旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

相模原市緑区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳) ※2013/3/15オープン

さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳)相模湖町が相模原市に編入されて久しいが、よその市民からしたらいまもなお相模湖町のほうがピンとくる。そして、いつの間にか「さがみ湖プレジャーフォレスト」と名を変えていたが、相模湖ピクニックランドのほうがピンとくる。とかくレジャー施設にとっては厳しいご時世かと察するが、プレジャーフォレストの現在のオーナー企業である富士急にとって、このたびの温泉施設建設は再起をかけた巨額投資に違いない。

プレジャーフォレスト内に誕生した日帰り温泉施設の名は「さがみ湖温泉うるり」。国道412号線に面して大きな入場ゲートを設けているが、遊園地も温泉施設もはるかその先。丘の上には観覧車が見える。まずはゲートで駐車場代1,000円(!!)を支払うが、温泉施設を利用する場合はフロントで返金してくれる。広大な駐車場だが、平日は閑散としていた。

さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳)さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳)さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳)

フロントで受け取るリストバンドは、入館料のほか飲食などに使用し、すべて退館時に精算。今回は岩盤浴も利用するので、岩盤浴着などがセットになったバッグを受け取って館内へ。食事処や休憩所などを経て脱衣所へ。途中には坪庭もあって、全体的に落ち着いた雰囲気。ゲームコーナーの俗っぽさが残念だが。館内のいちばん奥に脱衣所〜浴室。ロッカーは好きな箇所を使い、2つのリストバンドを身に付けていざ浴室へ。

さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳)

洗い場の数がやたらと多いな、というのが第一印象。ブース型で室内の1/3程度を占めるが、週末や行楽シーズンの混雑を見据えての数なのか。浴室内には人工炭酸泉、3種類のジャグジー、水風呂、高温タワー式サウナ(女湯には塩サウナも)。いずれも温泉を使用していないが、人気のツボは押さえている。細かい点を言えば、水風呂のかけ湯(かけ水)をぬるめにしているのがありがたい。大きくとった窓の外には露天風呂を一望するが、露天スペース自体に奥行きがあるため、ゆったりとした気分で入浴できる。

さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳)露天風呂のうち、寝ころび湯と岩風呂では温泉を使用している。白濁しており、透明度は10cmほど。箱根大涌谷周辺を除いて、神奈川県内はもとより、この広域圏内においても濁り湯は見当たらない。お湯につかればかすかな硫化水素臭とともに、ローションの膜が張ったかのようなすべすべの肌ざわり。pH9.6の高アルカリ泉とのことで、浴感は七沢温泉にも似ている。(露天風呂の写真はさがみ湖温泉うるりホームページより)

露天スペースには、またもや人工炭酸泉もあって、こちらでは座って半身浴が楽しめるつくり。全体的にぬる湯が多いため、岩風呂が熱めに感じた。周囲を植栽が取り囲み、その先には雑木林。遠くに見えるのはハイキングに人気のある石老山だという。高台にあるため開放感は得られるが、デッキチェアで休むにはまだまだ肌寒かった。

さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳)

岩盤浴は平日280円(休日380円)と格安。しかし、これで利益が出るのか心配になるほどしっかりとした設備だった。トルマリンや中国黄土など6種類14床(ほか女性専用7床)あって、クールルームや専用の休憩所もある。室内温度と湿度のバランスがイマイチだったが、これは今後改善されるだろう。

さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳)休憩所としては、テレビを観ながら寛げるスペースのほか、個別マットのごろ寝スペースもある充実ぶり。食事処はセルフサービス式で料金も手頃。館内は約2,000屬箸罎辰燭蠅箸靴討い襪、平日であることに加え、まだまだ世間に認知されていないせいか客もまばら。リゾートにふさわしい非日常感を満喫したが、行楽シーズンともなれば遊園地とのセットで訪れる家族づれで賑わうことだろう。4/14までの週末には400万球のイルミネーションが園内を飾る「さがみ湖イルミリオン」が行われ、これからの時期は桜の名所としても注目のスポットだ。

さがみ湖温泉うるり(相模原市緑区若柳)


さがみ湖温泉うるり
源泉/さがみ湖温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・炭酸塩泉)
住所/相模原市緑区若柳1634 [地図
電話/042-685-1111
交通/JR中央線相模湖駅よりバス8分「プレジャーフォレスト前」下車
     相模湖駅前より国道412号線で約3.3km
     ※大型駐車場完備(温泉利用の場合はキャッシュバック制)
料金/(平日)大人900円、こども450円
     (休日)大人1,000円、こども500円
      ※フェイスタオル・バスタオルのレンタル料を含む
      ※こどもは3歳〜小学生
      ※岩盤浴は平日280円、休日380円
時間/10:00〜22:00、年中無休

(追記-2015/12/10)
現在の料金は大人平日950円、休日1000円、小人は平日休日とも500円
岩盤浴は平日290円、休日390円

姫谷(相模原市緑区吉野)

姫谷(相模原市藤野町)陣馬山の南麓に点在する3軒の旅館のうち、いちばん奥に位置するのが姫谷だ。こじんまりとした山の宿の雰囲気なので、田舎風情をダイレクトに感じることができるだろう。しかし、宿泊者のチェックイン前だったからか館内は薄暗く、建物の年季とともに鄙びた印象も。テレビの旅行番組では何度か取り上げられたらしいが、狭いロビーには鹿の頭部の剥製(トロフィー)が飾られていたりして、なんだか落ち着かない。湯あがりにはお茶のサービスがあるのだが、もっと広々とした場所で寛ぎたかった。わがままだろうか。

姫谷(相模原市藤野町)建物の裏側の通路の先に浴室がある。斜面に面して建っているため、通路の時点からして崖がすぐそばに迫っている。そして崖は浴室の壁の一部と化し、露天風呂にまで続いている。浴室では湯気によって岩肌には苔がびっしりと蒸し、余計にじめじめして見える。灯篭やカエルのオブジェを配し、屋内にいながらにして露天気分というわけか。タイル張りの湯船にはジャグジーの噴射口が2ヶ所設けられているが、湯船がいびつな形をしているせいで、お湯がぐるぐると渦を巻いている。そもそも浴室は25坪あるというが、そんなに広さを感じさせないのは薄暗さのせいか。それとも湯船自体が小さいからか。

姫谷(相模原市藤野町)露天風呂があるのは陣馬の湯で唯一だ。山の斜面のわずかなスペースを平らにして湯船をつくっている。谷底に栃谷川の流れと鯉が泳ぐ池を見下ろし、あとは間近に迫る山のみ。半分は客室からの目隠し用に塀を設けているが、もう半分はありあわせの材料を活用した手づくり仕様。内風呂では循環式だったが、露天風呂ではかけ流し。ところで陣馬の湯では3軒とも泉質は謎だが、姫谷では「トゴールウォームタイト成分表」なる独自の分析表を掲示していた。調べてみると天然鉱石を使用した人工温泉とのことで、数社から製品が販売されている。結局のところ陣馬の湯って何なんだ?と疑いたくもなるが、泉質うんぬんよりも、ハイカーの疲れを癒したり、自然に囲まれたロケーションで英気を養ったりという転地効果のほうがむしろ重要なのだろう。

姫谷
源泉/陣馬の湯(泉質不明)
住所/相模原市緑区吉野1846 [地図
電話/042-687-2736
交通/JR中央線藤野駅よりバス4分「陣馬登山口」停徒歩30分
料金/1,000円
時間/11:00〜15:00

姫谷(参考サイト)−産業Navi
藤野観光協会

陣渓園(相模原市緑区吉野)

陣渓園(相模原市藤野町)陣馬の湯として3軒の旅館が点在するが、陣渓園があるのはその真ん中。通りから一段下がっているので、新旧2館が並んだ旅館の全景を眺めることができる。ホームページで確認すると、休館が昭和42年竣工、新館が昭和53年竣工とのこと。当時はレジャーブームで景気が良かったのだろうか。いまでは建物の内外にしっかりと年季が入り、鹿の剥製がお出迎えするロビーには昭和のにおいも感じられる。芸能人のサイン色紙も数多く飾られており、実はテレビなどでたびたび紹介されているようだ。もっとも有名なのは「ガキの使い」の罰ゲームの舞台として。つまりは廃旅館としてだが、そういう風格をも否定できない雰囲気だったりする。

平日の真昼間に客が訪れることを想定していないのか、何度で呼んでも音沙汰なし。ほかを訪ねてから再度訪れたところ、今度は出てきてくれた。建物が大きすぎて声が聞こえないのか、それとも完全に休憩モードだったのか。日帰り入浴したい旨を告げると、なんだか面倒くさそう感じだったし。何もかも平日だったのが悪かったのだろう。休日はきっとハイカーで賑わうのだと信じたい。

陣渓園(相模原市藤野町)お風呂は新館にあって、岩風呂風の湯船が1つあるのみ。ご丁寧に灯篭まで備えている。小さな湯船だというのにジャグジーが2ヶ所から激しく噴射していて、そのせいか浴室は湯気で真っ白。窓は開かないし、これはたまたまだが西日も強い。窓の外には川が流れ、人工の池があったり、山が見えたりするが、すぐ近くに道路があるため景色の半分くらいはフェンスで隠されている。お風呂については残念の一言。風呂あがりはロビーにてお茶をご馳走になることができる。急須セットが用意されており、セルフサービスなのだが。

陣渓園
源泉/陣馬の湯(泉質不明)
住所/相模原市緑区吉野1848 [地図]
電話/042-687-2537
交通/JR中央線藤野駅よりバス4分「陣馬登山口」停徒歩27分
料金/900円
時間/10:00〜20:00

旧ホームページ
藤野観光協会

陣谷温泉(相模原市緑区吉野)

陣馬の湯入口看板陣馬山といえば相模原市藤野町と八王子市にまたがる標高857mの山で、手軽に楽しめるハイキングコースとして人気なのだという。そして陣馬山のハイカーが立ち寄る温泉というのが「陣馬の湯」なのだという。温泉だけを目当てに訪れているので当然そんなことは知らないのだが、このあたりは陣馬山の南麓に位置し、山の景色がどこまでも広がっている。陣馬の湯というのはこの地にある3軒の旅館のことをいい、そのうち一番手前(陣馬街道側)にあるのが陣谷温泉である。

陣谷温泉(相模原市藤野町)陣谷温泉(相模原市藤野町)

陣谷温泉(相模原市藤野町)栃谷川を見下ろす斜面に建っており、大きな切妻屋根が印象的な外観。平日の昼間とあって訪問者は少ないのか、玄関先から何度か声を掛けると、ようやくおばちゃんが顔を出してくれた。浴室は別棟にあるため館内通路よりいったん外に出て、さらに階段を下る。檜風呂1つとカラン5つがあるだけの浴室だが、檜のにおいは扉を開けた瞬間にわかった。1帖半ほどの大きさで、竹の樋から絶えずお湯が注がれている。湯船は最近新調したのだろうか、宿の年季とは対照的に気合いが入っている。窓の外からは周囲の山々を一望し、谷底には栃谷川の清流が流れる。河原には池を作って鯉を泳がせている。目に映るのは自然のままの景色で、浴室は宙に浮いているような感覚。神奈川県では最北の温泉地であるが、なかなかの田舎であり、超秘湯的なロケーションであった。

陣谷温泉
源泉/陣馬の湯(泉質不明)
住所/相模原市緑区吉野1778 [地図]
電話/042-687-2363
交通/JR中央線藤野駅よりバス4分「陣馬登山口」停徒歩22分
料金/1,000円
時間/11:00〜17:00

藤野観光協会

旅館天下茶屋(相模原市緑区千木良)

旅館天下茶屋(相模原市相模湖町千木良)相模湖周辺には陣馬の湯や美女谷温泉など、秘湯の趣を残す温泉宿が点在している。弁天島温泉もそのうちの1つで、相模湖の東方に位置する一軒宿。当地の歴史は古く、「相模風土記」によれば、景観がよく似た京都嵐山を模して地名が付けられたのだという。天下茶屋の下に流れる桂川(相模川上流を指す)、対岸の嵐山はそのままの名前だし、千木良(ちぎら)は千本松原を、相模湖町の旧名である与瀬は八瀬に倣ったのだという。弁天島といえば相模川の河畔を指すが、ダム湖としての相模湖を建設した影響なのか、そこに島はなく、キャンプ場となっている。

旅館天下茶屋(相模原市相模湖町千木良)旅館天下茶屋(相模原市相模湖町千木良)国道20号線沿いに看板と駐車場があるのだが、実はここから先が遠い。相模川が流れる谷底へと坂道を下りていくのだ。とは言っても相模川は見えず、「山火事注意」の看板の立つ文字通りの山道。雑木林の茂みを抜けていくと、やがてコの字に建つ旅館が見えてくる。世俗とは隔離されたかのような立地にひっそりと佇んでいるが、玄関先の薄暗さが気になる。「もしかして定休日?」という不安が募るが、単に電気を点けていないだけであった。館内に置いてあったチラシには「純和風割烹旅館」とあるものの、申し訳ないがそんな印象は持たなかった。がらーんとした館内は明らかに大衆的で、個人旅行で訪れた客などは戸惑いを感じるかもしれない。「合宿・ゼミ研修での御利用 1泊2食付6,000円〜」なんてあるが、まさしくそんな雰囲気だ。

旅館天下茶屋(相模原市相模湖町千木良)浴室は増築部分の別館手前側にあった。宿のおばちゃんいわく「若いお兄ちゃんが入ってるよ」とのこと。玄関に並んでいたスニーカーの4人組のことか。おばちゃんには「わしゃ若くないのかい!」と言ってやろうかと思ったが(笑)。平日の真っ昼間に相客があるとは想像していなかったが、どうやら4人組も同じ考えだったらしく、浴室の扉を開けたらかなり驚いた顔をしていた。

男湯は「見晴らし風呂」と名付けられているが、窓の向こうは一面の雑木林。奥行のある景色を期待していたし、換気が悪くて湯気で曇っているのも残念だった。肝心の湯船は4帖大のタイル張り。お湯は循環式で、ちょろちょろと注がれている。弁天島温泉とはいうが、分析表などの掲示はなく、その泉質は不明。肌ざわりやにおいなどに温泉らしさは感じられなかった。洗い場にはカランが3つあって、旅館にしては珍しく、お湯と水の蛇口のみ。しかもお湯はちょろちょろ程度しか出ない。じれったいので湯船から直接汲み湯するが、なんだかやるせない気分にもなる。

女湯は「天明檜風呂泡の湯」といい、館内の奥にある。チラシやホームページの写真はきれいに撮影されているが、見晴らし風呂と同様に写真と現実のギャップは多少あるのかもしれない。割烹旅館というからには料理自慢なのだろうし、学生の合宿やゼミ、はたまたハイキングついでの利用もあるのかもしれない。人里離れた一軒宿という環境、そのせいか世間にあまり知られていないという点で、神奈川県では希少な存在だ。

旅館天下茶屋
源泉/弁天島温泉(泉質不明)
住所/相模原市緑区千木良1270 [地図
電話/042-684-2650
交通/JR中央本線相模湖駅よりバス12分「千木良」停徒歩5分
料金/1,050円
時間/10:00〜18:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ