旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

海老名市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

えびな市民活動センター ビナスポ(海老名市さつき町) ※2014/11/1オープン

えびな市民活動センター ビナスポ(海老名市さつき町)海老名市民の非営利活動支援を目的とし、市民交流、健康増進、レクリエーションなどの場として設置された、えびな市民活動センター。一昨年前、すでにオープンしていた「ビナレッジ(交流館)」につづき、昨年11月には「ビナスポ(レクリエーション館)」がオープンした。このブログにおいて取り上げるべきは、プールやトレーニング室に付随して、浴室も備えたビナスポだ。厚木駅が最寄りとはいえ、海老名市在住・在学・在勤なら市内中心部のフィットネスクラブよりはるかに利用料が安く、市内2店の温浴施設(海老名都の湯おふろの王様海老名店)の半額で入浴できる。

えびな市民活動センター ビナスポ(海老名市さつき町)施設利用に際して、初回のみ利用者登録が必要となる。コナミスポーツクラブが業務委託を受けており、利用者カードの発行に続いて、定期券やコース型教室などの案内も熱心。浴室のみ利用したい旨を告げると、案の定「それはできない」と言うが、「トレーニングルームを利用する体がいちばん安く利用できる」と。更衣室のロッカーは好きな場所を利用するが、受付時に渡されたカードをロッカー内に挿入し、ロッカーの鍵をリストバンドのホルダーに格納する。

えびな市民活動センター ビナスポ(海老名市さつき町)更衣室より脱衣所(籠のみ)を経て、浴室へ。洗い場はブース型15のほか、シャワー4つ。シャンプーやボディソープは備え付けていないので持参すべし。

浴槽は胸ほどの深さしかなく、おのずと半身浴となるが、これは安全を配慮してか。それとも入浴そのものを目的とした施設ではないためか。ぬるめでちっとも温まらないので、サウナへ。中温スチームと高温ドライ(82.5℃)の2室があり、いずれの室内も洋楽のBGMが流れ、身体に負担のない心地よい温度。水風呂が19.5℃なのも万全な配慮だろう。

Iえびな市民活動センター ビナスポ(海老名市さつき町)休憩スペースはエントランスホールの丸テーブルのみ。隣接するビナレッジにはカフェがあり、ランチタイム(11:00〜14:00)のみ営業。満足な休憩スペースがないのは仕方ない。

プールやトレーニング室での疲れを癒したり、汗を流すことが目的なら、これでじゅうぶん。入浴目的なら欲求不満。サウナ目的ならお得感があって大満足だ。

えびな市民活動センター ビナスポ(海老名市さつき町)

えびな市民活動センター ビナスポ(海老名市さつき町)

えびな市民活動センター・ビナスポ(海老名市役所)

えびな市民活動センター ビナスポ
住所/海老名市さつき町51-2 [地図]
電話/046-259-9450
交通/小田急線・JR相模線厚木駅より徒歩10分
     小田急線・JR相模線・相鉄海老名駅より徒歩20分
     海老名駅西口よりシャトルバスあり(日・祝運休)
料金/プール利用
     (市内在住・在学・在勤)大人400円、小人200円、65歳以上200円
     (その他)大人800円、小人400円
     トレーニングルーム利用
     (市内在住・在学・在勤)大人300円、65歳以上150円
     (その他)大人600円
     プール+トレーニングルーム利用
     (市内在住・在学・在勤)大人500円、65歳以上250円
     (その他)1,000円
時間/9:00〜22:00、毎月第2木曜日と年末年始は休館

高座施設組合屋内温水プール(海老名市本郷)

高座施設組合屋内温水プール(海老名市本郷)海老名市の南東の外れ、藤沢市との市境をなす目久尻川と東海道新幹線のガードをすぐ目の前にして建つのが高座施設組合屋内温水プールだ。なにやら長ったらしい施設名だが、高座施設組合とは正式には高座清掃施設組合のことで、海老名市、座間市、綾瀬市の近隣3市による清掃処理施設(ごみ焼却場)の共同運営体。近接してごみ焼却場があり、屋内温水プールの前の通りはごみ収集車がひっきりなしに往来する。

高座施設組合屋内温水プール(海老名市本郷)屋内温水プールは地域住民の健康増進などを目的とし、平成5年6月に開設された。ごみ焼却場の廃熱を有効活用した温水プール、浴室のほか、多目的に利用できる会議室や休憩室などを備えている。

当ブログにおいて紹介すべきは浴室だが、プールを利用する客への付帯施設であるため、浴室のみの利用はご遠慮願いたいとのこと。ただ、浴室のみの利用も黙認しているようで、「その判断は客に委ねる」と。指定管理者制度により運営を外部委託しているが、釈然としない回答に、お役所的なしがらみを勘ぐってしまう。

高座施設組合屋内温水プール(海老名市本郷)

券売機で購入したチケットを自動改札機にかざして入場する。その際、受付では靴を入れるビニール袋をもらう。更衣室からプールに抜ける通路脇に浴室の入口があり、扉を開けると狭っ苦しい空間に、4帖ほどの湯船とその奥に1帖ほどの水風呂。カランは5つ並んでおり、洗面器と椅子は使用後に元の位置に戻すのが作法。

奥の扉を開けるとサウナ室だが、高温の、いわゆるロッキーサウナ。あちこちにタオルが置いてあり、自分が流した汗を自分で拭き取るのが暗黙のルール。サウナマットを敷いていないので、客の多くがマイマットを持参。平日の昼下がりとあって、リタイア世代の常連ばかり。風呂は普通すぎてつまらないが、サウナだけは満足できるレベル。

高座施設組合屋内温水プール(海老名市本郷)2階には休憩室などがあり、無料で利用できる。だだっ広いロビーの、プールを見下ろすカウンター席には、わが子に熱い視線を送るお母様方の姿。持ち込み飲食可の休憩室や会議室は、地域団体、サークルなどに利用されているのだろうか。健康ルームではランニングマシーン、エアロバイクなどが無料で利用でき、運動不足の解消にはもってこい(室内履きを持参のこと)。

手頃な利用料金は公共施設たる所以だが、加えてポイントカードの発行(10回利用で1回無料!)など民間寄りのサービスも。この施設の利用に際しては、住所地や勤務地などの制限はなく、誰もが利用できる。周辺にお住まいの方においては利用しないともったいない。

高座施設組合屋内温水プール
住所/海老名市本郷20-1 [地図
電話/046-238-8780
交通/小田急・相鉄・JR海老名駅よりバス「用田橋」停徒歩5分
     小田急江ノ島線長後駅よりバス「用田橋」停徒歩5分
     県道22号線
     ※無料駐車場120台分あり
料金/大人400円、小人100円(小・中学生)、未就学児無料
時間/9:00〜21:00(利用は9:30〜20:30)
     毎週月曜日休館(祝日の場合は翌日)、年末年始休館
     ※夏季特別営業日あり。詳細はホームページで確認を。

高座施設組合屋内温水プール(海老名市本郷)

海老名 都の湯(海老名市門沢橋) ※2011/9/1オープン

海老名 都の湯(海老名市門沢橋)神奈川県の県央地区ではひさしぶりとなる大型スーパー銭湯が、今日9/1にオープンした。その名も「海老名 都の湯」。

木造平屋建では県内最大級の面積約1,400屬鮓悗襪箸いΑまた、岩盤浴や県央地区では初となるロウリュを導入した。規模や設備はさることながら、県央地区にとって温浴施設の誕生は待ち望まれていたのではないだろうか。

厚木市と海老名市の双方からアクセスしやすい場所だし(戸沢橋の渋滞にはたまに辟易するが)、ローカル線とはいえ門沢橋駅から徒歩で訪れることもできる。地域人口や周辺施設の立地(東名厚木健康センターを除けば、いずれも10km程度離れている)を考えれば、他施設とはあまり競合しないものと言える。

海老名 都の湯(海老名市門沢橋)建物はコの字に建っており、正面から見れば切妻屋根が2棟並んでいるように見える。県道からは引っ込んで建っているため、大看板と進入路に立つ幟が目印。背後では圏央道の開通に向け、高架橋の工事が着々と進められている。門沢橋駅からは一本道だが、個人商店がまばらにあるのみで、典型的な田舎の街道筋といった雰囲気。そういった意味で考えれば、都の湯は典型的な郊外型スーパー銭湯だと言える。

海老名 都の湯(海老名市門沢橋)オープン初日とあって、夕方訪れたときはフロントがごった返していた。招待客のみのプレオープンを経験しているとはいえ、スタッフはまだ不慣れな様子。入浴料や館内の飲食、マッサージなどはリストバンドによって退館時に精算する。フロントでは下足箱の鍵と引き換えにリストバンドを受け取るが、脱衣所のロッカーは好きな場所を使用する。岩盤浴の利用する際は、フロントで岩盤浴着・タオルセット・ミネラルウォーターがセットになったバッグを受け取る。これとは別に館内着も用意されているが、とくに専用の休憩スペースが設けられているわけではない。受付の方いわく「ご自分が動きやすいということです」と。これら館内の利用方法について、混雑時だが丁寧に説明するスタッフもいれば、そうでないスタッフも。ちなみに館内着を利用している客を見かけることはなかった。

海老名 都の湯(海老名市門沢橋)食事処と畳敷き休憩室(これらは廊下をはさんでいる)を通過し、いちばん奥は左右振り分けで男女脱衣所〜浴室。真ん中の入口は岩盤浴。

内風呂のメインは14帖ほどの大きさの湯船(平湯)。循環式でオーバーフロー掛け流し。露天風呂側に大きく窓を設けており、暑い日に開け放てば気持ちのよい風が吹き抜けるのではないだろうか。露天スペースと出入口を別にして、外気浴デッキ(寝ころびエリア)を設けているが、一本丸太の枕では実質2人しか利用できない。遠赤外線のサウナは15帖ほどの広さ。夜のロウリュは大盛況で、「サウナ好きの皆さんのために温度を上げた」とのこと。オリジナルブレンドのアロマオイルを使用し、スタッフの方が大きな団扇やバスタオルで煽いでくれる。たっぷりと汗をかくことができたが、水風呂は冷たすぎるかも。

海老名都の湯パンフレット

露天スペースには、平湯と窓を背にする配置で電気風呂(4人分)。刺激が弱く一定圧ではないため電気風呂嫌いの人でも試してみる価値はあり。なぜジャグジーにしなかったか疑問だったが、電気風呂から岩風呂へと直接繋がっているため、お湯に流れをつけたくなかったからだろう。岩風呂は浅め、さらに浅めの2段式で、じゅうぶんな広さがある。そして陶器風呂が7つ。陶器風呂からあふれたお湯は足湯につながっており、小川に見立てているような格好。誰も利用していなかったので、申し訳ないが足湯だとは思わなかった。

さらに4.5帖ほどの大きさでイベント湯があり、今日は日本酒風呂だった。においがつーんと漂い、ぬるめだがしっかりと温まる。湯船につかりながらテレビが見れるのもいい。使用する浴剤の周期はわからないが、この湯船がいちばん人気だと言えるだろう。今後は色付きのお湯や人工温泉などにも期待したい。

海老名都の湯パンフレット岩盤浴は大空間に20人弱のスペースが設けられている。月替わりのアロマセラピーとのことで、今月は「秋の香り」だったか。室内には何かBGMを流せばよいのに、と思う。どこからか聞こえてくる機械音が気になった。休憩はここでも外気浴デッキを利用するが、せめてベンチを用意してほしかった。そして雨が降ったらどうするのか。岩盤浴は温浴施設で競争の激しい設備だから、差別化を図るためにも、もうひと工夫ほしいところ。

なお、10月から「岩盤ヨガ」を開始するという。会員3,000円・一般3,500円、水曜・金曜の1日2回開催で、1回あたり60〜70分。温浴施設の新たな試みとして、女性客を中心に注目が集まるのではないだろうか。

海老名 都の湯(海老名市門沢橋)食事は品数、ボリュームともに少なく感じたので、今後に期待したい。オープン初日の今日は平日でもあったから、夜になっても想像していたよりは混雑しなかった。これから客足が定着するか否かは、ソフト面の充実に試されるような気がする。どんなサービスやイベントが繰り広げられるのか、そういった点では今後が楽しみな施設である。


海老名 都の湯(海老名市門沢橋)海老名 都の湯(海老名市門沢橋)

海老名 都の湯
住所/海老名市門沢橋2-26-1 [地図
電話/046-239-1126
交通/JR相模線門沢橋駅より徒歩7分
   国道129号線「戸田」交差点より県道22号線で約1.1km
   ※無料駐車場180台分あり
料金/(平日)大人800円、小人400円
   (休日)大人900円、小人400円
   ※会員割引あり。大人:平日750円、休日850円
   ※小人は12歳以下
   岩盤浴は別途500円
   館内着利用の場合は別途300円
時間/10:00〜24:00、年中無休


大きな地図で見る

(追記-2013/2/7)
ロウリュは現在、下記の時間に開催。
月曜日〜木曜日は、男性15:00と19:00、女性15:30と19:30
金曜日と土曜日は、男性15:00と21:00、女性15:30と21:30
日曜日と祝日は、男性13:00と19:00、女性13:30と19:30
なお、1日3回開催や4回開催の日もあるので、詳細はホームページのイベントカレンダーにて。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ