旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

湯河原町

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

城堀湯(湯河原町土肥) ※2009/12/1に廃業

城堀湯駅から徒歩圏内の住宅街に銭湯感覚の公衆浴場がある。湯河原温泉街に行かなくても温泉が堪能できるので、幕山へのハイキングやドライブの途中に寄るのにもちょうど良い。そんな「城堀湯」なのだが、いかんせん町の銭湯よりも質素。

湯河原駅を降りるとすぐ目の前の建物が商工会の事務所。その隣の駐車場の角を東に曲がり、御庭公園の前を通り過ぎてしばらく歩いていくと城堀湯の建物が見えてくる。このあたりにあった旅館はいずれも廃業し、跡地には大規模マンションの新築ラッシュ。

入口を開けると、フロントっぽくカウンターになっているのだが、おばちゃんは奥にある部屋から出てきた。料金はメモ書きのような感じでさりげなく貼ってある。
脱衣所にはロッカーは12個。鍵を付け替えるたびに、番号をマジックで何度も書き換えているようだ。ほかにはプラスチック籠と体重計、タイルづくりの洗面台、そして椅子が2つ。内装も備品もくたびれている。

浴室は7〜8帖の広さ。カランが4つ並び、もちろんお湯と水は別々。ビックリするくらいの熱湯が出てくる。端っこに小さな湯船。3〜4人が入ればいっぱい。なかなか威力のあるバイブラ湯(看板によるとバイブ健康湯)なので、お湯はかなり熱め感じる。高い位置に明り取りと湯気を逃がすための窓があり、さらには小さいながらも天窓が付いている。

地元の高齢者の憩いの場となっているようで、ひっきりなしに客がやってくる。カランが4つでは足りないようだが、知り合いどうし譲り合ってうまく使っている。斜向かい建つ新築マンションは温泉大浴場つき、しかも岩風呂などを計画しているようだ。すぐそばには庶民的な公衆浴場があるというのに。新住民対旧住民というわけではないが、いつまでもこの雰囲気のままでいてほしい。

城堀湯
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町土肥1-12-5 [地図
電話/0465-62-2298
交通/JR湯河原駅より徒歩4分
料金/大人300円、子供150円、幼児60円
時間/13:00〜20:30

(2010/01/11追記)-----------------
2009/12/1をもって廃業したそうです。

ままねの湯(湯河原町宮上)

ままねの湯湯河原の温泉街は藤木川とその流れに並行して走るバス通り沿いに旅館が立ち並ぶ。町営の「こごめの湯」の入口の看板を過ぎると、藤木橋のたもとに何軒かの旅館の名前が書かれたアーチがある。まずはそのアーチが目印。「ままねの湯」もちゃんと名が記されている。いくつかの旅館の前を通り過ぎていくと、電柱の看板にも「ままねの湯」の看板がある。そこから先の路地は車が入れない狭い路地。その突き当たりにある。その途中には専用の駐車場(4台分)もあり、そこにも地図がある。これらの地図や看板を見落としてしまわぬよう注意していただきたい。

「ままねの湯」は湯治客用の旅館が専業であるようだ。ネットで検索してみたら1泊5400円(税別)。宿泊客は階段を昇り、「1回入浴者」は階段を下っていく。脱衣所に入るとテーブルが置いてあり、そこに小箱が置いてある。傍らには料金表があり、小箱にお金を入れる。こんなに大らかでいいのか?と思うが、定期的に回収しているようだ。脱衣内には棚とベンチとうちわがあるだけ。これ以上にないシンプルさだ。

浴室もまたシンプルそのもの。入口側にカランが2つ。真ん中に5人くらいが入れる湯船がある。訪れる前にネットで検索してみたら、みんなが「ものすごく熱い」という感想。たしかに43〜46℃に保っていると書いてある。だけど銭湯の熱さに慣れてしまっているためか、「驚くほどでもないかな」というのが第一印象。みんな湯船を囲むようにして床に座り、湯冷まししている。なんだか田舎の温泉場にある共同浴場のような雰囲気だ。みんなに倣って湯冷まししたり、湯につかったりを繰り返してみる。気づいけば全身真っ赤で、やっぱり熱くてたまらない。一度は訪れてみる価値はある。

ままねの湯
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町宮上616 [地図
電話/0465-62-2206
交通/JR東海道線湯河原駅よりバス11分「藤木橋」停徒歩2分
料金/大人200円、小学生100円、幼児50円
     ※洗髪30円、温泉1升80円
時間/8:00〜21:00

こごめの湯(湯河原町宮上)

こごめの湯「こごめの湯」は湯河原町が運営する日帰り温泉施設。温泉街の中にあるのだが、メイン通りから坂を上った奥まった位置にあり、しかもメイン通りにある看板はさりげなさすぎて目立たない。こごめの湯の建物はやたらと大きいのだが、派手な看板があるわけではなく、気づかず通り過ぎてしまいそうな感じ。

館内もフロントからロビーにかけては公民館のような静けさで、殺風景な感じもする。なんだかお役所的なのだが、商売っ気を出したら民営圧迫と言われかねないのかな?観光客としてはもっと温泉情緒を感じさせて欲しいところだが。

湯河原温泉は鎌倉時代に「こごめの湯」、室町時代からは「こごみの湯」、江戸時代には「小梅の湯」と呼ばれていたのだとか。「奥地にひそまっている温泉」の意味であるとともに、「子込め」「子産め」の意味で、身ごもりや懐妊の温泉として知られていたといわれている。

お風呂は「小梅の湯」と「万葉の湯」が男女日替わり。小梅の湯の内湯は広々としていて、ガラス張りで明るいし、眺めもよい。山並みが一望できる。万葉の湯の内湯は岩風呂のような和風のつくり。露天風呂はどちらも大きな岩を組んだ本格的な庭園風。山の中腹にあり、緑の山並みが一望できる。

こごめの湯
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町宮上562-6 [地図
電話/0465-63-6944
交通/JR東海道線湯河原駅よりバス約10分「公園入口」停徒歩2分
料金/大人1000円、小・中学生500円
時間/9:00〜21:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ