旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

相模原市緑区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

相模・下九沢温泉 湯楽の里(相模原市緑区下九沢)

相模・下九沢温泉 湯楽の里相模原の下九沢にある「湯楽<ゆら>の里」へ。このあたりは相模原でもわりとのどかな地域。ホームページやパンフレットでも駅からのルート(バス便)を記していないあたり、典型的な郊外型の入浴施設だといえる。ちなみに2005年3月オープン。

以前、藤野町の温泉に行ったとき、周りの人が湯楽の里について話しているのを聞き、相模原市民の間では人気があるのかなと思ってはいたが、やはり平日の昼間でもまあまあの客の入り。まず入浴料が700円と安く、そのうえ何度入浴しても良い。源泉掛け流しである。2階には無料の休憩スペースがある。こういった要素が人気がある理由というわけか。

トルマリン風呂やシルク風呂などのほか、電気風呂、腰掛け湯、ジャグジー、サウナがあり、ひとつひとつはそんなに大きくはないし、はっきり言っていまどきの入浴施設のつくり。

露天風呂は源泉の湯と2つある壷湯、寝転びの湯が天然温泉掛け流し。やや茶褐色のアルカリ単純泉でぬるっとする。隣にある岩風呂は循環式なのだが、お湯は無色透明。ピリピリしていてやや塩素臭く、源泉との違いを実感できる。せっかくなら源泉の湯でゆっくりしたいのだが、4〜5人が限界の大きさなので、ひざを抱えて入らざるをえない。これがちょっと残念だが仕方がない。

寝転びの湯は床にちょろちょろとお湯が流れていて、10人くらいが並んで寝転べるようになっている。顔のところに衝立があるが、10人中半数は本格的に寝ていて、時折大きないびきが聞こえてくる。ここがいちばん人気がある様子で、なかなか空かない。みんなほかの湯につかりながら空くのを待っているようにも見える。

無料の休憩スペースと言っておきながら、食事処を兼ねていたりするケースがよくあるが、ここでは2階に畳コーナーとリクライニングチェアの休憩スペースがある。リクライニングチェアといっても実は背もたれが動かない籐のイスにクッションをかぶせただけ。大型テレビでは外国の街の様子をリラクゼーション音楽とともに流しているのだが、室内は薄暗いのでちょっと仮眠をとるには良い。

相模・下九沢温泉 湯楽の里
源泉/下九沢温泉(単純温泉)
住所/相模原市下九沢2385-1 [地図
電話/042-764-2626
交通/JR横浜線・相模線、京王相模原線橋本駅よりバス9分「北公園入口」停前
     県道厚木城山線・相模原北公園そば
料金/(平日)大人700円、小学生以下400円
     (休日)大人900円、小学生以下500円
時間/9:00〜24:00、年中無休

青根いやしの湯(相模原市緑区青根)

青根いやしの湯(津久井町)「青根緑の休暇村 いやしの湯」は神奈川県の中でも相当のド田舎にある。旧津久井郡津久井町。いまは相模原市だと言うのだからまじビビる。まずここまでの行き方から説明すると、JR藤野駅近くの「日連入口」から南下して山道を走ること約10キロ。奥相模湖のダムの堤防が橋になっていてそこを渡ったら、いやしの湯が見えてくる。日が暮れてきたら渡るのが怖いはず。橋本方面からは約70分の距離。

緑の休暇村はキャンプ場である。コテージや食堂、テニスコートなどがある。オートキャンプも可。

いやしの湯はその一画にある。2005年5月オープンということできれいだし、館内も明るく広々としている。内風呂のうちの1つは小さいながらも源泉かけ流し(ほかは加水・循環)なのだが、ぬるいため子供に大人気。ちょっと濁っているのはそのせいか、とも思えてくる。360度山に囲まれているのに、露天風呂は塀が高くて残念。お湯につかっているとあまり山が見えない。どうしてかと思ったら、駐車場と畑があるため。土地はいくらでもあるんだからもっと工夫してほしかった。とはいえ、辺鄙な場所にあるにもかかわらず若い客が多い(みんなキャンプかな?)。大人600円(3時間)という料金も魅力のひとつだろうと思う。

青根緑の休暇村 いやしの湯
源泉/青根温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉)
住所/相模原市緑区青根807-2 [地図
電話/042-787-2288
交通/国道20号線「日連入口」から県道76号線を南下し、約10km
     相模原市橋本から国道413号線で約70分
     (バス)JR中央線藤野駅から東野行きバス30分「奥相模湖」下車
     (バス)JR横浜線・京王相模原線橋本駅から三ヶ木行きバス30分
         終点乗り換え、東野行きバス35分終点下車、徒歩20分。
料金/3時間以内:大人600円、小学生300円
     1日     :大人900円、小学生500円
時間/10:00〜21:00(12月〜3月は20:00まで)
     火曜日定休(祝日の場合は翌日)

藤野やまなみ温泉(相模原市緑区牧野)

藤野やまなみ温泉(藤野町)藤野やまなみ温泉は旧藤野町立の温泉施設。しゃれた建物だとは思うんだけど、入り口のあたりはなんとなくお役所っぽい。

牧野という集落の真ん中の丘の上にあり、そのせいか露天風呂は開放的ではあるんだけど、周囲の山々を見下ろすような感じでもある。遮られる建物が一切ないという、このロケーションは都会にはない贅沢。夜は星空が近いんだろうなぁと思う。露天風呂も内風呂もそんなには大きくないけど、窓が大きくて明るいので狭さは感じない。露天風呂は循環ろ過併用だが、内風呂は源泉かけ流し。

町営温泉ならば町民割引を設定してもよいのではないだろうか。秦野市営の弘法の里湯みたいに。と思ったら藤野町は来年3月に相模原市と合併してしまうのだ。ならばなおさら集落の人の憩いの場として、地元に還元してやらないと、と思う。平日の昼間に訪れたせいか地元住民率が高かったし。

藤野やまなみ温泉
源泉/藤野温泉(ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/相模原市緑区牧野4225-1 [地図
電話/042-686-8073
交通/JR中央線藤野駅よりバス15分「やまなみ温泉」下車
     国道20号線「日連入口」より県道76号線を南下。県道沿い。
料金/大人600円、小中学生300円(3時間)
時間/10:00〜20:00、毎週水曜日定休(祝日の場合翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ