旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

藤沢市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

湘南台温泉らく(藤沢市湘南台) ※2015/5/2オープン

湘南台温泉らく(藤沢市湘南台)小田急江ノ島線、相鉄いずみ野線、横浜市営地下鉄の3路線が乗り入れ、発展目覚しい湘南台駅。西口より徒歩2分の複合型商業施設(湘南台ウエストプラザ)に隣接し、先日5/2にオープンしたのが「湘南台温泉らく」だ。この近辺では珍しく、22時間のオールナイト営業(日曜日を除く)、利用は中学生以上と、長時間滞在・大人向けの温浴施設だ。

湘南台温泉らく(藤沢市湘南台)エントランスに数基並ぶ、朱色の鳥居をくぐって入館。まずは券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵と一緒にフロントへ。そして、脱衣所ロッカーの鍵と館内着を受け取る。こうしたやり取りをフロントで交わすし、決して安い入館料ではないのだから、最初から券売機とは何ゆえか。エレベーターで3階に上がると、男女の浴室は左右に分かれている。

湘南台温泉らく(藤沢市湘南台)タオルはどこに用意してあるかと探したが、実は入館料には含まれておらず、再び1階へ。券売機でチケットを購入し、フェイスタオル・バスタオルとともに、「どうぞ使ってください」と渡されたのは、白いレジ袋。浴室には歯ブラシやカミソリなどを備え付けていないから、館内着を利用しない風呂だけの客にとっては、この入館料を高いと感じることだろう。

湘南台温泉らく(藤沢市湘南台)湘南台温泉らく(藤沢市湘南台)

湘南台温泉といっても当地を掘削したわけでなく、使用している温泉は奥湯河原の神谷温泉より配送されたもの。万葉の湯のような運び湯だ。神谷温泉について調べてみると、湯河原近隣の分譲地だけでなく、遠くは千葉県の八千代ほっこり湯にも配送を行っている。

もちろん浴室のメインは奥湯河原直送の温泉。無色透明でクセがなく、しかも循環・加水も行っているから、温泉の個性をどれだけ保っているものか。深さ90cmの湯船に身を沈めるもよし、広く設けた段差でじっくり半身浴もよし。また、浴室内にはもう1つ、ジェット兼バイブラ湯もある。

湘南台温泉らく(藤沢市湘南台)露天風呂は4階(屋上)にあって、こちらの利用は24時(日曜日は23時)まで。ぐるりと塀を廻らせ、井桁にすだれをかけているから開放的な感じはしないが、静かな空間に琴のBGMが流れる。人気の人工炭酸泉のほか、うたた寝湯、イベント湯(この日はローズ&サンダルウッドの湯)を配置している。(写真は湘南台温泉らく公式サイトより転載)

いきなり通用口が開いて、スタッフは無言のまま入浴剤を袋から直接ぶち込み、そのまま去っていく光景に唖然。入浴剤は湯船の底に溜まったままだったから、ちゃんとかき混ぜてあげた。屋上の一角には部屋を設け、その室内に水風呂とサウナ室(約88℃)がある。外気浴も合わせて楽しみたい。

湘南台温泉らく(藤沢市湘南台)食事処は1階にあって、ロッカー番号での精算はできないというから、わざわざ脱衣所まで財布を取りに戻る。和食メインにメニューを豊富に揃えているが、オープニングに間に合わなかったのか、棒線が引かれた商品も多い。しかもマジックペンで。昼ピークを外したから空席ばかりだが、下げ膳していないし、メニューブックは散乱しているし。のんびりした空気が漂っている。

湘南台温泉らく(藤沢市湘南台)休憩は2階で。畳でごろごろするもよし、リクライニングシートでうたた寝するもよし。翌朝まで滞在するならこのフロアの充実が鍵となるが、リクライニングシートの数は決して多くはない。そもそも湘南台での滞在需要がどの程度あるのかはわからないが。そして、このフロアには那智の黒石を敷き詰めた「石風呂」もあり、館内着のまま岩盤浴と同じような感覚で利用できる。

湘南台温泉らく(藤沢市湘南台)ここにきて、ようやく入館料に見合った施設内容だと納得。むしろ風呂に入っていた時間よりも長く、このフロアで過ごしたのではなかろうか。「隠れ家のような空間」を謳い文句にしているから、のんびりとした時間を過ごしたい人には打ってつけ。小学生以下を排除したのも、そんな理由だろう。夜21時以降の受付で、朝まで滞在なら2,400円とリーズナブル。湘南台に泊まる理由は思い浮かばないが。

湘南台温泉らく
源泉/奥湯河原・神谷温泉より供給
     (ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/藤沢市湘南台2-7-5 [地図]
電話/0466-43-1126
交通/小田急江ノ島線・相鉄いずみ野線・横浜市営地下鉄
     「湘南台」駅西口(A・C出口)より徒歩2分
     国道467号線(藤沢街道)「藤沢北警察署入口」交差点より約550m
     ※併設する湘南台ウエストプラザに提携駐車場250台分あり
料金/(平日)1,250円、(土日祝)1,400円
     夜間料金(21:00以降受付)2,400円
     延長料金(21:00以前受付・1:00以降滞在)1,400円
     ※利用は中学生以上
時間/(月〜土)10:00〜翌8:00
     (日・祝)10:00〜23:00

(追記-2016/11/17)
2016/11/22より以下のように料金改定
一般入浴(10:00〜23:00):平日850円、休日950円
 ※館内着エリア利用は別途400円
 ※23:00以降の延長料金は1,500円 *タオル・館内着付き
夜間料金(18:00〜翌8:00):2,000円 *タオル・館内着付き
早朝料金(5:00〜7:00):500円
ひとっ風呂コース(22:00〜翌4:00):70分700円

湯乃市湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤)

湘南喜彩湯乃市・湘南ライフタウン店湘南ライフタウンは藤沢市西部と茅ヶ崎市の一部にまたがる広域ニュータウン。辻堂駅から通じている中央幹線の沿道にはファミレスなどの郊外店が点在し、地区の中核部にはホームセンターを併設する大型スーパー「湘南とうきゅう」がある。向かいには横浜銀行と郵便局が並んで建ち、湯乃市の湘南ライフタウン店はその裏手にある。今年3月4日から湘南喜彩湯乃市の運営となったが、以前は東電不動産の「いこいの湯藤沢店」。5日間の改修工事を経てリニューアルオープンしたのだが、果たしてどのように変わったのだろうか。

エントランスより階段またはエレベーターで2階へ。上がるとすぐに券売機があり、ここで入浴券を購入する。すぐ裏手にあるのは「いやし処」の受付であるため、そのまま館内の奥へと進み、「湯殿」の看板のあるカウンターで券を渡す。初めてだと紛らわしく思う受付の配置で、ならば湯殿カウンターのそばに券売機を設置すれば良いと思うが、そうはいかない事情でもあるのだろうか。通路左手にはテーブル席と座敷席の食事処、カウンター奥にはカットサロンもある。そしてカウンターの裏の階段またはエレベーターで1階へと下ると脱衣所、さらに浴室がある。上がったと思ったらまた降りるこの構造は、利用する側にとっては面倒だが、限られた空間をうまく活用するための設計なのだろう。

湯乃市湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤)湯乃市湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤)湯乃市湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤)
階段や脱衣所入口など、あちこちにお手製のイベントカレンダーを貼っている。店舗としてのイベントのほか、日替わり湯のローテーションなど、いつ訪れても飽きない仕掛けは準備しているようだ。これらはホームページでも確認することができるが、例えば月2回あるメンズデーは「スチームサウナで通常の塩&死海の塩使い放題」とのこと。ただちに集客に結びつく特典ではないように思うのだが…。

スーパー銭湯としての浴室の規模は、コンパクトにまとまっているという印象だ。L字型の室内には湯船がいくつか並んでいる。いちばんの呼び物は炭酸泉だが、屋外の巨大看板には「毎日入ろう炭酸泉」とあるのに、パンフレットには「2日に1度は炭酸泉」。隔日しか装置を稼動していないのかと思いきや、健康効果のため2日に1度の入浴がおすすめだという意味で、この表記は非常にまぎらわしい。「クレオパトラの炭酸泉」と名付けているが、これはクレオパトラが愛用したという死海の塩を配合しているためで、血行促進+美肌のダブル効果を狙ったもの。また、平成15年7月開店の湯乃市本店(藤沢柄沢店)がいち早く炭酸泉を取り入れたことにより、「炭酸泉のパイオニア」を自称している。いこいの湯時代は人肌程度の「不感温度」に設定したイベント湯で、個人的には好きだったが、まずここがリニューアル時に変わったところだ。

といっても浴室内の湯船に関しては、新旧のパンフレットを見比べたところで、ほかに変わったところはない。一部がバイブラ湯の白湯、水風呂、座湯とハイパワージェットのジャグジーは以前のまま。サウナは先ほど触れたスチームのほか、高温乾式があって、こちらは室内にテレビを備えている。第2・4日曜日には熱風によって発汗を促す「ロウリュ」のサービスを行っている。

露天風呂は上下2段になった岩風呂がメイン。上段は絹の湯(シルクバス)で、ミクロの気泡によって白濁したお湯は肌をすべすべにしてくれる。ふちの石も白く変色しているが、これはむしろ天然鉱石を使用していた当時の影響だろう。絹の湯の白濁したお湯は下段の湯船へと流れ落ちているが、下段に湛えられているのは無色透明のお湯。替わり湯のようだが、訪れた日は「ヒマラヤ岩塩風呂」。入浴剤も溶かし込んでいるのか、ほんのり硫黄のにおいが漂っている。ひと月の半分くらいが岩塩風呂だが、ほかに「八漢湯」「宝寿湯」「にごり酒」などの日を設定している。浴室側に面してもう1つ、端の方を寝湯仕様にタイル仕上げした湯船がある。お湯はワインレッドに色づいていたが、これも日替わり湯なのだろうか。寝そべって空を見上げてみるが、開放感の面ではちょっと物足りないかなという印象。露天スペースは高い塀に囲まれており、絹の湯の奥はわずかな広さだが植栽で和風庭園風に演出。そこにベンチを設置しているものの、奥まった感じがするため有効的に活用されておらずもったいない。

いこいの湯時代の食事処は、店内の自動石臼機で挽いた十割蕎麦を名物にしていたが、リニューアル後はそれをやめ、軽食コーナーの域へと成り下がってしまった。メニューは少なく、味もいたって普通。それだからか夕食時なのに閑散とした印象も。平日だったから余計にそう感じたのだろうか。また、玄関やトイレに流している琴のBGMを館内全体に使用すれば、もっと落ち着いた雰囲気を感じさせると思う。現時点では大衆的なスーパー銭湯のままであり、近隣の同業多店舗との差別化といえば料金の安さのみ(湯乃市へのリニューアル時にさらに50円安くなった)。まだまだ改善と工夫の余地は残しており、今後の進化に注目したい。

湯乃市 湘南ライフタウン店
住所/藤沢市遠藤695-5 [地図
電話/0466-89-4126
交通/JR東海道線辻堂駅北口よりバス15分「駒寄」停徒歩3分
     相鉄・横浜市営地下鉄・小田急江ノ島線湘南台駅西口よりバス20分「滝ノ沢」停徒歩5分
     国道1号線「羽鳥交番前」よりライフタウン方面へ。湘南とうきゅう至近
     ※無料駐車場189台分あり
料金/平日:大人550円、小学生300円、幼児200円
     休日:大人650円、小学生350円、幼児200円
時間/平日10:00〜24:00、休日8:00〜24:00
     毎月第2火曜日定休(祝日の場合は営業)

※この記事は2006/06/14に書いたものを、2008/11/02に加筆修正、さらに湯乃市へのリニューアルを機に全面的に書き直したものです。

いこいの湯(藤沢市遠藤)左は「いこいの湯藤沢店」の当時の外観。
東電不動産はほかに極楽湯の入間店と鎌ヶ谷店を運営していたが、この2店舗も湯乃市チェーンとなり、埼玉入間店(4/2〜)、千葉鎌ヶ谷店(4/3〜)としてリニューアルオープンした。いこいの湯多摩境店→記事)だけは他社に譲渡せず、現在も同社の運営だ。

栄湯湘南館(藤沢市亀井野)

栄湯湘南館(藤沢市亀井野)栄湯湘南館(藤沢市亀井野)六会日大前駅を東口で降りると目の前にはスーパーマーケット、そしてその隣に栄湯湘南館はある。駅から3軒目、100m足らずの好立地だ。わりと大きな建物でコインランドリーを併設。2階には布団が干してあったので住居部分だろうと思いきや、カラオケの幟も出ている。フロントでは下足箱の鍵と引き換えに脱衣所ロッカーの鍵をもらう。ロビーにはソファとテレビ、わずかな広さだが畳敷きの小上がりもある。

浴室には8帖ほどの大きな湯船。中で仕切っているわけではないが、ジャグジー2基、バイブラ、電気風呂の設備を備えている。入浴剤の日替わり湯で、訪れた日は「ローズマリー」。薄い黄緑色のお湯で、湯温は約40℃。湯船が大きいのでかなりぬるく感じた。浴室内にはカランが17あり、すべてに固定式シャワーつき。ほかに立ちシャワーが2つある。ビル銭湯とはいえ天井の半分は高くなっているので、明るくて実際より広々とした印象を受ける。

栄湯湘南館がすごいのは露天風呂もあることだ。約3帖の岩風呂風のつくりで、まわりを囲む高い塀がまるで吹き抜けのようだが、銭湯で露天風呂とはちょっと得した気分。ぬるかった内湯とは対照的に、こちらは44℃と熱め。内湯と同じ入浴剤が使われているのだが、どちらか一方でも良いのでは?という気もしなくはない。

普通の銭湯より1時間ほど早くから営業しているのだが、日が暮れる前からひっきりなしに客が訪れていた。住宅地なので近所に住む人がメインであろうが、明るくてきれいな浴室や設備は誰からも受け入れられるはず。「駅前銭湯」と言える立地の良さも魅力だ。

栄湯湘南館(神奈川県浴場組合)
栄湯湘南館(ふじさわの商店街)

栄湯湘南館
住所/藤沢市亀井野1-10-13 [地図
電話/0466-81-2967
交通/小田急江ノ島線六会日大前駅より徒歩1分
料金/大人450円、小学生以下180円、未就学児80円
     ※サウナは別途300円
時間/14:00~23:00、毎週火曜日定休

若松湯(藤沢市辻堂新町) ※2008/3/18に廃業

若松湯辻堂駅北口から藤沢寄りに歩いていくと、「辻堂新町商店街」という通りが見える。賑やかな商店街ではないので昼も夜も閑散としているのだが、その商店街の中ほどにあるのが「若松湯」である。通りに向かって看板を出すわけでもなく、いまどき珍しいレンガ塀なので、ついつい通り過ぎてしまいそうな感じ。ひっそりと営業しているといった雰囲気だが、19時過ぎに訪れたときには番台のおじさんが通りにも聞こえるような大音量で熱心にテレビを観ていた。

脱衣所の小さくてシンプルそのもの。ロッカーがいくつかあるのだが、すべて鍵はなく利用できなくなっている。どうやら籐の籠に入れて棚に入れるなり、そのへんに置いておくなりするらしい。番台のそばには衝立があり、服を脱いでいる様子は見えないようになっている。そしてその衝立にはタオルが何枚かぶら下げて干してあったが、それが誰のものか、また何故そうしているのかわからない。こんなレトロ銭湯にジュースの自販機があるのも驚きだが、まれに見る小さなサイズのものだ。

カランは19あり、中央部のものにはシャワーも鏡もない。大きな湯船は真ん中で2つに分かれており、黄緑色の入浴剤が入っていた。温度計を見ると46℃。そこまでは熱くないかなとは思うが、銭湯の熱いお湯に慣れていない人にはビックリするような感じ。

外観も脱衣所もそっけない地味な印象だし、湯船もこれといって特筆すべきことがない普通の銭湯なのだが、素晴らしいのはタイル絵。女湯との間仕切壁には松原や富士山などをモチーフとした海辺の風景を描いたタイル絵が4枚も並んでいる。さらに湯船側の壁には海岸線のかなたにそびえる富士山のペンキ絵。どこかで見たことのある景色だなぁと考えていたら、それは逗子あたりから見た江ノ島の景色。知ってる景色だとなんだか嬉しい。辻堂は銭湯も湘南だった…。

若松湯(ふじさわの商店街)

若松湯
住所/藤沢市辻堂新町1-9-5 [地図
電話/0466-36-8832
交通/JR東海道線辻堂駅北口より徒歩8分
料金/大人430円、小学生以下180円、未就学児80円
時間/15:00〜23:00、毎週水曜日定休

(追記-2008/6/26)
残念ながら今年3/18に廃業したようです。

不動湯(藤沢市辻堂元町)

不動湯辻堂駅南口から藤沢駅方向に歩いていくと、いくつかの銀行の前を通り過ぎ、そして線路をくぐる南北の自由通路がある。車もここで線路と交差するようになっている。ここで辻堂海岸のほうに歩き、青い建物の酒井医院の信号を左折。50mほど歩くと不動湯がある。

不動湯(藤沢市辻堂元町)まず建物の美しさに見とれてしまうはずだ。住宅街に突如として現れた和風建築の銭湯。斜めに伸びた松の木も美しい。「オゾン温泉」と書かれたホーロー看板も素敵だが、男湯・女湯双方のドアの透かしガラスの温泉マークも素敵。入ると小さな番台があり、脱衣所が広がる。壁際に棚があるけど、そこは常連さんの石鹸などを置くスペース。わずかな数のロッカーもあるけど鍵はない。どうしたものかとまわりを見ると、みんな籐でできた丸い籠に脱いだ服を入れ、適当なところに置いて浴室に入っている。こんなのは初めてだ。トイレは外にあり、脱衣所と外塀の間の狭い空間は庭になっていて池があり、魚が泳いでいる。

浴室はレトロそのもの。カランは左右と中央に4列に並んでおり、全部で20ほど。そのうち女湯との間仕切壁側の6つしかシャワーがなく、真ん中の列にいたっては鏡もなく、まさにカランがあるだけ。そしてカランから出るお湯はビックリするほど熱い。19時ごろの時点で5〜6人の常連さんが集っていた。

不動湯(藤沢市辻堂元町)浴槽はわりと深めのものが2つ。いずれも同じ大きさで3〜4人が入れるサイズ。今日の日替わり湯は「薬湯」とのことだったが、2つとも青い入浴剤が入っている。気持ち程度にブクブクしているが、これが「オゾン温泉」の意味することらしい。“バクレス式イオン化オゾン発生器”なるものによって発生したブクブクは美肌、健康などに効果があるようだ。看板には厚生省田口博士実験発表・美容家山野千枝子女史推奨とあるが、山野千枝子(1895-1970)といえば、日本の美容界の草分け的存在。吉行あぐりの師匠でもある。余談だが。

そして浴槽側の壁にはゴツゴツした大きな岩が積み上げられ、そして石灯籠も置いてある。岩壁の露天風呂といった風情か、それとも海底に沈んだ風呂場とでも言うべきか。とにかくダイナミックである。

建物にしても浴室にしても驚くことの連続であったが、こんなレトロな銭湯が辻堂駅徒歩圏の住宅街にあるということがいちばんの驚きである。

不動湯(神奈川県浴場組合)
不動湯(ふじさわの商店街)

不動湯
住所/藤沢市辻堂元町1-5-22 [地図
電話/0466-34-6282
交通/JR東海道線辻堂駅より徒歩5分
料金/大人450円、小学生以下180円、未就学児80円
時間/15:00〜23:00、毎週火曜日定休

(追記-2012/9/26)
現在は毎週火曜日定休となっています。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ