旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

箱根町

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

箱根仙石原プリンスホテル(箱根町仙石原)

箱根仙石原プリンスホテル(箱根町仙石原)秋には黄金色のススキ目当てに、多くの観光客が訪れる仙石原高原。その西側には古くに開発された高級別荘地が広がり、果ては大箱根カントリークラブ。コースに隣接して建つのは箱根仙石原プリンスホテル(昨年4月にホテル大箱根より名称変更)。洋風の佇まいが印象的なリゾートホテルで、14:00〜18:00の間に限って日帰り入浴も受け付けている。

箱根仙石原プリンスホテル(箱根町仙石原)フロントで入浴料金を支払うと、「階段かエレベーターで1つ下の2階へ」とのこと。格式高い雰囲気漂うレストランを横目にして緊張するが、2階に降りると「この先は宿泊客限定」の立て札に足止めを食らう。しばし思案の末に構わず行くと浴室はあった。料金にはフェイスタオルとバスタオルのレンタルも含んでおり、脱衣所に用意されている。

かつては内湯1つのみで、窓越しに庭と接していたが、現在はそこがシンプルモダンな中庭に。その先はルーバー越しに露天風呂を配置。緑を間近に眺め、高原に吹く心地よい風に乗って草花のにおいも感じられる。お湯はぬるめなので、姥子温泉の滑らかな泉質を堪能できる。露天風呂の湯船に隣接して腰掛け湯もあり、狭く薄暗い空間で瞑想気分に浸るもよし。

宿泊客のチェックインよりも前に訪ねたなら、独り占めして優雅な時間を過ごすことができそう。ゴルファーだけでなく、美術館めぐりを楽しむ人にも教えてあげたい温泉だ。

箱根仙石原プリンスホテル
源泉/新姥子温泉(単純温泉)
住所/箱根町仙石原1246 [地図]
電話/0460-84-6111
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス約35分「仙石高原」停徒歩9分
     国道138号線「仙石原」交差点より約2.5km
     ※無料駐車場あり
料金/大人1,500円、小学生750円、未就学児無料
時間/日帰り入浴は14:00〜18:00、年中無休

ますとみ旅館(箱根町湯本)

ますとみ旅館(箱根町湯本)箱根湯本駅から塔ノ沢に向かう途中、土木遺産に指定された旭橋を渡る。その橋のたもと、日帰り温泉施設「早雲足洗いの湯 和泉」に隣接して、「ままね湯」の看板を掲げたますとみ旅館がある。

日帰り入浴は1時間制だが、「長く浸かっていると温まりすぎちゃうから」とのこと。「30〜40分を目安に」と念を押されてしまった。箱根で入浴料1,000円は相場だが、せっかくお金を払って訪れているのだから、のんびり浸かっていたいとは誰しもが思うこと。それなのに、わずか30分で1,000円とは庶民感覚からかけ離れた贅沢。ちなみに料金を支払うのと同時に、時間を記した紙切れを渡され、帰りに回収するシステム。フェイスタオル付きというのが、せめてもの良心か。

ますとみ旅館(箱根町湯本)階段を下っていちばん奥に浴室。こじんまりとした旅館だから、脱衣所や浴室もまたこじんまりとしている。浴室内には湯気が立ち込め、扉を開けっ放しにすると警報機が鳴る場合があります云々の貼り紙。そして脱衣所にもあった。「一回の入浴時間を5分〜10分程度を1、2回で十分」。

無色透明の温泉がかけ流しされており、肌ざわりもよく、身体がじんわりと温まる。壁一面に書かれた名湯自慢をひとしきり読んでいるうちに、確かにこれはのぼせる温泉だな、と。数ヶ所の医大や柏市の整形外科、県内だと七沢リハビリ病院など、「医師から推薦状を戴いている」といった説明がつらつら。

ままね湯とは、「まま」(土手)の「ね」(根=下)より源泉が湧き出していることにちなむ。源泉は5本あり、夏の暑い時期などは捨てている状態だとか。ますとみ旅館とは、初代増次と女将富美から一字ずつ採ったもの。大正14年に開業。老舗の堅苦しさを感じさせない、和モダンな宿だ。

ますとみ旅館
源泉/湯本温泉(単純温泉)
住所/足柄下郡箱根町湯本656
電話/0460-85-5775
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅より徒歩5分
     国道1号線「旭橋」際
     ※無料駐車場8台分あり
料金/1,000円(1時間・タオル付き)
時間/11:00〜19:00、不定休

箱根強羅温泉 ゆとりろ庵(箱根町強羅)

ゆとりろ庵(箱根町強羅)温泉のガイドブックなど滅多にチェックしないが、たまたま目にした強羅に新施設オープンの記事。旅館ながら日帰り入浴も受け付けており、しかも20時までだから、とかく夜が早い箱根にあっては嬉しい話題だ。

強羅といっても最寄りはケーブルカーの中強羅駅。線路の南側一帯は、明治以降に温泉付き分譲地として開発され、いまではホテルや企業の保養所が建ち並ぶ。ゆとりろ庵は自治体の保養所を改修し、旅館として昨年4月にオープンしたもの。

ゆとりろ庵(箱根町強羅)ライトアップされた門をくぐり、石段の先には、3階建、客室31室の建物が建つ。外観は今時ではないが、館内は見事なまでに現代風。宿泊客の夕食どきとあって、スタッフは忙しなかったが、身だしなみや接客姿勢など、実に洗練されている。運営するのはリゾート旅館再生に実績のあるワールドリゾートオペレーション(リログループ)。同社のホームページによれば、「90日で黒字化する」、ゆとりろ庵にあっては「引渡しから19日で改修開業」など、驚くべき文言の数々。近隣には同社運営のメルヴェール箱根強羅もあり、シナジー効果も発揮しているという。

ゆとりろ庵(箱根町強羅)大浴場は地下1階。傾斜地に建っているため庭に面してはいるが、露天風呂はなく、内風呂のみ。2つ並んだ湯船は大きい方が早雲山から、小さい方が上強羅からの引き湯で、どちらも源泉かけ流し。保温と保湿効果(早雲山)、美肌効果(上強羅)を謳っているが、含有成分を実感できるほど大きな違いはない。客の少ない時間帯を狙ったわけではないが、独り占めしてのんびり入浴できた。ちなみに週末など混雑時は宿泊客優先となり、日帰り利用は制限される場合があるので要確認。別料金で貸切露天風呂もある。

箱根強羅温泉 ゆとりろ庵
源泉/強羅温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/足柄下郡箱根町強羅1300-119 [地図
電話/0460-82-2780
交通/箱根登山ケーブルカー中強羅駅より徒歩2分
     県道723号線より一番坂経由で約700m
料金/大人1,050円、小人525円(小学生)
時間/15:00〜20:00

ホテルラクーン(箱根町元箱根)

ホテルラクーン(箱根町元箱根)元箱根港の賑やかな集落をあとにして芦之湯へと向かう道中には、一の湯など小さな宿が点在するが、ホテルラクーンもその1つ。

フロントで入浴料を支払い、地下1階の浴室へ。浴室は湯船1つ。バシャバシャと噴き出すようにしてお湯が注がれており、その音はうるさいし、室内は湯気が立ち込めている。かすかに硫化水素臭が漂う。

ホテルラクーン(箱根町元箱根)露天風呂は随分と浅く、お湯も温めだから夏は半身浴にちょうどよい。しかし、冬は寒くてたまらない。間口こそ狭いが、真正面には木立の眺め。手すりがつくづく惜しい。一部に屋根がかかり、骨組みは斜め(三角形)に設けているのだが、塩ビの波板は骨組みに合わせて斜めに切るわけでもなく、ただ留めているだけ。折しもこの日は風が強く、バタンバタンと大きな立てているものだから落ち着いて入っていられなかった。

ロビーにはベンチしかなく、日帰り客が休むスペースはない。長所といえば日帰り入浴を20時まで受け付けていることか。これは箱根において意外と貴重だったりするのだが。ホームページを見ても宿泊料金は掲載されていないが、きっとリーズナブルなのであろう。

ホテルラクーン(HOTEL Ra Kuun)
源泉/元箱根温泉(単純硫黄泉)
     ※元箱根44号に水道水を混合した蒸気造成泉
住所/足柄下郡箱根町元箱根103 [地図
電話/0460-83-6244
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス約30分「二子茶屋」停下車
料金/1,200円
時間/8:00〜20:00

箱根高原ホテル(箱根町元箱根)

箱根町元箱根といえば芦ノ湖南東の元箱根港一帯を思い浮かべるが、住所で言えば芦ノ湖東西の広い地域。そのため芦ノ湖北岸では「湖尻」もしくは「桃源台」と言ったりするが、これは正式な住所ではないため当然カーナビでは検索できない。箱根高原ホテルもパンフレットの記載は湖尻(ホームページでは元箱根)で、敷地は仙石原と隣接する。

箱根高原ホテル(箱根町元箱根)県道75号線より分かれ、森の中を走ること約400m。箱根高原ホテルはその名の通り、高原リゾートの雰囲気漂うロケーションにある。半世紀の歴史を持ち、会議室や体育館を備えていることから、研修合宿や修学旅行といった団体利用を得意としているようだ。一方では「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」(もてなし部門)にもランクインしているから、リーズナブルに泊まりたい方には良いだろう。

チェックイン前後の昼間の時間帯には日帰り入浴も受け付けており、ホームページやパンフレットで200円割り引き。さらには400円割り引きとなる回数券も販売している。ホテルの建物は5階建で、フロントは3階、大浴場は1階にある。男湯は「金時湯」、女湯は「乙女湯」。パンフレットの写真ではそれぞれ湯船1つだが、今年初めに改修工事を行い、もう1つ湯船が増えた(フロントの改修も同時期に行われた)。

箱根高原ホテル(箱根町元箱根)

箱根高原ホテルでは自家源泉を2本所有しており、以前は大浴場(内風呂)と露天風呂で使い分けていたが、これを機に大浴場で2つの源泉を楽しめるようになった。もとからある大きな湯船は元箱根26号泉、新設された小さな湯船は元箱根47号泉。この2つは泉質も違えば(個性を実感することはできなかったが)、泉温も違う。方や適温だが、もう一方はかなり温め。窓は明かり取りのためにあり、景色はまったく望めない。

箱根高原ホテル(箱根町元箱根)露天風呂は離れた場所にあるため、着替えてから移動する。こちらにはカランこそ設けているものの、石鹸などは一切置いていない。岩風呂1つで、手入れされた植栽とその向こうに木立ちを眺める。うとうとしてしまうような温めの湯加減で、長湯にはもってこい。

日帰り入浴客は、2階の「湯上りサロン」を休憩場所として利用できる。畳の間にテレビあり。隣接して屋外には足湯も設けている。それでこの料金設定、しかも割り引きありとは、なんと良心的な施設だろうか。

箱根高原ホテル
源泉/元箱根温泉
     元箱根26号:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉
     元箱根47号:単純温泉
住所/足柄下郡箱根町元箱根164 [地図
電話/0460-84-8595
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス約40分「白百合台」停徒歩5分
     国道138号線「仙石原」交差点より県道75号線経由で約5.6km
料金/大人900円、子供500円 ※フェイスタオルつき
時間/11:00〜16:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ