旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横須賀市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

菊の湯(横須賀市小矢部)

菊の湯(横須賀市小矢部)「町の銭湯」の魅力をいくつか考えてみたとき、行き着くのは各銭湯の個性ではないかと思う今日この頃。設備うんぬんよりも、ローカル色丸出しのほうが印象的だったりする。その点、菊の湯は暖簾をくぐる前からわくわく感いっぱいだった。車で訪れたのが失敗だったが、衣笠駅を通過してから曲がり角を間違えて遠回りを強いられ、住宅地の狭い道を通る羽目に。看板を見つけたときはホッとしたがそこはコインランドリーで、「駐車場はこちら→」の看板に従ってやっとの思いで切り返し、やっとの思いで車を止める。

菊の湯(横須賀市小矢部)ちょうどそこに菊の湯のご主人がいて、「向こうでも良かったのに」と言われるがあとの祭り。「やっとの思い」とは、菊の湯で使用する廃材が邪魔でハンドルが切れなかったのだが、すべては3ナンバーの車が悪いのだ。衣笠十字路から小矢部交番経由が正しいルートだと思う。写真1枚目は路地側に面した店舗正面、2枚目はコインランドリー側で、この間と裏側には廃材がたくさん積んである。駐車場はそれぞれ3台分程度。

菊の湯(横須賀市小矢部)ご主人によれば、もう50年くらい銭湯を営んでいるという。衣笠山や大楠山のハイキング帰りに立ち寄る客もたまにいるそうだが、常連によって支えられていることは一見してわかる。

フロントの右手は男湯で型板ガラスのサッシ、左手突き当たりは女湯で暖簾が下がっている。平面配置や建材からして銭湯らしくないが、脱衣所もそう。室内の端にロッカーを置けばもっと広々使えるだろうと思うが、ご主人も常連もこれで良かれなのだろう。剥がれたクロスをガムテープで補修したりと味わいがある。

菊の湯(横須賀市小矢部)浴室に入れば、向こう側にある釜場との扉は開けっ放しなので、下風呂から配管、洗濯物まで丸見え。カランは壁側に7つ、5-5と6-6の島が2列あるが、シャワーがところどころ無かったり壊れていたりする。湯船は座湯ジャグジー、浅湯バイブラ、宝寿湯+実母散の薬湯の3つ。薬湯だけが温めで、ほかは温くも熱くもなく。サウナに隣接して水風呂もあるが、ここは強烈に冷たかった。温度計は15℃を指しており、身を沈めるがすぐにギブアップ。

背景はモザイクタイルで描いた湖畔と水車小屋、境壁には富士山と鯉の2枚のタイル絵。浴室はまともで(というと失礼だが)安心した。常連さんたちの湯船、サウナ、水風呂のルーティンを見ていると、菊の湯で汗を流すこと自体が日常のルーティンに組み込まれているのだろうと、ひとり納得してしまう。しかし、よそ者でもなぜか居心地の良い銭湯だった。

菊の湯(神奈川県浴場組合)

菊の湯
住所/横須賀市小矢部1-7-2 [地図
電話/046-836-4527
交通/JR横須賀線衣笠駅より徒歩12分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途150円
時間/15:00〜21:00(日曜日は9:00〜21:00)
     毎月5日・15日・25日定休

日の出浴場(横須賀市安浦町)

日の出浴場(横須賀市安浦町)京急の県立大学駅はその字のごとく、神奈川県立保健福祉大学が駅名の由来。栄養短大と衛生短大を母体として大学が誕生する以前は「京急安浦」という駅名だった。

安浦の地名はこの地を埋め立てた安田保善社(現在の安田不動産)が由来で、かつては漁師町とカフェー街で賑わったという。民家の塀にあった「わかめ売ります」という貼り紙やどことなく不自然な路地の風景、独特な意匠の建物もちらほら見受けられたが、平成になって完成した広大な埋立地、その名も「平成町」にはマンションが建ち並んでおり、町の歴史を一変させてしまっている。

日の出浴場(横須賀市安浦町)県立大学の駅前徒歩圏にはビル銭湯の松の湯、昔ながらの佇まいの日の出浴場、駅裏の富士見町には新世館の3軒の銭湯がある。今回紹介するのは日の出浴場。玄関先の宝船のタイル絵と暖簾が看板代わり。

男湯・女湯と入口は分かれているが、扉を開けるとすぐ目の前にフロントがある。たたきに靴を脱ぎっぱなしにしている人もいるが、脱衣所側に少ないながらも下足箱はある。銭湯としては小ぶりで、フロントと脱衣所はパーテーションで斜めに仕切っただけ。壁側にロッカーもあるが、鍵はフロントにて貸し出し。ほかの客はカゴを使っていた。

日の出浴場(横須賀市安浦町)浴室は壁側に5つずつと島列で4-4のカランが並び、奥に深湯と浅湯(バイブラ湯)の湯船。温度計は47℃を指していたが、そこまでの熱さではなかった。

ペンキ絵はないが、高さ90cmくらい×湯船の幅いっぱいの大きさのタイル絵がある。鯉が波を泳いだり滝を登ったりと縁起がいい。境壁にもタイル絵が3つ並んでおり、湖畔の富士山、風林火山、ライオンの図柄。いずれも九谷焼の立派なもので、脱衣所との扉わきにもう2つ。大小計7枚のタイル絵はマニアならずとも必見だ。

日の出浴場は開業して50〜60年になるそうだが、ライオンは少年雑誌に載っていたものを特注したらしい。「当時の少年サンデーとかに載っていたんじゃないですかねぇ」と女将さん。味わいのある町の銭湯だ。

日の出浴場(神奈川県浴場組合)

日の出浴場
住所/横須賀市安浦町3-9 [地図
電話/046-823-2732
交通/京浜急行県立大学駅より徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:00、不定休

新湯(横須賀市吉倉町)

新湯(横須賀市吉倉町)安針塚の駅名は、徳川家康に仕えた外交顧問・三浦按針(ウィリアム・アダムス)の名にちなむ。家康より逸見に領地を授けられ、没後は駅裏手の高台に慰霊塔が建てられた。駅は1日の平均乗降客数が5,000人足らずで、隣接してスーパーが1軒あるのみ。海に下っていくとベイスターズ球場や練習場があり、横須賀港(本港)は自衛隊や米軍の施設によって軍港の雰囲気が漂っている。新湯はこの地区唯一の銭湯で、駅から安針台の住宅地を下っていく。やがて国道16号線(横須賀街道)にぶつかり、吉倉町交差点であたりを見渡せば煙突が見えるはず。

吉浦トンネルと逸見トンネルに挟まれた谷間の小さな集落。安針台の新興住宅地とは明らかに違う、昔ながらの町並み。新湯は古くからの常連に支えられて営業しているのだろう。交通量の多い16号線から引っ込んで建っており、暖簾こそ出してはいるが看板は要らないようだ。玄関先の2枚のタイル絵が渋い。

新湯(横須賀市吉倉町)新湯(横須賀市吉倉町)新湯(横須賀市吉倉町)

横須賀はシブイ銭湯が多いが、ここもその例に漏れずもちろん番台。丸カゴを使用し、棚は常連さんの洗面用具置き場。ジュースのショーケースや年代物の体重計。浴室はこじんまりとしており、壁側にカランが5つずつ、島列には4-4のカランがあって、水飲み用の水栓(公園などに昔よくあったタイプ)も付いている。固定式シャワーは壁側のみ。島列にいたっては鏡すらなく、がらーんとした印象を受ける。

湯船は浅湯と深湯(バイブラ)の2つ。温度計は46℃を指しており、この熱さも横須賀ならでは。女湯との境壁はタイル絵で、2人の登山者が海を眺めているといった構図。湯船の背景は富士山を描いたペンキ絵。建物自体は年季が入っているが、ペンキ絵だけは状態がいい。玄関先のタイル絵を大事にしている銭湯は「当たり」の確率が高い。やはり新湯もそうだった。

新湯(神奈川県浴場組合)

新湯
住所/横須賀市吉倉町1-24 [地図
電話/046-823-6228
交通/京急本線安針塚駅より徒歩8分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/16:00〜22:00、毎月6・16・26日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ