旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

藤沢市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

江ノ島アイランドスパ(藤沢市江の島)

エノスパ湘南を代表する観光地・江ノ島に2004年に開業したのが江ノ島アイランドスパ。江ノ島大橋を渡ってすぐ右手に位置し、東京の大手建売メーカー飯田産業(ジュビロ磐田のユニフォームでもおなじみ)が運営している。

温泉のほかに水着で入れる温泉プール(混浴)などもあり、入館料は通常期で2,650円と決して安くはない。高級感のある大人のスパリゾートがウリなので、オープン当初は子供の入館は不可であったが、いまは平日に限って入館できるようになった。

建物は4階建。まずは1階にある受付でタオルや館内着を受け取り、3階にあるロッカーへ。このフロアーには裸で入る温泉がある。温泉プールに行くにはここで水着に着替え(500円で水着のレンタルもある)、エレベーターでまず2階へ。

2階にある温泉プールはジャグジータイプのほか、源泉を利用したものもあり、露天プールもある。ちょっと広めの丸いプールでは水中に音楽が流れ、1日に数回流れ落ちる水と光のライトアップによるショーが行われる。そのほかアロマオイルが漂うサウナがある。専用エレベーターで1階に下りると(階段もあるのだが)、江ノ島の岩屋を模した洞窟プールなどがある。いずれもプールの底にある照明できれいにライトアップされている。また、プールサイドはカフェテリアになっている。

3階にある裸で入る温泉は、内風呂のみ。温泉を利用した大きな風呂と小さめだけど、熱めの風呂。そして温泉ではないが炭酸泉。ほかに小さなサウナと水風呂。

プールも温泉もガラス張りになので眺めはとてもよい。江ノ島の北西側にあるので、天気がよい夕暮れ時なら景色も最高だろうと思う(小雨が降っていたのでよくわからなかったが)。夜は相模湾の海岸線の明かりが見え、これもまたよい。しかし気になるのは平日だからとはいえ、ガラガラであることだ。プールで一緒にショーを見たのは7人。温泉では2人。これはなんとも寂しすぎる。江ノ島という場所柄、カップルや若い夫婦をターゲットにしているのだろうけど、いかんせん入館料が高すぎる。平日だけでも子供をOKにすれば箱根のユネッサンみたいに繁盛すると思ったのかな? 夏は繁盛しているのだろか? 料金分の元を取ろうと湯疲れするまで入ってみたが、やっぱりこの入館料の高さだと訪れるのもオリンピック周期かもしれない。

江ノ島アイランドスパ

江ノ島アイランドスパ
源泉/江ノ島温泉(ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/藤沢市江の島2-1-6 [地図
電話/0466-29-0688
交通/小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅より徒歩10分
     江ノ電江ノ島駅・湘南モノレール湘南江の島駅より徒歩14分
料金/通常期:大人2,650円、小学生1,200円 ※小学生は休日入館不可
     ナイトスパ:大人2,150円、小学生1,000円 ※19:00〜
     ハイシーズン:7/1〜8/31
      (平日)大人2,650円、小学生1,200円
      (休日)大人3,150円
時間/通常期:9:00〜22:30
     冬季(12/1〜2/末):平日11:00〜22:00、休日10:00〜22:00

湘南喜彩湯乃市(藤沢市柄沢)

湯乃市(藤沢)藤沢駅より直線距離にして2キロほど、新たに区画整理された分譲地の一画にできたスーパー銭湯。2003年7月にオープンした。街並みも整備途中とあって周辺には空き地が多く、なんだか閑散としている。そして湯乃市の建物自体も派手な看板があるわけでもなく、町の自治会館みたいでついつい通り過ぎてしまいそうな地味なたたずまい。館内も食事処などを備えたいまどきの造りのわりには活気がない。

ここのセールスポイントは露天風呂と内風呂に1つずつある炭酸泉。家庭用の入浴剤30個分の高濃度ということで、確かにシュワシュワするのだが、「ぽっかぽかにあたたまる」というほどでもないかも。最近のスーパー銭湯や日帰り温泉は差別化を図ろうと必死である。

一般的な高温サウナのほか、低温だけど塩サウナがあるのは良かった。こっちのほうが珍しくて客が呼べるのではないだろうか。だけどおっさんたちは全身にものすごい量の塩を塗りまくっていたけど。

そんなわけで湯乃市。ここが客を呼んで町を活気づけるのか、町が活気づいたらここも活気づくのか、むずかしいところである。

湘南喜彩湯乃市
住所/藤沢市柄沢544 [地図
電話/0466-26-2641
交通/JR東海道線・小田急線藤沢駅よりバス8分「藤ヶ岡9号」停徒歩8分
     JR東海道線大船駅よりバス8分「藤が岡中学校前」停徒歩7分
料金/(平日)大人550円、小学生300円、幼児200円
     (休日)大人600円、小学生350円、幼児200円
時間/10:00〜24:00(休日は8:00〜24:00)、第3水曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ