)風呂あがりは2階で休憩。ムービーシアターではTBSチャンネルを上映。面白い番組だったら良いけれど、そうでないと薄暗い部屋はさながら仮眠室だ。リクライニングシートの並ぶレストルームでは、前方のテレビをみんなで眺める。食事は1階にテーブル席のレストランもあるが、健康ランドと言ったらステージ付きの大広間。平日とあって閑散としていたが、週末は飲んで歌って大賑わいしたことであろう。いまどき時代に合わないと言ってしまえばそれまでだが、閉店まで残された時間は、古き日々を懐かしみながら過ごす高齢客も多かろう。

サイタマ健康ランド(埼玉県熊谷市久保島)

サイタマ健康ランド
住所/埼玉県熊谷市久保島939 [地図]
電話/048-533-2614
交通/国道17号線「久保島」交差点至近
     ※無料駐車場205台分あり
料金/(フリータイム)大人1,350円、子供450円
     ※深夜割増1,350円(深夜1時以降)
     ※子供は3歳〜小学生、3歳未満は無料
     ※6/20〜6/30は謝恩営業として大人500円、子供250円
時間/10:00〜翌9:00、年中無休

船橋健康センター ゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見) ※2016/3/31閉館

船橋健康センター ゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見)年々減少の一途を辿っているのは町の銭湯に限ったことではなく、地方の健康ランドもいまや危機的状況なのかもしれない。最近飛び込んできた話では小岩のファミリー湯宴ランドが4月20日に、そして船橋健康センターが今月末に閉館する。どちらも理由は施設老朽化などによる。健康ランドが華やかだったのはバブルに沸いた頃か。そうすると船橋健康センターの平成3年オープンは後発組とも言えるし、老朽化という理由もしっくりこないが、ぱっと見は昭和テイスト。

今回は早朝5時からの朝風呂で訪ねたが、お年寄りの朝は早く、あちこちで常連たちが挨拶を交わしていた。まずはフロントで料金を支払い、ビニールにパッキングされたタオルセットとロッカーの鍵を貰う。泊まり客の朝風呂もちらほら。

船橋健康センター ゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見)船橋健康センター ゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見)
船橋健康センター ゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見)船橋健康センター ゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見)
(写真4点は船橋健康センター ゆとろぎの湯公式サイトより転載)

浴室内の真ん中には円型風呂が2つ。吐水口に石を載せた麦飯石風呂と美容風呂という名のジャグジーだ。ほかに歩行湯、寝湯、水風呂があって、人気はやはり漢方薬湯。多少こなれた匂いがするも、ピリピリ感のある浴感は癖になる。ハーブサウナではミストが降り注ぎ、人参実母散の香りが漂うが、これをハーブだという強引さはさすが健康ランド。そして定番の高温ドライサウナもある。

露天風呂のうち、古代檜の湯船は入浴剤を使用したイベント湯。桜の造花で飾られ、一足早くお花見気分。岩風呂はこれまた定番の草津温泉。早朝の冷たい風に吹かれながら、熱めの湯につかる。健康ランドの人気はひと通り揃っている。

船橋健康センター ゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見)男女別の仮眠室やリクライニングシートの休憩室など、湯あがりに寛ぐスペースは2階にある。食事処では朝食営業も行っている。朝8:30で閉館するのに慌てる素振りもなく、館内着でうろうろしている客も。再入館の手続きをすれば引き続き滞在利用ができるようだ。「柏か船堀か…」などと健康ランドの情報交換している常連たちは、次の「住まい」を探している様子。ずいぶん濃い客に支えられてきたようだが、もう間もなく25年の歴史に終止符を打つ。

船橋健康センター ゆとろぎの湯(千葉県船橋市夏見)

船橋健康センター ゆとろぎの湯
住所/千葉県船橋市夏見3-28-1 [地図]
電話/
交通/東武野田線塚田駅より徒歩10分・新船橋駅より徒歩11分
     JR総武線船橋駅北口・新京成線高根公団駅北口より無料送迎バスあり
     国道14号線「湊町二丁目」交差点より約3km
     ※無料駐車場200台分あり
料金/(平日)大人1,580円、シルバー1,480円、中高生800円、子供500円
     (休日)大人1,780円、シルバー1,680円、中高生800円、子供500円
     ※館内着・タオルセット付き
     ※シルバーは65歳以上、子供は3歳〜小学生
     ※深夜割増料金:大人1,500円、中高生1,000円、子供500円
     ※深夜パック:大人2,400円(入館料+深夜割増、平日22時以降)
     朝風呂:大人800円 ※5:00〜8:00、タオルセット付き
     看板浴は別途800円
時間/10:00〜翌8:30、年中無休

小さな旅 むさしの湯(さいたま市見沼区南中野) ※2016/6/30閉店

小さな旅 むさしの湯(さいたま市見沼区南中野)神奈川県内の我が家から電車とバスを乗り継いで約2時間半。なるほど「小さな旅」とはよく言ったものだ。しかし近隣にお住まいの方にとっては、小さな旅どころか日常の延長だろう。大宮駅より東にまっすぐ約3km、さらに東に行けばクチコミ評価も高い「見沼天然温泉 小春日和」もあるが、むさしの湯は典型的なスーパー銭湯の佇まい。果たして旅行気分は味わえるのか。

小さな旅 むさしの湯(さいたま市見沼区南中野)建物は2棟並んでおり、スロープの渡り廊下で接続している。入館してすぐ真正面にフロント、券売機は背後に2台、通路は各所への動線が交錯し、混乱や混雑に影響しないのかと疑問だ。

浴室の「木の湯」「石の湯」は男女日替わり(男性は偶数日が石の湯)。ざっくり言えば湯船の縁が木か石かの違い、細かく言えば湯船の種類や数が異なる。脱衣所の入口からして薄暗いのはどういうわけか。浴室にいたっては照明器具がいくつか取り外されている。高級感を演出するほどの風情はないのだが。

小さな旅 むさしの湯(さいたま市見沼区南中野)湯船の1つ1つはやたらと大きい。炭酸泉は県内最大級を自称するが、さもありなん。さらに大きな湯船も隣に設けており、ゆったりと湯につかれる反面、広さを持て余している感も。

露天風呂は入浴剤のイベント湯のほか、温泉を使用した檜風呂や樽風呂もある。湯船は大きいに越したことはないが、すべて浅めに作っており、全身浴なら無理な恰好をして肩まで浸かるよう。しかも、ぬる湯ばかり。長湯派にはよいが、メリハリがあっても良い。温泉は地下1,500mから湧出し、淡黄色の湯。眺める景色といえば星空だけ。

小さな旅 むさしの湯(さいたま市見沼区南中野)食事処は吹き抜けの開放感。2階にはボディケアと、わずかな広さだが仮眠スペースもある。大広間でもあれば家族や仲間とのんびり滞在できるのだろうが、その点で長時間利用には不向きか。小さな旅とは言うけれど、旅情はおろか、非日常的な雰囲気はどこにもなく、どこにでもありそうなスーパー銭湯の雰囲気。気軽さが魅力なのかもしれない。

小さな旅 むさしの湯
源泉/宮の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/埼玉県さいたま市見沼区南中野422-1 [地図]
電話/
交通/JR大宮駅東口よりバス「南中野」停下車すぐ
料金/(平日)大人750円、子供370円
   (休日)大人850円、子供420円
    ※子供は4歳〜小学生
   岩盤浴400円(25分間・セット料金設定あり)
時間/9:00〜24:00、不定休

(追記-2016/5/19)
公式サイトによると6/30をもって閉店するとのこと。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ