旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

箱根町

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

箱根湯寮(箱根町塔ノ沢) ※2013/3/27オープン

箱根湯寮(箱根町塔ノ沢)「首都圏最大級 貸切個室露天風呂19室」を謳い文句に、本日3月27日に箱根湯本に新たな日帰り温泉施設がオープンした。その名も「箱根湯寮」。小田急リゾーツが運営する施設だが、もとは「箱根ベゴニア園」「ひめしゃらの湯」があったところ。利用形態は2つに分かれ、まずは貸切個室露天風呂「離れ湯屋 花伝」。1室60分のルームチャージ制で、部屋の広さに応じて3タイプの個室あり。カップルや家族などの利用に最適だ。もうひとつは大浴場「本殿 湯楽庵 大湯」で、こちらは一般的な日帰り施設。それぞれ別料金なので、フロントにていずれかを選択し、先に料金を支払う。

箱根湯寮(箱根町塔ノ沢)箱根湯寮(箱根町塔ノ沢)箱根湯寮(箱根町塔ノ沢)

囲炉裏場のある中庭を取り囲むようにして建物は配置されており、左手を行けば貸切個室棟、右手を行けばレストランがあり、これらはベゴニア園の跡地に新築されたもの。「古民家風の里山温泉」をイメージしているだけあって、箱根の山並みを背にして、のんびりとした風情を作り上げている。レストランはコースメニューが囲炉裏席、通常メニューが座敷席などと分かれているそうだ。

箱根湯寮(箱根町塔ノ沢)館内案内図

さて、今回は大浴場「本殿 湯楽庵 大湯」を利用したが、こちらは「ひめしゃらの湯」の既存建物を再活用したもの。傾斜地に建っているため、大浴場の玄関フロアが2階、女湯が中2階、男湯が1階となる。下足箱はフロントで受け取った鍵で施錠し、脱衣所のロッカーは好きなところを選んで使う。ひめしゃら時代の浴室の雰囲気を忘れてしまったが、洗い場は室内に6つ、露天側に5つと少なめ。そして室内には7m×2mほどの内湯が1つあって、バイブラ湯とジャグジーを両端に設けている。

露天風呂の岩風呂はひめしゃら時代そのままだが、新たに設けたのが見晴湯。断崖にコンクリートで立ち上げたその上に湯船を設けており、目の前に原生林が迫っている。崖下には国道1号線が走っており、木々の隙間越しになるが、正月には箱根駅伝のランナーを眺めることができるという。さらに新設したのが信楽焼きのつぼ湯2つ。湯につかりながらにして森林浴を楽しめるとは、ひめしゃら時代の良いところをよくぞ残してくれたと思う。温泉は3本の源泉を混合したしたもの。無色透明で、当たりのやわらかいお湯だ。

サウナ室(熱ノ室)では「ロウリュウ」を毎日開催。しかも11:30〜19:30まで1時間おきというから驚きだ。サウナ室は広くないため(最大18名ほどだという)、大型うちわによる回旋〜熱波。スタッフの盛り上げトーク、アロマ水2回がけ+おかわり熱波という一連の流れは、スーパー銭湯をほうふつとさせる。サウナ室の外には沢水風呂があり、水温は16℃くらい。これならサウナマニアも納得するだろう。

湯上りの休憩スペースも抜かりなく完備している。リクライニングシート14台、男女共用たたみスペース40名程度、女性専用休憩室10名程度と、いまどきの客のニーズをよく心得ている。とくに男女共用スペースでは、室内の半分が2段式となっており、下段はカプセルホテル然とした穴蔵空間。リゾートを感じさせる施設でありながら自由な発想もあり、老若男女全ての人にとっての気軽さもあり、これは箱根の新名所になること間違いないだろう。

箱根湯寮リーフレット箱根湯寮リーフレット

箱根湯寮
源泉/塔ノ沢温泉(単純温泉)
住所/足柄下郡箱根町塔ノ沢4 [地図
電話/0460-85-8411
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅より無料送迎バス3分
     または塔ノ沢駅より徒歩約5分
     国道1号線箱根湯本駅より約800m
     ※無料駐車場92台分あり
料金/大浴場:大人1,300円(中学生以上)、こども650円(小学生)
     貸切個室露天風呂:1室60分3,800円〜5,800円
時間/平日10:00〜21:00、休日10:00〜22:00
     ※オープン記念として5/6までの平日は22:00まで営業
     年中無休

金時山荘(箱根町仙石原)

金時山荘(箱根町仙石原)箱根の観光エリアも仙石原交差点を過ぎるとおしまい。乙女峠(乙女トンネル)を境に静岡県御殿場市となる。県境を北東になぞれば標高1,213mの金時山がそびえ、金時登山口や乙女峠から2時間足らずのコースは、登山初心者や中高年に人気があるようだ。金時山は金太郎(坂田金時)伝説発祥の山で、公時神社は金太郎を祭神として祀っているという。今回紹介する金時山荘はもちろん金時山にちなんだ屋号で、金時登山口と金時神社入口の2つのバス停の中間に位置する。和室7室に30名収容の宴会場を備えた民宿だ。

金時山荘(箱根町仙石原)玄関に隣接するロビー兼食堂のテレビには洋楽の映像が流れていたが、館内には誰の姿も見えず、やむなく帳場のブザーを2度ほど鳴らしてみる。やがてご主人がやってきて、1,000円札で支払ったら「お釣りはあとで」と。タオルは貸出制なので、手ぶらで利用できる。脱衣所はカゴが6つと洗面台があるのみ。ほかに客はおらず、貴重品を心配するまでもなかった。浴室の床が乾ききっていることから、今日はしばらく客が訪れていなかったのか。

金時山荘(箱根町仙石原)3帖ほどの大きさの湯船1つと、カランが3つあるのみ。シャンプー・コンディショナー・ボディソープのほか、洗顔料があるのは嬉しいが、スポンジを使うのにはちょっと抵抗があった。

庭に面しているが、眺めが良いわけではなく、景色の移ろいを感じられるわけでもない。排水溝にタバコの吸殻が2本落ちていたが、侘しさゆえか、気持ちはなんとなくわかる。誰に気兼ねするでもなくしっぽりと過ごしたい人には打ってつけだが、日帰り入浴ならば箱根の相場がいかに高いかを思い知ることだろう。

金時山荘(箱根町仙石原)しかし温泉は箱根の中でも希少性あり。仙石高原開発が供給する「新姥子温泉」だが、酸性単純温泉(pH3.6)とは珍しい。源泉は58℃、成分総計461mgで、循環式のオーバーフローかけ流し。無色透明で泉質自体の個性はあまり感じられなかったが、ぬるめのお湯が気持ちいい。ちなみに姥子温泉は芦ノ湖北岸に湧出し、山姥が子(金太郎)の眼病を治したとの由来を持つ。金時山荘が新姥子温泉を使用しているのも、そんな逸話にちなんでいるのだろうか。

金時山荘
源泉/新姥子温泉(単純温泉)
住所/足柄下郡箱根町仙石原1111 [地図
電話/0460-84-8148
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス約30分「仙石」停徒歩10分
     新宿より小田急高速バス約1時間50分「太郎平」停徒歩1分
     国道138号線仙石原交差点より約650m
料金/700円
時間/13:00〜21:00

箱根ホテル小涌園(箱根町二ノ平)

箱根ホテル小涌園(箱根町二ノ平)箱根を代表するレジャースポットといえば「ユネッサン」だが、国道1号線をはさんで向かいにあるのが箱根ホテル小涌園。いずれも藤田観光が経営する施設だ。小涌園の名は小涌谷温泉に由来し、同社にとってホテル・レジャー事業のさきがけ。昭和23年に開業し、ホテルは昭和34年に竣工した。ユネッサンに隣接する3つのホテル(箱根ホテル小涌園・箱根小涌園ユネッサンイン・B&Bパンシオン箱根)のなかでは、スタンダードクラスといえる。

箱根ホテル小涌園パンフレット傾斜地にあるためか、フロントがあるのは5階、浴室があるのは3階。エレベーターを降りると、土産物屋やマッサージ、ライブラリーがあり、館内を奥へと進むと受付がある。フェイスタオルとバスタオルはレンタル。休憩室やロビー、喫煙室もある。

浴室は「せせらぎの湯」と名付けられている。壁一面の大きな窓からは森の緑を間近に接し、広々とした湯船でゆったりとお湯につかることができる。露天風呂では小川の流れを下に眺める。せせらぎというほどは水量に乏しかったが、自然のままの渓流で野趣あふれる感じがいい。四季折々の風景が楽しめるのではないだろうか。ほかにサウナも備えている。

温泉はいわゆる「蒸気造成温泉」で、箱根町による解説はこちら。ユネッサンのブログでは「湧いてる」という表現を使っているが、それはちょっと違うような気がする。泉質や湯の使い方などを気にしている利用者は少ないかもしれないが。

小涌谷、もしくは小涌園といえばいまユネッサンの代名詞とも言えるが、もちろん元祖はこちら。高原リゾートの老舗復活を期待したい。

箱根ホテル小涌園
源泉/小涌谷温泉(小涌園供給温泉:ナトリウム−塩化物泉)
     ※自然湧水を混合した蒸気造成温泉
住所/足柄下郡箱根町二ノ平1297 [地図
電話/0460-82-4111
交通/箱根登山鉄道小涌谷駅より徒歩約15分
     箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス約20分「小涌園」下車すぐ
料金/大人1,600円、子供1,000円
時間/9:00〜18:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ