旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

座間市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

相模台浴場(座間市相模が丘)

相模台浴場(座間市相模が丘)小田急相模原駅を最寄りとする銭湯は3軒あるが、今回紹介する亀の湯があるのは駅から徒歩10分の住宅街の一画。駅南口を降りたら西へ。客引きの鬱陶しい風俗街(といっても小さなエリアだが)を過ぎたら、住宅街をはさんで線路と並行する道を西側に一直線。暗渠の遊歩道「さがみの仲よし小道」の起点にあるのが亀の湯である。周囲には低層の住宅が建ち並び、その中で亀の湯と、両側に併設するコインランドリーの明かりがまぶしく灯っている。

銭湯らしくない無骨な外観だが、入ってみると番台式の庶民的な風情。銭湯組合のホームページによると「入浴中のお客様は見えないようにしてあります」とあるが、実際にジュースのショーケースなどでうまく目隠しされている。脱衣所内は店主が撮影したのか全国各地の観光地の写真が飾られており、こぎれいで好感が持てる。

浴室に入ると、女湯との間仕切壁側から7、中央に5-5、そして窓側に4つのカランが並んでいる。固定式シャワーが付いているのは中央列のみで、ほかに立ちシャワーが1ヶ所ある。窓際にカランが少ないのは、サウナと水風呂を備えているため。しかしサウナは「諸般の事情により」休止中、よって水風呂の湯船も空っぽ。

湯船は浴室の奥にある。ジャグジーが約2帖分、ガリウム石を使用したバイブラ湯が約3帖分の大きさ。「地下水が豊富なので毎日入れ替えています」というが、むしろ入れ替えなくてはいけないのが銭湯ではないのか。地下水が豊富だというのは別の話だと思うが。日曜日は「森の香り」、火曜日は「ラベンダー」の入浴剤を入れているという。客の要望が多いためだというが、なぜ週2日なのか?なぜ入浴剤が決まっているのか?素朴な疑問だ。とはいえ、住宅街のなかの憩いの場的な雰囲気には好印象。サウナの復活を遠巻きに祈りたい。

相模台浴場(神奈川県浴場組合)

相模台浴場
住所/座間市相模が丘2-13-9 [地図]
電話/046-252-0830
交通/小田急線小田急相模原駅より徒歩10分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜22:00、毎週水曜日定休

亀の湯(座間市相模が丘)

亀の湯(座間市相模が丘)亀の湯(座間市相模が丘)

小田急相模原駅は相模原市と座間市の市境にあり、駅西隣の踏切を交差する道路がその境界となっている。亀の湯はその道路と西側で並行するバス通りを、南にずっと歩いていく。「小田急住宅前」というバス停を過ぎたら信号を右折。さらに相模が丘郵便局を右折。言葉では説明しにくい場所だが、住宅街の奥まった場所といえば適切か。何の説明にもなっていないが。

車寄せか!と思うほど大きくとったひさしが印象的な外観。客の大半は自転車で訪れるらしく、ひさしの下に適当に駐輪している。玄関に暖簾がかかってはいるが、屋号は出窓に置かれた小さな看板が知らせてくれるのみ。玄関先では左右どちらから入るべきか迷うが、多分どちらでもOK(だと思う。脱衣所の配置上、男性は右側から入るのが正解か)。中は広いホールとなっており、その奥にフロントがあった。脱衣所はホール左右から。たいていの銭湯では脱衣所の入口が暖簾だったり、引き戸だったりするものだが、こちらでは安いアパートの室内で使うような飾りっ気のないドアに、男湯と書いた紙が貼ってあるだけ。外観もそうだったが、余計な装飾や遊び心は一切なく、真面目なのかぶっきらぼうなのかわからない。例えるなら町医者の待合所みたいな雰囲気だ。

脱衣所にはロッカーが室内中央と壁際に置かれ、余計な物がないのでこちらもがらんとした印象。浴室は壁際に6、島式で5-5でカランが並び、いずれも固定式のシャワーつき。女湯との間仕切壁側にはシャワーブースが4つあるが、一面にはモザイクタイルで海中の風景が描かれているので、もともとあったカランを撤去して新設したのであろう。ペンキ絵としては、湯船の上に西伊豆堂ヶ島みたいな海岸の景色、サウナ室の上には女湯とまたがるようにして富士山が描かれている。これらは構図的につながっているようだが、全体的にくすんでいてよくわからないのが残念。

浴室の奥にある湯船は、真ん中で2つに区切られている。片方はバイブラ湯で2帖ほど、もう一方は座湯ジャグジーで3帖弱の大きさ。その隣にあるサウナは追加料金なしで利用できる。スチームサウナというわけではないのだろうが湿気があり、室内はさほど熱くはない。座面は木でできており、あとで知ったことだがみんな椅子を持ち込んでいた。東柏ヶ谷のひばり湯、さがみ野のよし乃湯、そして相模が丘の亀の湯は意外と近接した地域だが、サウナ無料はこの地域の常識か。小さなサウナでもありがたい。これで水風呂があれば最高だが、贅沢なことは言わないでおこう。

亀の湯(神奈川県浴場組合)

亀の湯
住所/座間市相模が丘3-67-10 [地図]
電話/046-254-7654
交通/小田急線小田急相模原駅より徒歩14分
     または小田急相模原駅よりバス2分「小田急住宅前」停徒歩2分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜23:30、毎週火曜日定休

よし乃湯(座間市さがみ野)

よし乃湯(座間市さがみ野)相鉄線かしわ台駅の特殊な構造をしており、東口はホームの端にある跨線橋を渡り、線路沿いの通路を350m歩いた先にある。すぐ近くにあった大塚本町駅が廃止となり、現在地にかしわ台駅が誕生したのだが、かつての駅利用者の利便性を図るために駅舎とホームが通路として活用され、このような構造になったのだという。現在かしわ台駅の利用者は20,000人弱だそうだが、ネットで調べてみると約1割がこの通路を利用しているようだ。電車を降りてから改札を出るまでに4〜5分。東京の地下鉄の出口じゃあるまいし、この距離はやたらと長い。

東口を出て、県道藤沢座間厚木線へ出たら北へ。しばらく歩くと、「相模健康ランド」(→記事)のド派手な看板が見えてくる。よし乃湯があるのはその手前。通りの角にはタバコ屋兼コインランドリーの「よしのや」があり、その隣によし乃湯がある。とてもシンプルな外観に「ゆ」と朱書きされた看板を出しているが、屋号や暖簾は出ていない。地元の人にとってはそんなものはなくたっていいということだろう。

訪れたのが夏休み中だからか、小学生の女の子がフロントに座り、ソファでくつろぐおじいさん店主の手伝いをしていた。店を出るときにフロントにいたのはお母さんだったから、典型的な家族経営ということで何とも微笑ましい。ロビーはやたらと広く、地元の人の社交の場となっていた。脱衣所もやたらと広く、丸椅子2つと灰皿だけポツンと置いてある。壁際にロッカーもあるが、傍らには脱衣籠も。とにかくがらーんとした空間だった。

浴室に入ると、手前には20ほどのカランが列になって並んでいる。すべてに固定式シャワーつき。湯船は奥のほうにジャグジー座湯、白湯、水風呂。大きさも種類もごく普通の銭湯だなぁという印象だったが、素晴らしいのはサウナがタダで利用できること。神奈川県内では別途料金が当然なので、なんだか得した気分だ。3帖ほどの湿式サウナでたいして高温ではないのだが、座面のタイルが熱いため、洗い場の椅子を持って入ること。これがよし乃湯での暗黙のルールとなっているようだ。

せっかくなのでサウナ→水風呂を2度ほど繰り返す。たまたま客が少なかったのか、湯船もほとんど独占状態で満喫させてもらった。同じくかしわ台駅しかも東口を最寄りとし、よし乃湯からそう遠くないところにある「ひばりの湯」(海老名市東柏ヶ谷)もサウナが無料で利用できる(→記事)。それがこの地域の常識? ありがたいし、この地域の人たちがうらやましい。

よし乃湯
住所/座間市さがみ野1-9-2 [地図
電話/046-251-1304
交通/相鉄線かしわ台駅東口徒歩7分
     またはさがみ野駅徒歩8分
     県道42号線(藤沢座間厚木線)「大塚本町」交差点より北へ約450m
     ※タバコ屋(よしのや)の南寄りに無料駐車場あり
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:30、不定休

相模健康センター(座間市東原)

相模健康センター(座間市東原)相模健康センターは厚木市にある東名厚木健康センターの姉妹店。東名厚木は地上5階地下1階のビル型なのに対し、相模は横に広い2階建の店舗。ネオンが派手なのは一緒だが、いかんせん2階建では通りからは目立たない。交差点の角にあり、対向車線の赤信号の一瞬の隙をついて入場するが、店舗正面の駐車場は立体式で、高さ155cmまで。ミニバン、ワンボックスは周囲に点在する青空駐車場へ。

相模健康センターフロントで下駄箱の鍵と引き換えにロッカーの鍵、そしてタオルや浴衣が入ったバッグを受け取る。まずは浴室へ。

東名厚木よりこじんまりとしているが、広さは普通のスーパー銭湯並みで、無駄に明るい。洗い場には垢すりタオル、かみそり、歯ブラシ、軽石が完備。湯船はバイブラ湯、ジャグジー、そして炭酸風呂。高濃度の炭酸泉がいかほど健康によいか、文章とグラフによる説明つき。

ところで相模健康センターといえば、なんと言っても「漢方効仙薬湯」。8種類の草根木皮をブレンドした袋がお湯に浸かっており、茶色く濁っている。思ったほどにおいは気にならなかったし、肌の刺激も少なかったが、やっぱり2度3度入ると肌の弱いところが火傷したようにビリビリと痛い。この薬湯に入ったあとは、しっかり流したつもりでも、しばらくはビリビリ感がある。東名厚木、そして今はなき秦野の皇源センターでの薬湯のビリビリ感はハンパじゃなかった記憶があるが、それに比べてこちらでの刺激はいまいちな感が。

もうひとつ忘れちゃならないのが「露天草津温泉」。露天といっても高い塀に囲まれ、風も感じられないが。草津温泉の湯畑直送という液状の源泉が、常時ボイラー室に注入されているという。やや熱めで真っ白なお湯。草津ほど硫黄臭はないが、よく流したつもりでも服についてしまう。

風呂上りは柄物の浴衣ならぬ作務衣を来て、館内をぶらつく。浴室前の大広間からはカラオケの歌声が大音量で聞こえてくるが、毎週金曜日は演歌歌手による歌謡ショーを1日2回公演。また毎週水曜日と金曜日にはお楽しみ会と称して、ビンゴゲームが行われている。

2階に行くとホール部分にはゲーセンか!?と思うほどの数多くのゲーム機が並んでいる。見たところスロットやポーカーといったゲームばかり。意外と熱くなっているのはおばちゃんが多い。その奥には食事処、そしてカラオケボックス。レストランはもう1ヶ所。2階の大部分はリクライニングチェアが並んだ休憩室。正面にはテレビが2つあり、民放とNHKを同じ音量で流している。その裏手には第2休憩室もあり、22時以降は男性専用の仮眠室となる。なんでもある地方の健康センターといった雰囲気だが、馴染めるかそうでないかはその人次第。いろいろな料金形態があるので、事前にチェックを。スーパー銭湯の感覚で純粋に風呂だけを楽しんでみてもよい。

相模健康センター
住所/座間市東原3-23-1 [地図
電話/046-253-4126
交通/相鉄線さがみ野駅から徒歩6分
     さがみ野駅、座間駅、大和駅、南林間駅から送迎バスあり
     国道246号線「西原」交差点よりさがみ野駅方面に約800m
     ※駐車場200台分あり
料金/大人2,000円、小学生1,200円、幼児600円
     (夜間割引)1,300円 ※22:00〜3:00
     (夜間割増)大人&小学生1,300円、幼児600円 ※3:00より
     (3:00以降入館)1,300円 ※9:00まで
     (スーパータイム)大人・小学生1,000円
              ※17:00〜19:00入館で3:00まで利用できる
     (タイムサービス)大人800円、小学生400円、幼児200円
              ※17:00〜22:00の入館時より2時間利用
時間/24時間営業、年中無休

野天湯元 湯快爽快ざま(座間市広野台)

湯快爽快ざま「湯快爽快ざま」は神奈川県でチェーン展開している湯快爽快グループの店舗。日産の新車・中古車などを販売する「カレスト座間」の隣にある。まわりは工場などが立ち並ぶ地域。

館内に入ると料金体系でまず悩む。施設が充実しており、1日料金だとリラクゼーションルーム、和室うたた寝処、バーデルーム(岩盤浴など)を利用でき、作務衣の館内着で寛いでいる人の姿も多く見かける。そこまで寛ぐ時間もなかったので2時間の「お手軽入湯」にすべきか1時間の「カラスの行水」にすべきか…。しかし「カラス」で時間オーバーしたら「お手軽」の差額分を支払えばよいだけの話なのだが。

階段を上って2階が浴室。そこにいたる雰囲気は和風旅館をコンパクトにしたような感じ。いまどきの温泉施設によくある大衆的な賑やかさはなく、落ち着きが感じられる。

そして浴室。内風呂にはジャグジーやバイブラ湯などがコンパクトにまとまっている。露天風呂もまたコンパクトで、岩風呂には「源泉かけ流し」、そして「かけ流された源泉を加温循環」の2段階方式。それに43度に加温された循環、打たせ湯、腰掛湯。源泉は醤油か黒飴かというほどの黒褐色。このあたりの土と鉄分の成分の影響らしい。かけ流しの湯は38.6度なのでぬるいのだが、そもそもここのお湯は全体的にぬるく、ちょっと物足りない。景色はというと…、何も見えない。ただ空を眺めるだけ。

料金が安いのでお得感はあるかなぁ。

野天湯元 湯快爽快ざま
源泉/座間温泉(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉、38.6度)
住所/座間市広野台1-48-25 [地図
電話/046-254-1126
交通/小田急線相武台前駅より徒歩20分
     小田急線小田急相模原駅バス8分「小松原入口」停より徒歩5分
     小田急江ノ島線南林間駅バス10分「日産」停下車
     県道50号線(座間街道)「カレスト座間」正門西側
料金/(入館セット料金)平日:大人1400円、子供1000円
                休日:大人1700円、子供1300円
                ※1日、館内着、フェイスタオル、バスタオル付き
    (お手軽入湯料金)平日:大人800円、子供600円
                休日・大人1000円、子供1300円
                ※2時間、フェイスタオル付き
    (カラスの行水)  平日:大人480円、子供380円
                休日:大人580円、子供480円
                ※1時間、フェイスタオル付き
時間/10:00〜深夜3:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ