旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市鶴見区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

ヨコヤマ・ユーランド鶴見(横浜市鶴見区下末吉)

ヨコヤマ・ユーランド鶴見(横浜市鶴見区)鶴見川沿いにオープンしたばかりの「RAKU SPA」と川を挟んで真向かいに「おふろの国」、さらに西に行くと「ヨコヤマ・ユーランド鶴見」がある。直線距離にしてわずか500mほどの距離に3店舗が近接するとは競合どころか異常事態。それぞれ個性が異なるからいまのところ共存しているようにも見えるが、実際のところ客足に影響はないものか。

ヨコヤマユーランドは隣接してゴルフ練習場やスイミングスクールなどを経営しており、緑区には姉妹店の「ヨコヤマ・ユーランド緑」がある。横山家は県議会議員などを代々輩出する旧家だ。

さて、温浴施設としてはひと昔前の健康ランド風だが、宿泊を伴わない施設としては大型の部類だろう。5階建の館内は1階にフロントとゲームコーナー、2階に男女浴室、3階に食事処(大広間あり)、4階にマッサージ、5階に宴会場がある。通常の入館料は1900円(タオル・館内着つき)と高めだが、平日のメンズデーやレディースデーなどは1,000円で利用でき、さらに90分コース850円という料金設定もある。

ヨコヤマ・ユーランド鶴見(横浜市鶴見区下末吉)

おふろの国やRAKU SPAとの差別化を言うなら、ここは温泉を使用していることだ。「末吉の湯」と名付けられ、地下1,500mから湧出する黄褐色の湯。高温の檜風呂は広々して良いが、より温泉らしさを楽しむなら低温の湯だろう。低温といっても人肌のぬるさ加減なので、うたた寝してしまいそう。ほかには温泉使用ではないがバイブラ湯、イベント湯、ジャグジー(入浴剤使用)がある。

露天風呂としては、うっすらと湯を張った寝湯、壺湯、隠れ湯がある。スペース自体が広くはないので1つ1つの湯船がひっそりとしており、しかも夜は薄暗い。開放感よりも静かにのんびりしたい人にはうってつけと言える。

ヨコヤマ・ユーランド鶴見(横浜市鶴見区下末吉)黄土サウナは94℃で、サウナ専門ムック「saunner」にも全国BESTサウナ2014として紹介されている。しかし、それはサウナ自体の素晴らしさというよりも、水風呂の冷たさだ。温度計が故障していたが、設定は13℃らしい。ツイッターでは12℃とリプライしてくださった方も。この驚異的な冷たさでは、肩までつかっても我慢の限界はせいぜい1分。ぜひチャレンジしていただきたい。



ヨコヤマ・ユーランド鶴見
源泉/横浜温泉(末吉の湯:ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/横浜市鶴見区下末吉2-21-21 [地図]
電話/045-585-1126
交通/JR鶴見駅東口よりバス「下末吉国道際」停下車
     JR川崎駅西口よりバス「新鶴見橋」停下車
     鶴見駅東口・川崎駅西口双方より無料送迎バスもあり
     国道1号線(第二京浜)下末吉交差点より約150m
     ※駐車場250台分あり(6時間まで無料)
料金/大人1,900円、子供1,300円、幼児600円
     ※タオル・館内着つき
     (ナイト料金)大人1,000円、子供600円、幼児300円
     ※18時以降、タオル・館内着つき
     (90分コース)大人850円、子供500円、幼児200円
     ※タオル・館内着なし
     ※子供は4歳〜小学生、幼児は3歳以下
時間/10:00〜24:00、年中無休

RAKU SPA 鶴見(横浜市鶴見区元宮) ※2014/8/13オープン

RAKU SPA 鶴見(横浜市鶴見区元宮)お風呂業界で働くアイドルOFR48を仕掛けるなどエンタメ路線をひた走る「おふろの国」。そこと鶴見川を隔てて真向かいにオープンしたのが「RAKU SPA」だ。にらみ合うような場所に進出しなくても…と思うが、平然とやってのけるのが業界最大手。極楽湯が手掛ける新ブランド店で、従来の店舗と比較して約3倍(1657坪)の面積を誇る大型店だ。

RAKU SPA 鶴見(横浜市鶴見区元宮)駐車場は店舗1階と平置きの合計320台分あり。尻手駅や鶴見市場駅から歩いて行けないこともないが、川崎駅や鶴見駅から無料送迎バスもある(本数は少ない)。

まだオープン半月とあってスタッフの接客も初々しいが、とにかく会員になると入館料金や食事料金の割引があるらしい。ロッカーキー兼用のリストバンドの説明を受け、いざ入館。館内着は男女兼用3種類のほかに、女性専用2種類。これは岩盤浴着も兼ねている。個人的には汗をかいて、やがて冷たくなった服で過ごすのは、風邪をひきそうで嫌なのだが。

2階に上がると広々とした食事処。右手側の長い廊下の先に浴室がある。ロッカーは上下2段式だが、平日で余裕があるにもかかわらず、なぜ下段だったのか。浴室入口の扉は左が内湯、右が露天風呂に通じている。寝湯と立ち湯のジャグジーが並び、通路の反対側には日替わり湯(レモン&ライム、電気風呂あり)と炭酸泉の湯船。

RAKU SPA 鶴見(横浜市鶴見区元宮)サウナはヒーターとロッキーの併用で、定期的に水が滴り落ちるのか、ジュワーという音のあとにわずかな温風。たまたまロウリュの時間になり、もちろん参加するが、室内にアロマオイルの香りがわずかに漂うものの、熱気が充満するには至らず、タオルによる熱波は全く届かない。いたたまれずに指導してあげるが、川向かいの店で偵察(修行)したほうが良かろう。ロウリュと名乗るにはまだまだ程遠いレベル。

そのかわり水風呂が素晴らしかった。18℃とさほど冷たくはないが、炭酸泉(炭酸水)は珍しい。上がったときに、身体の内部からポカポカとした温かさを感じることができる。4台並んだビーチチェアで外気浴も良いだろう。露天風呂側に背を向けているため、静かな時を過ごすことができる。

そして露天風呂は、弱酸性の硫黄泉岩風呂(人工温泉)、船の形をしたシルク風呂をメインに(2つとも白色系とは狙いか)、うたた寝湯と腰掛け湯と壺湯。硫黄泉岩風呂は段差を設けることで、湯温に差をつけ、半身浴でも楽しめるようにしており、また独特のにおいが立ち込めている。壺湯側にテレビを2台設置しているので、岩風呂やシルク風呂からも眺めることができる。

入館料金には岩盤浴の利用も含まれているが、小学生以下は利用不可だからファミリー層にはつらいところ。また年配客の姿も少ないし、仕事帰りにひとっ風呂というサラリーマンにも不向き。岩盤浴を満喫するならこの入館料金は手頃に感じるかもしれないが、利用しないなら高いと感じるだろう。

岩盤浴は岩塩、ゲルマニウム鉱石、サウナなど全部で6室あって、それぞれ室温も温熱効果も異なる。その中でも、ドーム型の天井に星空を描き出すプラネタリウムの演出はカップルに人気だった。岩盤浴のフロアはゆとりある休憩スペースを兼ねており、各々が好きな場所にマットを敷いて寛いでいるが、明らかな場所取りも目立つ。漫画本コーナー先にはリクライニングシートが多数並んでおり、独りで静かに過ごしたいならこちらの方が良いだろう。また、屋外デッキやフリーデスク(電源あり・Wi-Fi対応)、キッズコーナー、4階には有料個室もある。

普段使いの風呂屋ではないが、たまに訪ねて、日がな一日のんびりするにはもってこいな施設。大型化ゆえに風呂にまつわる要素を詰め込みすぎな感じもするが、何度か訪ねるうちに客自身の好みも決まってくるだろう。

横浜ウォーカー2014年9月号 (898x1280)

RAKU SPA 鶴見
住所/横浜市鶴見区元宮2-1-39 [地図]
電話/045-574-4126
交通/JR南武線尻手駅より徒歩15分
     京急鶴見市場駅より徒歩15分
     JR鶴見駅東口・JR川崎駅西口より無料送迎バスあり
     第二京浜(国道1号線)下末吉交差点より森永橋経由で約1.2km
     ※無料駐車場270台分あり
料金/(平日)大人1,480円、子供450円
     (休日)大人1,680円、子供500円
     ※タオルセット・館内着付き
     ※子供は4歳〜小学生、3歳以下は無料
時間/10:00〜26:00、年中無休

横浜市高齢者保養研修施設 ふれーゆ(横浜市鶴見区末広町)

横浜市高齢者保養研修施設 ふれーゆ(横浜市鶴見区末広町)ごみ焼却施設の余熱を使用した温水プールは、省エネの観点からも理に適っており、全国各地に点在する。横浜市内には5か所の焼却工場があり、鶴見工場に隣接するのが「ふれーゆ」。ここには温水プールのほか、温浴施設も併設している。場所は鶴見川河口の埋め立て地、しかもいちばん外れ。正式名称は「横浜市高齢者保養施設ふれーゆ」という。横浜市の生きがい推進施策によれば、「保養、健康づくり、高齢者の交流を促進する場として、いきいきとしたシルバーエイジの実現を支援」(横浜市健康福祉局)とのこと。高齢者のみならず、誰でも(区民・市民以外でも)利用できる。

横浜市高齢者保養研修施設 ふれーゆ(横浜市鶴見区末広町)横浜市の施設ではあるが、実際に運営(指定管理者)するのは、住友不動産グループのエスフォルタとNTTグループのテルウェル東日本。しかし垢抜けないホームページしかり、現地に目立つ看板ないことしかり、明らかに民間施設とは一線を画している。果たして横浜市民にどの程度知られているだろうか。ふれーゆを訪ねる客以外に利用者などいないだろうに、駐車場が有料とはなんたることか。

横浜市高齢者保養研修施設 ふれーゆ(横浜市鶴見区末広町)館内はじつに閑散としており、水着販売のほか、かつて流行ったドクターフィッシュ。レストランや展示温室もある。プールと浴室があるのは2階。券売機でチケットを購入し、自動改札機を通過するシステム。浴室まではガラス越しにプールを眺めるが、25mプール、流水プール、クアプール、子供プールと多種多彩。利用料金は決して安くはないが、子づれ客には満足度が高いのではないだろうか。また、水泳教室も開催している。

横浜市高齢者保養研修施設 ふれーゆ(横浜市鶴見区末広町)高齢者保養研修施設との名目があるため、浴室もプールも高齢者には手頃な料金設定としている。実際に訪れている客も高齢者ばかりで、脱衣所にはいくつもの杖があった。浴室もむろんバリアフリー設計としており、メインとなる湯船にはスロープも設けている。人工温泉装置による北海道二股温泉の湯を売りとしており、バイブラとジャグジーを備えている。つぼ湯といえば露天風呂に付き物というイメージだが、ここには露天風呂がなく、室内に2つ並んでいるのが不思議な感じ。サウナが温めなら、水風呂も温めで戸惑ったが、よく見たら「ぬる湯」とあった。(写真は温水プール)

横浜市高齢者保養研修施設 ふれーゆ(横浜市鶴見区末広町)遠路はるばる訪ね、800円を支払ったことに対して多少の消化不良もあるが、せめて市民・区民については優遇制度を設けたらいかがかと思う。海老名都の湯でも開催している「お背中流し隊」イベントは、ここでも定期的に開催しているようだが館内での告知のみとはもったいない。ここでしか得られないものとしては、浴室内から眺める大黒埠頭の景色だろうか。今回は昼間に訪ねたが、夜景も良さそうだ。

横浜市高齢者保養研修施設 ふれーゆ
住所/横浜市鶴見区末広町1-15-2 [地図
電話/045-521-1010
交通/JR京浜東北線鶴見駅または京急鶴見駅よりバス「ふれーゆ」下車
     ※駐車場1時間100円(最初の2時間)
料金/大人800円、子供300円(3歳〜中学生)、高齢者500円(60歳以上)
     プールの利用料金はホームページを参照
時間/(4月〜9月)9:00〜21:00、(10月〜3月)9:00〜20:00
     毎月第2火曜日定休

富士の湯(横浜市鶴見区矢向)

南武線矢向駅徒歩圏には温泉銭湯が2軒ある。駅の東側の商店街にあるのが矢向湯、西側の住宅地にあるのが富士の湯だ。どちらも駅までの距離感は同じくらい。驚くべきことと言えば、茶色と黄土色の違いはあれど、そっくりな外観ということだ。親戚関係にあるのか、同じ工務店が施工したのか、こんど訪ねたときは聞いてみようと思う。

富士の湯(横浜市鶴見区矢向)富士の湯は貨物線の踏切を渡ってすぐ。分類としてはビル銭湯で、その名も富士ビル。フロント式でロビーも備えている。脱衣所には自販機、洗面台、マッサージチェア。

浴室は男女日替わりとしているらしく、一般的な銭湯に比べればだいぶ広い。この日の男湯は、入って右手に立ちシャワー2つとカラン6つ。真ん中に5-5の島カラン。湯船のふちに壁を設けてカラン3つ。左手から奥にかけて湯船はL字型に並んでいる。

いちばん大きな湯船には座湯ジャグジー・バイブラ・ショルダーネック・電気風呂・歩行浴を配置。底に玉石が埋め込まれた2帖弱の空間は四方からジャグジーが噴き出し、手すりに掴まりながらぐるぐると歩く。傍から見れば地味だが、これがじつに楽しい。サウナと向い合わせで水風呂。そしてもうひとつは、富士の湯の看板とも言える温泉の湯船だ。透明度30cmほどの黒褐色で、なめらかな肌ざわり。段差に腰掛けて半身浴を満喫した。

この日は露天風呂が女湯側にあったらしく、またの機会にチャンスが巡ってくればいいかな、と。銭湯でしかも温泉というだけでも素晴らしいのに、温泉以外の湯船にも趣向を凝らしており、ちょっとひとっ風呂のつもりが1時間。玄関先には「街のオアシス」との看板を掲げているが、まさにその通りだ。

富士の湯(神奈川県浴場組合)
富士の湯(横浜市浴場組合)

富士の湯
源泉/横浜温泉(ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩泉)
住所/横浜市鶴見区矢向3-28-12 [地図
電話/045-581-0333
交通/JR南武線矢向駅西口より徒歩4分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途220円
時間/14:00〜24:00、不定休(月1回)

スパ・リブールヨコハマ(横浜市鶴見区獅子ヶ谷)

スパリブール大深度掘削によって誕生した日帰り温泉施設は郊外のあちこちにあるが、いかにして差別化を図るかが生き残りの課題であろう。安価を売りにしてファミリー層を取り込もうとする施設がある一方で、年齢制限を設けて大人の寛ぎをテーマとする施設もある。また、和風もあれば洋風もといった具合だが、数ある施設のなかで「バリ風」を謳うのはおそらくここだけだろう。平成18年3月31日にオープンした施設だ。

スパ・リブールヨコハマは市内の大動脈、環状2号線沿いにあって、ショッピングセンターのトレッサ横浜に近接。地理的には綱島と鶴見の中間に当たる。5階建の大型店で、1階に駐車場、2階以上に浴室やレストランなどがフロアごとに分かれている。2階の更衣室で館内着に着替えたら、4階の浴室へ。タオルなどは脱衣所に用意してある。

スパリブールパンフレット現在は期間限定料金を設定しているとはいえ(本来は大人平日2,100円・休日2,420円)、それでも一般的な日帰り施設と比べれば割高な設定。付加価値といえば、館内の随所にある南国風の植栽や装飾、雑貨、ガムランのBGMによるバリ島演出にほかならない。バリ島といえば青い海と白い砂浜だが、ここでは温泉、しかも黒湯である。

いくつかある湯船のうち、源泉かけ流しも1つだけあって、そもそも客は多くないのでゆったりと寛げる。温泉はほかに循環式と、ナノテクノロジーによって黒さを除去した湯船。黒湯は汚れが目立ったり、段差が見えずに足を踏み外すこともあるが、無色透明だとまったく違った湯に触れているようだ。高い塀が囲んでいるため露天風呂から外の景色を眺めることはできないが、ゆったりとした開放感も。

5階は岩盤浴とバーカウンター、屋外には足湯がある。岩盤浴は室内全体の床に天然岩石を敷き詰めており、「バリ島の気温・湿度と同じ状態を演出した空間」だという。個別に分かれているわけではなく、好きなところで寝転がったり座っておしゃべりしたりという、いわばチムジルバンのスタイル。男一人だと時間も場所も持て余してしまうので、カップルあるいは女性どうしが良かろう。温泉に肩まで浸かっておきながら、足湯もどうかと思うが、楽しみ方によってはこのフロアだけで寛ぎの時を過ごせるのかもしれない。

スパリブールパンフレット

仮眠室は2階。オールナイト営業だが、ほかの施設と違って深夜料金の制度はなく、6時間を超える滞在の場合は1時間につき300円が加算される。入館料と合計すれば平日で最大3,480円。場所が場所だけに横浜西口のスパイアスやみなとみらいの万葉倶楽部より安い。個別テレビつきのリクライニングシートは74席ある。

レストランやエステなどを満喫すれば、あっという間に1〜2万円は必至だが、たまの贅沢を楽しむ施設か。客は少ないながら、ほとんどがセレブ女性。これが「スパ・リブール」の現状だ。

スパ・リブールヨコハマ
源泉/横浜温泉(獅子ヶ谷源泉:ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/横浜市鶴見区獅子ヶ谷2-39-18 [地図
電話/045-575-7573
交通/JR京浜東北線鶴見駅西口よりバス約15分
     東急東横線綱島駅東口よりバス約10分
     JR横浜線・横浜市営地下鉄新横浜駅東口よりバス約15分
     「駒岡車庫前」停徒歩1分、または「トレッサ横浜前」停徒歩2分
     鶴見駅東口・川崎駅西口より無料送迎バスあり
料金/(平日)大人1,680円、子供800円
     (休日)大人1,890円、子供800円
     ※2012/12/31までの期間限定料金
     ※6時間まで。以降1時間ごとに300円(上限1,800円)
     ※子供は小学生以下
     (60分コース・平日のみ)1,200円
時間/10:00〜翌8:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ