旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横須賀市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

万葉湯(横須賀市久里浜)

万葉湯(横須賀市久里浜)京急久里浜駅の乗降客数43,600人に対し、終着駅のJR久里浜駅は推定13,500人。三浦半島の足は京急が圧倒する。それなら京急とJRは駅舎を同じくすれば良いものを、(川崎や鶴見なども言えるが)微妙な距離感にある。競い合いのは速さだけではなく、何か因縁がうごめいているようにも思う。と、そんな余談はさておき、久里浜の繁華街は京急の東口。反対側の西口は駅裏の風情だ。JRの引き込み線を渡ると、目の前に万葉湯のビルが建つ。

万葉湯(横須賀市久里浜)年季を感じさせる地味な外観だが、万葉湯の利点はたくさんあるから客足は絶えない。町の銭湯としては珍しく13時開店。駅からわずか数分の距離なのに、無料駐車場12台分を完備。1階と2階の浴室は男女日替わりで、サウナ(別料金)と露天風呂あり。さらに2階には大広間の休憩室があり、軽食も味わえる。言うなればスーパー銭湯の感覚だ。

この日は1階が男湯。券売機でチケットを購入し、フロントで下足札とロッカーの鍵を引き換える。浴室に入ると、だだっ広い湯船。座湯ジャグジー、立ちジェット、電気風呂を設けており、やたらブクブクしているせいか、室内は湯気で真っ白だ。サウナ(別途200円)と水風呂があって、洗い場、その先の扉を開けると露天風呂。ゆったりとした広さで、塀に囲まれている感じはしない。ちょっとぬるめの湯加減でうとうとしていたら、のぼせてぐったり。

万葉湯(神奈川県浴場組合)

万葉湯
住所/横須賀市久里浜1-6-1 [地図]
電話/046-837-4133
交通/京急久里浜駅より徒歩3分
     JR横須賀線久里浜駅より徒歩6分
料金/大人470円、中人200円、小人100円
     サウナは別途250円
時間/11:00〜23:00、毎月第1・3火曜日定休

海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) ※2017/1/11オープン

海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜)横須賀市久里浜と富津市金谷を約40分で結ぶ東京湾フェリー。三浦半島、房総半島の観光には便利な船旅だ。そしてこのたび久里浜港内に新たにオープンしたのが、海辺の湯久里浜店。海鮮レストラン(漁師料理よこすか)に併設し、普通車150台のほか大型バス7台分の駐車場を有し、団体受け入れも可能。まさにドライブイン感覚だ。実はこの店、金谷の海岸線で営業する海辺の湯の2号店。東京湾で向かい合う格好だ。

海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜フェリー乗り場の裏手に位置し、外観は金谷とそっくり。大衆的というか観光地っぽいというか、ひとむかし前の時代感覚だが、年配客には安心感があるかも。1階には海鮮レストランがあり、舟盛りや貝焼きなども楽しめる。2階は海辺の湯の休憩所を兼ねており、簡単な食事ならこちらでも。また、手もみ処も営業中。やはり集客の当ては団体受け入れなのか、ずらりと並んだテーブル席を準備中にしていたりと、まだ半分は使用しておらず。

海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜)温浴施設の「海辺の湯」は3階にて営業。券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵はロッカーの鍵と引き換える。大きな料金表を掲示せず、フロントスタッフが説明に追われるのは、初日ならではの光景だ。

浴室に入ると洗い場がL字型に並び、ジャグジー4人分と、露天側に面して横長の湯船。さほど奥行きがないから横一列に並び、ガラス越しに露天風呂と外の景色を眺めながらの入浴。電気風呂も2人分設けている。サウナは約80℃で室内も広くはない。客は一様に「ぬるい」と文句を言っていたが、テレビを観ながらじっくり汗をかくならこのくらいが丁度いい。なお、水風呂は19℃の万人受けする冷たさだ。

露天風呂はベランダ構造で、こちらも横長に湯船を設けている。ガラス手すりだから、湯に浸かりながらにして久里浜港の景色を一望する。小型の貨物船が行き交い、港では荷下ろしのフォークリフトが動き回る。そして大量に並んだテトラポット。港の日常を垣間見るような面白い景色だ。

海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜)パンフレットはおろか公式サイトすら間に合わなかった現状では、宣伝不足は否めない。オープンを知らせる情報はこの1点のみで、初日から閑散とした状況。もっとも集客のメインは休日なのだろう。現地までの誘導看板もないため、今後はいろいろと態勢を整えながらの営業となるのだろう。バスツアーやドライブの立ち寄りだけでなく、久里浜を拠点とした観光による町おこしの役割を担ってほしいものだ。

海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜)海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜)

海辺の湯 久里浜店
住所/横須賀市久里浜8-17-23 [地図]
電話/046-838-4126
交通/京急久里浜駅よりバス「東京湾フェリー」停徒歩1分
     国道134号線「久里浜」交差点より約2km
     ※無料駐車場150台分あり
料金/(平日)大人750円、小学生350円、幼児200円
     (休日)大人850円、小学生450円、幼児200円
時間/9:30〜23:00(最終受付22:00)

サウナトーホー(横須賀市米が浜通)

サウナトーホー(横須賀市米が浜通)横須賀市随一の繁華街といえば、京急の横須賀中央駅東口界隈。どぶ板通りから汐入駅までは米兵が闊歩する異国の雰囲気だが、反対側の米が浜通りは飲食店が多く建ち並ぶ。その一画にあるのがサウナトーホーで、男性専用のサウナ施設。カプセルホテル(3,920円・入館料・深夜料金込み)を併設しており、写真ではわかりにくいが上階はマンションのようだ。

サウナトーホー(横須賀市米が浜通)フロントで料金を支払うと、ロッカーの鍵を渡される。廊下を右に行くと脱衣所で、左に行くと休憩スペース。浴室は地下1階にある。縦長のロッカーの中に入っているのはタオル1枚だけ。館内着は浴室出口に置いてあり、先日訪れた横浜のハイランドサウナ同様に、入口と出口が分かれている。その理由は後になって知るのだが。

浴室はたいして広くはないが、ジャグジーや打たせ湯、白湯などがあり、なかでも一番気に入ったのはイベント湯。この日はワイン風呂だったが、ぬるめの半身浴で、寝てくださいと言わんばかりに縁には傾斜が付いている。もちろん爆睡。

サウナトーホー(横須賀市米が浜通)

サウナ室内の温度は約75℃だから物足りなく思うかもしれないが、ロッキーサウナ+自動ロウリュ方式(この店では「リョウリュウ」と読んでいる)。円錐の照明が緑から青に変わると、サウナストーンにジャーっと水が注がれる。5分おきなのだろうか。もわっとした蒸気が襲ってくるが、室内は心地よい湿度に保たれているため、75℃という温度以上の熱気に満ちている。発汗作用もすさまじく、10分が限界だった。サウナのあとはもちろん水風呂。水は絶えず注がれており、キンキンの15℃に冷えていた。その向かい側にある約30℃のバイブラ湯もひんやりして気分爽快。

兎にも角にも冷たいビール、という人は、浴室を出てすぐのお食事処へ。というよりお食事処を突っ切らなければ1階には戻れないとは、客の心理を鋭くついた動線だ。と同時に、携帯電話やタバコなどを預ける小物入れが浴室出口側にあることに納得。ごろ寝、あるいはカプセルよりもチープに寝泊り目的なら1階のリラクゼーションルームへ。個別テレビ付きのリクライニングシートが数多く並んでいる。ビジネスにも観光にも使える便利な施設だ。

サウナトーホー(横須賀市米が浜通)

サウナトーホー ※男性専用
住所/横須賀市米が浜通1-2 [地図
電話/046-824-4126
交通/京急横須賀中央駅より徒歩5分
     JR横須賀線横須賀駅よりバス10分「米が浜」停下車
料金/レギュラーコース:2,000円
     ※深夜料金800円(深夜0時以降)
     スピード入泉コース(60分以内):1,120円
時間/24時間、年中無休

鷹取温泉(横須賀市鷹取)

鷹取温泉(横須賀市鷹取町)追浜駅が最寄りの銭湯は、みなと湯アクアスポットニュー松の湯、そして今回ご紹介する鷹取温泉。鷹取山はハイキングで有名だが、鷹取温泉は駅より西へ徒歩6分、バス通りに面したビル銭湯だ。1階には定食屋とスナック(空店舗)、階段を上がって2階に銭湯がある。

鷹取温泉(横須賀市鷹取町)番台には大正生まれのおばあちゃん。とかく話好きで、生まれ育った深川の銭湯は2階に30帖の大広間があり、そこでは結婚式や隅田川の花火見物が行われたこと、戦争で焼け野原となってしまったため、おばを頼って横須賀に移り住んだこと、新宿の銭湯出身の亡き御主人と結婚し、かつては横須賀市内に3軒の銭湯を経営していたことなど、昔を懐かしむように教えてくれた。時代の流れとともに他の2軒を畳み、ビルに建て替えたのが鷹取温泉。当初は1階で雀荘も営んでいたが、いまは息子さん息子さんが定食屋を営んでいる。

鷹取温泉(横須賀市鷹取町)浴室で目を引くのは男女を隔てる壁。モザイクタイルで裸の女性が描かれている。湯船側の壁面は海辺の景色で、絵に描かれた断崖と湯船の角に高く積み上げた岩が遠近感となって、景色との一体感を生み出している。ビル銭湯のため室内にも柱が立ち、洋風の雰囲気が感じられる。手前側に洗い場、奥に湯船を設けているが、イベント湯だけは入ってすぐ。一段高くなっていたから、あとになって設けたのだろうか。この日は紫色した入浴剤だったから、おそらくラベンダー。屋号に「温泉」とあるが、実際に温泉を使用しているわけではない。薬湯で温泉気分というのがネーミングの由来だろう。

鷹取温泉(横須賀市鷹取町)脱衣所に1人用のサウナもあるが、いまは壊れて動かない。むかし懐かしの家庭用サウナだが、世の中が好景気に沸いていた頃の産物か。撤去するのも難儀だろうから、せめて端に寄せて…とも思うが、おばあちゃんお一人ではそれも億劫なのだろう。神奈川県浴場組合のホームページには、営業時間15:00〜21:00、毎週水曜日定休とあるが、現在は下記概要の通りなのでご注意を。

鷹取温泉(神奈川県浴場組合)

鷹取温泉
住所/横須賀市鷹取1-4-16 [地図
電話/046-865-2031
交通/京急追浜駅より徒歩6分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/14:00〜20:40、毎週日曜日・水曜日定休

竹の湯(横須賀市船越町)

竹の湯(横須賀市船越町)土砂崩れによる脱線事故でその名が知られた京急田浦。横浜市との市境である追浜から1駅。報道などで明らかになったように、横須賀市は山なりの地形が大半で、京急はこの駅から先、「トンネルを抜けたら駅」を繰り返して南下する。京急田浦の駅前には横須賀街道(国道16号線)が通っており、わずかな商店街と住宅地、長浦港に面して東芝の事業所がある。

竹の湯(横須賀市船越町)そんな田浦で唯一の銭湯といえば竹の湯だ。銭湯という商売柄遅くまで店を開けているが、商店街は軒並みシャッターを閉めており、電車から降りた客が四方に散れば町はすぐさま静寂に包まれる。竹の湯を訪ねたとき、ほかの客はと言えば、同年代の男性が2人。おそらく同好の士であろう。地元でないことはすぐにわかったし、そもそもこの町を訪ねる理由などほかにない。

竹の湯(横須賀市船越町)商店街に対して横向きに建っているため、玄関先は飾らない雰囲気が丸出し。番台式の銭湯で、聞けばおよそ60年の歴史を持つという。脱衣所には洗濯機が1台、扇風機やロッカーなど、どこにでもある銭湯といった感じ。しかし、浴室の間仕切り壁に3つ並んだタイル絵は竹の湯の渋さを示しており、一見の価値がある。女将さんいわく「毎日見ているから何とも思わない」とのことだが、もっと自慢してもよいと思う。

竹の湯(横須賀市船越町)こじんまりとした浴室は、間仕切り壁にカランが5つ、通り側は4つ+立ちシャワー1、真ん中には3-3の島。奥には湯船が2つ並んでおり、大きい方は浅湯のバイブラ湯とジャグジー、小さい方は深湯のジャグジー。温度計は38℃を指しているがそんなはずはなく、実際は42〜43℃といったところ。鯉のタイル絵、その上に富士山を描いたペンキ絵があり、ビジュアル的には申し分なし。1つ1つが優れた芸術作品で、こんな「当たり」に出会えるのも町の銭湯の楽しみだと言える。

竹の湯(神奈川県浴場組合)

竹の湯
住所/横須賀市船越町1-51 [地図
電話/046-861-4204
交通/京急本線京急田浦駅より徒歩4分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜22:30、毎月5・15・25日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ