旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

茅ヶ崎市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

恵比寿湯(茅ヶ崎市南湖)

恵比寿湯茅ヶ崎駅南口より南西方面に海岸まで延びる通り、そして途中の本屋の前で交差して東西方面に延びる通りをサザン通り商店街という。恵比寿湯には東西方面のサザン通り商店街をとにかく西へ。南湖会館という集会場の近くにある。ちなみにサザン通りという名前だが、茅ヶ崎出身の桑田佳祐が率いるサザンオールスターズにあやかっていることは言うまでもない。

立派な瓦屋根が特徴的な和風建築の銭湯で、コインランドリーを併設。ポリカーボネートの庇には大きく「恵比寿湯」と書かれ、入口にチラッと見えるタイル画は七福神が乗った宝船。名前といい、なんだか縁起がいい気分。番台に座っているのはおばあちゃん。入口と脱衣所内には「定休日のお知らせ」が貼ってあったが、毎週火曜日に加え、店主の体調が優れないときには臨時休業もありうるという。どうか健康には留意してほしいと願う。

脱衣所には小さなテーブルと椅子、飲み物の入ったショーケースがあるだけで、がらーんとした空間。鍵つきのロッカーは9つしかないため、脱衣籠も使われている。天井は四方を丸く折り上げた格天井。そして“殿方一同”より贈られた柱時計が時を刻んでいる。

浴室にはカランは全部で18。壁側だけ固定式シャワーが付いている。間仕切壁にはタイル画が4つ。まさかり担いだ金太郎はひと目でわかったが、ほかは海辺と松原であったり、森の中の湖のようであったり。いずれにしても素晴らしい作品である。湯船の上には大きな富士山と川のペンキ絵。銭湯でいろいろな富士山を見たけど、構図的に締まりがないような…。ちなみに女湯には山脈が描かれているようだ。ペンキ絵の下には鯉が泳いでいる様子がタイル画で描かれている。

湯船は2つ。大きな湯船は真ん中で仕切られて入るものの一部がつながっており、全部で4帖ほどの大きさ。そしてジャグジーの湯船は2帖ほどの大きさ。湯船の床は部分的に深くなっており、そこに足を置くと座わり湯の格好になる。勢いは弱いのだが、腰とふくらはぎに噴流が当たるようになっている。どちらの湯船にも入浴剤が日替わりで入れられているようで、訪れた日はすべての湯船が緑色だった。それにしてもジリジリと突き刺すほどの熱さ。温度計を見たらなんと46℃。さすがに長湯する人はおらず、皆さっと湯につかっておしまい。

個人商店もちらほらとあるが、周辺は住宅街。週末の夕暮れ時は男湯が3〜4人の客だったが、女湯からは賑やかな話し声が聞こえてきた。

恵比寿湯
住所/茅ヶ崎市南湖4-2-1 [地図
電話/0467-82-6004
交通/JR東海道線茅ヶ崎駅より徒歩18分
     または茅ヶ崎駅南口よりバス5分「仲町」停徒歩3分
料金/大人430円、小学生以下180円、未就学児80円
時間/16:00〜21:00(風雨の強い時は20時まで)
     毎週火曜日定休

浜の湯(茅ヶ崎市赤松町)

浜の湯辻堂駅の小田原寄りにある小さな改札口(西口)から誇線橋を渡り、長いスロープを降りていくと、1軒目の建物が「浜の湯」だ。駅前といえば聞こえがよいが、駅の北側一帯は区画整理事業によって広大な更地となっており、浜の湯のあるあたりはわりと庶民的な風景と松下電池の工場が広がるものの、なんだか寂しい感じもする。ちなみに広大な敷地にはかつて関東特殊鋼の工場があり、そちらは藤沢市。浜の湯とは隣接しているが、ちょうど市境にあたる。今後どのような街づくりが進められるのか。完成は2009年であるようだ。

浜の湯(茅ヶ崎市赤松町)浜の湯は番台式の小さな銭湯だ。脱衣所には籐で編んだ籠が収められた棚と鍵つきのロッカーが半分ずつある。先客は4人いたが、籠を使う人とロッカーを使う人は半々。ほかには鏡と体重計、飲み物のショーケースがあり、いつの年のかわからない銭湯PRポスターと女性の演歌歌手のポスターが貼られている。いたってシンプルだ。

浴室もまたたいして広くはない。カランが全部で18あり、湯船は2つ。2帖ほどの大きさで深めの湯船、そして3帖ほどの大きさでジャグジーの噴出し口が2つある浅めの湯船。温度計を見ると46℃を指していたが、給湯口の温度だと思う。実際はそこまでは熱くない。

ここまではいたって普通の銭湯のようだが、浜の湯はペンキ絵とタイル絵が素晴らしいのだ。まず湯船の真上に描かれた大きな富士山の絵。最近塗りなおしたのかしらんが、色鮮やかでダイナミックだ。海と富士山だけといういたってシンプルな構図でわかりやすい。その下には幅1mほどの小さなタイル絵がある。題名は「大沼道立公園・駒岳」。蒸気機関車が大沼の堤の上を走る様子が描かれている。女湯との間仕切壁には「野次喜多道中記」。何をテーマとしているのかよくわからなかったが、川を歩いて渡る人たちの絵が描かれている。以上、それぞれの絵に共通点はないのだが、いずれも和のテイストだし、銭湯らしくて非常に好感が持てる。そして、脱衣所との出入口の上の摺りガラスには「鷹の羽」の家紋が彫られているが、こういう装飾も見逃せない。外観は素っ気ないが、中に入ってみると和風テイストあふれる銭湯だ。

浜の湯(神奈川県浴場組合)

浜の湯
住所/茅ヶ崎市赤松町13-2 [地図
電話/0467-52-7774
交通/JR東海道線辻堂駅西口より徒歩1分
料金/大人450円、小学生以下180円、未就学児80円
時間/15:30〜22:00、毎月7,17,27日定休(日曜日の場合は翌日)

(追記-2012/5/27)
大型ショッピングモール「テラスモール湘南」が昨年11月にオープンし、連日賑わいを見せている。浜の湯は建築中の大型マンションを隔てて再開発地区と隣接しており、新たな客層の取り込みが図れればよいなと思うのだが、実際のところはどうなのだろうか。先日ひさしぶりに浜の湯を訪ねたが、現時点では今後に期待といった感じだった。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ