旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

湘南シーレックス

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

炎天下の戦い〜飛雄馬グランドスラム!

横浜×西武(ファーム)ハマスタで親子ゲームとは嬉しいけれど、なぜファームの西武戦が11時開催なのか。猛暑日の連続記録更新中とのニュースも流れるなか、プレーしている選手も辛いだろうが、じっと観戦している我々も辛い。照りつける日差しと、滝のように流れ落ちる汗。上半身裸の人もちらほらいたし、屋根のある通路口で観戦している人もいた。

横浜×西武(ファーム)ビロウという助っ人外国人を緊急補強したことを思い出した。やたらと球数が多く、3回1失点58球で降板。いつ1軍のマウンドに立つことを照準としているのだろうか。

ビロウの降板後は三嶋、三上、国吉、柿田と豪華リレー。打線も3番荒波、4番DH多村(→下園)のパンチ力に加え、上位には期待の関根大気、下位には山崎憲晴が名を連ねている。「お前ら、ここで何してんだ!」と言いたいが。

横浜×西武(ファーム)試合は3回に渡辺雄貴のタイムリーで同点とし、6回には代打内村のラッキーな内野安打で勝ち越しに成功。

8回にはヒットと四球でランナー満塁とした場面で、応援団のコールに応えて、飛雄馬が鮮やかなグランドスラム。これでトドメを刺した。



ところで応援団と書いてみたが、湘南海坊主も今日はたった一人。試合後は「このあと何かイベントがあるようですが、皆さんお早めにご帰宅ください!」と。もちろんイベント=1軍の阪神戦。まだ時間はたっぷりあるので、汗を流すべく「ハマスタ内野席から一番近い」でおなじみの恵びす温泉へ。

グリエル、意表を突く三盗で観客を沸かせる

西武×横浜(ファーム・西武第2球場)キューバの至宝グリエルが来日し、入団会見。6日のハマスタ登場まで追浜で調整かと思いきや、所沢の西武第2球場でさっそく快音を響かせたというではないか。奇しくも1軍の交流戦の舞台は西武ドーム。これは両方観に行かねばなるまい。

今日、グリエルは3番サードでスタメン出場。第1打席はセンター前に弾き返し、そのあと相手エラーとタイムリーで、横浜は2点を先制。第2打席はショートフライ、第3打席は浅いライトフライ(犠牲フライならず)。しかしその後、西武先発の岩尾が暴投し、労せず3点目。

P1030364西武第2球場は初めて訪ねたが、客席としては申し訳程度のベンチがあるのみで、掲示板には「本日のメンバー」としてコピーが2枚。スコアボードは得点とSBO(なんといういまさら感!)のランプが灯るのみ。話し声が聞こえてしまうほど選手は間近で、たまに選手が外を通り抜けていく。もちろん入場無料。ベイスターズのなんと恵まれていることか。

P1030365そんな球場だから熱心なファンもいるもんだな…と思ったら、それは山川穂高だった。4番サードで、体型はおかわり(中村剛也)そっくり。打撃フォームもどことなく似ている。試合中は常に声を出し、「熊さーん!熊さーん!熊さんレッツゴー!」などとそれはもうファンが失笑するほど。ルーキーながら早くもムードメーカーだが、実力も確かで、4回には第11号の2ランホームラン。

西武×横浜(ファーム・西武第2球場)好投の陳(#118)に代え、6回に小林寛(#12)がマウンドに立つと、試合の流れは一変。2四球からタイムリーを許して同点とされると、横浜は直後に2点を勝ち越したのに、こんどは石川貢に3ランを浴びる始末。横浜の勝ち越しシーンは、グリエルのレフトへの二塁打から意表を突く三盗もあったというのに(そのあと西森のスクイズ失敗が痛かった)。

というわけで小林寛の不甲斐なさに落胆し、今日の本題でもある西武ドームへ。

平塚最終戦。すでに優勝争いは終わっていた。

横浜×巨人(ファーム・平塚球場)ファームの試合はなかなか観戦できずにいたが、日程も残すところわずか。球団ホームページでは、今日の平塚球場最終戦のお知らせと合わせて、「チームは“イースタン・リーグ制覇”に向けて邁進しています」とあったから、ぜひとも行かねば、と。しかし昨日すでにヤクルトが優勝を決めており、対戦する巨人とは3位4位の争い。2軍って毎年期待をもたせつつも最後は力及ばず…という気もするが。

横浜×巨人(ファーム・平塚球場)台風の関東接近で雲行きが怪しいなか、開催された今日の試合。箱根の温泉を満喫してから球場に向かうも、すでに3回を終了。横浜は1点をリードしていたが、勝負はここからだった。先発の陳冠宇(#118)に代わって登板したのは、同じく育成枠の今井金太(#100)。2イニング目に突入して若さが出たか、四死球にヒットでランナーを溜めると、踏ん張りどころで痛恨の押し出し。あまりのノーコンぶりで観客をしらけさせると、さらには辻に逆転タイムリーを許してしまう。

横浜×巨人(ファーム・平塚球場)横浜のクリーンナップには森本、小池、赤堀が名を連ね、去就が注目されるラミレスは、時おりベンチから出てきて観客に手を振ったり、Tポーズをしたり。出番は結局回ってこなかったが、それにしてもチームは打てなさすぎ。球場に到着してからというものの、ヒットで出塁する場面を一度も見ていないことに気付いたのが8回裏。ようやく代打内藤に当たりが出た、と思ったら後続が凡退。最終回もランナーを一人出すが、かつて言われた「平塚劇場」的な大逆転劇は起こらず、そのまま試合は終了。とくに見どころもなかったが、強いて言えば吉川(#13)が3人をピシャリと抑えたことに驚いた。


嶋村に限らず、そろそろ噂が飛び交う季節…。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ